405861 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

札幌の賃貸【逍遙館】の軌跡

PR

Comments

tsubo@ Re[6]:竹馬の友と12年振りの散策を楽しむ(01/16) ひっとさんへ あたり!です。
ひっと@ Re:竹馬の友と12年振りの散策を楽しむ(01/16) 四ツ谷で働いているyさんですか?

Calendar

Archives

逍遙館の建築経過はこちらをご覧ください。

逍遙館のホームページ! ← クリック。


入居希望の方は上記をクリックしてHPをご覧ください。
家賃や間取りなどがご覧いただけます。 

ただいま逍遙館は入居を募集しておりません。今後、入居したいとお考えの方は、ブログをチェックしていてください。空室ができ次第、お知せいたします。




2019年02月17日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎日オヨヨ通りに通勤しています。



この通りはすでに4プラの裏通りでしかなく、その通称を知っている人も少なくなったのですが、いまでも40年前の輝きに魅了された人が残っていて、更にその時代に思いをはせる若者がいることがわかります。
わたしもその一人だから尚更そう感じているのかも知れません。



電車通りから南に一本入った仲小路通称オヨヨ通りは、80年代に都市化のため町並みが激変した時に、当時の若者は特別な場所を失いました。
そしてまた街は大きく変わろうとしています。



西4丁目から6丁目にわたる300メートルほどの通りに、個性的な喫茶店が立ち並び、中が見えない怪しげな小さなお店がひしめいていたなんて想像が出来ません。
今朝は6丁目から4丁目に向かって、いまでも微かに残るオヨヨ通りの放つ匂いを感じながら歩くことにしました。

元東急ハンズの裏仲通り、かつてレンガ造りと札幌軟石の倉庫が並んでいた隙間にあった喫茶VIDERO(ヴィデロ)。
南3条のスガイビル裏手に移転してから知ったお店なんですが、蕎麦猪口にコーヒーが入っていたと記憶しています。
そのお店があったのはどの辺りなのか?などと思いながら進みました。



ここかしら?



それともこちらかなぁ?



スタンレーマーケットが入る建物は残ってくれるのでしょうか?

観光客向けのホテルが並ぶ街に変わろうとしている今だからこそ、よりオヨヨ通りという名前に想いが強くなります。
その想いが強かったからなのか、とうとうあの方にお会いすることが出来ました!



オヨヨ通りの名付け親、亜璃西社代表でエッセイストの和田由美さんです!



当時の若者の喫茶店巡りのバイブル【札幌青春街図】という本を作った和田さんだからこそ言えた言葉「文字で残すことでその当時の記憶を今も手に取ることが出来る。だから取材して書き続ける。現役の仲間は減ったけどね。」
和田さん、カッコイイです!

|逍遙館俱楽部代表|

北海道ブログランキングに参加しています。
マークをポチッとお願いいたします!



北海道ランキング

100年住宅「逍遙館」のブログを読ん頂きありがとうございます。
 入居を考えられているみなさん、こちらをどうぞ! →  逍遙館公式サイト

keyword/札幌市 賃貸アパート 賃貸住宅 賃貸マンション 犬可物件 コミュニティ住宅 単身 移住 フローリング ロフト メゾネット 木のぬくもり アパルトマン 建築 デザイナーズマンション 西11丁目 オール電化 隠れ家 大通り公園 西線6条 中央区役所 南6条 駅近物件 アパマン 1DK ワンルーム IH ウォシュレット 木製サッシ コンサバトリー 初めての一人暮らし しょうようかん






Last updated  2019年02月17日 11時05分26秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.