3660284 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

宇宙レストラン

全4件 (4件中 1-4件目)

1

見えない世界のコワ〜イお話

July 4, 2013
XML
たま~にテレビで怖~い番組ってやりますよねショック

霊特集っていうのか幽霊特集みたいな

超怖い内容の番組ショック

椿は子供の頃から、この手の番組が超ニガテNG

何故って霊のエネルギーがテレビから飛んでくるからよっ号泣

めっちゃめっちゃ怖いです下向き矢印

全部がってわけじゃないですが、

少々霊媒体質でもある椿なので引き寄せて

飛んできちゃうのだと思います。

霊媒体質って霊を吸い付ける物を生まれつき持っているのだと思います。

霊媒体質じゃなくてもテレビを見ている部屋のエネルギーが

霊を吸い付ける要素があれば一瞬で飛んできますね~しょんぼり

テレビから飛んでくると言っても分散されたエネルギーが来ることの方が多いので

怖いと言ってもせいぜい2~3日で無くなりますけどね(^^)

怨念なんかだと少々やっかいですけどね・・・

防御策はやっぱり見ない事ですが、それでも怖いものみたさで見たい場合は

心を健やかにして見れば怨念の念などは回避できるかもねっ

霊と関わりたい方には手っ取りばやい方法です(笑)

色々な種類の霊を見る事が出来るので勉強にもなりますし・・・

天使さんや妖精さん系的なちょとメルヘンなスピリチュアルの

お勉強をしている方であっても

ここは現実的に切っても切れない部分になるので勉強にはなると思います(^^)

でもね、たまたまテレビを付けた時に心霊特集をしていて

少し見ていたら・・・

友達同士の旅行で撮っていたホームビデオになんと子供の霊が完璧に

写っていたのびっくりその子供は突然現れて後ろから走ってきて

ビデオを覗き込むようにはっきりと写ってから消えたのびっくり

テレビのスタジオにいる方々は、ギャーって叫んでいたのですが・・・

それは間違いなく座敷わらしちゃんでございました(笑)

やっぱり怖いよね?分かってくれた?怖いのよおぉぉぉ~って

椿、心の中でガッツポーズをしました(笑)

座敷わらしちゃんや天使さんを見たいって言われる方々が本当に多いのですが・・・・

本当に見たら絶対に怖いですって(笑)

椿・・・未だにやっぱり突然見えると怖かったりするもん(笑)

夜中の足音だって超こわいもん(笑)おもちゃのラッパを鳴らされたら怖いもん

河童さんが夜中にお風呂場で水浴びしている音がしたって怖いです・・・


見られた方がいましたら一緒に怖いよね~

って話しでもして盛り上がりましょうよ~(笑)

って事で今日は他愛のないお話しでございました。

                              椿手書きハート

この記事を必要とされている方へと届きますようにクリック頂けると嬉しいです花
精神世界ランキング

新しいランキングも参加しました(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






Last updated  January 13, 2014 07:09:00 PM


March 22, 2012
今回の記事はちょと大人のHなお話しです。
本当は書きたくないけど・・・知っていて損はないお話しですから書いてみます。

一応・・女の子なんですけど・・・ついでに妊婦さんなんだけど・・・
抵抗あるのだけど・・・書いて見ます・・(いったい何才??なんだと突っ込まないでね)

このお話しは椿からだけの情報ではなく生徒さんの情報も交えたお話し
であります事ご了承くださいませ。
内容的にどなたのお話しかと言うのもプライバシー的にも控えさせていただきます。
(ご本人達はへっちゃらっぽいけど 笑 )

ある日の事、霊視能力が少々ある生徒さん(Bさん)はお友達のAさんと
お電話をしていたそうです。
BさんはAさんの下半身に色情系生霊の男性がまとわりついているの見えたので、
その話しをAさんにしてみるとAさんは男性の特徴を聞いてきたそうです。
はっきりと男性の特徴が見えたBさんは男性の特徴を事細かく伝えたそうです。

それを聞いたAさんは、心当たりがあるそうで、
何でもその男性は昔の同僚でAさんにかなりご執心だった男性で、
お互いに結婚したにも関わらず、ストーカーほどではないのですが
年に数回、電話やメールで会いたいと言ってくる人と特徴がそっくりなんだそうです!!

ちなみに結婚前も結婚後もその方とはお付き合いをしていなかったそうなのですが
それでも、よほど好きだったのでしょうね・・・

しかも、その日の朝Aさんが目覚めたときに、なんだか妙にHな気分で目が覚めて変な感じが
したそうなのです。自分らしくないようなソワソワ感があったそうです。
Aさん自身も直観力が強い方なので、何かがおかしいって感じてはいたそうです。
そして、ふとその男性を思い浮かべてしまったそうです・・・

生霊の男性は知らず知らずにAさんにHな妄想を抱いていたのかもしれません・・・
そして自分が生霊となっている自覚なしに生霊となって
Aさんを襲っていたのかもしれません。

あぁぁぁ~なんて怖いのでしょうショック

でもね・・・これって本当に世の中には当たり前にあったりするお話しなんです・・

今回はAさんがとてもしっかりしている方でしたので、まったく問題はないのですが、

このように生霊にコントロールされているとも露知らず、お互いに生身の人間として
何故だか恋しく思ってしまい連絡を取ってしまう事も知らず知らずあるようです・・・
もちろん色情系の生霊に絡まれていれば、同じく色情系の生霊が付いている方との
出会いも増えますから本当に困る事も起きやすくなります。

ふと誰かを思い出したとき・・それはロマンチックな事ばかりでは無いことも
頭のすみっこにでも入れておいて損はないと思います。
相手は色情系で近寄ってきているのに片方はロマンチックな出来事として
受け止めてしまったら悲劇です・・・

こうして考えるとモテるのも大変です・・・・

そして馬鹿な火遊びをしている方は後々まで影響が出る可能性がありますから
本当に心して火遊びに手を出していただきたいものです。

椿からの警告です!!本人が望んでいるのでしたらまったく問題は無いですけどねっ

でも、このような方々が意外と多くいる事も事実である事を
知っていてくださると嬉しいです☆

残念ですが・・・
世の中って想像以上に霊や生霊にコントロールされてしまっている事ってあるのです・・・

だからこそ、しっかりと自分を持って自分自身の直観力を強化してほしいと
椿は心から思っていますハート(手書き)

                             椿手書きハート

この記事を必要とされている方へと届きますようにクリック頂けると嬉しいです花
精神世界ランキング












Last updated  January 16, 2014 10:26:24 PM
July 22, 2011
前回の記事の補足ですが、生死をさまよった友人は椿が助けたわけでは
ないと思います。

ただ、何かしらをキャッチして何かしらの応援をしていた可能性は高いですが、
今回に関しては、友人がとにかく元気で明るく前向きで、くよくよする事が
驚くほど無く、誰に対しても優しく思いやりのある、人間としての見本のような方なので
今生での彼女の運の貯金が彼女を助けたのだと思いますハート(手書き)

ちなみに、彼女は術後からすぐに元気で明るいので、お医者さんが、
ご家族に「前からこれほどまでに明るい方なのでしょうか?」
と心配して聞かれたそうです(笑)
脳に障害が出たかと思われるくらい明るいのです大笑い

彼女からの電話でも椿のほうが元気をもらう感じでしたから・・・・

この姿勢は見習いたいものです手書きハート


そうそうそれで、本日のお題は「生き霊」です!
夏ですから怪談話でもいかがでしょうか?

怖いですよね~生き霊って言う響きが・・・・笑

生き霊って実は椿はあまり見た事が無かったのですが、
地震以来、不思議能力が増えたようで、生き霊も見えるようになりました・・・

(地震以降不思議能力が増えた方はとても多いと思います。能力に怖がらないでくださいね)

生き霊なんて本当にいるのかと、ちょっとばかし小馬鹿にしておりました。
なにせ見えても信じない椿が見えないものを信じるわけが無い・・・

でも・・・椿は間違っていました・・・・いました・・いました・・
どこで見つけたかと言うとですね~
椿の借りているマンションにいたんですよショックキャアァ~

と、言っても初めは幽霊さんだと思っていました。
椿のお部屋ではないお部屋のドアの前にいつもいる女の子・・・

椿のほうには見向きもしないので、こちらもあえて無視・・・
まぁいつか成仏のお手伝いをしようとは思っていたのですが、
毎日彼女を見ていると可哀そうになってきて、(あと、夜見ると怖いし・・)
成仏へのお手伝いをする事を決意して、いつものように上へ上げようとしても
上がらない・・・・反応も無し・・・
霊の中には成仏したくない方もいますので、(霊さんの自由意志ですね)
いつも成功するわけではありませんが、そんな感じでもない・・・
よくよく見ると霊じゃないびっくり

何がどう違うのかと言われると困るのですが・・・
亡くなられた方では無いのが分かったのです。

その女性とはお話しが出来なかったので、彼女の状態を霊視してみたら
前にお付き合いしていた男性をいまだに忘れられず、
無意識に飛んできてしまっている生き霊さんだったのです。
(でもあまり良い恋愛ではなかったとお見受けするのですが・・・恋とは不思議です)

状況を把握できたので、
「ここにはもう、あなたの彼は住んでいないと思いますよ」(本当です)
「本当の自分の所に戻ってくださいね」

と伝えた時に彼女はとても、うろたえていました。

なにせ、彼女自身も無意識に体から抜け出ていると思いますので
自分でも何が何だか分からないのかもしれません・・

それでも彼女は数日間はそのまま、ずっとドアの前にいました。
椿も毎日、毎日、説得していたのですが、別れた彼の事を
ここまでも思い続ける方ですので、そうそうは諦めてはくれません。

でも椿も、そうとうしつこいので最終的に椿のしつこさに、うっとうしくなったようで
とうとう居なくなりました(笑)

椿のしつこさ勝ちですちょき

しつこさも武器になると悟った椿です(笑)

生き霊に関してはまだまだ初心者の椿ですので、なぜ彼に直接憑かないで、
自宅前にいるのか・・・(奥ゆかしいのかな?)

色々と疑問は残るのですが、生き霊についてはもう少し検討したいと思います。

                               続く

                            椿ハート(手書き)
この記事を必要とされている方へと届きますようにクリック頂けると嬉しいです花
精神世界ランキング









Last updated  January 21, 2014 07:25:15 PM
December 19, 2010
ある時ですね・・・

あれは今年の暑い暑い夏の日でした・・・


椿はあまりの暑さにもうろうとなりながら慣れない土地を
うろうろと目標の場所を探しながら歩いていたんです。
ちなみにその日は、メグちゃんと小太郎も一緒でした。

そっそっしたらですね・・・・

ふと前をみると小さな小さな女の子が立っているんです!!

座敷わらしかっ?と思ったのですが・・・

歩き方が変!!

っていうか歩いてないショック

すぅ~って歩かずに、ただ動いているんです!!

着物を着ているので足がどうなっているのかは分からなかったのですが・・・

歩いてないのは間違いない!!

ぎゃあぁぁぁぁ~ショック

って思ってふと顔を上げたら人形供養のお寺の前だったんです!!

人形びっくり日本人形だったのね!!
(見るからに日本人形ではありましたが椿・・・人形が歩くのを見た事がなかったので・・
 わらしかと思っちゃいました)

怖い・・怖いよ~って思っても暑さでヨレヨレで走って逃げる気力もなし・・

とりあえず、無視していたら・・

ずっと後ろから付いて来ているんですしょんぼり

帰りなさいって言っても帰らないし・・・

しかたないので、人形供養のお寺に戻って

「じゃあ、ここでさよならねって」言い聞かせたのですが・・・

やっぱり付いて来ちゃう・・・

もうしかたない・・・付いて来るなら面倒みるかって諦めた時・・

メグちゃんが両手を広げて来ちゃダメ~って通せんぼしてるんですよ(笑)

かっ可愛いハート(手書き)

小さな日本人形ちゃんに小さなメグちゃんが通せんぼ(爆)

なんていう可愛い光景ハート(手書き)

子供同士で何らかの意思疎通が出来たのか
日本人形ちゃんは付いてくるのをやめて

私たちをじっと見つめて見送って?くれていました。


なんだかちょと可哀相でしたしょんぼり

凄く寂しいんだろうなって号泣

あの後、あの子はお焚き上げされちゃうのか?って思うと
可哀相でしょんぼり

そしたら小太郎が一言

「今のままでは可哀相なんだよ!!早くあの子を開放させて(成仏?)
 あげる事があの子の一番の幸せなんだよって」

その後、その日本人形が開放されて幸せそうな映像を見てすごく安心しました(^^)

お人形さん達の生涯を考えると少し切なくなった椿でした・・

とは言え・・・まだまだ椿には人形等に関するお取扱はよく分かりません・・

ただひとつ言えるのはお人形さんを処分する前にはちゃんとお礼を伝えて
あげて欲しいなって思います。

何かしらのご縁があって私たちのそばにきたのですから・・・

お人形さん達なりにきっとご縁があってたどり着いた家族をそっと護ってくれている事も
あるのではないかな?って思いますハート(手書き)

                                椿手書きハート

ランキングに参加させていただきました。
クリックをありがとうございますハート(手書き)
          ↓
精神世界ランキング








Last updated  January 21, 2014 08:10:27 PM
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.