美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワインについて | 海の幸  | 野菜・果物・総菜 | | 調味料 | ワイン会 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ニュイサンジョルジュ | コート・ド・二ュイ | コート・ド・ボーヌ | ブルゴーニュ赤 | パストゥグラン | モンラッシェ系 | ムルソー | シャブリ | ブルゴーニュ白 | ボジョレー | ボルドー | サンテステフ | ポイヤック | サンジュリアン | マルゴー | ボルドー左岸 | サンテミリオン | ポムロール | ボルドー右岸 | ローヌ 北 | ローヌ 南 | アルザス | ロワール | シャンパーニュ | ロゼワイン | その他フランス | イタリア | スペイン | オーストリー | カリフォルニア | オーストラリア | ニュージーランド | チリ | 南アフリカ | 日本のワイン | その他の国 | その他 アルコール | 自店 | オーディオ | アクセサリー | 美味なるワイン

アクセサリー

2010/01/13
XML
カテゴリ:アクセサリー


(さらに極める)フランスワイン入門

ワイン通には不要ですが、フランスワインの勉強には手軽で良いと思います。

マンガや絵も多いので分かりやすいです。

販売店資料より 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ビンテージ・あたり年の解説、シャトー・ラベルの紹介、美味しく飲むための順番・グラス選び...ワインの世界がどんどん広がる本。こんなにある!美味しいワインとシャトー紹介。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ラベルには情報がいっぱい/第2章 もっとおいしく飲む秘訣/第3章 シャトーが造る"ワインの女王"-ボルドー/第4章 神に祝福された"ワインの王様"-ブルゴーニュ/第5章 北の地のワイン-シャンパーニュ、アルザス、ロワール、ジュラ/第6章 大地と光のワイン-ローヌ、プロヴァンス、ラングドック、ルーション、南西部
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
弘兼憲史(ヒロカネケンシ)
1947年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。松下電器産業販売助成部に勤務。退社後、76年漫画家デビュー。以後、人間や社会を鋭く描く作品で、多くのファンを魅了し続けている。小学館漫画賞、講談社漫画賞の両賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 







Last updated  2010/01/13 12:29:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/12/21
カテゴリ:アクセサリー

Pasabahce  パシャバフチェ

店の食器を買いに合羽橋に行ったら珍しいグラスを見つけました。

パシャバフチェは「皇帝の庭」と言う意味だそうです。1934年に創立されたトルコ大手の歴史のあるグラスメーカーだそうです。

シャトーと言うシリーズのブルゴーニュ・グラン・クリュ用です。700cc入る大きなグラスです。在庫限りの見切り品で1個1000円でした。

輸入しても売れなかったのでしょうか。でも使ってみても中々良いグラスですよ。







Last updated  2007/12/21 05:44:19 AM
コメント(5) | コメントを書く
2007/10/08
カテゴリ:アクセサリー

img10454421668.jpg468.jpgParker'sWineBuyer'sGuide.jpg

新しいワインを買う時何を幾らで買ったら不安な物です。そんな時ガイドブックは便利です。旅行のガイドブックと同じでしょう。

ワインは幾ら勉強してもその全てを知ることは出来ません。毎年新しいワインが作られるのと、常にセラーで変化して熟成しているワインが世に出てくるからです。そう言う意味で全てのワインを知っている人はいません。物理的に多過ぎて無理だからです。

評価本も沢山出ています。フランスワインを評価している有名所で 英国デキャンター、米国ワインスペクテイター、アドヴォゲイト、仏クラスマン、ギ・ド・アシェット等があります。日本にもワインの雑誌はありますが、毎年世界のワインを網羅したガイド本はまだ出ていません。

私が良く見るガイド本はアドヴォゲイト(パーカーのサイトを多く利用しています。)http://www.erobertparker.com/ 会員になるとワインの評価が検索出来て便利です。後はクラスマンとギ・ド・アシェットです。アドヴォゲイトは世界中のワインを網羅しているので、よく知らない国の高級ワインを買う時は本当に参考になります。

フランスワインの評価で比較するとこの3誌の違いがよく分ります。特にクラスマンとパーカーの評価の違いが面白いです。パーカーが5星を付けている生産者でもクラスマンに載っていない生産者が幾つかあります。考え方の違いが出ている様です。

パーカーはより重くパワー重視、クラスマンはやや保守的、ギ・ド・アシェットは古典的・庶民的とでも言って良いと思います。

例えばブルゴーニュのミッシェル・グロの評価で言うとパーカーもクラスマンも載っていませんが、ギ・ド・アシェットはちゃんと評価しています。

しかしこれらの評価本でも全てのワインを網羅する事は出来ません。どの本にも載っていないから不味いという事はありません。そう言う意味でワインは奥が深いです。

 







Last updated  2007/10/08 03:15:12 PM
コメント(9) | コメントを書く
2007/09/15
カテゴリ:アクセサリー

marine-j_1960_1466133.jpg

ハイアール  大型ワインセラー 106本収納 JQ332A

ワインが増えすぎたのでまたセラーを2台買いました。この機械はコストコで売っています。後はヤフーオークションに出ている位で一般のショップでは見かけません。

一台94800で売っています。ワイン一本1000円を切るセラーは少ないです。

ボルドーなら106本実際に入ります。

木製の棚に振動対策用のコルクシートが付いているのには関心しました。

扉が150度位開かないと中の棚が取り出せない。(ワインは90度開けば取り出せます)

冷却板がむき出しで上部半分まであるので、ワインを奥に押し込むと凍った冷却板にワインが触れて低温劣化の心配があります。

湿度対策も十分ではないようです。

まあ2~3年間の若いワインの保管なら大丈夫でしょう。古酒を入れるセラーでは無いようです。







Last updated  2007/09/15 05:50:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2007/07/22
カテゴリ:アクセサリー

img10343351375.jpg

ニチバン カバーフィルム CF-400R 粘着剤付保護・補強フィルム透明

ワインのラベルを剥すのに通常はワイン用に売っている12枚800円位のラベル剥しを使っていますが、大きいワインや特殊なラベルにはこのフィルムが便利です。

35cm幅で2mありますから、自由に切って使えます。本の保護用に売られている物です。これを使ってファイルに直に張っていくと、ラベルのアルバムが簡単に出来ます。

昔はお湯に浸ければ簡単に取れたのですが、偽物ワイン等の影響で合成のりが使われるようになりました。文具屋やアスクルでも売っています。







Last updated  2007/07/24 12:27:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2007/07/20
カテゴリ:アクセサリー

100027122.jpg

ショット ツヴィーゼル トップテン 熟成赤ワイン

ドイツ製のワイングラスです。丈夫で割れにくいそうです。このグラスは最近買ったのですが、中々気に入って使っています。欠点でもあり長所でもあるのは口が細い事です。手が入らないので洗い難いです。しかし口が細いので香りが逃げません。ボルドーでもブルゴーニュでもシラーズでもこれで美味しくいただけます。リーデルとは違ったよさがあります。

ボルドーの古酒には最適です。







Last updated  2007/07/21 02:14:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2007/07/19
カテゴリ:アクセサリー

055001730900_edited.jpg

ラリック ユロット ロックグラス 

これもお気に入りのラリックです。バーボンのロックを飲むときに使っています。

ユロットとは森のふくろうの事です。ラリックでは幸運のシンボルとしてよく使っています。私のトレードマークもOWLでふくろうです。そんな事でふくろう系を集めていた時に目にとまって買いました。深いレリーフが入ったフロスティーグラスに琥珀色の酒を注いで飲むと実に美しいです。光のあて方で変化するのを楽しめます。







Last updated  2007/07/19 11:12:51 AM
コメント(2) | コメントを書く
2007/07/17
カテゴリ:アクセサリー

lalique.jpg

ラリック ブルゴイユ

これはラリックの1930年頃に発売されたアールデコのグラス。

シリーズで大小作られた様だが、私はリキュールグラスとその上の大きさのグラスを日本酒の冷酒用に使っている。シングルモルトのストレートにも時々使うが何と言っても日本酒との相性がよい。フロストの技術はラリックがお手の物で沢山の特許を持っているそうだ。

アンティークと最近作られた物を比べると職人の技術が落ちているのが分る。

 

01.jpg







Last updated  2007/07/17 05:32:24 PM
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:アクセサリー

000002100303_edited-1.jpg

バカラ ローヌ

このグラスはローヌ用という事で売られているが、ボルドーやブルゴーニュにも合っている、万能グラスだ。白でも赤でも泡以外は何を飲んでも美味しいので重宝する。

400ccのボウルも巨大でないので使いやすいし、背の高さも19cmと比較的低いので食器戸棚にも収まりやすいし洗いやすい。質感は最高、透明感も最高で、普段使いには最高のグラスだ。

バカラにはテスティンググラスもある。

image.jpg







Last updated  2007/07/17 10:04:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
2007/07/16
カテゴリ:アクセサリー

img10141573972.jpg

お気に入りのシャンパングラス バカラ オノロジー

昔からバカラとラリックのグラスが好きで集めている。特に1900~1930年頃に作られたアンティークバカラは好きで、今作られた物とは全てが違う。パリやウイーンの骨董品の店には30年前には安く売られていたが、最近は物が無くなったのか高くなってしまった。最近作られた物でも日本で輸入されて売っている物は種類が少なく、本当にワインの良さを引き出すグラスは何故か売られていない。リーデルがワイン用で、バカラは装飾用とでも思っている様だが、ワインを知り尽くした多くのモデルの原型はバカラが作った物が多い。

このシャンパングラスもバカラの傑作の一つ。ヴィンテージシャンパンを飲むときに使っている。285ccの大き目のボウルはヴィンテージシャンパンの香りを上手く引き出してくれる。底はブロアーが入って細く尖っている。此処から実に綺麗に泡が立ち昇って来る。香りを逃さないように口はすぼまっている。この上無く機能的で美しい。

バカラは重さ、ガラスの柔らかさ、全てにおいて満足させてくれる。割れることさえ考えなければ何時も使っていたいグラスだ。







Last updated  2007/07/16 11:04:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12
2018/11
2018/10
2018/09

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.