714895 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

灯台

2017年11月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 俺君が歩く。
 中学校まで徒歩で行ける距離なので、
 案内するよ、とのことだった。
 そんなわで、
 そろおっ、まゆか、横
 ネコである。
 ニコニコしているので、
 障害飛越競技の時間は終わったのかな、と思う。
 多分、何しいことを妄想しているのだろう
 
 ―――まゆかちゃんは、実は美人である。
 八方美人タイプ愛嬌がいいのと、
 妄想体質性格面白いのと、
 過去による屈折体質わ さ っ て
 エキセントリック系の美女である。
 、、、、、、、、、、、、、、、、
 まゆかちゃんは基本的に裏表がなく
 正直態度だけで隠し事さえわかるレベルの子だと思う。
 驕慢の女性というのとは対極の存在縁遠い。
 地味で目立たない系の性格をしているのに美女というのは、
 男性における高嶺の花みたいなものだろう。
 (あ る い は 、 草 原 に お け る 斜 め に 傾 い た 風 ・・
 ちょっと変でなければ、だが。
 さらさらの黒髪で、色白で、
 モデル体型とはいかないけれど、
 胸も申し分がなく、男性的には好感てるだろう。
 ぱっちりした二重瞼で、
 鼻がすうっと通っている。
 喋らなければ、ブレターを送りたくもなるだろう。

 「センパイって、道路を歩く時は女性を守るように歩くんですね。
 「妹がいるからだよ、きっと。
 、、、、、、、、、、、
 俺君はわりと秘密主義だ・・。

 まゆかは、ぽわわーんとしながらった。
 交差点の横断歩道前まっている俺君になる。
 コンピューターのソフトを売っている店と中華料理店の組み合わせ。
 やわらかい陽の光が手足を照らし金色のベールのようにうっすらと暖かい秋。
 それ は―――。
 ファッション雑誌の上の珈琲とチョコレートみたいなわせだ。
 身長は百八十センチぐらいあるし、何しろセクシーである。
 でも俺君はナイーブである。ガツガツ系でも、軽い系でもない。
 (二枚目といってもピンからキリがあるし、洋風か和風か、
 あっさり系か濃い系かなど、基準を探せばいくらでもある。
)
 でも、とりあえず、雰囲気がセクシーなのだ。
 頭さそうで、物腰らかくだけど簡単ら せ な い 。
 このが揃っているだけでも、素敵だと思う。

 信号になるとスタートする
 車が方眼紙のマスを動くサイコロのように通り過ぎてゆくのを眺めながら、
 たとえば、ふと立ち止まって運命的な出会いをしていたら、と思う。
 三ブロックほどさきを停止信号を無視して突っ走るオートバイ!
 ―――図!
 ダブソフクリーム・・!

 なので、手を繋いで。おるおる手づけむ。
 人れてしまう、絶と希に染められた、
 ―――いなる
 きゅっ、と掴む。大きい手だ、性感帯だったら、
 ―――もっと触る、だ。
 いろんな出来事や感情や展望や疑問や絶望がないまぜになって、
 胸がグラスの澄んだ響きをもとめて爆発しそうになっている。
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 襟足がきれいな男性はレモンのような切り口で女性を甘酸っぱくする。
 、、、 、、、、、、、 、、、、、、
 そうだ、まゆかちゃんは、手がきれいだ。

 「・・・まゆかちゃん?
 「ヒトデスキンシップ! アイラブヒトデ!
 何言ってるんだ、この子・・!
 眉間コイン直撃したような、面食らった・・!
 しかし俺君は、それが、絶対に嘘だなと思っていたけれど・・。
 そうだね、ヒトデスキンシップは大切だう。
 時々、そういう自分の気持ちがわからないことがある。
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 マンションのエレベーターに乗り込むように思える・・。

 「まゆかちゃんは、ずっといまのままでいてほしいな。」
 ブヨブヨした水晶体んで脳をまさぐるような、破壊力・・。
 「一言でいえば、それは無理デス。
 タイミングがいいので、つい笑ってしまう。
 
 「アクティブクルーズコントロールシステム! イエー!」
 どうも、手を繋ぎたかったのはないという伏線のために、
 (鈍い衝撃が車底から伝わるみたいに、あのね、こすったよ、と言いたい、
 馬鹿なことを言っているらしかった。
 明瞭にさせようとしてかえって不明瞭にしているパターンだが、
 まゆかちゃん、手をつなぐことに意味があるだなんてっているのだ。
 
 横断歩道を渡る。
 高速道路の入り口の看板が遠くの方に見えている。
 人間の占いはわからないって言う、だけど、全体の占いならある程度予測がつく、
 (たとえば陸上のトラックの上でピストルを待つみたいな、
 都市の変貌を経験しているリアルタイムな時間・・。
 (交通規制に反した者が処罰されなければ、交差点の信号など無意味・・。
 (でも車は違反するためにある、人だってわざわざ撥ねられに危ない場所を歩く・・
 ―――そうってしまったら、
 それで、そうだと認めてしまったら、不景気だから、社会は暗い、
 それで成立してしまう、それ・・。
 それ―――でも・・うじゃない、そこから、一歩違う道を歩く可能性があるから、
 常交錯する、繰、始められる、スタートれる
 すりわってゆくような―――最初か ら そ う だ っ た よ う な ・・。
 そうだね、と、俺君はフライパンで作る目玉焼きの様に認めた。

 どうして彼女にいる何故何の為に―――打算なんてない・・。
 彼女は、せにする名人だと思うからだ・・。

 「―――なんだか今日はまゆかちゃんと沢山話したい気分だね。」
 
 







最終更新日  2017年12月01日 02時27分02秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

まだ登録されていません

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

MY LIFE


MY LIFE 2


MY LIFE 3


MY LIFE 4


MY LIFE 5


MY LIFE 6


MY LIFE 7


MY LIFE 8


MY LIFE 9


MY LIFE 10


MY LIFE 11


MY LIFE 12


MY LIFE 13


MY LIFE 14


MY LIFE 15


MY LIFE 16


MY LIFE 17


MY LIFE 18


MY LIFE 19


MY LIFE 20


MY LIFE 21


MY LIFE 22


MY LIFE 23


MY LIFE 24


MY LIFE 25


MY LIFE 26


MY LIFE 27


初期作品 1


初期作品 2


初期作品 3


初期作品 4


初期作品 5


初期作品 6


初期作品 7


初期作品 8


初期作品 9


初期作品 10


初期作品 11


初期作品 12


初期作品 13


初期作品 14


平和≪ヘエワ≫


月桂樹≪ローリエ≫


情念


永久平和論


ぐでんぐでん


砂時計


長距離バス


旋律


キャベツの試練


リンシー


あなたしか愛せない・・・・・・


十七歳


春のときめき


夕陽≪アローン≫


ミイラになった古代埃及マントヒヒを想って



青の呪文


じゃあ、教えてよ


カヴァティーナ


風船の月


シルキヰ


wa!ひろさん書


写真+詩


秋の鳥


聖書/蝶


スサノオ伝説


スサノオ伝説 2


君は生きてる意味を知らない


涎を垂らしながら自由を


素敵な叔父様


素敵な叔父様 お手紙編


皓い鐘の音


素敵な叔父様 ピクニック篇


素敵な叔父様 おしるこ篇


素敵な叔父様 おしるこ篇 2


探偵


探偵 2


探偵 3


詩の実験


詩の実験 2


不安の午後


恋人


えてるる・しるく・ぱふあにゅーぎにあ


ジャズ


人 間 産 業 廃 棄 物 *18禁


無題


いくらか時が過ぎたから・・・。 *18禁


硝子の卵




難解詩 1・2


切符


こたつくん


実験


ナンナノサ


見なければ起きないことがある


太陽の讃歌


悪夢


思考


火と水


日本人


水深九十八メートルの夜



死神ミラージュ


終わりなき日


青の季節


311


すべてが古い砂に変わる日のことを・・・・・・


人身売買


セント・ジョージ


彼岸花



アヴァンギャルド


女を愛するということ


舞台


舞台 2


舞台 3


舞台 4


舞台 5


忘れ去られた事故


うすい坂


6月12日


少女の頃にかえれたら


ただ、その人に悲しみを


メサ・ヴェルデ


呪われた時代


呪われた時代 2



初期作品リスト


be in a state of action


煉獄 1


煉獄 2


入学式


安らかな空虚


安らかな空虚 2


空港


空港 2


雪山


方言


もはや相見ることはなく 


イラスト+詩「アルコール・ランプ」


陶酔


陶酔 2


陶酔 3


陶酔 4


四人家族


十七歳の夏


神の世界 1


神の世界 2


神の世界 3


メタアルファ


27、カート・コバーン


オープニングセレモニー


無限の青


ゲルニカ


風と波


薔薇色の夜


殺人


The fog blurs my vision



鎮魂


夜の街を歩く詩人


さっき、キリスト教の勧誘が来たんだ!


孤独なゲーム



ガラス板の中で


深い闇


感傷


神話


REAL


翳り


非現実な妄想に死んでいる


批評のこころみ


邪悪な眼


やさしい気持ち


・・・みつめてる――みつめてる、夏・・


エロティシズム


灰と煙に目が痛い


折りたたまれる夏の日の頁 1


折りたたまれる夏の日の頁 2


名人伝


宇宙人


芸術家の君へ


Retriever



共同幻想


僕が君を見つけるまで



現在


手が届かなくても、つながってる。


クローズド・サークル


イラスト+詩「愛の世界」


写真+詩「感動」


俯瞰する町の、タップダンス・・・!


死亡線上


瓦斯


パジャマ


ゼロと一秒の間


音程のこころみ


~ スピリチュアル・ヒーリング ~


~ スピリチュアル・ヒーリング 2 ~


一行詩


七行詩


八行詩


九行詩


十行詩


十一行詩


十二行詩


十三行詩


十四行詩


wa!ひろさん写真+詩


ひろやすさん写真+詩


顔文字詩


アート詩詩文控え


イラスト写真詩詩文控え 1


イラスト写真詩詩文控え2


イラスト写真詩詩文控え3


愛の讃歌


愛の讃歌 2


愛の讃歌 3


想像の森


想像の森 2


想像の森 3


想像の森 4


想像の森 5


wa!ひろさん写真詩「夜」


オナニ・マシン・フルスロットル・ロケット


最後の夜明け 1


最後の夜明け 2


僕自身を説明せよ!


仕事


イラスト+詩「ハンバーガー・ラヴ」


現代詩を終わらせよう


夢想の家


ロルカの沼


エゴ


CITY


わかっているのだ・・・・・・それは・・・


アメリカの音


リズムセクション


Why is it that people born and then they


Is it already over?.......


お伽噺とドロップ


ライン川


猫の話 


愛について


日記詩


日記詩 2


日記詩 3


日記詩 4


動く小説投稿サイトの作品


詩集



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.