14407837 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

X

全3890件 (3890件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

今日のカープ

2021/09/17
XML
カテゴリ:今日のカープ
台風14号は,現在の予報では深夜に広島をかすめるが如く瀬戸内海を横断するらしい。現在の台風の勢力はよく分からないが,1991年9月に逆に中国地方を横断して広島を直撃した台風19号のようなことにならなければよいと思う。これを書いている時点では広島はさほどの影響はないのだが,何事もないことを祈るまでだ。

さて,昨日はそもそも試合の予定がなかったし,一生懸命書くべきものもさしてなかったのだが,あったところで完全に気持ちが切れていた。ひさびさに仕事で遅くなった上に,朝から一日バタバタさせられてろくに休息も取れなかったくらいだったから,帰ってきたら完全に蛻の殻状態だ。頭の中は真っ白だし,体力も気力も残っていない。だから頭の中をクリアにすべく,ぼんやりと夜を過ごしていた。今日はさほどでもないのだが,台風が接近すると言うことは気圧が乱れていると言うことだから,どうも体調がおかしい。

カープは,変則10連戦がひとつ減って9連戦になったが,関東と広島をいったりきたりする日程だから選手にはなかなか辛いものがあるだろう。クライマックスシリーズの目標はほぼ断たれているし,今はとにかくいいところ4位に押し上げるのが関の山といったい状態なのだが,この期に至って佐々岡と河田がろくでもないことばっかりするものだから,選手のモチベイションはさぞ地に落ちていることだろう。

なんといっても完全に首脳陣の好き嫌いや当局者への忖度が起用方針として罷り通っているところが致命的だ。過日の小園に代打上本というのなんてその典型だし,さしものカープファンも非難囂々だったのだが,ところがどっこい一昨日の試合でしつこく上本が起用され,四球を取って次の打席で犠牲フライを打ったとかで在広プレスからヒーロー扱いされているのを見たら,本当にアホかとしか言葉が出ない。逆に言えば球団当局者にファンのバッシングが堪えていたことの裏返しともいえるのだが,だからどうした感も強い。次の打席の犠牲フライなんてまともなバッターなら右中間割ってるよと言いたいところである。

本当はここから先はひとくさり唸りたいところだが,よく考えたら同じこと何度も行っているから,やめる。

もっとも,普通に考えて佐々岡政権は今年限りで瓦解するだろう。この忌まわしき佐々岡政権の愚を繰り返さないためには,これもしつこいようだが,今オフの編成では完全にフライボール革命,要するにアマチュアレベルでは問答無用でスタンドに放り込む力があるバッターの獲得に舵を切らねばならない。申し訳ないが,羽月や上本みたいな選手を揃えたって無意味なんだ。

なんか頭の弱いカープファンは二言目には俊足がとか攻守がとかいうけど,無意味だ。これから山本浩二や衣笠祥雄の全盛期を見ていないファンは困るのだ。いや,野村謙二郎や緒方孝市や前田智徳の全盛期に置き換えてもよい。俊足攻守のスラッガーこそカープの育成の進む道なのである。どうしても守備がーというなら,木下富雄のようなスーパーユーティリティプレイヤーを育成せねばならぬ。その意味では今の編成,全く中途半端。これでは勝てないよ,ねえ。

広島の滓もまとめて吹っ飛んでしまえ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/17 07:07:11 PM
コメント(1) | コメントを書く


2021/09/15
カテゴリ:今日のカープ
今日は以上。あとは。ピッチャーは頑張った。玉村も出来は非常に悪かったけれども,崩されなかった。並の2年目ではない。

結果的に正隨が大ヒーローになったが,裏から見ればこれこそまさに今のカープの問題点が現れているというべきなのである。もちろんそれを自らのバットで振り払った正隨は立派なのであるが,正隨よくやったというだけで済ましてはなるまい。

そもそも昨日の正隨起用はあまりにも唐突すぎたのであって,敢えて今という正当性はなかった。これが一軍に上げてきてすぐスターターで使い続けていたというならよいのだが,実際はほとんど干していたのとかわらない。それをさあ打て,3番だというのは,あまりにも酷だし,こんな手は成功しない。事実昨日は駄目だったし,今日も第一打席は最悪の結果となった。まさに今日の一打は正隨だけが褒められるべきものであって,首脳陣の手柄ではない。

もうひとつ言うなら,やっぱり4連敗中は負けるべくして負けていたと言うべきである。ここ数試合のカープの問題点は坂倉の調子が急に下がったことなのであるが,打順を下げるとか一時的にラインアップから外すということを首脳陣が全く考えていないことが大きな問題と言うべきだろう。まだまだ今の坂倉はその結果に心中するような格ではない。しかし,いまだにあのアホバカ首脳陣は坂倉の起用に拘っている。このままだとチームも壊して坂倉も潰してしまいかねない。

ついでにぶちまけてしまうと,この4連敗のアンチヒーローは,やっぱり誠也だ。彼が肝心なところでいかに打てないかということをこれだけ如実に示しているのは残酷だが事実である。もちろん,先の話とリンクするが坂倉が打てなくなったということでまともに勝負されないことは事実だが,それを受け止めてなおはじき返すのが四番の仕事である。実際,誠也にはまともに勝負されないのを嫌って結局難しい球を凡打して怒ってふくれるという悪循環があるのであって,それが改善されないとメジャーリーグなんてとてもとても。

まあ,そういうものを全て正隨が救った。さすがは大阪桐蔭仕込みのフルスイングだ。

もう来シーズンを見据えていかねばならない時期ではあるが,来シーズンの編成は,「フライボール革命」に沿ったものであること,こぢんまりとしたまとまりよりは突き抜けたパワーを求めなければならないのである。敢えて名指しするが,上本や羽月や曽根みたいな選手をたくさんあらべても意味ないのだ。大砲ばかりでは戦えないが,大砲なしに勝つことも不可能だ。あるとすればゲリラ作戦であるが,今のカープにそんな正々邪道とでもいうべきしんどい道をまともに歩める指導者がいるはずもない。え?河田?まさか。

勝ててよかったね(棒)。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/15 10:24:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/14
カテゴリ:今日のカープ
昨晩は別に仕事が忙しいわけでもなかったのだが,敢えて頭をクリアにするために余計なことは考えず,やりたいことだけをして過ごした。このところ夜の夢見が悪く,過日など死体が出て来る夢など見てしまったから,何かの予知夢じゃなければよいがと思ったくらいであるのだが,昨日はぐっすり眠れて寝起きもよかったところを見ると,単に頭が疲れていただけらしい。

そんな中で見た今日の試合だが,そもそも試合開始前から醒め切っていて,最後まで醒める一方だった。もうきっと負けるだろうと思っていたら,案の定であるから苦笑するしかない。

そもそも論としてやることなすこと全てがおかしいのである。首脳陣がなぜか狂信的に拘る1番野間。今日も完全に野間は足を引っ張ってチームの敗北に大きく貢献した。とにかく先頭打者でヒットを打ったのをしばらくお見かけしていない。今日などビジターで先攻だから野間がガツンとやればチームは盛り上がるのだが,それに及ばないどころか話にならない結果ばかり続いている。今日の敗北の半分くらいは野間のせいだといっていい。

もうひとつの謎は森下の代えどころである。アホのひとつ覚えというか,佐々岡の足らない頭で考えそうなことだが,自分ができたことを全て押しつけようとするのである。今日は完全に引っ張りすぎだ。いや,明らかに後半戦はおかしいのだから,一回くらい登板飛ばしていいんじゃないかと思うのだが,なぜかそれをしない。そりゃ佐々岡はよかったよ。スタミナには自信があったから。それを全てのピッチャーに押しつけちゃいかんだろう。

さらにいえば,正隨3番,しかも西川に代えてというのもおかしい。正隨が役者不足だというのではない。遅すぎるのだ。一軍昇格直後に思い切って起用すればよかったのにということである。しかし,それが佐々岡にはできない。むしろ今日の正隨起用はこれまで起用しなかったことにアリバイ作りのようなものと言って差し支えない。むしろ正隨が打撃で結果を出せなくてほっとしているのではないか。

しかし,今日の敗北の原因はこんなものではない。むしろ些末なエピソードというべきだ。最大の敗因は,余所のチームは苦もなく攻略する松葉に何回も同じようにやられたことであって,それ以上でも以下でもない。

はっきりいって,ここのところ同じピッチャーに同じようにやられるケースがあまりにも多すぎる。しかも余所も球団が簡単に攻略するようなピッチャーに。その原因は,もはやデータの軽視以外のなにものでもないだろう。もっと具体的に言えば,ただ1球団だけトラックマンを導入していないこと,それに尽きるのだ。プロ球団はおろか今やアマチュア野球でもデフォルトになっているにもかかわらず,頑としてカープは導入しない。その原因は,ハジメが目先の支出を渋っているからだ。

にもかかわらず,多くのカープファンはそれに異を唱えないどころか,一部のアホなファンはそれを積極的に正当化し,あろうことかトラックマン導入否定の論陣を張る始末である。ふざけんなとしかいいようがない。こうやってカープ野球はガラパゴス化し,やがて滅亡するだろう。

私は,それを座視することはできない。だから,ハジメを,いや松田一族を許さない。そしてそれに阿諛追従する者もまた許せない。ほんとうに,消えてなくなっちまえ。

まっとうなファンとしての矜恃を見せてやるよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/14 09:21:25 PM
コメント(5) | コメントを書く
2021/09/12
カテゴリ:今日のカープ
一昨日昨日の試合について言えばあのような結果になったのもやむを得ないかというところもあるのだが,今日はいけない。絶対にいけない。こんな野球やってたらぶっちぎりで最下位になるよ。

結論で言えば,今日の最大の敗因は佐々岡と河田のアホ采配である。先ずはスターター。相も変わらず1番野間にキャッチャー會澤。ありえない。今日広島向け実況で解説していた井端弘和がずいぶん會澤のリードに疑問を呈していたが,小林に打たれたホームランはまさに會澤のヘボリードの結晶である。今日はなぜか全国向け解説が前田智徳,広島向け解説が井端弘和といわばねじれを起こしていたが,井端の一切の忖度を排した物言いに得少しは在広のカープファンも気がついてくれればと思った次第である。

野間についていえば,1回の先頭打者で全く仕事ができていない。1番バッターの真骨頂というのはいかに試合開始直後にガツンとやれるかというところなのだが,今の野間はそれが全くない。だから怖くないし,存在自体ミスキャストと言わねばならないのだ。彼はどうでもいいところでヒットを打って打率を整えておけばいい立場ではないはずだ。

まあ,以上はまだ今日の敗因としては些末といっていい。今日のもっともアホな采配は,野間がノーアウトの走者になった2度のチャンスでの攻撃である。まず3回裏,追いついた直後のイニングの攻撃で一気呵成に行くべき場面で小園に送りバント。アホかと思う。菅野を倒してしまうならこのイニングだったのだ。最大級に強く攻めなければならないところでもっとも緩い攻撃。これは全く正当化できない。そして8回裏。野間がヒット打ったところで小園に対し代打上本。こんな攻撃が正当化されると思う向きは死んだ方がいい。

これで分かるだろう。佐々岡河田はいまだに小園を信用していないのだ。いや,小園に手柄を取らせたくないのだ。まさに佐々岡か河田かどちらのイニシアティヴか知らないが,立派なパワハラだ。もっと言うならば,小園のあとを打つ西川や上本はもうベタベタなまでのハジメのお気に入りだから,球団当局とアホ首脳陣のWIN=WINで行われている不法行為的パワハラと言ってよいだろう。

だから,これだけのアホ采配を今シーズン連発してチームを下位に沈めている元凶の二人が辞表も出さず休養もしない原因は,ハジメがそれを認めているからである。ハジメ的には今の結果は満足なのである。それを佐々岡も河田も知っているから,何も変えようとしないのである。しょせんあの二人は,否今の首脳陣は全員,ハジメのお気に入りという正当化根拠に依拠している権力者のお稚児さんに過ぎないのだ。

だから,現状を変えるには,佐々岡や河田の首をすげ替えるだけでは駄目だ。ハジメの首を落として,松田一族を誅滅して,初めて心あるカープファンは喜べるのだ。そしてことさらに現状を持ち上げるような向きもまた,我々の不倶戴天の敵であり,殲滅すべき対象であるといわざるを得ない。

いよいよ今年は,松田一族打倒の戦いに,舵を切らなきゃいけないかな。

ありとあらゆる手段を使わねばならないかな。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/12 10:04:58 PM
コメント(7) | コメントを書く
2021/09/11
カテゴリ:今日のカープ
今日は朝から一日外出していて,試合そのものは見ることができていない。それを前提として書くのだが,いくら何でもこんな一方的な試合にならないと思う。普通のメンタリティであれば。それがこうなったのは,やっぱり昨日の試合が選手に与えたストレスは大きかったというべきなんだろう。そんな気がする。

昨日の試合で審判団が見せためちゃくちゃなジャッジの裏にあるものは,なにがなんでもタイガースに勝たせるというものに他ならない。SNS上で主審山路に対する怨嗟の声がたくさん上がっていたのだが,山路の個人的判断であんなことができるとは思えない。あれは連盟当局の意思が強く出ていたと読むのが正しいだろう。だから,きっと選手にはなにか不公正な力が働いているというところが読めたのではないか。

だから,今日の試合は最初から最後までしらけてしまっていたのだろう。まして今日の主審が杉永。山路に勝るとも劣らずカープに敵対的なアンパイアであるから,そりゃやる気も失せるだろう。

じゃあ,だから今日の試合は全て水に流していいかといわれると,違うと思う。普通にやればもっとまともな試合になっただろうと思う。やっぱり佐々岡河田じゃ話にならんというべきなんだろう。

まずはなんといっても2回裏。誠也死球のあとに坂倉でランエンドヒットをかけたのが意味不明だ。いかなる理屈をもってしても正当化されないだろう。それに,インケツ大好きの起用は本当に訳が分からない。野間への拘りは本当に以上だし,今日もなんで會澤を出したのかよくわからない。いっちゃなんだが今の會澤は攻守ともブレーキ状態なのだが,ここまで起用に拘ると言うことはまた彼も当局のお気に入りなんだろう。

もう,明日からの試合云々という気持ちは切れた。たとえ不公正な力が働いていてもそれをぶち破るくらいの力が欲しいのだが,権力に弱い内弁慶佐々岡じゃ無理だ。昨日の試合の中で抗議ひとつもできないような監督はいない方がよい。ほんと,内部だけで威張っているパワハラ中間管理職じゃねえか。

明日は床田寛樹対菅野智之か。お人好しの佐々岡のことだから菅野に簡単に白星プレゼントするだろうな。いや,タイガースを救うために不公正な力を発動した連盟のことだ。ジャイアンツに同じことをしないはずがない。また極悪アンパイアが出現してでたらめなジャッジをするのは目に見えている。

山路と杉永は生きて広島から出したくない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/11 09:22:04 PM
コメント(11) | コメントを書く
2021/09/10
カテゴリ:今日のカープ
今日の負けは許す。なんといっても,9対13のハンディキャップマッチやらされたらたまったもんじゃない。カープ球団はこの試合を不公正な試合として連盟に提訴してもいいとかなり真面目に思う。もっとも,イカサマの胴元は連盟だろうから詮ない話なのだが。

それにしても今日の最大の下手人は山路だ。よくあんなでたらめなストライクゾーンでジャッジして平気なものだ。見え透いてるんだよ。タイガースに勝たせたくて勝たせたくて,いや西勇輝に白星を付けたくて付けたくてたまらなかったことが。そもそも大瀬良が,いやカープのピッチャーが投げるときとストライクゾーンが違うのだから。なんせ厳しい球は全部ストライクに取らないことが途中からタイガースのバッターも理解したようなのであって,やむなくストライクを取りにいった球を全部狙い打ちされたのである。本当に酷いし,許せない。こんなのが審判でございと言われたら本当に腹が立つ。

それともなにかい?プロレスのように,「仕込み」を認容しろとでもいうのかい?

きっとそうなのだろう。なにかタイガースをこれ以上負けさせたくないという天の声があるに違いない。だからこんな下手くそな「仕込み」をやったのだろう。

もうひとつ,今日は誠也の7試合連続ホームランがかかっていた。7試合連続ホームランのレコードホルダーは,いうまでもなく王貞治とランディー・バース。王貞治の記録の箔漬けを守るためにこれ以上並ぶ選手を作りたくない連盟と今やランディー・バースが重要なレジェンドであるタイガースとの利害が一致したともいえる。誠也に対するジャッジは,特に厳しかった。絶対に長打にならないコースをめがけて投げればストライクと言われるのでは,たまらなかっただろう。

もちろん,もっとうまく立ち回れば余裕で勝てていた。そうならなかった理由は,例によって野間と松山の起用に固執したベンチの差配である,野間がヒット3本打ったって?1回裏の箸にも棒にもかからない初球アウトだけで,マイナス査定には十分なんだよね。

まあ,逆に言えば,カープはそれだけまだまだ怖れられているのだ。まともに投打がかみ合ったら今の上位3ヘボなんて鼻息で吹き飛ばせることは今年の戦いの中でも証明済みのところ。だからこんな下手な芝居打ったのだろうし,そのイニシアティヴの一端をハジメが担っている可能性もあるからなんともいえないのだが,こんなのを見せられるファンこそいい面の皮であることは確かだ。

一方で,成功の美酒に酔っている連中は,明日も仕掛けてくるだろう。きっと明日もでたらめなジャッジが連発するであろうことは目に見えている。山路が目立つ形になったが,今日の審判クルーには過日カープに敵対的なジャッジをした杉永と柳田がいることを,忘れてはならない。

てゆーかね,さすがは自称「人柄の佐々岡」だよね。普通ならあの梅野の疑惑のボール蹴り出しの時点で厳しく抗議するはずだよ。だからなめられるんだろうけどね。

山路は生きて広島から出したくない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/10 10:22:42 PM
コメント(9) | コメントを書く
2021/09/09
カテゴリ:今日のカープ
勝ったのはいいが,正直満足感はない。5点取られたのも取られ方も不満だし,何より12点しか取れない内容じゃなかった。これが優勝争いでもしていたら何でもいいから白星は白星で収められるのだが,正直来シーズンを半分見ているカープとしては,内容も見なければいけないのである。その意味では,今日の試合内容は本当に標題のとおりである。評価を付けるとしたら「もっとがんばりましょう」に近い。

そもそもスターター。1番野間,6番松山というのを見て,は?と思った。これはもうカープファンに対する挑戦ではないかと思ったのである。まあ松山は今日はそれなりに結果を出したが,今日も野間は大ブレーキである。その凡退内容も,はっきり言って箸にも棒にもかからないのである。野間が誠実な仕事をしていたら今日の試合はもっと点が入っていただろう。

昨日私が予言したとおり,在広プレスは昨日の野間の不始末にはほとんど触れていなかった。中国新聞などものすごく分かりやすくて,昨日の段階でのWEBニュースでは野間の2併殺でうんぬんという見出しだったのだが,今日の新聞ではばっさりとカットされていた。よっぽど野間のことを悪し様に書くことはまかりならぬと言うお達しでも出ているのだろう。でも,お客さんは正直だ。5回裏,林の2点タイムリーで盛り上がり,正隨のあわや長打かというセンターフライに盛り上がったお客さんが,その後の野間の打席では完全にしらけきっていたから。

今日のトピックスは,塹江の一球勝利くらいだろうか。プロ野球ではざらにある記録なので特に珍しいものではないのだが,そういうことは抜きにしていい火消しぶりだった。ただ,個人的には最後矢崎に2イニングス投げさせてひさびさのプロ二勝目をプレゼントしてやってもよかったと思う。まあ,矢崎が大嫌いな佐々岡は意地でもしないと思うが。

余談だが,MLBには0球勝利という大記録がある。NPBではまだない。ただし0球セーブ(金城基泰,三浦政基)及び対戦打者0の勝利(小林雅英,久古健太郎)はある。ちなみに一球勝利のセントラル第1号はかの板東英二である。カープでは安仁屋宗八,宮本洋二郎,林昌樹が達成しており,南海時代の高橋里志も達成しているところである。ただカープ的には献上した方が多く,1993年に弓長起浩に与えて以降6例ある。以上,豆知識。

まあ明日だよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/09 11:10:56 PM
コメント(8) | コメントを書く
2021/09/08
カテゴリ:今日のカープ
今日は以上。ほかにどんな言い草があるかい?

もはや野間に過大な期待はしていないのだが,使われるのならそれなりの仕事をしろよと思う。それがまさにお誂え向き,ここしか併殺打になりませんというところに打って2本の併殺打。アホかと思う。野間の野球頭の悪さとセンスのなさの象徴と言うべきだ。使う方がもちろん一番悪いのだが,漫然と使われてのんべんだらりとした仕事しかできないのには怒りしか湧かない。

そもそも論だが,ハマスタで箸にも棒にもかからない結果しか出せず,1番で長野さんを起用したら嵌まって圧勝したところ,なぜか次の試合から無駄に野間を起用し続ける首脳陣のセンスには呆れるばかりだ。もちろんその間野間は目立った活躍はない。もちろん足も引っ張っていないから勝ててたわけだが,ついに今日見事に足を引っ張った。ふざけんなと思う。

正直なところ,私も最初は野間の身体能力に期待をしていた。しかし,年を追うにつれて,野球頭の悪さとセンスのなさ,ハートの弱さばかりが目立っている。なのに当局のお気に入りで乳母日傘で育てられているから,まともな結果が出るわけがない。逆に当局や河田に嫌われて理不尽に突き落とされた小園や林の逞しさがこのところ目立っているから,なおさらだ。

きっと当局の,いやハジメの不興を買いたくない在広プレスは野間には触れず,玉村惜しかったという線でまとめようとするに違いないが,7回3失点のピッチャーを簡単に負け投手にするようなチームは何かが間違っているのだ。その間違いの象徴が今日の野間ではないか。それに触れない記事は全て0点,いやマイナスである。

昨日の劇的な勝利で盛り上がっていけるところが,自滅からそれを失っていっているのが本当に哀しい。その自滅が明々白々な人災であるから余計に哀しい。

明日佐々岡がどんなオーダーを組むかは知らないが,これだけ当局の強い押しがある野間を外すことはできないだろう。まして明らかに敗北の原因を作った翌日にオーダーから外すとメンタルの弱い野間は今シーズン終了になってしまう。まあだからこそ首脳陣はおだてて使っているのかもしれないが,永遠の仮免レギュラーをたくさん抱えていられるほどカープは余裕はないだろう。

とにかく,今日はしらけた。以上。

話にならない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/08 09:40:46 PM
コメント(16) | コメントを書く
2021/09/07
カテゴリ:今日のカープ
最後に相手のクローザーであるライデル・マルティネスから5点取ってサヨナラ勝ちということでかなりのカタルシスとなったかもしれないが,それで本来終わらせちゃいけない。というより今日のような試合,森下に白星を付けて勝たなきゃだめだ。その意味では,勝ったからこそ大反省を要するというべきだ。

とにかく,一手遅れは死を招くというのを地でいったような試合だった。小笠原を攻略しきれなかったこと,森下の替え時,そして選手起用。何もかも遅かった。その上あり得ないと言っていい悪手が終盤に続発したから,万一負けたらまさに人災と言ってよかった。本当に今シーズンを象徴すると言っていいような試合になっていたところだったのである。その意味では坂倉の一打は全てを救ったのである。

しかしあの場面で打った坂倉も立派だが,一番褒めなければいけないのは林である。ライデルの2球目を見事にはじき返した一打はチームを勇気づけただろうし,ライデルをもあわてさせたのかもしれない。安部の初球狙い打ちもよかったし,万一負けていればアンチヒーローだった西川のカウント3-2からのストレート狙い打ちも見事だった。それだけに,もっと早い段階でそつなく攻めていればという思いが抜けないのである。

もうひとつ,今日のサヨナラ劇をお膳立てしてくれたのは敵将与田剛である。ひとつは表の攻撃での福田の本塁突入。いくらスローイングに難ありの西川といえどもあの位置であのくらいであればなにもギャンブルをする必要のないところだ。まあなめられたものだが,強いチームであればあり得ないところである。そして裏の守り。坂倉の次は田中広輔だったのである。もちろんライデルも頭に血が上っていたのだろうし,キノタクも冷静さを欠いていたのかもしれないが,その前の打席でのノー感じの内容を見たら,フルベースにしても坂倉とまともに勝負するのを避けるのが常道だっただろう。

ほんとうはは言いたいことはここで書き尽くせないのだが,取り敢えず坂倉に免じて,深追いはしない。

しかし,これで明日負けたら何の意味もない。こんな試合ができるんだったら,明日も明後日も勝たねば嘘だ。いや,ホーム9試合,8勝1敗くらいで押せば,面白いことが起きるかもしれないが,まあ佐々岡じゃ無理か。

今日くらいの試合を毎日やってみろ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/07 10:39:07 PM
コメント(6) | コメントを書く
2021/09/05
カテゴリ:今日のカープ
今日の試合内容だけを切り離すならば,申し分ない。先制して中押しをして駄目押し点を取って,ピッチャーも試合の大勢決してからの1失点のみで封じ込めた。さらにいえばここまで身分不相応な大きな顔をしていた田口麗斗を早々にKOしたから,なおよい。

しかし,遅い。なにを今さら感のみが強いのである,

昨日と今日の勝ち方は確かに良かった。しかし,一昨日を含めてスワローズには10敗しているのである。はっきり言うならば,この程度の相手に名をなさしめ続けてなにやっとったんやという思いの方が強い。そしてその原因は,佐々岡と河田にあるといって過言ではない。逆に言えば,この二人さえいなければ今頃カープは優勝戦線を賑わしていてもおかしくなかったのである。現状は,まさしく人災だ。

とにかく佐々岡はオフェンスは行為無能力者,投手運用もめちゃくちゃでなんでこんなのが指導者やってるのか不思議なくらいである。しかも「人柄の佐々岡」なんて言葉を鼻息で吹き飛ばしてやりたいようなパワハラの数々。およそ人の上に立ってはいけない人間だ。河田はひとことで言うならば野球が古くさい。何度も比較するようだが,古葉さんの方がよっぽどモダンだ。

まあ,河田だけ攻めるのはフェアではないのでここで指摘しておくと,古葉さん以降のカープのオフェンスは,打撃にしろ走塁にしろ,選手のひらめきや発想を全て封じて,首脳陣が一から駒のように動かさねば気が済まないことをやっているのだ。だから融通が利かない。有能なタレントの芽は徹底的に詰まれ,当て逃げだけが能でちょっと足が速いだけの選手が重用されるのである。これはおかしい。これはカープが黄金時代を謳歌していた頃の機動力野球ではない。いちばん困ることは,そういう劣化しきった「機動力野球」をファンが至高のものとして信奉しきっていることである。こんなでたらめなものを振り回されたら,たまったもんじゃない。

まあ,これについては,明日気力があれば書いてみることとする。歴史や伝統というのは案外時代の新しい者の発明品だったりするものだが,カープのお家芸とされている「機動力野球」だってそうなのだ。そしてその源泉をたどると,やはり松田元に辿り着く。こいつは本当に磔獄門でもなお足りないくらいである。

まあ気分を変えるとすれば,今日の床田。非常によかった。ようやくトミージョン手術の予後が固まったのか,見違えるようなピッチング内容になっている。まだまだ今シーズンは残っているので,自分がピッチャーの軸になるんやという思いをもって投げてほしいものだ。

今日くらいの試合を毎日やってみろ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021/09/05 08:23:59 PM
コメント(14) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3890件 (3890件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.