1402662 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

全496件 (496件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >

今日あったこと

2019年06月08日
XML
カテゴリ:今日あったこと


季節の花一葉。これは立ち葵。

立ち葵


真っ直ぐにすっくと伸びた茎の様子をみれば、素人にもその名前の由来が簡単に想像できます。

立ち葵は、そのまっすぐ伸びた茎の下の方から順に花をつけていきますが、下の方の花が開花しだすのが、ちょうど入梅の時期の今ころ。梅雨が明けるころまでには、茎の上の方の花が開く。比較的花持ちのする花なのでしょうね。立ち葵が別名「梅雨葵」とも呼ばれ所以です。


富山地方気象台は、7日北陸地方は梅雨入りしたとみられると発表しました。

私が写真に撮った立ち葵をみると、梅雨入り宣言が出されたばかりだというのに、結構上部にも花を咲かせていますね。

これは結構せっかちな立ち葵なのでしょう。(笑!

まあ下部の花はまだ散ってはいませんから、梅雨入りしたことでこれで別名の由来の体面は何とか保てているようです。(笑!


米どころ当地北陸富山でも、国の転作を奨励する政策により、最近は米に替えて麦や大豆が植えられるようになりました。

北陸地方は例年梅雨明けが遅く、梅雨入り前に刈り入れができる大麦こそ近年盛んに植えられるようになりましたが、大麦より約1か月収穫が遅れる小麦は、収穫期がちょうど梅雨の時期に重なり、北陸には適さない作物といわれています。

ほとんどの麦畑は、梅雨入り宣言の出る前に収穫を済ませていますが、この時期になっても刈り入れが行われていないというのは、当地では珍しい小麦。

結実した小麦の穂先


雨に濡れたこともあるのでしょうけど、穂先の色が一段と濃くなっているように見えます。私にはもう刈り入れしてもいいほどまでに結実しているように見えるのですが、このように穂先が濡れてしまっては収穫はしばらく見合わせなければなりませんね。

当地北陸では適さないといわれている小麦の様子、収穫まで今しばらく見守りたいと思っています。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月08日 11時50分08秒
2019年06月04日
カテゴリ:今日あったこと

夏至も近づき一段と日が長くなったことが実感できます。朝四時過ぎには薄明るくなるようですし、夕方は7時近くになっても明るさが残るようになりました。

新聞の暦欄を見ると、明日6月5日の日の出は4時26分、日の入が18時53分とありました。

今朝4時30分過ぎに東向きの窓から撮りました。

2015060508040000.jpg


煙突の煙がまっすぐに昇っていますが、これは大きな製紙工場の煙突。その風景がそのまま手前の田んぼに張られた水面に映っています。

紙の原料を溶かす炉は、一年365日朝となく夜となく止まることなく稼動し続けているのでしょうね。いつ見ても煙の出ていない日はありません。おそらくこの時間帯も工場の中では慌しく作業が行われているに違いありません。

そんな喧騒など露ほどにも感じさせぬ穏やかなたたずまいを田んぼの水面に映す、朝の製紙工場の風景です。おだやかな初夏の一日の始まりを感じさせるひと時ですね。


当地(富山県高岡市)からは、日の出のある東側の方角には北アルプスの3000m級の山々が連なっているので、太陽が3000mの標高を昇(登と書いても良さそう)りきるまで、日の出の時間は暦欄に書かれた時刻より30分程遅れます

ただ6月にもなって夏至が近づくと、日の出は北側(写真の向かって左側)に大きく偏り、北アルプスが日本海に向かって切れ込むように徐々に標高を下げ、1000mを切るあたりから、太陽が現れるようになります。

3000mを30分ならば、1000mは10分という計算になりますね。

今朝の日の出は4時30分頃でしたから、私の計算通りぴったりの時刻に太陽が現れたということになります。


このように四季を通じて北アルプス立山連峰から昇る日の出を仰げるのは、まったくもって幸せなこと。感謝の一語につきます。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月04日 11時50分05秒
2019年06月01日
カテゴリ:今日あったこと

昨日満開のバラ園でバラの花をたくさん写真に撮って来ましたので、もう少しご紹介したいと思います。

これは「カクテル」という名前の花。つるバラの一種と紹介してありました。



これは「万葉」。バラは和名も似合いますね。




バラの楽しみ方は、まず花を見る。それから名前のプレートを確認する。花の形、色からつけられた名前の由来を想像してみる。これが意外に楽しくて、ハマってしまうものです。

「クィーン・エリザベス」「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ」「プリンセス・ドゥ・モナコ」という名は、バラだからこそ相応しいといえますよね。

「プリンセス・ミチコ」や「プリンセス・チチブ」というプレートもありましたから、洋の東西を問わず人の発想は同じということがわかります。




「プリンセス・アイコ」はピンクの可憐な花でした。


お孫さんとお婆様の名前はありましたが、お母様の名前のプレートは残念ながら見当たりませんでした。

「プリンセス・マサコ」というお名前の花、来年のシーズンにはぜひ拝見したいものです。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月01日 11時50分13秒
2019年05月31日
カテゴリ:今日あったこと

高岡おとぎの森公園ではバラが見ごろというので、さっそく公園へ行ってまいりました。





ところで皆さんは、小学校の運動会のときに、紙で応援に使うボンボンを作らせられたという記憶ありませんか。

和紙のような薄い紙を何枚も重ねて、それを帯状に折りたたんだら、その帯の真ん中を輪ゴムで締めて両端から紙を1枚ずつはがすようにめくっていくと、ちょうど写真のバラのような大輪の花が出来上がる。


・・・あれは小学校2年生か3年生のときだったか。学校でボンボンの作り方を教わり、運動会の当日に各自2個家で作って来るようにという先生の指示。先生は確かにそれを「宿題」と言ったのではなかったか。

皆さんはどうでしたか?宿題は家でやって来るもの。それを当日になってから学校でやるなんて子は、イケナイ子。そんな風に頭に刷り込まれていたように思います。

今思えば、畳んだ状態で持って行き、直前に紙を広げればいいものを、純真無垢な少年にとっては、宿題はあくまで家でやって来るもの。

完全にやり遂げられた状態でカバンに入れられた宿題を、学校で取り出そうとして驚いた。中からはぺしゃんこにつぶれた大輪の花が2個。(笑!


この私にもそんな純粋無垢な時期が確かにあったことを思い起こさせる、バラの大輪でありました。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月31日 13時00分08秒
2019年05月23日
カテゴリ:今日あったこと

昨日は全国的に好天に恵まれ、各地で7月上旬を思わせる陽気に、早くも「こまめな水分補給が大切です」と、熱中症対策が叫ばれているようです。

今日ではペットボトル入りのお茶や、スポーツドリンクがいたるところで販売されていて、簡単に手に入るようになりました。

我われが子どものころは、街にコンビニなどはありませんでしたし、自動販売機などというものもなかった。もっぱら水分補給といえば、井戸水で冷した麦茶か番茶。

私の生家は大所帯だったから、夏も盛りともなると、母は大きなやかんでお茶を沸かすと、流し放しにした井戸水をたらいに張り、その中にザブンと豪快につけたものでした。

というわけで、高い安いの違いこそあれ、当時の各家庭の茶葉の消費量は一定量が必ず見込めたものでしたが、昨今では急須がないという家庭も多くみられるのは、さみしい限りです。

かく言う私ですが、急須で入れたお茶を飲むなどという機会も、ずいぶん少なくなりました。直近では5月6日の「八十八夜」くらいのもの。


当地北陸富山は米どころ、近頃では転作政策の影響で麦や大豆もずいぶん作られるようになりましたが、転作でお茶の木が栽培されているという話は聞きません。

子どものころより見慣れた風景は、5月の上旬ならば代掻き。中旬になれば田植え。


    
残念ながら、「あかねだすきに菅(すげ)の笠」 という「茶摘み」に歌われている光景は見た経験がありません。唱歌でいうならば、もっぱら「茶摘み」よりも「夏は来ぬ」といったところでしょうか。


卯の花の におう垣根に
ほととぎす 早も来 啼きて
忍び音もらす 夏は来ぬ

さみだれの 注ぐ山田に 
早乙女が 裳裾ぬらして
玉苗植うる 夏は来ぬ


立夏も過ぎてはや二十日余りになろうとしていますが、当地の今日は朝から晴れ渡り、爽やかな日となりました。開け放った窓からの風は肌に心地よく当たります。


夏は来ぬ。

Summer has come.


英語でも日本語でも簡潔に言い表せますね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月23日 22時03分42秒
2019年05月21日
カテゴリ:今日あったこと

昨日所用で北陸高速自動車道を利用して福井県は鯖江まで行ってきました。当地富山県高岡市からは片道2時間余りのドライブということになりますかね。

丁度お昼過ぎに、途中のサービスエリアに立ち寄って食べたラーメン(税込み650円)。



このサービスエリアの食堂では、客が券売機で食券を購入にするとその情報が厨房に自動的に連絡され、客は食券に書かれている呼び出し番号が呼ばれるのを待つだけという最新式の券売機を導入していた。

私もテーブル席について、ラーメンの出来上がるのを待っていたのでしたが・・・。その時、確かに私の名前がアナウンスされたような気がしたのです。

「〇〇〇〇(私のフルネーム)さま、・・・ですので、・・・お越しください」

「・・・はあ?」

どうして私がラーメンを注文したことがわかるのだろうと、頭が混乱しました。もしかしたら空耳だったのかもしれない。そう思い直していると、

「109番でお待ちの醤油ラーメンのお客さま」と言うので、手持ちの食券を見ると、確かに109番と書かれている。カウンターまで行くと、何ごともなかったようにラーメンを手渡された。

やはり空耳だったのだと、席に戻ってラーメンを一すすり二すすりしていると、今度は確かに「〇〇〇〇(私のフルネーム)さま、〇〇〇〇さまはいらっしゃいませんか」と、サービスエリアの係の人が私の名前を呼びながら近づいてくる。

・・・そんな馬鹿な。ボク、何も悪いことはしていないんですけど。(笑!


「あっ、私ですが・・・」

「ああ、良かった。お客さま、ナナコカードを落とされませんでしたか」


そこで初めて真相がわかりました。食券を購入する時財布に挟んであったカードを落としていたんですね。カードの裏に私の名前がサインしてあったので、私の名前が何度もコールされていたのでした。

お昼時で賑わう食堂、周りのお客さんたちのニヤニヤとした視線。

免許証を見せて本人確認をして、カードを受け取ったときの恥ずかしさといったら、全世界の目が私に集まったように感じられたくらいです。


ちなみにこのナナコカード。大手コンビニが導入した電子マネーをチャージしておける便利なカードですが、私は2度ばかりこれをコンビニのレジの認証台の上に置き忘れるという失態もしでかしております。(笑!

この時はさすがに名前は呼ばれませんでしたがね。よく利用する近所のお店でしたから、ちゃんと保管してありました。それからカードにはしっかり名前をサインすることにしたんです。

最近はレジの認証台が斜めに傾いた構造に変りましたから、ずっとカードを手で押さえておかなければならなくなった。

おそらく私のような利用客が多くいたということが推察されますが、さすがは業界ナンバーワンの大手コンビニだけのことはありますね。「フォア ザ カスタマー」、改めるべきところは「即カイゼン」ということなのでしょう。

・・・不注意、物忘れ、落とし物。「フォア マイセルフ」、私も改めるべきところは「即カイゼン」と言いたいところですが、歳はとりたくないものですね。・・・困難な諸事情がございまして。(失笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月21日 12時00分13秒
2019年05月17日
カテゴリ:今日あったこと

当地北陸富山は米どころ。田起こしに始まり、代掻きが終われば田植え。田の草取りに農薬散布。秋の収穫・稲刈り、そしてはさ掛け。子供のころより見て来た農作業の風景は、季節の移ろいそのものでした。

この時期田植えの済んだ田んぼでは、植えられたばかりの早苗の緑が張られた水面に映えて、すがすがしさを誘います。

そんな景色の中にも青々と実った麦畑がぽつりぽつりと見てとることが出来るのは、近年米余りにより国の農業政策が変わり、米の代りに麦や大豆が植えられるようになってきたから。

その麦畑へ行って麦の穂先を写真に撮ってきました。

麦の穂先


すでに結実しつつある穂先からは、麦独特のヒゲが生えていて、まるで猫ジャラシのようにも見えますね。これは大豆。小麦にはこのような長いひげは生えていません。

これがもう少し成長して、穂先が色づくようになれば、もっと判別しやすくなります。大麦は株全体が根元から穂先まで、文字どおり黄金色一色になりますが、小麦の穂先はこげ茶色に濃く色づきますからね。


当地北陸富山は地理的に北に位置する分だけ梅雨が明けるのが遅く、年によっては8月になっても雨が振り続くことがある。麦の収穫の時期がどうしてもこの梅雨の長雨と重なってしまうために、当地は麦の栽培に適さない土地柄といわれて来ました。

しかし、大麦であれば梅雨に入る前の6月下旬までには刈入れを済ませることができるので、転作に大麦を植える農家が多いようです。

その大麦の刈入れがほとんど済んだ7月の中ごろ、今度は早苗が青々と成長したた田んぼの中に、梅雨の長雨に打たれながらもこげ茶色に色づいた穂先が残っている麦畑をたまに目にすることがありますが、これが当地では珍しい小麦ということになるのです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月17日 11時50分05秒
2019年05月10日
カテゴリ:今日あったこと

魚や野菜などのいちばん美味しいときを旬と言いますね。風薫り若葉の緑が目に映えるこの時期、旬の野菜を一つあげるとすれば、筍(タケノコ)ということになるのでしょうけれど。

実は今日午前中、歯医者さんで歯の治療を受けていたときのことです。隣の診察台で治療を受けていた初老の患者さんと先生の会話が耳に入って来ました。

「この連休はどこかへ行って来られましたか?」

「ええまあ・・・。西田(さいだ)へ竹の子を食べに行ったくらいですよ」
(西田というのは、当地富山県高岡市の北部、氷見市と接する地区で、竹の子の産地として有名

「ほぉ~、竹の子ですか。それは良かったですねぇ」

「何言われるがいねぇ。竹の子の煮たが食べとったら、歯抜けてしもて。休みだから先生の所へ来れもせんし」

「えぇ~!・・・こ、ここですね」

先生は驚いておられましたが、私は口を大きく開けたまま吹き出しそうになるのを必死でこらえていました。(笑!


ああ、竹の子か。そういえばこの春まだ竹の子を口にしていないなぁ・・・。

毎年この時期になると、山を所有している知人から、掘り立ての竹の子をいただくのが常でしたが、齢をとって竹林の世話ができなくなって来たとおっしゃっていましたから、もしかしたら今年は竹の子掘りに山へ行けなかったのかも知れませんね。


ところで竹の子といえば、皆さんはどんな竹の子料理がお好きですか?

煮物や吸い物、茶碗蒸し、竹の子ご飯・・・といろんな料理がありますが、私は竹の子の味噌煮が一番好きです。

当地では、竹の子を大きめに切り、昆布と一緒に白みそで甘辛く煮ます。昆布と一緒に煮汁をご飯に掛けて食べてもとても美味しいです♪お湯を掛ければそのまま味噌汁にもなります。


今宵の夕餉は、女房殿にせがんで竹の子の味噌煮を作ってもらおうかなあなどと、歯医者の診察台で仰向けになり、大きく口を開けながら考えたことでした。

あっ、そうそう。その際竹の子を噛むときには、歯が抜けないよう十分気をつけることも忘れずに・・・。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月10日 13時10分07秒
2019年04月29日
カテゴリ:今日あったこと

今日4月29日は国民の祝日「昭和の日」。昭和天皇ご崩御を受けて今上陛下が即位されてからは、その御誕生日が「みどりの日」として祝日のまま残されることになり、それが平成の御代の内に「昭和の日」と改められた。

今上陛下がご高齢を理由にご退位を表明され、明日4月30日限りで平成は31年の御代を閉じることになりましたから、今日は平成の御代最後の「昭和の日」ということになります。

いよいよ平成の御代も一日残すばかりとなった今朝、東側の窓から見る風景は、いつにもまして厳かなたたずまいを醸し出しているように目に映りました。





当地北陸富山は米どころ、田起こしが終われば代掻き、代掻きが終わればいよいよ田植えということになります。

しかし米どころとはいうものの、当地では米作りを専業にしている農家はほとんど見られず、もっぱら一家の農作業の担い手は、じいちゃん、ばあちゃん、母ちゃんの三人。大黒柱であるはずの父ちゃんは会社勤めで、普段農作業には携わりません。いわゆる"三ちゃん農業"とよばれる兼業農家がほとんどです。

そういった事情で田植えは、父ちゃんの勤めが休みとなる5月の連休を利用して行われるのが常でしたが、近年では苗の成長時期が気温の上がらない時期と重なると良質なお米に育たないという理由で、田植えの時期を遅らせるという農協の指導が徹底されるようになりました。

しかし、今年は少しばかり事情が違うようです。見てのとおり代掻きも終わった田んぼには満面の水が張られ、早苗が植えられるのを待つばかり。

異例の十連休となった今年の連休後半にでも、父ちゃんの出番ということに相成るのでしょうか?


この様子だと、もしかしたら平成の御代の内に田植えを済まそうという、父ちゃんの田植え機を駆る姿を見ることが出来るかもしれません。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年04月29日 11時50分05秒
2019年04月23日
カテゴリ:今日あったこと

当地北陸富山は米どころ。子どものころより農作業の風景が季節の移ろいそのものでした。

田起しが終われば、代掻き。



この窓からの風景は、日々気にかけているのですが、田起こしの作業は見過ごしたようです。

かってすべて手作業で行っていた農作業も今では主役はトラクター。田越しも代掻きもトラクターがあれば一人で短時間のうちに出来ちゃう。

代掻きが終わればいよいよ田植え。田植えは見過ごさないようにしようと思っていますが・・・。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年04月23日 11時50分06秒
このブログでよく読まれている記事

全496件 (496件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >

PR

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2009年08月26日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2015年08月07日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.