1266450 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Quitada ブログ RX

PR

X

全160件 (160件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

IT

2012年09月26日
XML
テーマ:WEBのお話(2)
カテゴリ:IT
2012 年の 10/20 に「楽天テクノロジーカンファレンス2012 It’s a small world. ~ Your Globalization, Your Innovation ~」が開催されそうです。

Rakuten Technology Conference 2012


楽天の技術に興味のある方は行ってみればー?







最終更新日  2012年10月20日 15時07分03秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年09月27日
カテゴリ:IT
第 0 回 Cloud Foundry 輪読会に参加してまいりました。

本日は今後の進め方などを決めたという感じですが、VMware が提供するオープンソースベースの PaaS 基盤である Cloud Foundry は、良さそうだがいかんせんドキュメントがそろってないということで、ソースコードを読んで理解を深めようという趣旨(と認識)。

Cloud Foundry のベースは Ruby だそうですが、当方、Ruby は触ったことないので、取り急ぎ Ruby の勉強でもしますかね。。。









最終更新日  2011年09月27日 23時50分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年11月25日
カテゴリ:IT
今日はまた、死後賭で縁あって、Amazon EC2 を 1 年半ぶりに弄りました。

前回は、Windows インスタンスあげたり、S3 に AMI 保存したりしましたが、今日は Linux インスタンスです。

ともあれ、1 年半前とは若干操作性が変わっている感じがするー。

とりあえず、以前作成した秘密鍵・公開鍵、キーペアはそのまま使えたんですが、AMI をあげて AWS Management Console から接続してみたら以下のようなメッセージが。

AWS Management Console から AMI に Connect


なるほど。ssh で、-i オプションの引数に作成済のキーペアを指定して、root でログインするんだな。

で、root でログインしようとしたら以下のように怒られました。

Please login as the ec2-user user rather than root user.


をいをい! root でログインしろっていってたろうに…。

で、言われたとおり、ec2-user というユーザーでログインしたらパスワードレスで入れました。うむー。

root 権限が必要なコマンド類は、sudo で実行すると、これまたパスワードレスで実行可能。

/etc/ssh 配下のファイルとか弄っても、root ログインできないよ~。

あれれー?

こりゃ、きちんと勉強しなきゃだなぁ。ともあれ、日々、操作性が変わっている印象なんで、ちょっと前にでた AWS 本とかはもう陳腐化しているのかもしれない。






最終更新日  2010年11月26日 00時00分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月10日
カテゴリ:IT
個人的に、怪社でも家でも増えすぎた紙ベースのドキュメントを Evernote でクラウドへ移行し、紙をできるだけ排除しようというプロジェクトが盛り上がっております。



ということで、それに伴なう衝動買いのひとつが PFU のイメージスキャナである ScanSnap S1300。これで、基本的に名刺をスキャンして、OCR 機能でテキストを含んだ PDF にして、Evernote に取り込むという算段でして。で、昨日怪社に届いたので、Evernote との連携を試してみました。




設定内容は、ScanSnap の Scan ボタンを押して実際に名刺をスキャンする際の挙動を、Evernote に取り込みやすいように設定することです。

まずは、タスクトレイにある ScanSnap アイコンを右クリックして「Scan ボタンの設定」を選択します。

ScanSnap Manager - タスクトレイのメニュー


すると以下のような設定ウィンドウが現れます。

ScanSnap - Scan ボタンの設定


で、右上の方にある「読み取り設定」の部分をクリックして、「新しい読み取り設定...」を選択、「Evernote - 名刺」とか適当な名前を付けて設定をしていきます。

quitada の要件としては、名刺を両面スキャンして保存したいんです。裏面にはたいてい英語表記の名刺になっていて、仕事柄そちらも重要なんで。あと、Evernote のタグとかで情報を補うので、OCR 精度は大した気にしません。

以上をもって設定してみます。

で、まず設定タプの [アプリ選択] ですが、ネットで調べるとここではよく Evernote の exe ファイルを指定して、Scan ボタンを押して直接 Evernote に送り込みましょう!といっているパターンが多いですが(実際、それをもって ScanSnap - Evernote の連携といえると思いますが)、ま、それらを踏襲して quitada もその設定にしてみました。以下のようなイメージ。

ScanSnap - Evernote に紐付け


[保存先] は適当なフォルダを設定します。ま、一度 Evernote に放り込んで、同期したらクラウド上におかれるので、ここで設定したフォルダにあるファイルは不要になりますが。

次に、[読み取りモード] ですが、たいていの名刺は両面に情報が書かれているので、以下の赤い四角い部分にあるとおり「両面読み取り」にします。

ScanSnap - 読み取りモード


続けて、上図の赤丸の [オプション] を押下して以下の設定画面をだして、白紙ページの削除とか向き・傾きの自動補正機能を有効にします。

ScanSnap - 読み取りモードオプション


名刺によっては、片面だけしかなかったり、縦向きだったり横向きだったりするんで。

※それでも、きちんと向きを認識しない場合が稀にありますが…

次に、[ファイル形式] のタブです。ファイル形式は、後々 Adobe Acrobat とかで編集しやすいよう、そして Evenote で文字列検索できるように PDF にします。テキスト認識オプションですが、quitada は日本語の名刺をいただくことが多いので、対象言語は日本語に、そして多くの場合は表の部分だけに興味があるので、対象ページは先頭ページにしておきます。このへんは好みですかね。

ScanSnap - ファイル形式


続けて、上図の赤丸部分の [オプション] を押下して以下のような設定画面をだします。ポイントは、PDF 分割の設定を「設定ページごとに PDF ファイルを作ります」を選択して、ページ数 2 にすることです。

ScanSnap - ファイル形式オプション


こうすると、両面印刷された名刺が 1 つの PDF ファイルとして生成されます。ただ、上述のとおり片面印刷しかされてない名刺の白紙部分を削除する設定にしているため、片面印刷の名刺を連続投入すると、2 人分の名刺の内容が 1 つの PDF ファイルになってしまうので注意が必要です。

なので、白紙部分を削除する設定はしない方がいいのかもしれませんが、そうすると、無駄な白紙部分まで PDF にされてしまうというジレンマが発生します。ま、無駄な白紙部分は後ほど Adobe Acrobat とかで編集して削除すればいいのですが…。

あるいは、名刺を連続読み込みさせてないで 1 枚ずつ読み込ませるとか…。うむー。

まー、あとの設定はデフォルトで良いでしょう。

  *  *  *

さて準備ができたら名刺を ScanSnap にセットして、Scan ボタンを押下します。すると、指定したフォルダに PDF ファイルができて、自動的に Evenote にも放り込まれます。

これでも、向きとか期待した通りでなかったり、上述のように、片面名刺を連続読み込みして 1 つの PDF ファイルで 2 人分の名刺になったりとかするんで、Evenote に放り込んだ PDF ファイルの右上にある、以下の PDF ボタンを押下します。

Evernote の PDF ボタン


すると、OS で指定されてある Adobe Acrobat 等の PDF エディタで開くことができるんで、向きを変更したり余計なページを削除して保存します。すると、Evernote にも自動的に反映されます(とりあえず、quitada は Adobe Acrobat 8 で動作確認済み)。

なんで、PDF エディタも必須かと思いますね。うむー、出費が…。

あと、OCR 機能は完璧ではないので、Evernote で後から検索できるように、ノートのタイトルとかタグ、ノート自体に、名刺に記述されている方の日本語の名前とか所属団体・会社名を追記した方が良いでしょう。加えて、同様に英語(ローマ字)でも記述しておいた方がよいと思います。なんだか、Evernote の iPhone/iPod Touch クライアントでは日本語検索が今ひとつヒットしないような気がするんで。






最終更新日  2011年01月16日 16時11分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年09月13日
カテゴリ:IT
「クラウド対応」を名乗るソフトウェアが続々とでてきて、今まで「クラウド対応」といってこなかった既存ソフトウェアも「クラウド対応」といいだしている現在、各クラウド実装連携技術の標準化というのはやはり必要でしょう。

そんななかで、クラウド API とかその他クラウド関連技術の標準化をめざす団体とかタスクフォースがいろいろとでてきていますが quitada 的には以下の 2 つに注目。

Open Cloud Computing Interface(OCCI)
Virtualization Management Initiative(VMAN Initiative)

OCCI は OGF(OGF)が主催しており、グリッド→クラウド的な流れで、初期の段階から活動を続けている老舗(?)で、来月に行われる OGF27 で仕様がかたまってくる感じ。ただ、グリッドの世界で標準化の流れが必ずしもうまくいってない印象なので、クラウドの世界では是非とも標準化をすすめていただきたい。

VMAN Initiative は仮想マシン管理系の標準化タスクフォースですが、最近のニュースでは、VMWare が vCloud API を VMAN の標準 API として提供といったこともあり、俄然注目度が大きくなっております。






最終更新日  2009年09月13日 14時11分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月31日
カテゴリ:IT
かなーり前に、BitTorrent について言及したけど、その後使うことはありませんでした。

最近、CentOS インストーラの ISO イメージをダウンロードすることが多いのですが、DVD 用イメージはサイズが大きいため BitTorrent でダウンロードするものも用意されてます。で、それで使ってみました。

その際、クライアントソフトは…と、ググってみたら BitComet というものを見つけました。以下のサイト参照。

BitComet

ダウンロード速度がとりわけ速かったかどうかは記憶は定かではないですが、BitComet をインストールして、ためしにこちらから CentOS 5.3 とかダウンロードしてみてください(*.torrent をダウンロード)。






最終更新日  2009年08月11日 22時53分43秒
コメント(1) | コメントを書く
2009年07月26日
カテゴリ:IT
- Eucalyptus
- Ubuntu Linux
- Cacti
- Citrix XenServer




なんせ、無料だし。ぐふふ。






最終更新日  2009年08月11日 22時08分12秒
コメント(9) | コメントを書く
2009年07月19日
カテゴリ:IT
はてなハイクに続いて、ミニブログのパイオニアともいえる「Twitter」を始めてみたよ。



CNET の記事によると、日本語検索の質は今月中にアップするようだし。

とりあえず、はてなの quitada ブログへの被リンク数を地道に増やすためだけの目的で。ぐはぁ。






最終更新日  2009年07月19日 21時51分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年07月02日
カテゴリ:IT



Enterprise Watch の記事によると、Ubuntu Linux で有名な 英 Canonical が、オープンソース IaaS クラウド構築ソフトウェア実装である Eucalyptus をベースとしたクラウドサポートサービス「Ubuntu Enterprise Cloud Services」を発表したとのこと。

わたくしの理解では、Amazon EC2/S3Sun Cloud のような、インターネットを介してサービスを提供するパブリック・クラウドではなく、Eucalyptus を使って自分のところにリソースを持つプライベート・クラウド構築の支援サービスのようですね。

個人的には、皆様のお家で眠っている PC を Eucalyptus 等の仕組みでクラウドリソース化し、あいているときは他の人に貸し出すような、クラウドリソースマーケットプレースができたら面白そうと思う今日このごろ。






最終更新日  2009年07月08日 00時55分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月30日
カテゴリ:IT
ちょっと前、お客さんとミーティングしたときに小耳にはさんだ Eucalyptus(ユーカリプタス)ですが、にわかに盛り上がりつつあるようです。

まー、Amazon EC2/S3 のような IaaS クラウド構築基盤ソフトウェアのようで、API が Amazon EC2/S3 のパクリでと互換性があり、事実上、Amazon EC2/S3 のオープンソース実装という位置づけのようで。ま、これでオンプレミスなプライベートクラウドをただで作りましょうというノリのようです。

本家コミュニティサイトはこちら。
[Eucalyptus]
http://open.eucalyptus.com/

ユーカリプタスでビジネスする会社もできたようで。
[Eucalyptus Systems]
http://www.eucalyptus.com/

日本のコミュニティも個人レベルでは立ち上がりつつある感じ?
[Eucalyptus (OSS Elastic Computing) 日本語情報]
http://eucalyptus.linux4u.jp/wiki/

弄りたい。時間がほしい。死後賭にかこつけて弄るかねぇ。






最終更新日  2009年07月08日 00時33分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全160件 (160件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


© Rakuten Group, Inc.