2284539 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

東京・スピリチュアルヒーラーれい華のブログ

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | セッション | セミナー、ワークショップ | 2008,7 シャスタ | 2007,5 シャスタ | 2008,9 エジプト | 2008 沖縄 | 神社仏閣 東京編 | 神社仏閣 関東編 | 神社仏閣 関西近畿編 | 神社仏閣 中国編 | 神社仏閣 九州編 | 神 女神 マスター関係 | 他セッション | その他 | 日々の暮らし | 2009,1 沖縄 | 2009,2 ハワイ | 2009,3 アーユルヴェーダの旅 | 介護 | 2009,7ハワイ | 出版&メディア掲載 | 2009,11ハワイ結婚式 | 元気文 | 2010,3 エジプト | 2010,5 モンサンミッシェル | 2010,7 セドナ | 2010,9 ギリシャ | 2010,10イタリア | 神事、アセンション | 雑記 | 2011,3ペルー | 2011,4カウアイ オワフ島 | 2011,7 ギリシャ | 2011,8 再びのペルー | 2011,10屋久島 | 2012年1月スリランカ | 2012,3 イースター島 | 2012,5フィンドホーン | 他セミナー、講演会、パーティ | ホームページ | 2013、3エジプト | 2013,7アッシジ | FMテレビ&ラジオ | 光のギフト YouTube | メッセージムービー | 2016,5 ハワイ | 2016,6カルフォルニア | 2017年4月 インドネシア | 豊かになる

2010,5 モンサンミッシェル

2010年06月28日
XML

SAINT SOLPLCE     セントスピリース

RIMG0674.JPG

 

RIMG0678.JPG

昨日 フランスに来て初めての雨だったので 今日は降らせないでね と

神様を 脅して出発

教会の前に 物凄く 立派な噴水があるのが目印

イエスを抱いたマリア様が とっても綺麗だったし 上のステンドグラスが特徴的な教会です

 

 

サンジェルマン ディプレ教会

RIMG0703.JPG

 

RIMG0709.JPG

パリで一番古い教会です

 

 

次は有名なノートルダム寺院まで歩きます

左にセーヌ川 後ろにエッフェル塔も見えます

行く道には 政府関係の立派な建物がズラーと並んでいます

さすがノートルダム寺院  入るのにかなりの人が並んでいました

 

ノートルダム寺院

 

RIMG0749.JPG

 

 

 

RIMG0764.JPG

大きさはデジカメで 表現できなくて残念です

 

3つの教会は ホテルから歩いたのだけど モンパルナスの丘にある

白い教会で有名な サクレール寺院迄は 地下鉄で行きました

途中 コンコルド広場に立ち寄ったのですが

全部 階段で大変です  

 

 

コンコルド広場

RIMG0774.JPG

エジプトからの 戦利品のオベリスクがここにあります

 

 

サラレール寺院

RIMG0794.JPG     RIMG0799.JPG

シャンソンでも聞こえそうな モンパルナスの丘

このお爺さん絵描きさんの絵が 洒落ていたのだけど 結構高くて買えなかったです

 

 

RIMG0806.JPG

 

 

RIMG0818.JPG

ここの教会は 外には並びませんが 中はかなりの人です

しかも誰もしゃべらないで 厳かな感じで 歩いています

 

RIMG0825.JPG

パリの街が一望できます

 

 

パリの奇跡のメダイ教会

昨日は祭壇の前に座ったので 皆さんの祈りが重く 今日は 2階席からマリア様を眺めます

他の教会の マリア像と全然違います

凄く 綺麗です

RIMG0850.JPG

 

ユキさんが私の希望と 人気の教会を調べて来てくれて 1つだけメトロに乗ったけど

後は全部歩いていける距離で ウインドショッピングをしながら 楽しく教会巡りをしました

英語が堪能なユキさんがいなければ 地下鉄に乗る事も こんなに沢山の教会巡りは出来なかったです

 

 

この日の朝は ユキさんは朝食なしだったので ホテルの朝食の パンとゆで卵とコーヒーを調達

小さなポットにコーヒーを見つからないように 入れるのは大変だったけど ユキさんに温かいコーヒーを飲んで貰いたかったのです

私は旅行会社にホテルは頼んだので 朝食が3000円かかるとは知らなかったので

高くてびっくりです! 酷かったから

野菜類もなければ 果物もなし  要するに調理してあるものは何もなかったです

フランスに何箇所かある TIMHOTELですが 朝食抜きにして 町でパンを買った方が全然美味しく食べれます

 

空のペッドボトルも捨てていいのと聞くと ダメだと言う

ドイツもフランスも水道水を飲めるようで 彼女はミネラルウォーターは買わないのだ

私は空港からホテルは送迎を頼んでいるが 16000円だと言うと驚いていた

地下鉄で500円らしい  そうなんだと思ったけど 英語も分からないし ホテルの所在地も分からなくて

大きなトランクを持って うろうろ出来ないので しょうがない

ユキさんは今日の夕方 ドイツに寝台車で帰るのだけど 日本に何十年前にあった3段の寝台車でかなり狭い

私が小学校6年の時に 鹿児島から東京に転校する時に乗ったのと同じタイプ

その後 日本は2段になって 広く綺麗になったので 夏休みはチケットが取れないほど人気の列車になったのですが

モンサンミッシェルの対岸に泊った時にいらしたのですが 私よりホテルを落として 別のホテルを取ったのです

 

お金がかからないようにしているのです

旦那様の仕事が上手くいってなくて 彼女のお給料で生活しているので 堅実に暮らしているでしょうに

散財をしてまで 私に逢いに来てくれたのです

会わなくては~~~~ と思ったそうですが

私も知らない人だし ミカエルが何の用でモンサンミッシェルに呼んでくれたのか分からなかったので

最初は 私に断られたようですが 逞しい女性で めげなかったようです

縁があるのでしょうね

彼女のお陰で 本当に助かりました、、、、、これも神の計らいかもしれません

私も楽しくお話が出来たし 明るくて 親切で とってもいい人でした

 

秋に日本に旦那さまと帰ってくるそうなので 11月まで予約が一杯ですが

休みの日でも 2人とも セッションをしてあげようと思っています

彼女は四国出身だし 長男さんが 今年早稲田に入学したので 久しぶりに会えます

 

PM7時に彼女をモンパルナス駅迄 送って行った

有難う そして 今度は日本で 又お逢いしましょう~~♪

明日は私も日本に帰ります

 

ベッドに入ると 強烈な光が来た

今日 教会巡りをしたので 何方か何でしょうね

6階まではエレベーターがあるのですが 私は7階です

さすがに 神の計らいも無く 空のトランクを6階のエレベーターの前に置き 少しずつ荷物を運んで トランクに詰めました

ま~~ その場所の狭い事

おままごとをしているようでした(笑)

細かく書けば まだまだ沢山あるのですが 一応モンサンミッシェルの旅は終わりました

今回は腰痛目線の ブログになりましたが(笑)

最後まで読んでくださり 有難うございました

 

 

今日 6月29日 セドナに行ってきます~~~♪

娘と2人で 写真を撮ってきます

暫くお休みしますが 綺麗な写真を沢山撮ってきますから 楽しみにしていて下さい

勿論 皆様には セドナから 光を送りますよ ♪ 

行ってきま~~~す♪

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月29日 08時38分38秒
2010年06月27日

RIMG0645.JPG

 

モンサンミッシェルから パリのモンパルナス駅に到着

また最初に泊ったホテルに 2泊しないといけない

英語も出来ないのかと ”オーノー” とバカにしたジェスチャーをした男が フロントにいた

ユキさんと2人一緒だと分かると 隣同士の部屋に変えてくれた

私よと 言うと かすかに笑ったので 覚えているらしい

 

今度は7階  あの小さなエレベターに乗って 6階まで行き 後は階段

古いフランスのホテルに 無理やりエレベーターを作ったのでしょうからしょうがない

でも 入ってびっくり!  広い~~    このホテルにしてはですが

部屋の前は 服をかけたり 枕を置いてあるスペースがあって トイレもバスルームも広い

 

あの笑わない男は モンサンミッシェルに行く前に1泊しているし 今回2泊するので 気を使ってくれたのか

多分 このホテルで1番いい部屋かも

 

RIMG0628.JPG

 

 

RIMG0621.JPG   RIMG0623.JPG

 

 

 

フランスに来て 初めての雨

雨が降っているけど 両替と リックを買うのと メダイ教会に行くので 出かけた

最初 両替所がなかなか見つからなかったが 旅行者が多いので 至る所にあった

 

パリの高級デパートの近くに 奇跡のメダイ教会はあるのだけど ユキさんがいなければ

見つけることは出来なかったかもしれない

普通有名な教会は 大きくて石造りで 分かりやすいが 奥に入る所で 分かりにくい

 

 

 

中に入って 目を奪われる

綺麗~~~~♪

どうして奇跡のメダイ教会と言うと シスターにマリア様が降りて来て メダイを作りなさいと啓示した

それを付けた 世界中の人の中で 奇跡が起きる人が 沢山出て 奇跡のメダイ教会と呼ばれるようになったそうです

 

RIMG0639.JPG

 

 

 

なんて綺麗なマリア様だろう

見とれてしまう

独特の教会だ

前列に行って 挨拶して座った

やさしい波動がくる

RIMG0633.JPG

 

隣のお婆さんは 重く祈っている

祭壇の前に膝まづいて みんな祈っている  重い

隣のお婆さんは 前の横にある 縄で入ってはいけない所に入って  椅子に触れている

マリア様が 座った椅子だとか

案外 大胆なお婆さんだ

 

日本人は 勿論 悩みがあって 神社仏閣に行く人もいるでしょうけど

神社の前で 二拍手一礼して 名前を行って 用件を伝える

仏閣の前でも 真言を知っている人は 唱えて 挨拶する

表面上は 簡単に終わっている

所が 教会は 長い間祈ったり 祭壇の前で 立ちつくしている人もいたり 重い

折角 マリア様が綺麗なのに 祭壇の前の空気が重いので

ず~~と 見ていたかったけど 出ることにして 明日 本格的にパリの教会巡りをするので

時間があったら 又 来る事にした

又 来たいほど 素敵な教会なのです

 

 

RIMG0636.JPG

 

長い 布のトランクを外人が引いているのを 何人も見たので 売っているかと思ったら

町のバックやさんには無かった

モンパルナス駅で 何人も見たので フランス人じゃないのかもしれない

近くの高級デパートへ

前から 高級デパートと聞いていたから どんな所かと思いきや

何ということはない、、、、日本のデパートの方が よっぽど華やかで 品数があって高級だ

日本人は 何に対しても ビビる事はない

日本は こんなの沢山あるよ!

日本は凄いよ!

たまたま 入ったイタリアンの店が 不味かったのか 酷かった

日本は 和食から イタリアン 韓国の焼き肉 アジアンの食べ物も 安くておいしい

ランチは 1000円も出せば 美味しいのが何でもたべられる

日本は本当に凄い! と実感!

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月28日 22時03分14秒

RIMG0585.JPG

写真は全てモンサンミッシェル対岸周辺 バス停だと 1つ手前の町です

 

 

 

RIMG0420.JPG

ドイツからモンサンミッシェルにいる 私に逢いに来てくれたユキさんは

レイキを受けて 光が見えるようになり 精神世界に興味を持ったそうです

ベルギー人で ドイツ在住の人から受けたそうですが 力のある人だったのに 新興宗教に入ってしまったらしい

その話をした途端 頭の右側が ズキンとかなり痛い

痛いと言うと 痛みが止まった

又 話し出すと痛い

今迄 こんなことはなかった

これも マリア様効果だろうか  3日間ヒーリングを受けたので

ま~~ 分かりやすくていい

朝 磁場の調整でやっている事があるのだが 明らかに前と違う

形がしっかりと 黒い線で描かれるようになった

後 光が白光の眩い 素晴らしい光が降りてくるようになった 

RIMG0421.JPG

ユキさんにどうして大学の先生から 幼稚園の先生に変わったか聞くと

大学の先生は5年契約で 幼稚園の先生はずーと勤めていられるからだとか

ドイツの先生たちを日本に連れって来たり 出版社の人がドイツに来たりするそうだ

ドイツの先生たちは 高野山を凄い喜んだそうで お寺に寝たりの初体験は楽しかったみたいです

不評だったのが京都のお豆腐料理

ドイツ人には 味もない豆腐は会わないらしく ほとんど残して 店の人に申し訳なかったとか

面白いですね

 

RIMG0423.JPG

光の写真集の話になり  イメージを ビジョンで見せられた時に 出版社も見せられたと話すと

ユキさんが14年間お付き合いしている出版社があると言う

聞くと 超有名出版社

写真集は ビジョンで見た出版社かもしれないけど

旅行記や セッション記は

そこだ~~~~ と さも決まったかのように 2人で盛り上がった~~~♪(笑)

 

7月に出版社の人がドイツに来るようなので スターピープルと光の写真を送る事にした

ユキさんへのお土産は 友人が作っているブレスレットをプレゼントしたんだけど 

彼女の手首が細くて 作り直して貰って ドイツに送らないといけないので 

見たいと言う本なども一緒に送ってあげようと思っている

セドナで光の写真を撮ってくるので 間に逢うように送ることを約束した

そして 光の写真集は2冊出るようなので ドイツ語は彼女に翻訳して貰うことにした

本の影も形も無いのに 計画はスムーズに進行中(笑)

これが れい華流

でも 必ず実現しちゃうんだな~~♪

 

RIMG0425.JPG

そして 江本さんという 水の話をされる方が ドイツに毎年来て 講演会をされているとかで

ドイツ人は こういうふうにすると こうなるとか科学的な事が好きなので いつもいっぱいらしい

” れい華さんも 是非ドイツで講演会をやってください

人は私が集めますから ” とユキさん

それならと ユキさんをドイツ支部長に任命

影も形も無いのに 話はどんどん進行中(笑)

楽しいでしょう~~♪

 

秋に日本に里帰りされるそうで ユキさんと旦那様もセッションを受けたいとか

本当は 今回私のセッションを受けたいようだったけど

マリア様にヒーリングを受けていたので 無理なので 日本に帰った時に 是非受けて貰いたい

 

彼女はどうしても私に逢わなくてはと 思いが強く働いたそうで

わざわざドイツから会いに来てくれた

最初は 私に断られたそうだけど  逞しい女性で 明るくて親切で とってもいい人だった

彼女は決して裕福ではない  旦那様の仕事が上手く行かなくて 彼女の収入で家計を賄っている

私よりランクを落としたホテルに泊ったし 安くする為に朝食抜き そして飛行機ではなく

夜行寝台車で来てくれたのだ

そんな無理をしてまで 会いに来てくれるとは、、、、

 

この人~~~ と私を見つけたからだそうです

この行動力 凄いです!

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月28日 07時11分14秒

P1010076.JPG

モンサンミッシェル大修道院

小さな島の中に 大修道院があって その下はホテルやレストランやお土産やが何件も有って

お城のようであり 中に入ると いろんな場所に礼拝所があり フランスとイギリスの戦争の為 

城壁は 防衛の為に作られているので まるで牢獄のようであり 実際刑務所もあったのですが

不思議な 独特の地形 建物のモンサンミッシェルでした

 

 

 

 

DSCF1292.JPG

写真に文字入れをしたかったのですが やっと出来ました

ワクワク  キャッキャ~~ ちょっとした事でも物凄く嬉しがるタイプです

 

 

 

DSCF1347.JPG

写真の中に マリア様のエネルギーが満ちています、、、、ブラックマリア像 

 

 

 

 

RIMG0508.JPG

朝焼けのモンサンミッシェル

 

 

 

RIMG0535.JPG

 

モンサンミッシェルの見えるレストランで朝食です

日本人ツアーの人達がその前に食べたので ほとんど無かったのですが 

私が泊ったオムレツで有名な メールプラールホテルの方が 断然美味しいです

 

RIMG0539.JPG

 

ドイツから来てくれたユキさんは 朝8時に荷物を私の部屋に預けに来た

これから モンサンミッシェルの見学に行くのだ

その間 私は朝食を食べて 荷物の整理をして 又外に出て 何枚もモンサンミッシェルを撮った

 

10時にチェックアウトしないといけないので 荷物を3回位に分けて ロービーに運んだ

パリで長いトランクを買うのだけど 体格のいいユキさんが持ってくれると言うので 物凄く気が楽になった

腰痛なので 引くのは出来るが 上げ降ろしで痛くなったら 動けなくなってしまう

10時45分にユキさんが 帰ってきたのでバス停へ

レンヌ駅までの 1時間は ほとんどが 田園地帯です

ユキさんは モンサンミッシェルの帰りに 羊を見たそうです、、、、 私は探したのだけど見つからなかったです

 

レンヌ駅に着いて 15分前でも 掲示板に何番線か 表示されなくて みんな掲示板の傍に寄ってきています

ドイツも日本と同じで 何処行きは何番ホームと決まっているそうですが

フランスは毎回ホームが違うので 面倒です

そして又エレベーターもありません

ユキさんが いなかったらどうなっていたのでしょう

同じ車両が取れなかったのですが 私の車両の4人がけが空いていたので 

2人でおしゃべりしながら 終点のモンパルナス駅へ 向かいました

 

 

いろんな話をした中で 出版の話になって  "選択しなさい" と言葉が降りて来たので

"私は 自分の本を 出版することを選択します" と言うと 分厚い立派な表紙なんだけど

小さいサイズの本を見せられた  

何かな? と思ったら 最初は光の写真集見たいなの  横に 読んだ人が元気になる詩も入れるのよ

その後 旅行記や セッション記も出すらしいよ 

と話すと ユキさんが14年間お付き合いしている出版社があると言う

聞くと 超有名出版社

そこだ~~~~ と さも決まったかのように 2人で盛り上がった~~~♪(笑)

ユキさんは ドイツで大学の先生をしていたのだけど 乗りは私と同じ 単純派らしい(笑)

 

 

セッションを受けた人達が お礼のメールを下さるのだが 本当に文が上手で感心しちゃいます

私がブログを書くより 貴女が書いたら と思うぐらい

しかも 読者の中で このお礼のメールを読むのを楽しみにしている人も多いのです

私もセッション中 時間が無いので その人の人生 家庭環境など知りませんが

お礼のメールで 初めて その人の人生を知りますね

 

旅行記は もっと細かく旅の様子 地図  国によってチップは必要か いくら位か

一人でも行けるように 詳しく説明もいれたり (日本語しか分からない私が 行っています)

マンガを入れたり 土地の神々や宇宙からのメッセージを入れたり 物凄く個性的な本になると思うのです

超楽しみ  ワクワクしちゃいます♪

実現しますように~~~~♪

 

 

なんやかんや 話しているうちに 終点のモンパルナス駅に到着です

次は パリの素敵な教会巡りです   お楽しみに

 

 

DSCF1411.JPG

ありがとう そして さようなら  モンサンミッシェル

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆








最終更新日  2010年06月28日 07時10分48秒
2010年06月21日

RIMG0453.JPG

 

ドイツから わざわざ会いに来てくれる人がいるので ルレ・サンミッシェルホテルの

ロビーで PM7時に待ち合わせした

知らない人がドイツから 私に会いたいとメールが来た時 最初は無視していたのだけど

私も ミカエルに呼ばれたので ミカエルがどんな用か何を教えてくれるのか 分からなかったし

時間が取れるどうかも分からなかったのだけど 

フランス語も英語も分からない 私のお手伝いをしたいと言うことだったので お逢いする事にしたのです

 

なんと! なんと! 有難い事に 最強の助っ人でした

 

早速 私の部屋へ

家族の写真を見せてくれて  長男さんが 今年早稲田に入ったそうで とってもハンサムボーイです

” ハーフみたい ” と私

” あ!!  ハーフだよね! ”  と2人で大笑い 

お父さんがドイツ人 お母さんが日本人のハーフです

 

ドイツの大学は 年間14万しかかからないそうです   信じられないですね

なんでそれなのに 早稲田に? と親は思ったそうですが

彼は魂が 日本人だそうで 日本で学びたかったそうです

娘さんも とっても綺麗だけど 外人の顔をしています

こちらの魂は ドイツ人だそうです

 

彼女は ドイツで大学の先生をしていて 今は 幼稚園の先生に 変わったそうです

大学の先生は5年更新だけど 幼稚園の先生は ずーと勤めていられるから変わったとか

長年ドイツに住んでいるので ドイツ人らしく 堅実ですね

 

モンサンミッシェルが ばっちり見える レストランへ

 

RIMG0465.JPG    RIMG0474.JPG

 

              RIMG0477.JPG

 

65ユーロのお料理は ボリームがありすぎるでしょうから 35ユーロのお料理を頼んだら

貝だらけ

しかも 2人とも カキが苦手

蒸し海老が美味しかったかな? というより蒸し海老位しか食べるものがなかった

しじみは 針で中身を取りだすのだけど なかなか難しくて 取りだせた~~

取りださない~~  と2人で 笑いながら 遊びながら 食べた

 

部屋に帰ると ライトアップされたモンサンミッシェルが、、、

感激です♪

モンサンミッシェル側に 泊っていた時は ライトアップされているのは分かりませんでしたからね

しばし 2人で 撮影タイムです

 

DSCF1442.JPG

 

ライトアップされたモンサンミッシェルを 写したくて 対岸のホテルを予約したのに残念です

夜景モードにしても どうやっても 上手く写らないのです

肉眼だと 綺麗に見えるんですけどね~~ 

 

彼女は 別のホテルなので 帰って行きました

彼女は ドイツから夜行列車で来て まだモンサンミッシェルを見学していないので

明日 朝のうちに見てくるそうです

それから 2人でパリに向かいます

 

彼女が帰ったら シャワーを浴びて 部屋の電気を消しました

ライトアップされたモンサンミッシェルが さらに浮かびあがる感じ   綺麗!!

なんと 贅沢  ベッドに寝ながら ライトアップされたモンサンミッシェルが見れるのだ

 

寝ていたら 光が来て 通り過ぎて行った

ミカエルだろうか  ありがとう

 

ウトウトして  気づいたら ライトアップが消えていた 

12時過ぎには 消えるみたいだ

 

RIMG0503.JPG

朝 5時30分に目が覚めると

朝焼けのモンサンミッシェルが

昨夜も こんなに綺麗に 写せたら良かったんですけどね

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ    6/16~21  阿蘇と北海道に行ってきました

阿蘇高原 と 富良野から 光を送りましたよ♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月22日 06時47分08秒
2010年06月17日

RIMG0135.JPG

 

 

 

RIMG0147.JPG    RIMG0150.JPG

 

今日は対岸のホテルに泊るので モンサンミッシェルともお別れです

どうせホテルは 3時からじゃないと入れてくれないから  お昼は羊と 食べよう~~♪

放牧している 羊を見ながら 食べるか~~

いつものように パンとヨーグルトと チーズも凄く美味しかったので チーズも頂いて昼食の用意完了

 

今回の旅は 荷物の事だけ心配している  腰痛じゃなかったら 考えなくていい事なのに

どこもかしこも 全て階段なのだ

 

細かくしてすこしづつ運んで 下で トランクに詰めようか?  方法を考えたけど

”毅然とした態度をとって下さい” とミカエルに 注意されたので ま~~ボーイを呼べばいいか

小さなホテルなので ボーイらしき人も見たことないけど、、、

もう一人のミカエルで書いた 教会にお別れの挨拶に行ったら  凄い波動が来て OKと言う感じだったので

本当に名残惜しいけど  お礼を言って お別れした

 

ホテルに帰って ボーイを呼んで欲しいと 一応 腰に巻いてある腰痛バンドを見せた

ボーイさんと言っても オムレツを作っている従業員さんだったので

チップにしては 高いが 10ユーロ上げた

フランスは チップを上げても 上げなくてもいい国だそうですが 持って貰うだけでも有難い

トランクも フロントに バスが来る迄 1時間預かってくれる事になった

私が話すと 日本語は分からないと言われたが イングリッシュ と言うとびっくりした顔をしていた

一応片言の 英語をしゃべっているつもりなんですが(笑)

 

さすがに今日は バスに乗るのに トランクを上げてくれる人はいないだろう

と諦めたら

なんと  昨日しゃべった新婚さんが 前を歩いてるではないか

腰が悪いので トランクの上げ下げだけして欲しい と頼むとOKだった  サンキュ~~

彼らが幸せになるように神様にお願いした、、、これは親切にしてくれたら外人でも日本人でも必ずやっている

 

 

 

憧れの  ルレ・サンミッシェルホテルへ

昼食だけ出して トランクを預けようとしたら なんと部屋のキーをくれたではないか

 

 

ルームナンバー 002

入った途端   ” 最高だぜ  ベイビ~~ ”

きゃ~  きゃ~  きゃ~

 

RIMG0448.JPG

 

 

 

RIMG0386.JPG

 

 

 

RIMG0384.JPG

 

ななんと  ガラスの向こうに モンサンミッシェルが~~~

テラスに テーブルとイスが2つ  その前が庭園になっていて 遠くにはっきりとモンサンミッシェルが見えるではないか

わ~~~  嬉しい

 

DSCF1402.JPG

 

 

DSCF1416.JPG

 

対岸にも光を降ろさないといけないので ゆっくりする前に 場所を探しに行った

後 羊さんにも会いたかったし、、、

 

 

RIMG0440.JPG

 

 

RIMG0432.JPG

何処に行っても モンサンミッシェルが見えると 嬉しくなります

対岸は ホテルの他は 畑と野原が広がっていました

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月18日 08時27分46秒
2010年06月15日

RIMG0218.JPG

 

 

 

RIMG0222.JPG

 

凄く 落ち着ける教会でしたね

商店街の    モンサンミッシェルのお店を 商店街と呼んでいいのでしょうか

商店街がもうすぐ終わりで 大修道院の階段を上がる 手前にあります

1番上の写真は 大天使ミカエルです

凛々しい 大修道院のミカエル像と違って  可愛らしい優しい感じの像です

でもミカエルはあくまで 軍人の守護聖人だった為に

祈願成就の 奉納品は 軍事に関係した者が多いようでした

 

 

そして その横に小さなお墓があるのですが

私が泊ったホテルのオーナーであり モンサンミッシェルのオムレツを有名にした

プラール夫人も 眠っているそうです

狭い通路が 人で溢れかえることを  世界中から 大勢の人が押しかけてくる事を

モンサンミッシェルに言ったら 絶対有名なオムレツを食べるぞ~~~~と皆が思う事を

分かっていたのでしょうか?

 

 

RIMG0377.JPG

 

明日は モンサンミッシェルともお別れです

でも見えるところに泊るんですけどね

夜景が綺麗だと言うので 1泊は島外にしたのです

だから 最後にお買い物です

 

RIMG0124.JPG

ミカエルが剣を持っているせいでしょうか

凄く変わった剣が沢山売っていました

日本に持って帰ったら 空港で直ぐ捕まりそうですよ

私は女性だから こんなおっかなそうなの好きではないです

 

RIMG0123.JPG

可愛い小物や レースや 写真や お菓子や 食器類など売る 小さな店が沢山ありますし 

レストランも 結構 何件もあります

私も家用と 友人のお土産用に レースの敷物を何枚も買いました

 

RIMG0130.JPG

 

 

 

 

RIMG0101.JPG

 

プラール夫人が始めた 巨大オムレツは 味とおもてなしで 人気だったそうです

当時のままのやり方なんでしょうね

大変な卵の量を かき混ぜるので 手がくたびれるでしょうけど 機械は使っていませんでした

それを見たくて お店の前は レストランに入る人と パフォーマンスを見たい人で

溢れかえっていました

 

RIMG0095.JPG

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月16日 05時50分17秒
2010年06月10日

DSCF1243.JPG

海の色が 何とも言えず綺麗です  ブルーグレーなんです

 

 

何で 私が肉体を持て この地 モンサンミッシェルに来なければならなかったのか 

 

私には 海外のあっちこっちに行って その土地のエネルギーとか 高次の存在の光を持ち帰って

日本にアンカーさせて 繋げると言う役目があるのです

日本  特に東京においては 聖母マリアの女性性  無条件の愛の部分 神聖な受容性が凄く足りない

日本の女性の女性性は 本当に開かれていない

それを変換させるために 行く必要があった

神聖な女性性を 開く役割があったようです

加速する為に 聖母マリアのエネルギーを必要とした

だから 私が行く必要があったようです 

呼んでくれたのは 大天使ミカエルだけど ミカエルに導かれて 聖母マリアのエネルギーを持ってきたようです

”意志を強く持って

自分の目標を達成しなさい

あなたは出来ます

気高く 美しきものよ”  と言う メッセージ

涙が ちょちょ切れるではないか~~~

 

日本は世界のひな型だから 日本で活動している人達も沢山います

私は世界担当なので ある程度 何カ国かを繋がないといけない役目があるのです

 

DSCF1251.JPG

 

そして 私は過去世ここに居て 罪人の為に 祈った生涯を送った事があるのです 

聖母マリアに祈っていたのです

”どうぞお許しください”

”愛をもたらして下さい”

その事で 救われた罪人が 沢山いるそうです

その時の 過去世のカルマは無いのだけど  過去世のライトボディと 現在のライトボディと

統合させる必要があって モンサンミッシェルに 来る必要もあったのです

 

夜の3日間 聖母マリアからのヒーりングが続きました

3日目は 強烈な光が サードアイにきて 気絶したので 朝まで覚えていません

 

そして 今度は 私が モンサンミッシェルの3か所に 光を降ろしました

宇宙からの 最高最善がなされますように

神の意志がなされますように 

 

RIMG0213.JPG

 

 

 

 

RIMG0214.JPG

日本の海の砂と まるで違います 粘土質です

だから深みに はまちゃうと抜けないのです

昔は 島だったので 巡礼者の人達は海を渡らなくてはいけません

深みにはまって 満ち潮になったら溺れて亡くなった人も 何人もいたと思いますよ

 

 

RIMG0235.JPG

今は陸続きになっています 

光を降ろした後は 隣の町まで出かけました

何処から見ても モンサンミッシェルは素敵です! 本当に魅力的です!

 

RIMG0242.JPG

腰が悪いので 荷物を少なくしようとばかり思っていたけど ミカエルの銅像も買ちゃったし

重くはないけど かなりかさばるし 他にもお土産を買いたいので 隣町まで キャリーバックを買いに歩いて行ったのです

それに明日は 対岸のホテルにも1泊するので 場所確認もしたいし

30分位は歩きましたね

フランス人が 長いかっこいいキャリーバックを引いていたので 私も欲しい と思ったのですが

1件しかないスーパーに売っていません

折角歩いてきたのに がっかりでした

なんとか荷物を パリまで持っていって パリでバックを買うしかありません 

 

明日は強力な助っ人が登場するのです

ドイツから私に会いに来てくれた女性がいたのです

 

最初に泊ったパリのホテルも階段 モンサンミッシェルは 勿論階段

どうやって荷物を降ろそうとか 腰が悪くなければ考えなくていい事を いつもどうやって運ぼうとか考えて

明るい私が 珍しく ネガティブになっていたら

”毅然とした 態度をして下さい” とメッセージ で怒られた

そう いつもなんとかなるのです   

必ず 助けてくれる人が現れるのです

今回も そういう旅でした 

じゃなければ 英語もフランス語も分からなくて 腰が悪いのに トランクを引いて

階段ばかりのフランスで どうする事も出来なかったでしょう

神の計らいに 感謝です♪

 

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆







最終更新日  2010年06月12日 06時23分22秒
2010年06月06日

DSCF1246.JPG

 

 

 

DSCF1277.JPG

本当はいけないのだけど 最後のミカエルの銅像がある所で 終わりだったので引き返した

数日泊るので たっぷり時間はあるし このままホテルに帰ってもする事がない

素敵な緑の中庭の回廊も ゆっくり見たいし ミカエルの像も 中の売店でしか売っていない

かっこよかったので 是非買いたい

そしたらミサをやっていた    ラッキー

引き返したのは これだったのか?

前には 牧師とシスター達が 座っている

私もその後ろの席に座った

エジプトでも同じふうにやっていたけど 金の玉に紐がついていて 煙が出ているのを持った

牧師が いろいろ歩いて 最初に浄化しているようだ

 

ミサに出た事がないので 良く知らないが 歌が多かった

荘厳で 綺麗な歌声で うっすら涙が出てきた

私はここに居たわ    だからミカエルが呼んでくれたのか?

声は聞こえなかったが 第3の目が痛くなった

その後 ここに居たことが 分かるのですが、、、、縁がある所に必要として行かされているようです

後ろの椅子に 楽譜のパンフレットが置いてあったが ミカエルと書いてあったので

大天使ミカエルの歌があるんだ~~~

 

説法が済んだら 牧師が 4~5個の金の聖杯で 儀式をし始めた

ミサも1時間以上続いているので トイレにも行きたいし ホテルを出てから行っていないので 

立とうか迷ったけど 良かった~~ 聖水を飲めるようなのです

皆が並び始めました

最初 丸いのをくれたので どうすればいいか迷ってしまった

隣の聖水を持った 髭の牧師が ”カトリック?”

”NO” というと  ダメと言われた

折角 聖水を飲める チャンスだったのに~~~~

 

神社でお神酒を飲むように  誰でもいいんじゃないんだ~~

ケチ~~~~

髭のお顔は 私の好み~~ と思っていたのに ダメとあっさり言われた

昔から 髭が生えている人が好きなんですよね~~ 渋いでしょ

ミサの時に 私の好みと思ったのがいけなかったかしら? (笑)

 

 

 

 

DSCF1330.JPG

 

 

DSCF1370.JPG

 

 

 

 

RIMG0078.JPG

引き返したお陰で この方にも気付いたのです

物凄い 光です

あまりに光が強いので 良く撮れません

下に 説明が書いてあるんだけど 読めないので この方が誰か分からなかったのですが

ブラックマリア様でした

日本でも 何とかのマリア様とか いろんな名前で呼ばれているのと同じで

聖母マリアが 黒く作られているから ブラックマリアと呼ばれているだけだと思いますけど、、、

次の日も この方を撮りに来ました

そして ちゃんと光の仕事もしてきました  その事は次回に

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
    人気ブログランキングへ     いつもご協力ありがとうございます♪



        ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆

 








最終更新日  2010年06月14日 23時05分04秒
2010年05月31日

RIMG0234.JPG  RIMG0236.JPG

レストランやお土産屋さんのある 狭い坂を上がりきると 修道院に入る階段があります

そして洞窟のような 建物に中に入って行きます

地獄坂と言って 防衛の為に わざと急傾斜に作られたそうです

左の写真の階段はまだ緩やかですが  右の階段は 急です

フランスとイギリスは 何度も戦争を繰り返していたのですが 防衛の為と言いながらも

入り口は 美的な鑑賞にも耐えられるような 作りにしたそうです

 

RIMG0239.JPG  RIMG0240.JPG

入って右側に 広くて明るいチケット売り場があって 8.5ユーロですから 日本円で1000円位です

”こんにちは” と挨拶してくれましたね

フランスは 朝もお昼も ”ボンジュール” だそうで それさえ言ってれば良くて 楽です

ホテルでも レストランでも お土産屋さんでも ”ポンジュール マダ~ム” と声を掛けられます

皆さん目が良かったらしくて 誰も ”マドモアゼ~ル” と言ってくれる人はいませんでした(笑)

 

チケット売る場を出ると 又階段を登ります

右に 多分観光客用だと ここしかないトイレがあって 数段あがると 広いテラスに?広場になっていて

直ぐ建物に中に入る人と  下の海を見ている人達がいます

建物の中は 小さな展示室になっていて モンサンミッシェルが どうやって建てられたか模型があります

なんで こんな変わった所に建てたんでしょうね

今は 道が作られて いつでもいけますが 潮の満ち引きがあるので 巡礼者は大変だったと思います

しかも この砂 粘土質で 足がはまっちゃったら なかなか抜けません

渡る途中で 潮が満ちて来て 亡くなった人も結構いたと思いますよ

 

RIMG0256.JPGRIMG0257.JPGRIMG0258.JPGRIMG0259.JPGRIMG0255.JPG

 

 

展示室を出ると   わ~~ 厳か  修道院に入ります

RIMG0276.JPG

後 2回来るのですが 丁度 ミサをやっていたので 誰もいない教会の写真が撮れたのはこの時だけでした

ミサをやっていたので ラッキー やっぱり私は運がいいわ~~と思ったら 写真が撮れないんです

ミサの様子は今度書きますが キリスト教徒でもないので 外国じゃないと 

教会の中を なかなか見せて頂く機会はないですよね 

 

 

RIMG0270.JPG

 

 

ここは外なので パ~~と明るくなって  庭園の緑が目に飛び込んできます

雰囲気のある 回廊式中庭です

RIMG0312.JPG

 

 

 

RIMG0362.JPG

大きな柱が何本もある 礼拝所です

最初 気付かなかったのです 柱の後ろに ちらっと見える方を、、、、、

 

 

 

RIMG0414.JPG

 

 

RIMG0386.JPG

この部屋に入った時も わ~~素敵 広い~~と思った  騎士の間

 

 

この部屋を出ると 螺旋階段になっていて  木の重そうなドアが 2つあって 

押してもなかなか開かないので 道を間違ったかなと一瞬思います

左のドアなのですが か弱い女性だと開かない重さです

2回目の時は 外人のお年寄りが どっちのドアなのか 2つともためしても開かないので

困っている様子だったので 教えてあげたら 体当たりで開けていました

戦争の時に 敵が入ってこれないように作ったのでしょうね

そこを出ると 売店があって  白いドアを押すと  カッコいいミカエルに逢えます

 

RIMG0400.JPG

ここは 貯蔵庫だそうで 回廊と騎士の間を支える為に 柱も太く作られているそうです

このミカエルと同じ形をしたものが 塔のてっぺんにあるのです

カッコいいので記念に 私も買ってきましたが 下の売店には無くて 中ほどの売店にしか売ってません

 

ここのドアを開けると もう中へは入れません

出ると中庭になっていて 海を見下ろせるし  木も多いし 気持ちいいです 

 

 

 

沢山の応援があると励みになります♪
応援のひと押しを是非是非お願いします

 

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
  人気ブログランキングへ  いつもご協力ありがとうございます♪

 

           ☆ ☆ ☆   ライトワーカーれい華  ☆ ☆ ☆







最終更新日  2010年06月01日 08時26分22秒
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.