000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

慶文堂 ひま人日記

PR

プロフィール


寒河江の菅ちゃん

カレンダー

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) pn 1 cialiscialis gebruikerservaringenk…
http://cialisda.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) prescription cialis soft withoutcialis …
絶対に入団したくない人@ Re:【消防団員の高齢化進む】・・・現役の消防団員の主張(って大袈裟かな?)(01/16) 偉そうですね。凄いですね。そういう態度…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) チャンガタゴトさんへ わっ!久しぶりに…
チャンガタゴト@ Re:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) 私のコルトですが、エンジンオイルは3~…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:私の愛車たち・・・その2(05/29) 返事が遅れてしまってスミマセン、最近は…
MOKA@ Re:私の愛車たち・・・その2(05/29) なぜか開いたページが久しぶりのこちらで…
寒河江の菅ちゃん@ Re[3]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ いえいえ、別に…
☆☆けいちゃん☆☆@ Re[2]:心にこころ(12/18) 寒河江の菅ちゃんさんへ >☆☆けいちゃん☆…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ あの・・・ワタ…

お気に入りブログ

ゆかいなカメライフ カメコさん
医療の舞台裏 こざくらモグさん
けいちゃんの<毎度… ☆☆けいちゃん☆☆さん
のほほん日記・・・… ory8680さん
のんびり気ままな日記 doggy_loveさん
ムッシュと仲良し やまがらさんさん
おいしいもの大好き えば555さん
ファイブの虎語り ごらファイブ555さん

フリーページ

カテゴリ

ニューストピックス

2010年09月26日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「冷静に日中双方が努力」首相の記者会見要旨・・・YOMIURI ONLINEより

>【中国漁船衝突事件】検察当局が事件の性質等を総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ。日本と中国は国際社会に責任を持つ重要な隣国であり、戦略的互恵関係を深めるため、冷静に日中双方が努力していくことが必要だ。
(菅首相の24日夕(日本時間25日朝)、米ニューヨーク市内で行った記者会見より)



『冷静に日中双方が努力していく』・・・なんだろう、これ??向こうはハナっからそんな気はないと思いますよ(というかあのタイミングで、故意にしかけてきた可能性も・・・)

中国という国を分かっていないんじゃないか?今の政府には、与党・民主党には中国通の人間はいないんじゃないか?そう思います。


中国。正式名称は『中華人民共和国』。中華=世界の中心の国、の意味で、元々はあの国は自分たちがが世界の中心の国であるという中華思想を持った国なのです。そんな国なんです・・・。





そんな国に対して、領海侵犯&(恐らく)故意に追突してきた中国漁船を捕まえて日本国内法に従って処分する・・・おお、民主党も意外とやるなァ、と思っていたんですけどね。

それが一転して『処分保留のまま釈放』・・・もうね、唖然・・・です。


しかもその処置を那覇地検の責任にした。それだけ重大な事案を地検の判断で処置出来るだろうか??とてもそうには思えないんですが・・・。


が、依然として政府は「地検のせい」にしています。


“このままではマズイ。この後も中国がどんな報復処置を取るか分からない。でも国民の手前、『釈放しろ』とは指示できないし・・・ここは一つ、地検の責任で釈放したという事にしようか・・・そうすれば自分たちの面子も保てるし、中国の態度も軟化するだろう”

そんなところでしょうかね。



甘い!あまいなァ。中国はそんな甘い国じゃありませんって。

相手が弱かったり格下と見たら嵩(かさ)にかかって責め、舐めきってきますよ。それは小中華の国・韓国もそう。東南アジア諸国に対する韓国の態度なんてヒドイものですよ。



これまでは日米安保および在日米軍の存在、それに経済大国・日本というイメージがあって遠慮?していた部分もあったと思います。


が、今や中国は日本を抜いて世界第二位の経済大国になり、しかもいまだに好景気が続いています(今のところは)。世界の工場という立場と同時に、巨大な消費市場を有する現在および将来有望な国・中国。


“今や世界の経済は中国を中心に回っている、と言っても過言ではない!”・・・中国政府および中国国民はそう思っていることでしょう


さらに軍事力の増大、オリンピック・万博という二つの世界的イベントを成功させようとしている(万博はまだ終わっていない。でもアノ国の事だから十中八九『成功!』裏に終わらせるハズです)事などが自信につながり、彼らの中では今や中国は超大国です。



片や日本はといえば・・・没落です。



長期にわたる不景気。普天間問題での日米間の関係悪化。さらに新政権の与党・民主党の無能力さ。

今や『日出ずる処』は中国であり、『日没する処』は日本なのです。


その上、日本という国は平和憲法があるので軍事力は行使できない!好むと好まざるとに関わらず、まだまだこの世界では『力』が背景(バック)にないと侮られる世界です。そんな世界で軍事力を行使出来ないなんて!これでは舐められて当然です。


それでなくても中国という国は、例え自らに過失があっても頭を下げることはありません。面子を何よりも大事にする国ですから。


さらに厄介なことに、今や中国国民自体が自信を持ち(このこと自体は悪いことではないと思いますが)、インターネットの発達により国民の意見が以前と比べてかなり自由に発信出来るようになり、民衆の意見というものが社会に反映されやすくなりました。また、オリンピックを通じてナショナリズムらしきものも出てきたように思います。



もし彼らの不満が臨界点に達し、さらにそれが自国の政府(中国共産党政府)への不満に転化したら・・・大変な事になります。天安門事件の再現になりかねません。


そうならないためにも中国政府としては民衆の不満を溜めないようにする必要があり、今回の場合、日本に対しては強い態度で臨まなくてはなりません。

その結果、日本に対してイロイロな圧力をかけてきました。それらはかなりの部分『国内向け』の意味合いが大きかったと思います。


その圧力の結果、日本は船長を釈放した。中国国民は万々歳です。と同時に、船長を逮捕したという日本の行為は間違いだった、という事を日本政府自らが証明したようなものです。

したがって彼らとしては『日本政府に謝罪と賠償を求める!』という結論に行き着きます。


釈放─収拾のはずが…交渉カード失い目算狂う・・・YOMIURI ONLINEより

>沖縄・尖閣諸島沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件で、中国は「謝罪と賠償」を要求し、船長の釈放により、日中関係悪化が収拾に向かうと期待した菅政権は目算が狂った格好だ。

 中国の強硬姿勢はやむ気配がなく、日中対立は長引く恐れが出ている。

 ◆甘かった見通し◆

 「日本側の方が(中国より)少し大人の対応をした。抜き差しならない関係になるのはいいことではない」

 片山総務相は25日、東京都内で記者団に対し、公務執行妨害容疑で逮捕した船長釈放を評価した。

 だが、謝罪と賠償を求めるという中国側の予想外の要求に、政府の受けた衝撃は大きかった。

 政府筋は25日、「尖閣諸島は日本の領土だ。日本の法律にのっとったことなのに、謝罪要求とはどういうことなのか」とうめいた。

 というのも、中国人船長の釈放を決めた24日、首相官邸内には、日中の関係改善に直ちにつながるという楽観論が広がったからだ。中国側の強硬姿勢は、「菅外交」の見通しの甘さを露呈する形となった。(以下略)



船長を釈放したら中国側の態度が軟化すると、本当に思っていたんだろうか?だとしたら日本政府は『無能』としか言いようがありません。こうなることぐらい外務省の官僚たちなら予想がついただろうに・・・ここで『脱・官僚』が影響してきましたか。


鳩山前総理が『友愛』とかなんとか言ってそれを外交にも持ち込もうとした時、(この人は理想主義者であり、『性善説』を信じているんだろうな)と思いました。


個人対個人であるならば、それは賞賛され得る、素晴らしい生き方だと思います。だが国家対国家の場合、『性善説』は現実的ではありません。普通はお互いに自国の利益を第一に考えますから。そしてそう考え、行動するのが政治家ですから。

もし今回、菅首相およびその周辺が、


“こちら(日本)が向こう(中国)の顔を立てて船長を釈放するんだから、向こうの圧力も止むだろう”

なんて考え(予測)を本当に持っていたとしたら、それこそ国賊モノの大馬鹿者です。

釈放する前にしかるべきルートでちゃんと話をつけ、その上で釈放したのなら別ですが、ただこちらが釈放しただけなら、まるっきり向こうの主張を認めたようなものです。


これでこの先、日本は中国に対して頭が上がらないでしょう。

『日本には強硬に、強圧的な態度で臨めば、どんな無理難題でも通る!』そう思われたでしょうから。


民主党政権になった時に心配していた事が、とうとう本当に起こってしまいました・・・。






最終更新日  2010年09月26日 11時48分55秒
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.