13152348 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


pridegreen

カレンダー

サイド自由欄


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2020.05.30
XML
カテゴリ:今日のカープ
既に紅白戦は始まっているようであって,迫ではある程度佐々岡の考えというのが出てきているのかどうかはまだ分からない。そこで,今日も運用論ベースで書く。お題はセンターだ。それこそ西川龍馬で決まりだろうという声が出て来そうだし,それで固まればいいのだが,ひとつだけ解決しておかねばならない論点がある。それは,彼が不動のレギュラーとしてはまだ2年目にすぎないということである。

事実,昨年も夏場過ぎの一時期ぴたりと打てなくなったときがあった。それがもし開幕直後に来たらどうするか。それを考え得ると,やはりスペアを考えておく必要があるだろう。正直なところ,彼もまだ余人を以て変えがたい存在までは到達していないのだ。

とはいえ,これもある種のカープファンの中には最適解と称するものを振り回す向きがある。曰く,野間で決まりだと。しかし,私はその見解は取らない。蓋し,昨年に見せた走塁での怠慢プレイをやってるうちはレギュラーなんてまだまだ。そもそも主力面するなんて百年早いと思う。むしろ,足が売りの選手が商売道具を疎かに使っているようでは,もうだめだといわざるを得ない。彼がレギュラーになりたければ,まず野球に真摯に取り組む姿勢を見せなければならないだろう。

それではその代わりをどうするか。やはり手っ取り早いのは長野さんだろう。大樹という手もある。春先の結果は上々だったが,今度は来週火曜から始まる他流試合でどれだけの結果を残すかだろう。面白いのはやはり宇草か。足と守備範囲だけならトップクラスなのだが,スローイングが改善されているかどうかが見ものである。少なくともこのくらいのオプションを準備しておけば万全といってよいのではないか。

そこで話を戻すのだが,やはり野間の潜在能力というのは捨てがたいところもあるのは確かだ。本来なら,今頃外野の一角を取っていてもおかしくないだけの才能はある。ただ,彼は前任者のでたらめな起用法で間違った方向で固まりかけているような気がする。それとやはり精神的に弱い面があるのだろう。そこで,スクラップアンドビルドをしてみたらよいのではないかと思う。なに,思い切ってバットを強く振る方向にシフトしたらいいのだ。

とにかく,今大事なのはしつこいようだが競争だ。今のカープで余人を持って変えがたい域に達しているのは誠也くらいのものである。そうでない場合はやはり常に競争に晒すというのが強いチームのタクティクスである。私はそれで成功した例ならたくさん見ているが,それで失敗した例というのは寡聞にして知らない。逆に,極端なレギュラー絶対主義をとったチームは必ず殆しといっていいくらいである。なに,「失われた二十余年」のカープがそうだったからね。

このシリーズの時は「今日の一冊」はお休み。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2020.05.30 19:26:16
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.