13364353 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

全3641件 (3641件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

今日のカープ

2020/09/29
XML
カテゴリ:今日のカープ
私だって,伊達に四十有余年カープの試合を見続けてないんだよ。今でこそ忖度としがらみまみれの広島という地にいるけれども,そんなものがないところで私心なく見続けた目は,曇っていなかったということだろうね。しつこいようだが,昨年緒方政権が崩壊してハジメが佐々岡をごり押ししようとしていたときから,佐々岡に何ができるといっていたからね。ある意味私は現状を批判する権利を持っているといっていいのかもしれない。逆に佐々岡政権誕生に歓呼の声をあげた向きは,まずそれを自己批判してからのほうがいいと思うよ。私に言わせれば,騙されたあなたも悪いのよ,というところである。

で,昨日の記事で私は,要旨次のとおり書いた。「結果の出ないバッターやそもそもやる気の見えないバッターは,過去の実績を問わず使わないという蛮勇が必要だろう。看板大関はいらない。真の意味で「役相撲に叶う」役者が必要である。そして菅野と対峙するに当たっては恥も外聞も捨ててセーフティバントで揺さぶり続けるとか,一人10球は粘るとか,そういうことをやらねばならない。」

佐々岡は,それがまったくできなかった。相も変わらず結果の出ない選手に拘った。そして菅野に対しても全くの無策だった。本当に莫迦としかいいようがない。無能もここまで来ると一種の芸術であるが,それを見せられる側は笑ってはおられない。

ただ,それをあげつらうのは簡単だが,問題はなぜそうなるのかである。それを解明しておかないと,佐々岡を切ったところで劣化版佐々岡政権が誕生するだけである。蓋し,組織として過去の成功体験をいまだに引きずっているのである。まさに第二次世界大戦の大日本帝国陸軍と同じだ。すなわち,その行き着く先は完全なる崩壊あるのみである。

だから,「佐々岡的なるもの」を批判するだけではいけない。なぜこのようなものが生まれたのか,なぜこのような結果になったのかを,厳しく吟味すべきだろう。そうしないと,またハジメの意のままに動くおもちゃが指揮官になるだけだよ。

今日の試合内容については,もはや語るに落ちるからもう書かない。何がホームでやり返すだ,バーカ。

しかしそれでも試合は続く。明日からはもう腐りきった「三連覇レガシィ」と全て訣別して,若手に経験を積ませた方がいい。どうせ負けるんだったら,明るい未来が見えた方がいい。ファームは今日も負けて13連敗を喫したが,そのことは妨げにならない。むしろ,くだらない負け癖がつくよりは上でもがいて結果の出ない屈辱に耐えたほうが,よい勉強になる。

最後に少しだけ真面目に。せっかくお客さんがたくさん入るんだから,球団ももっとお客さんを煽って盛り上げる仕掛けを作ればいいのに。のべつ幕なく応援歌流せばいいものでもないと思うが,チャンスになっても拍手がパラパラでは,どちらのホームなのか分からない。それができないのは,要するにハジメが小銭ケチっているだけだろう。もっとファンもハジメの尻を叩こうよねえ。真面目にやれって。

やる気がないなら出て来るな。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/29 10:07:42 PM
コメント(7) | コメントを書く


2020/09/28
カテゴリ:今日のカープ
今日は,仕事の都合で最後まで映像にも音声にも接することができなかったので,見てきたようなことを書くわけにはいかない。しかし,あくまで文字列でチェックした範囲内ではあるが,今日の試合だけ切り取ってみたらきっと文句はないのだろう。小刻みでしかも抜け抜けではあるが1点ずつ刻んで4点取ったし,何より完封したら絶対に負けはしない。九里はよく頑張ったというべきだ。

でも,なんかすっきりしない。それはきっと4点しか取れない展開ではなかったということと,九里が0点に抑えてもおかしくないくらいの相手の状態だったからというのが正当かもしれない。この4連戦,確かにヒットはたくさん打たれた試合はあったがそれでも取られても5点だったし,昨日は祐ちゃんが先頭打者ホームラン打たれたとはいえ2点に抑えたし,要するにいくら怖い打線とはいえ流れを分断すればそうそうやられっぱなしではないという当たり前のことを実践したまでなのである。ならば,なんでこのカードが2勝2敗で終わったのかという問いに,答える術がないからだろう。

そう,今のカープの最大の欠陥はピッチャーではない。点を取れないことなのである。佐々岡とか一部カープファンはことあるごとに投手陣を責めるのだが,間違っている。どうも頭の弱いファンはいまだに「投手を中心に守り勝つ野球」なるものを唱道するのだが,もういい加減にして欲しい。「守り勝つ」をあえて善解して「無駄な点をやらない」に置き換えたとしても,それは得点能力の高いチームのアドヴァンテージになり得るに過ぎないのだ。

もうひとつ言うなら,今日のオーダー。佐々岡にしてはずいぶん思い切ったと思うのだが,まあひと月遅い。それに,データとしては今年の京山は左打者には弱いというものが出ていたのであるから,一二軍の入れ替えをしてでも左打者,もっといえばしっかり触れる左打者を並べなければいけなかったと思う。そういうところが,頭の固さというか,地頭の悪さというか。

とにかく,明日からだ。佐々岡は間違いなく水道橋で無様に三連敗したあと「ホームでやり返す」と曰った。ならば,全力でやってもらわねばならぬ。しかし,この4連戦の内容を見るに,些か厳しそうだ。結果の出ないバッターやそもそもやる気の見えないバッターは,過去の実績を問わず使わないという蛮勇が必要だろうが,さあどうかね。

そもそも論として,お客さんをたくさん入れるようになったのだから,それに応えるためには銭の取れる選手を出す必要があるだろう。ただ,看板大関はいらないのだ。真の意味で「役相撲に叶う」役者が必要なんだ。グラウンドに落ちている銭を一生懸命拾おうとしている選手こそ,今グラウンドに立つべきなのである。

まずは明日菅野智之と対峙するのだが,少なくとも一昨日や昨日見せたような気のない攻撃は願い下げである。恥も外聞も捨ててセーフティバントで揺さぶり続けるとか,一人10球は粘るとか,そういうことをやってみろってんだ。

プロフェッショナルは結果でしか判断されないのが宿命。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/28 10:31:39 PM
コメント(9) | コメントを書く
2020/09/27
カテゴリ:今日のカープ
話にならない。それしかいいようがない。

というより,この試合をいったいどうポジティヴに評価しろと?私は試合開始から試合終了までまったく気持ちが盛り上がらないまま終わった。試合途中に所用で外出し,終了間際に戻ってきたが,その間の時間をまったく惜しいとも思わなかった。

本当にしつこいようだが,今日もスターターを見た時点でがっかりした。1番野間?キャッチャー磯村?サードメヒア?佐々岡はきっとオフェンスというものをなめているに違いない。これで何かことを起こせると思う方が間違いである。

しかし,お客さんは正直である。初回に2点取られた直後,野間が初球を引っかけて話にならないセカンドゴロに終わったとき,溜息すら出ていなかった。もうお客さんも呆れていたのかもしれない。一部狂信的ファンはそれでもなお佐々岡体制の擁護に動くのだろうが,木戸銭払って見せられるファンの声がもっとも雄弁に物語っているというべきだ。

とにかく,まったく今日の結果については擁護できないが,だからといって厳しい声を選手にかける気にもならない。現体制のもとでやる気を出せ,気合を入れろという方が酷に思える。

ついでにいうと今日はファームもバファローズにまた負けてついに12連敗を喫した。このままじゃまずい。調子が上がってきた選手もすぐに調子を落とす悪循環になっているようだ。そりゃそうだろう。少々結果を出しても上げてくれないし,そうかと思えば上の方の覚えのめでたい選手が優遇されたり,挙げ句ファームですらろくに戦力にならないような選手が枠を食っている始末である。

はっきり言って,このままではもう最下位を走るのは火を見るよりも明らかだ。なのに,まったく手を打たないフロント,一番糾弾されるべきであるし,その一番上にいる「代表取締役社長」の責任はもっとも厳しく追及されるべきである。

それでもなお来年佐々岡体制が続くようなら,当然何か手を打たなきゃいけないね。

祐ちゃんはそれなりにやったけれどもね。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/27 05:05:55 PM
コメント(13) | コメントを書く
2020/09/26
カテゴリ:今日のカープ
負けたこと自体を,今さらどうこう言う気はない。もはや今のカープは,危険水域を越してどっぷり敗北の水に浸かりきっているから,そうそう簡単に勝てないことは理解している。しかし,今日の試合内容はまったく駄目だ。こんな試合をやってたら木戸銭払ったお客さんに顔向けできんだろうという最低の内容だ。いかに善解しても,今日の試合内容は擁護できない。

何が悪いかと言って,今一番銭が取れる選手のひとりである森下を擁した日にかかわらず,先輩野手どもが森下に顔向けできないようなしょっぱい野球に終始したのがいけない。確かに,今日の森下は良くなかった。しかし,森下はルーキーだ。まだまだ試合の勝ち負けに責任を負わせられないのである。まして先週は森下が好投したにもかかわら勝ち星を付けられなかった。ならばこういう日は先輩野手が奮起して白星をプレゼントするという流れにならないといけないのである。さらに付け加えれば,昨日の今日で,お客さんが1万6000人程度入ることができるようになった最初の土曜日である。

ところが,2回以降の攻撃は,まったく話にならなかった。これはかなり厳しい。これでまだまだ最低でもAクラスは諦めていませんと言われても,ちょっとリアクションに困るのである。まったく,話にならない。

でも,毎度毎度のようだが,今日もまたスターターの時点で正直結果を諦めていた。こりゃよっぽど森下が好投しないと勝ち負けになるのは難しいなと思っていたから。指揮官禁治産者たる佐々岡ワールド全開では,もはやどうしようもないというべきか。

佐々岡が指揮官として決定的に駄目なところは,選手の見極めが極めて下手くそなところである。調子の上がっている選手をスターターから理由なく落としてみたかと思えば,旬が過ぎている選手とか疲弊がピークになっている選手を敵のように使う。要するに過去の実績から自由でないことが理由なのだろうが,こういう人は間違いなく勝てない。その逆が出来る人,いい例が古葉さんだが,必ず勝てるようにできている。

さすがに球団もこのまま補強もなく最後まで終わったら何を言われるか分からないと思ったか,今日は育成の藤井黎来を支配下登録した旨発表した。ファームで抜群の防御率を誇っていたからまあ当然だが,その割りに即一軍登録してという話にならないのがやっぱり今のカープクオリティだ。それに,補強としてのインパクトに欠けるというか,まあとりあえずやってます感しかない。これだからカープは駄目だと言わざるを得ないのである。いや,藤井黎来には罪はない。是非星を掴んで欲しいと思う。

明日は祐ちゃんが予告先発だが,正直過大な期待は出来ない。とにかく打ち合い上等で泥まみれになっていくしか勝機はないような気がするが,まあ難しかろう。生温かく見守るしかない。

それにしても,なんとも寂しいよねえ。

これでは明日は見えぬ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/26 07:29:27 PM
コメント(10) | コメントを書く
2020/09/25
カテゴリ:今日のカープ
さもないと,カープファンは本当にやってられないよ。それでも,最後はバタバタした姿を見せられてまたかと思ったからね。

今日は本当に床田に尽きる。これまではいったい何だったんだと言いたいくらいである。要するに基本に返ってストレートをびしびし投げ込んだらこのくらいのピッチングは出来るということだろう。これは自信にしていい。いや,してもらわなければならぬ。森下に全てを託すような態勢を情けないと思うなら,今日からでも自分が先頭に立ってやればいいと思う。

水道橋ではまったく存在感を見せなかったオフェンスも,ようやく危機感を持ったのかどうかは知らないが,今日は全体的に悪くなかった。もっとも,うまくやればもっと点が取れただろうと思う。そのくらい今日の井納は出来がよくなかった。その意味では,個々の選手がどうこうと言うよりも運用がまずい。ほとんど機能していないタナキクに拘ったり,ちょっと今疲れが出ているのかヒットの匂いすら感じない堂林を漫然と起用するのはどうかと思う。え?田中がホームラン打った?あれは打ってくださいといわんばかりの球だったからね。

正直,今日の公示を見たところでやっぱり佐々岡はダメだと思ったし,スターターを見て二重に失望した。結局佐々岡という人,選手の運用能力がないということに尽きるのではないか。何度も言うようだが指揮官禁治産者だね。それを如実に示すだけの結果になったとしかいいようがない。

まあ今日勝っただけでは借金がひとつ減っただけだ。こうなったら明日も明後日も明明後日も勝ちに行かねばならない。そのくらいでやっとカープは変わったと言わしめることができるのだ。明日の相手先発は濱口。まずはスターターである。また右打者並べて沈没したらもうどうしようもない(対左打者の被打率.308。対右打者は.224)。それに,森下におんぶに抱っこになってもいけない。森下が苦戦しても打撃で取り返すほどの野球が望ましい。

で,昨日の話の続きではないが,現在11連敗と大苦戦しているファームでも,結果を残している選手はいる。今日の対バファローズ戦はコロナ禍で中止となり,明日からも不透明だから,こういうときに一軍で使わない手はなかろう。正直なところ,カープの現状ではカベとか声出し要員を何人も抱えておける余裕はないんだからね。

まだ明日が見えるだけの余裕はないよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/25 09:56:30 PM
コメント(5) | コメントを書く
2020/09/24
カテゴリ:今日のカープ
正直なところ,昨日の敗北で,こちらも全て切れてしまったような感じがする。4連敗で借金12という結果以上に,何か気が抜けてしまうようなものがあったというべきなんだろう。怒りというのは,その対象に期待しているからこそ湧く感情であることが,よく分かった。

明日からベイスターズと4試合,ジャイアンツと3試合,ホームで合計7連戦と神宮での3連戦含めて合計10連戦が行われるが,まあ地獄の連戦になること必至である。まったく勝つという絵図面が引けないのだ。引けそうなのは森下が投げてそこそこゲームを作ったときだけ。そのときだって,攻撃陣がさっぱりな現在勝利に結びつく保証は,ない。

一軍も一軍だがファームもファームなのであって,今日も敗れてついに泥沼の11連敗を喫した。はっきり言って何をやっているのかと思う。ここまで来たら組織として崩壊しているという以上の評価はできない。もう小手先の「改革」ではどうにもならないだろう。どうにでもなってしまえ,死に水なら取ってやると思う自分がいることも確かである。

しかし,カープはプロだ。負け続けていいわけはない。少しでも上昇の兆しを見せなければいけないのだ。だから,我々ファンが呆然と現状を見ることは許されれないだろう。もちろん中には負けているチームを応援することに喜びを感じる向きもいるだろうが,それは我々にとっては縁なき衆生も同然である。我々の旗印である「強いカープを見たい」は,降ろしてはならないのである。

でも,どうやったら勝てそうか。繰り返すようだが,現状のカープでこれを見ることは非常に厳しい。それでもあえて言えば,戦えるをのこを選ぶ,それしかない。今必要なのは,過去の実績ではないだろう。どうせだったら,一二軍通しての大シャッフルがいい。支配下登録選手+αをフルに使って本当にいい選手を格とか実績に囚われずに起用する,これしかあるまい。

まあ,できないだろうな。書いているだけで寂しくなる。佐々岡にそれだけの度量はないだろうな。そもそも明日一二軍の入れ替えがあるかどうかさえ怪しいよ。

いや,そんなものに負けてはいけない。外野席が声をあげないと駄目なところまできてるのだから。何でもいいから言わないといけない。言うしかない。ひょっとしたら,何か起こるかもしれない。いや,起こさねばならない。

とりあえず,小園と林と宇草が見たいな。育成だがファームでホームランを連発している木下の支配下登録即起用とかもいいんじゃないかな。

明日が見えなきゃ明後日を見よう。by J.J.Rousseau(嘘)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/24 09:31:05 PM
コメント(3) | コメントを書く
2020/09/23
カテゴリ:今日のカープ
私は,試合開始前から今日の結果を悲観していたから,感想は何もない。そもそも,昨日の今日を受けてタナキクの1,2番とか,ファンを舐めてるとしか言いようがない。ファン舐めてるのは佐々岡だけかと思っていたら,どうやら選手ももう無気力の極みに達していたようだ。こんな試合をよく頑張った,悪いときもあるから今こそ温かく応援して,なんて言えない。言えたら嘘だ。

本当に佐々岡という人はよほど前世で悪いことをしたのか,まあやることなすことうまくいかないのだが,今日も悪手の連発だった。その中でも最低の悪手はやはり4回表,1点返して2死2塁から野村に代打を出したことだろう。正直,野村の2回の失点は主審のジャイアンツ忖度判定が引き金だし,全体的に崩されて失点していたわけではないから,交替させるほどのことはなかった。それに,出した代打が現状では最悪と思えるメヒア。これで流れが一気に相手に流れたと言っていい。なぜそれが最低だったか,結局その後5回から8回まで全くノー感じのパーフェクトに抑えられたことから,自明であろう。

今日の試合で象徴的だったのは,取った得点は堂林の長打とピレラのホームラン。実はそのほか,出した走者をまったく先の塁に進められていないのだ。これでは,勝てない。というより,本当にここまでカープは落ちぶれたかとぞっとする。これは末期症状だ。このままだと本当に今シーズン残りあといくつ勝てるかという危険水域にまで落ち込んだということである。

それでも,今年は厄年だ,そんな中でも一生懸命応援しようといっていいのかい?それは違うだろう。こちとらが一生懸命応援するという前提を欠いていると言っていいんだよ。

正直言って,借金12というのはかなり辛い。これから何が起こるかと言って,きっと何も起こらずに終わるだろう。そのまま11月上旬までだらだらと試合が続くのはかなり厳しいものがある。どう擁護していいのか分からない。

一番いいのは,今日を限りに佐々岡政権が店仕舞いしてくれることである。もっとも,だからといって佐々岡亜流政権が続くのでは何にもならない。今カープに必要なのは,監督がどうこうではなくて,カープという現場組織の滓を一掃するくらいの大変革が必要なのだろう。なんせ今のカープ,ファームも連敗地獄のまっただ中にいるのだ。

これを打開する処方箋は,私には分からない。ただ,現政権下ではそう簡単にはなさそうなことだけは,分かる。

悲しくてとてもやりきれない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/23 10:00:44 PM
コメント(11) | コメントを書く
2020/09/22
カテゴリ:今日のカープ
またきっとね,今日の試合を「よく9回に追いついた」「惜しかったけど明日に繋がる」などと言うあほうがいっぱい出るんだろうけれども,だからその了見がダメだと言うことに,まだ気がつかないのかねえ,本当に。

勝たなきゃ駄目な試合だった。勝てば全ての流れが変わるかもしれない試合だった。若いバッテリーのミスを長野さんの一振りが救い,なおもひっくり返されたのを攻守に悔しい思いをしていたであろう坂倉のヒットをきっかけに曽根の激走で追いついたのである。これを勝てないなどと言うことは,本当に弱くてどうしようもないチームであることの証明ことなのであって,間違ってもポジティヴに理解すべきことではない。

もっとも,厳しい見方をすれば,負けるべくして負けたとも言える。今日のスターター,ええ加減カープファンをなめんなよと言いたくなる。今さらタナキクに賭けて菅野を攻略しようとしたのなら,とんだお笑いぐさだ。事実,この並びは機能しなかった。いや,機能させるチャンスはあった。8回表,田中がツーアウトからヒットで出た菊池の打席。しかし,まったく足で揺さぶる素振りも見せず呆然と菊池が三振してしまった。これで何が菅野を攻略しますと言うつもりだったのか。話にならない。さらに言えば悩みの淵に入っている堂林を漫然と起用し続ける神経がよく分からない。

ついでに言えば鈴木誠也。ヒット1本で満足してしまったがごときその後の打撃内容はいただけないし,もはや気力が欠けているんだろうなという裏打ちにしか思えなかった。サヨナラになった打球が彼の目の前に難しく落ちる打球となったのは,きっと野球の神様による喝だと思うよ。もはや今の誠也にはそんなこと頭に入らないんだろうけどね。

これで借金11。ついに危険水域にズブズブに浸かることとなってしまった。しかし,この東京6連戦,はっきり言って普通にやれば余裕勝ちしていた試合ばっかりなんだよ。何度も言うようだけど悪いのは選手じゃない。まして実績のない選手を悪し様に言うのは間違っている。明らかに悪いのは佐々岡を筆頭とするベンチのアホバカどもだし,さらにこの現状を見てまったく補強に動かない球団も同罪だ。

おそらく佐々岡は今日も遠藤やフランスアを槍玉に挙げて逃げ切ろうとするんだろうが,もはや逃げ切りを許してはならぬ。もっとも,これだけの酷い内容の野球しか出来ずにのうのうと逃げ延びられるのは,やっぱりハジメの後ろ盾があるからに他ならないのだ。彼奴はカープの現状をニヤニヤと笑って喜んで見ているのだ。カープがまた二十有余年優勝できなくたって構わないと思っているのであって,こんなのを「人情派の名オーナー」などと言っている向きは本当に消えてなくなれといわざるを得ない。

まあ,今日の敗北のショックは大きいだろうし,それがなくても明日もまた平気で負けるに違いない。しかし,それでもカープは動かない。なぜならばそうなってもいいのがハジメの御意であるから。

だから,もう行為能力がない指揮官禁治産者の佐々岡など敵じゃない。心あるカープファンの敵は,松田元である。彼奴を倒すことなくして,赤ヘル黄金時代は夢のまた夢だ。

カープを殺そうとしている向きは誰であろうと許さない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/22 09:57:13 PM
コメント(7) | コメントを書く
2020/09/21
カテゴリ:今日のカープ
昨日私は,9回表の反撃なんて何の意味もない,という旨のことを書いたら,久し振りに日本語を読めない蛆虫君がたかったところであるし,一部カープファンは神州不滅を信じて疑わなかったようであるが,結果として,私の見解が正しかったことが証明された。だいたい,あんな追いつけない程度の反撃なんて,何の役にも立たないのである。

そもそも,今日の直江から2点しか取れなかった時点で,もう終わっている。話にならない。昨日の今日で攻撃をほとんど入れ替えなかった佐々岡の頭の悪さの賜である。もともと彼は攻撃についてはまったくの無能力者であるとは思っていたが,まあ禁治産者(今は法律上は「被後見人」だけどね)と言って差し支えないのではないか。

そう,今日の敗因も,不甲斐ない攻撃陣である。直江を二巡目までに引きずり下ろせなかった時点でジ・エンドである。これ以上に何をいいようがあるか。

本当に,試合時間がいたずらに長いだけの試合だった。その長さも,ほとんどジャイアンツの攻撃時間で,カープの攻撃なんてハナクソほどのインパクトもなかった。まさにやるだけ無駄。弱いチームの試合の極致と言っていい。正直こんなチームを持ち上げてちやほやするのを見せられるほうが苦痛である。

今日はいいところなんて何一つないクソみたいな試合だった。もう完全にカープというチームは空中分解していることが随所に感じられた。敢えて名指しさせてもらうが鈴木誠也君。やる気がないんだったらお休みあそばされた方がよいと思う。どうせカープで野球する気持ちなんてもうこれっぽっちもないんだろ?顔に出てるよ。でもね,その了見だったらメジャーだろうが国内球団だろうが,どこ行っても通用しないよ。

何度もしつこく言うようだが,「三連覇レガシィ」は,完全に崩壊した。ならば,新たなシステムを作らねばならない。小園を,林を,宇草を上げてくるべきだ。もちろん登録できるようになったら奨成も。彼らは今のカープでは貴重な銭を取れる選手だ。代わりに落とすべき選手?いくらでもいるやないの。

ところでDJがイーグルスに移籍することになった。なんかかのチームもDJに目星をつけてたようなのであるが,ぜひカープを見返すような活躍を期待したい。そうすれば,カープの首脳陣の無能さが誰にでも見える形で分かるようになる。そんなものもう分かってるって?分かってないのがまだいるんだよね。だから蛆虫くんが来るんだけど。それはさておき,マリーンズはメジャーからチェンを獲得するようだ。これはカープのフロントに与える影響大だろう。これまで「コロナ禍で外国人選手の獲得は難しい」と説明して逃げおおせられたのが通用しなくなったから。さて,少しは動きがあるかどうか。

まあないだろうな。それがハジメクオリティだからね。今年は「弱いカープこそ応援する」という刷り込みをして信者の拡大を図らなければならないからね。そしてまた二十余年ほっかむりをし続けて不正蓄財に精を出さなければいけないし。

明日は菅野智之と相対するか。せめてヒット1本は打とうね。それと,やる気のない選手とか明らかに調子を落としている選手は見たくないから。

こんなにわかりやすく崩壊してくれたら世話はない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/21 10:11:50 PM
コメント(15) | コメントを書く
2020/09/20
カテゴリ:今日のカープ
どうせ今日の試合を受けたもの知らぬカープファンから「9回表によく反撃した,これは明日に繋がる」などという戯言が出回ることになるだおるが,これは完全に誤りであると言いきっておく。否,脳みそに蛆でも湧いてんのかと言ってさしあげた方がよかろう。

今日の敗因は,いきなりホームラン3本喰らった祐ちゃんでもなければ6回に大乱調を起こした島内でもない。そもそも論として彼等はチームの勝ち負けに責任を負うべき顔ではないのだ。むしろ彼等の何倍も給料もらっている主軸野手の体たらくを責めるべきである。早いうちに点取っておけばどうなっていたか分からなかったと取るのが正当なのである。

なら9回表は何だったかって?ひと言で言えば,ガス欠だろうね。だから彼と対峙するときの鉄則はいかに球数投げさせて引きずり下ろすかということに尽きるのであって,それができなかったことが今日の最大の敗因なのである。まあ,どうせ引きずりおろしたところでスワローズのリリーバーを打てたとは思えないから,ある意味ライアン君をすいすいと投げさせてしまったことに伴う椿事と捉えるのが相当だろう。だから,積極的に評価してはいけないのである。

それにしても,3タテでもおかしくなかったカードを落とすことになったのは,まことに遺憾というか,だからカープはダメなんだというものが凝縮され尽くした象徴と言うべきである。もはやこのカードを見た感想としては失望しかない。明日からの3連戦?せいぜい恥ずかしい野球やらないように頑張ってねと生あたたかく言うのみである。

まあ9回表についてもうひと押し言っておくと,諦めない姿勢など最初からこのチームは見せていなかったのである。もし諦めていなかったら,誠也と松山に代走を送ることなんてあり得ないことだ。結果として,誠也に代走を送ったのがもう一押しできない原因となってしまった。

まだ言いたいことは山ほどあるのだが,言ったって詮ないことなので,やめる。

最後にひとつだけ。祐ちゃんになにがしかのアクシデントがあって投手交代を告げた佐々岡の表情,投げやりというか,それを通り越してなんや余計な手間かけさせやがってとでも言わんばかりの顔をしていた。まさに指揮官失格である。何が人柄がいいものか。結局外面だけがいいに違いないと思った次第である。

今日みたいな結果を恥さらしと言うんだ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020/09/20 10:32:44 PM
コメント(14) | コメントを書く

全3641件 (3641件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.