000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

書と育児と時々妻〜字が上手な人を目指して〜

書と育児と時々妻〜字が上手な人を目指して〜

PR

2024年07月12日
XML
カテゴリ:思い出


「教師にでもなれ」
よざるは私に言った

私とよざるはガストかサイゼリヤにいたかと思う
大学生の私は同じく大学生のよざるのところへ、遊びに行っていた
どちらも無口で、弾むような会話はなく、どちらもぼそりぼそりと話した

「教師になんかなんねえ」
教師という仕事をよく分かりもせず、教育の意味について考えたこともないのに、苦笑して答えた

教師という仕事は、よざる自身が興味を持っていた仕事かもしれなかった 
後年よざるの小説のような作文のようなノートを読んだことがあり、教師になる夢について書かれていた 
家庭教師をして中学生を教えているうちに、よざる自身が中学の頃親に言われて嫌だったことなど思い出し、子どもに光を当てる教師という仕事に憧れるという

教師になんか、という言葉は良くなかった
よざるは、私の答えにどこか肩を落としたようにも見えた
こういう否定的な言葉遣いは、母に似た

私が無神経に吐いた否定的な突き放すような言葉に、よざるは困惑しただろうか、気力を無くしただろうか

教師は子どもを育てるとても重要な仕事で、やりがいのある素晴らしい職業ではある、などと答えていたら、よざるはどれほど前向きな気持ちになれただろうか

今頃、地元で教師をして家族を持って幸せに暮らしていただろうか

しかしこんな想像は想像でしかない、予想でしかない、自分の都合の良いように描いた空想でしかない
教師になっても心労で病気になって不幸になっていたかもわからないから





ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年07月12日 14時35分05秒
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.
X