4398625 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Diane de Poitiers に挑む

PR

X

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

インド

February 17, 2010
XML
カテゴリ:インド

シンガポールのチャンギ空港に慣れてしまうと、香港はちょっと物足りない気もする。

いや、今はそんなこと言ってられない、husに何か買わなくては!

  

えっと、Burberry,Burberry.

きゃ~、HK$っていくら!? 全部HK$表示だ~。

80yen? 60yen? えーっ、全然わかんない。

100yenで計算するとすっごく高いし、100yenではない。

ただでさえ、数字に弱い頭がheat up している。

「Duty Free」って感じのお店なら$表示もあるかも。

すたすたすた。

わーっ、やった、こっちは$表示もある!

ネクタイ、ネクタイっと。

なんか、全部細い! だめだ~。

 

マフラー、マフラ~!

んー、カシミアのはおじさんっぽいし、こっちはウールか。

おじさんがおじさんっぽいのしてはいけない、ウールだけどこっちにしよう!

伊のアカサカサカスか丸の内で見たBrand! 読めないけど!

えっといくら?

暗算ができない私は・・・$が80-90円になった今でも100円換算する。

130円だった時も100円換算。← 超どんぶり勘定。

更に今なら70%offと言われる。

70%って、50%より更に安いのかくらいしか認識できない。

焦ってるし、やっぱり数字に弱い。

↑ 帰国してhusに言ったら5000円だった。私ってば天才~!

↑ 天才自慢したら、私のスタールビーが$300でhusのマフラーが5000円とは何事かと母に叱責を受ける。

えっと、あとは、husの好きな、

IMG_9466.JPG

スナックのピリ辛spring roll !

香港と言えば、ペニンシュラ、

IMG_9426.JPG

チョコレート!

これは・・・・2800円くらいだったのに・・・

開けたら、

IMG_9428.JPG

たったの6個で、とてもがっかり・・・・おいしいけど。

この方ならわかってくれる筈。

感動とぐちゃぐちゃのインド旅行記もこれで終わりです。

おつきあい頂きまして、ありがとうございました。

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  October 29, 2010 10:59:29 AM
コメント(16) | コメントを書く


February 14, 2010
カテゴリ:インド

無事に香港まで到着と言いたいところだけれど、飛行機を降りたら1人減ってた。

通路で全員並ばされて、「誰ですか? いないのは?」

しーん。

 

少ししてから「うちのがいない」と〇〇さん(トイレじゃないとこから出て来た)が言う。

うちのがいないって、ご夫婦で、隣の席にいたのに、そんな。

添乗員が逆上して飛行機に戻ろうとするも、逆流禁止でぶつぶつ言いながら戻ってきた。

〇〇夫人は出て来ない。

 

「具合悪いって言ってたから、車椅子で来るのかも」

具合悪い奥様を1人残して、あなただけ降りて来たの~!?

暫く待ってると客室乗務員が降りるのと一緒に顔面蒼白の〇〇夫人が酔っ払ってる人みたいにほんとにふらふら、ふらふらと降りて来た。

「全員、揃いましたね。

インドの空港でのことですが、皆さんの今後を考えて、ひとこと言わせていただきます。

私の指示を無視して、勝手な行動をとられるのは、団体旅行では命にかかわることです。

これが山なら全員死にます!!etc...」

へ~、山じゃないから、死なないな~。

 

「えっと、千歳行きの便は通常通り、変更なしだと思います」

命にかかわるのに、「思います」でいいわけね。

 

××さんが「さっき、スクリーン見てたらゲートが18に変更になってたよ」

「え゛ーっ!? ほんとですね? ほんとなんですね?」←気色ばんでる。

「いや、自信ないけど」

「見たんですよね?見たから言ってるんですよね?確認したんですよね?」

逆上して完全にキレてる。

確認するのはあなた。

「じゃ、18番ゲートに行きますよ! いいんですね?いいんですね?」

ゲートは変更されておらず、どうして××さんがあんなことを言ったのかもわからない。

インド-香港間で怒りを消火できなかったんだ・・・

 

そんなことはさておき、ここは香港!

husのお土産、調達しなきゃ!

*今日、明日、あさってと温泉に行ってきます。火曜日の夜までコメントのお返しができません。皆様、素敵なバレンタインデーを! *

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い







Last updated  February 14, 2010 08:09:09 AM
コメント(18) | コメントを書く
February 13, 2010
カテゴリ:インド

ツカツカツカ。

3度目に彼女が来た時、もうだめだと思った。

 

完全に顔を覚えられている。

彼女の形相はますます厳しくなり、私の腕をむんずと掴み、「どうして乗らない?」

(私は添乗員を待っています。彼がここで待てと言ったから)

「添乗員はどこにいるの?」

まだ来てない。

「彼はインド人?日本人?」

(日本人)

「どこ? いないじゃないの。早く乗って! !」

最後まで残っていた4人も敢え無く搭乗することに。

 

先に乗りこんだ皆様は既に目をつぶっておられる。

添乗員が入ってきた時に真っ赤な顔してるし、きっと狼狽したに違いないと思って、

(ごめんなさいね、待ってたんですけど、係員に何度も怒鳴られてしかたなく乗ったの)

「この旅行の運営管理者は私です! 私の指示に従ってください! !」

しーんとしてる、狭い機内で、一斉に皆が私と彼を見る。

えーーーーーーーーーーー!?

 

う、運営管理者!? 赤の砦に行けなかったあなたが、煙草を吸いに行ってて、ゲートに直前まで来なかったあなたが、私を批難してるの!??

ショック状態で言葉がでない。

 

「うちの娘は添乗員さんを待たなくちゃいけないって言ったんですけど、凄い剣幕で怒られて・・・」

「誰ですか! ! 誰に言われたんですか! 抗議します! 私が責任者なんですから!!」

(キャセイパシフィックのインド人スタッフ)

「許せない! !」

煙草吸いに行ってたあなたが許せなくても、そんな抗議が通るとも思えませんけど?

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  February 13, 2010 07:44:59 AM
コメント(14) | コメントを書く
February 12, 2010
カテゴリ:インド

やっと、やーっと、check inして、手荷物検査コーナーへ。

インドはとても厳しくて、薬だと証明できる以外の液体、ジェル、クリームは持ち込み禁止。

ブログで化粧品一式、全てゴミ箱に投げ捨てられた方の記事を読んでたので、心配なのは歯磨き粉のみ。

歯磨き粉なら捨てられてもしれてるし、パスしたら機内で歯磨きできて嬉しい。

ジローっと見られたけど、歯ブラシと一緒だったからか、すんなり通れた。

化粧品や歯磨き粉が通過できるのは担当者の裁量によるらしい。

 

出国審査を通って、全員集合。

「23:25に搭乗が始まりますので、23:25までに39ゲートに集まってください」

23:25でいいのか?

 

免税店みたいのがなくて、Kioskみたいなお店しかないので、つつーっと、ゲートに向かう。

23:10

ゲートに近づくと、うら若きインド女性が眉毛をへの字にして、つかつかつかっとやってきた。

チケットをもぎとり、もう搭乗が始まってるから、とっとと乗れと言う。

こっわー。

でもゲートで待てと言われたんだから、点呼してから乗りたいんだろう。

あのメンバーだ、添乗員の気持もわかる。

じーっと彼女が睨んでるので、「先にトイレに行きたい」と言ってその場を離れた。

彼女から遠く離れた席に隠れる。

 

あららら~、次から次とツアーメンバーは飛行機へ。

あらら~、メンバーの半分以上が乗っちゃった。

添乗員が来た時に誰と誰が乗ったか教えてあげられるように覚えておこう。


ツカツカツカ。

またさっきのインド女性が現れ、「もう乗らなければ間に合わない。早く」とかなりきつい口調で言う。

勝手に、インドの女性は大人しくて、男性の言うことはなんでも聞いてーみたいに思ってたけど、シャルマンさんの言うことも正しいのかもしれない。

乗りこむ姿勢を見せつつ、また違う席に移動。

 

もう残ってるのは私たちとチキン+チャーハンの写真を撮らせてもらったご夫婦しかいない。

まっずーい。

「添乗員、絶対怒るよね」

(そうですよね)

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い








Last updated  February 12, 2010 06:50:26 AM
コメント(15) | コメントを書く
February 11, 2010
カテゴリ:インド

中華を食べてる時、何組か添乗員とシャルマンさんのとこに行って何か話してた。

添乗員 「機嫌悪いんですから、もう話しかけないでくださいー、ははは」

笑ってるように見せてるけど、目が笑ってない。

きっと、赤い砦に行けなかったクレームだったんだろう。

そりゃ、文句も言いたくなる。

やっと、やーっと空港だ。

空港の入り口

添乗員がairのチケットを配り始める。

「〇〇さん~!」

すると前方からシャルマンさんが、「航空券は名前が違っても大丈夫、早く、早く」

「ほんとー?」といいつつ、テキトーに配って行く。

皆様、疲れ切った様子で荷物をひっぱって列に加わる。

先頭まで行った時、案の定、航空券の名前とパスポートの名前が違うからひっかかった。

シャルマン 「やっぱり本人のじゃないとだめです~」

添乗員 「え゛ーっ!? いい加減にしてくれよー!!!」

思っても、客の前でヒスを起こすの止めて欲しいものだ。

いい加減なシャルマンさんも悪いけど、パスポートチェックがあるのに、チケットと名前違っていいわけないだろー。

チケットを回収するけど、お年寄りはみんな疲れてるし、事態がのみ込めてないからなかなか集まらない。

もう一度やりなおし。暗いのと字が細かいのとでよく見えないんだろう、時間がかかる。

空港施設内に入るだけで何分かかるんだ。



check in 前に「紅茶、スーツケースに入れちゃいたい方はここでどうぞ、待ってますから」

みんなスーツケースを開き始める。

あ~あ、こりゃ、ただではすまなくなるぞ。

そもそもみんな紅茶って荷物になるほど買ってないのだ。

私と母はスーツケースは開けず手荷物に入れたまま。

私たちが2番目に多く買ったくらいなんだから、みんなはもっと少ない筈。←軽いし。

「添乗員さん~、ベルトがひっかかってあかないわ~」

「鍵が開かない~」

あ~あ、みんなフリマですかってくらい床に荷物出し始めちゃってる。

20分経過・・・・

座る所もないし、先にcheck inして、出国審査通って母を座らせたい。



30分経過・・・・

森繁夫妻とクトゥブ.ミナールでトイレじゃないとこから出て来た〇〇さん夫妻の荷物が散乱したまま。

「はい、それでは行きましょう!」

(まだ、終わってない人いますよ)

「えええ゛っ、まだ?!」

目の前でやってるじゃん。

「どーしました?大丈夫ですか?」

2組のご夫婦は疲れてわけがわかんなくなってるのか、荷物はさっぱりスーツケースに収まらない。

更に10分経過。

森繁さん 「カメラ壊れた」

ほんとだ! カメラのレンズが粉々になってる!!

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  February 11, 2010 07:34:58 AM
コメント(12) | コメントを書く
February 6, 2010
カテゴリ:インド

全ての観光が終了し、晩御飯。

「ほっとする中華です~」と言われたけど、エジプトの中華ではほっとできなかった(ご覧になられる方、おいしそうな画像はアフィリ。実際食べたのは・・)ので期待薄だなぁ。

インドのおじさんシリーズのフィナーレを飾るのは、

IMG_9371.JPG

インドにしてはちょっと薄いお顔のこの方。

髭のないおじさんっていないもんなんだな~。

席にも付かず、ツアーの半数はトイレに行っている。

もう何も食べないで横になりたいだろうな・・・・

飲み物は流石に紅茶じゃなくて、ジャスミンティー。

あ~、いい香りでほっとする。

流石にもうインド自慢の「マンゴージュース」やビールをorderされる方はいない。

↑ ガイド、添乗員ともマンゴージュスは大丈夫と言ってるけど、エジプトとインドではmust我慢。 

必ず飲んだ方は「おいしい~」を連呼するけど、エジプトとインドで見る限り、影響は出てると思う。

だって、マンゴー、水道水で洗うし、ジューサーやまな板、包丁を使った後に火が入らないもん。

IMG_9373.JPG

出て来た、出て来た~、鶏のから揚げ~。

塩加減がちょうどいいのと、鶏肉はふっくらジューシー。

衣も脂っぽくなくてあっさりした仕上がり。

これはおいしい~。

ひっさびさのスパイスなし、シンプルな塩味の鶏肉だ~。

喜んでるのは私だけ。

殆どの方はお箸も持たず、ぼーっと天井を見上げている。

IMG_9375.JPG

鶏肉、キャベツ、人参etcのお鍋。

スープもあっさりコンソメ風。

う、嬉しいけど、念の為ちょっとだけにしておく。

IMG_9377.JPG

インドで何度も見た焼きそばだけど、これは普通の中華味でよかった。

ただ、麺がパサパサ~。

麺自慢の日本の会社が進出したら絶対大ヒットだと思うなー。

IMG_9378.JPG

海老チリの筈なんだけど、鶏肉。

あれ~、イスラムかヒンズーでもも海老×だった?

ユダヤだけじゃないのか!

鱗のついてるseafood以外食べちゃいけないなんて~、海老、鰻、いか、ほたて、私は全部諦められないー! !

豚も牛も食べたいです。

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  February 6, 2010 06:46:05 AM
コメント(20) | コメントを書く
February 5, 2010
カテゴリ:インド

バスでやっと紅茶が配られる。

私が買ったのは毎年インドの首相が日本の首相に贈る最高級のダージリン。

100g2800円はお得? 高い?

IMG_9387.JPG

なんかちょっと怪しい袋に入ってて、鈴までついてて、

IMG_9388.JPG

Fine Silver Tipsとあるのは、新芽が入ってるってこと。

IMG_9390.JPG

この真っ白みたいなのが新芽。

新芽だけの紅茶はアラブの王族が好んで飲むらしい。

す~~~っ、確かにいい香り~。

入れると普通のダージリンよりちょっと色が薄め。

↑ silver tipsは色が出ないから。

濃い紅茶を好まれる方には物足りないかも。

個人的にはこの香り、フレッシュな飲み心地、気に入った。

母の買ったマハラジャなんとかは100g1600円だったかな。

それだけが高めで、後は300-500円って言うのもあった。

残ってるルピーを全額出して、足りない分だけドルで支払い。

キレイサッパリ、インドルピーはさばけた。

あれ、なんかシャルマンさんがみんなのとこ回ってる。

「私のガイド、どうでしたか? わかりましたか?よかった?」

えええ゛゛っっっ~! !

こ、答えられない! !

つ、次の、次、私だ~! !

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  February 5, 2010 06:47:20 AM
コメント(16) | コメントを書く
February 3, 2010
カテゴリ:インド

空港に行くまで、時間はあるのだ。たっぷり。

ただ、暗くなってしまうと観光できない。

インド門はライトアップされるから真っ暗な方が綺麗と言うことで、最後の土産物店へ。

それが・・・

象嵌細工のあの店や、スタールビーを買ったお店サリーを着せてもらったお店と違って置いてある物がshabby過ぎる。

買わなくても、見るなら綺麗な物がいいのに~。

ドライブイン併設のお土産より全てがshabbyだ~。

お店のランクが下がると従業員の接客態度も質が悪くなる。

建物の中にいる「物売り」みたい。

売りたい物も「物売り」が売ってるようなレベルだ・・・・

椅子もないし、チャイサービスもないから時間を持て余す。

最後に気の利いたお店に案内すれば、爆発的にみんな買い物するのに。

もう出発、バスに乗ってるのに、森繁さんがまたお店に戻った。

置き去りにするわけにもいかないので添乗員にその旨報告。

シャルマンさんが森繁さんを迎えに行く。

また10分が経過・・・バスで待ってるだけだからいいけど。

官庁街にある、インド門。

IMG_9367.JPG

ライトアップされてるとこ以外は真っ暗で怖い。

第一次世界大戦の戦没者慰霊碑なんだそうだ。(帰国後知る)

Sirなんとかってイギリス人の設計でパリの凱旋門をイメージしたとか。

んー、Sir,違うと思いますが。

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  February 3, 2010 06:44:05 AM
コメント(14) | コメントを書く
February 2, 2010
カテゴリ:インド

森繁さんは悪びれた様子もなく、みんな無言で添乗員の待ってるところへもくもくと歩く。

奥様が地球儀をまわして当たったところに来ると言うこのご夫婦はあくまでマイペース。

添乗員の形相も変わっていて、

「どーしたんですか!」← 完全に責めてる。

「森繁さんがいなくなった」← 怒ってる。

え゛ーっ、あ゛ーっともうやってられないって表情の2人。

バスに乗りこむと、

添乗員 「赤い砦にはここから1時間かかります。着く頃には真っ暗でもう見えない。

目をつぶってください。それでも行きたい方、手を挙げて下さい」

全員が手を挙げてる。

体調崩してても、全行程行きたいんだ。

私は片道1時間かけて真っ暗で見えないところに行っても仕方ないと思っていた。

「勿論、行く権利はあります。でも真っ暗で多分行っても何も見えないと思います。

それでも行きたい方、手を挙げて下さい」

今度は全員下ろした。

いろいろな事が重なってこうなったけれど、運営管理者2人がもっと臨機応変に適切に動いていれば、全行程制覇できたのにと思う。

1つ1つのアクシデント、リスクに全然対処できてないからこうなるんだ。

悪天候でもないのに、行けなかったなんて普通じゃない。

「そのかわり、シャルマンさんがインドの凱旋門を見せてくれます」

ま、どっちでもいい。

ずーっと無駄に立ってたし、飛行機に乗れるの?って気もしてきてとても疲れた。

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



 







Last updated  February 2, 2010 06:50:32 AM
コメント(16) | コメントを書く
February 1, 2010
カテゴリ:インド

72.5mあるこのミナレットは、何色かの石で綺麗にできている。

IMG_9350.JPG

ずっと上の方の細工、なかなか豪華。

IMG_9360.JPG

下の方は赤砂岩でここも細工が細かい。

IMG_9354.JPG

こんなに大きな門があるということは、それなりの建物があった筈だけど、背後にはもう何もない。

説明もないので、何があったか不明。

IMG_9357.JPG

崩れたら、崩れたまんまになってる石たち。

足元よく見てないと危ない。

IMG_9356.JPG

柱も残ってるけど・・なんでしょう?

IMG_9352.JPG

写真を加工してて気づいた私をじーっと見てる女性。

腕組してじーっ、じーっ。

ちょっと怖い。

既にこんなにうす暗くなっている。

「これから赤の砦に行きます。

あっちではトイレに行けないから今行ってください。」

シャルマン部隊は全員でトイレに向かった。

・・・・・・・・・

女性は全員揃ったのに、男性が揃わない。

「森繁さんがいない」

「〇〇さんもいない」

暫くして〇〇さんがトイレじゃないところから出て来た。

↑ どこ行ってたの? ←言えないけど。

「森繁さん、だんなさんは?」

「知らない」

「もう出た筈、あっちに歩いて行った」(男性)

シャルマンさんの顔色が変わる。

「皆さんはここで待っててください。見て来ますから」

あ~、こんなうす暗い、広いところで~。

みんなに漂う絶望感・・・

・・・・・・・・・15分経過。

ここに来てからどれだけこうして立ってるんだろう。

シャルマンさんが汗を拭き拭き戻ってきた。

「いない! いない!」

トイレに走って行く。

「森繁さーん! ! 森繁さーん! !」(緊迫した声)

「は~い」

え゛っっっ、いたの!?

あっちに歩いて行った話は・・・みんなぐちゃぐちゃ過ぎる!

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い









Last updated  February 1, 2010 06:46:05 AM
コメント(16) | コメントを書く

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.