062975 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

佐渡生活with子育て

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

☆それいけ!こたぽん☆ ☆こたぽん☆さん
☆こた… ☆こたまま☆さん

コメント新着

パパさん@ Re[1]:鼓童研修所収穫祭!(11/11) ありがとうございます。 今は新潟で暮らし…
ゴン1625@ 旦那です。 ひまわりさん 私たち家族は現在は佐渡を離…
ひまわり@ Re:別れの時(04/23) はじめまして! 佐渡の生活が、知りたくて…
ゴン1625@ Re[1]:親の思い(05/09) ひーちゃんさん 書き込みありがとうござい…
ひーちゃん@ Re:親の思い(05/09) お元気そうで何よりです。 親の想いは本当…

フリーページ

ニューストピックス

佐渡生活with子育て

購入履歴

100% Made in JAPAN本格刺繍!!2段ネームワッペン【ネコポスOK】【楽ギフ_名入れ】【…
野球チームの応援Tシャツの袖に名前をつけようという話になり、物は試しに…と思い注文しました。縫い付け…[>>]
FIELDFORCE バッティングティー 期間限定⇒送料無料最大10%引クーポン バッティング…
組み立ても簡単、直ぐに使えました。 別売りでスペアティーもあるので、安心です。 外で使う時は気になり…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2014年04月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
どのくらい前の出会いだったのでしょう?!
母が看護師として伺っていたからだったでしょうか?!
その方は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の方でした。
この病気ご存知でしょうか?!
だんだん筋力が無くなっていき、呼吸する筋力もなくなり人工呼吸器の生活を余儀なくされ24時間体制の介護を受けなければなりません。
人工呼吸器を装着するときに声を失います。
しかし、感じること、考えることは衰えません。

母の一言で、この方のお宅に歌を届けにクリスマスに伺ったのが2002年の冬。
いろんな場所に聴きに来てくださいました。
この方とメールで連絡を取り合ったりしながら、観桜会企画し歌ったり、ミニライヴを企画したり…そして、三年前、危篤の知らせを受け佐渡から帰郷して枕もとで歌ったり…いろんなことが”春”という季節でした。
そんな春に、とうとう旅立っていかれました。

亡くなった翌日の朝、母からの電話。
”昨日亡くなられたよ。奥様からのお願いで、お通夜に歌ってほしいそうですがどうですか?!”・・・と。
早速、メンバーに知らせ、相談。
それが、18日の朝。お通夜は19日。

私たちは、10人で活動していたアマチュアゴスペルグループ。最近はメンバーのライフスタイルや居住地の都合でほとんど活動していない。声を合わせるのも、危篤の知らせを聞いて歌いに行った三年前。
不可能だと思ったのですが、18日の夕方には8人のメンバーが集まれることが決まり、翌日の練習時間も決まっていた。(一人は、大宮から帰郷)
奥様はお通夜中に。。。と希望されたのですが、とても無理だということで、参列の方がいない状態で・・・ということにしていただき歌うことに決めた。

歌う曲は…故人が好きで、ライヴの時にアンコールもかけてくださった、この季節の曲。森山直太朗さんの”さくら”

私たちは、この一曲に集中して、各自練習をし、そしてみんなとの練習に臨んだ。
それぞれが、道中の車の中で涙しながら練習した。
思い出が走馬灯のように駆け巡る中・・・

”さくら さくら 今 咲き誇れ 刹那に散りゆく定めと知って
さらば 友よ 旅立ちの時 変わらないその笑顔で 今”
”さくら さくら ただ 舞い落ちる いつか生まれ変わることを信じ
泣くな 友よ 惜別の時 飾ないその笑顔で さあ”
”さくら さくら いざ 舞い上がれ 永遠にさんざめく光を浴びて
さらば 友よ また この場所で会おう さくら舞い散る道の さくら舞い落ちる道の上で…”

この歌詞を泣かずに歌えるはずがない。
でも、歌わなければ届かない。
感情は込められない。ただただ、歌うことに集中するしかない。

そこに、やはり式中に歌ってほしいとの依頼。
きっとそうなるであろうと感じていたが、メンバーの心は決まっていた。
故人の望み。と、式中に歌うことにした。
ただし、お通夜には参列せず、弔辞、母がする故人と私たちの関係や私たちの紹介、一切を聞かず、歌う場面だけの登場ということにさせていただいた。
涙の原因をシャットアウトしてのぞんだ。

目を閉じれば故人との思い出、目を開ければ遺影…この中で歌いきれるのか不安があったが、伴奏CDがかからないというアクシデントのお陰で心も落ち着き何とか歌いきることができました。
(きっと、故人が、私たちの心を落ち着かせるためにCDかからなくしたんだね~)

通夜振舞いを退席する前に、再度、奥様を前に”さくら”を歌い帰路につきました。

私たちメンバーは、故人の為に歌うということで充実した別れを悔いなくすることができたような気がします。
もし、式中に歌わなかったら、悔いも残ったでしょうし、涙も枯れることがなかったでしょう。

故人は、出棺の後、その土地で有名な何キロにも及ぶ桜並木のトンネルをくぐり
旅立って行ったそうです。
故人の大好きだった さくら舞い散る道の さくら舞い落ちる道を…

ご冥福をお祈りいたします。
数えきれないほどの思い出を、そして、私たちに歌う機会と場所をくださったこと、心よりありがとうございました。

お読みいただきまして、ありごとうございました。
心より感謝いたします。
wakare






最終更新日  2014年04月23日 23時25分38秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.