000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Small Talk

Small Talk

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

さんでぃ...

さんでぃ...

Calendar

Archives

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

Category

Freepage List

映画レビュー INDEX


【ア行】


【カ行】


【サ行】


【タ行】


【ナ行】


【ハ行】


【マ行】


【ヤ・ラ・ワ行】


お気に入りの俳優


Star Wars / Clone Wars (TVアニメ)


Star Wars 反乱者たち(アニメシリーズ)


旅行記 INDEX


長崎ミニ旅行 (2005年6月)


トルコ旅行 (2006年5月)


直島ミニ旅行(2006年10月)


沖縄旅行(2007年5月)


スリランカ旅行(2007年9月)


ウズベキスタン旅行(2008年4月)


島根ミニ旅行(2008年5月)


ペルー旅行(2009年5月)


高松ミニ旅行(2009年8月)


ヨルダン・シリア旅行(2009年9月)


ラスベガス旅行(2009年12月)


イラン旅行 (2010年5月)


ブルネイ・シンガポール旅行(2010年8月)


讃岐日帰り旅行(2010年10月)


香港・マカオ旅行(2010年11月)


イスラエル旅行 (2011年5月)


米国東海岸ミニ旅行 (2011年6月)


ギアナ高地&レンソイス旅行(2011年7月)


九州温泉ミニ旅行(2011年9月)


カナダ・オーロラ旅行(2012年3月)


ドバイ1日旅行(2012年3月)


高知ミニ旅行(2012年6月)


チュニジア旅行(2012年7月)


四国三国弾丸旅行(2012年8月)


米国出張・週末のお楽しみ(2012年10月+2019年3月)


インドネシア旅行(2013年1月)


金沢ミニ旅行(2013年4月)


中欧3カ国世界遺産旅行(2013年GW)


礼文島&利尻島ミニ旅行 (2013年8月)


バルト&アイスランド旅行 (2013年9月)


日光ミニ旅行(2013年11月)


弾丸LA&SD旅行(2014年2月)


10日間世界一周(2014年2月)


シンガポールでの週末(2014年3月)


長島温泉となばなの里ミニ旅行(2014年3月)


ポルトガル旅行(2014年5月)


南アフリカ4か国周遊旅行(2014年9月)


戸隠・小布施ミニ旅行(2014年10月)


ルアンパバーン旅行 (2015年2月)


グアテマラほか中米旅行(2015GW)


ウィーン&ザルツカンマーグート(15年8月)


エチオピアダナキル砂漠旅行(2015年12月)


讃岐うどん屋めぐりミニ旅行(2016年3月)


松本&高遠 花見旅行(2016年4月)


トルクメニスタン旅行(2016年GW)


鹿児島ミニ旅行(2016年6月)


尾瀬ハイク(2016年7月)


ナミビア旅行(2016年9月)


アタカマ&ウユニ旅行(2017年2月)


マルタ&シチリア旅行(2017年GW)


旧満州旅行(2017年9月)


ネパール旅行(2017年12月)


東伊豆プチ旅行(2018年3月)


イスタンブール&メテオラ旅行(2018年GW)


シンガポールでの週末(2018年夏)


フンザ・KKH旅行(2018年10月)


ムンバイ出張(2019年2月)


北八ヶ岳温泉旅行(2019年3月)


五島列島旅行 (2019年GW)


マダガスカル旅行(2019年9月)


パンジャーブ旅行 (2019年2月)


シンド州旅行(2019年12月)


屋久島旅行(2020年7月)


京都・滋賀旅行 (2020年9月)


蔵王温泉(紅葉狩り)旅行(2020年10月)


しまなみ海道プチサイクリング旅行(2020年11月)


水戸・北茨城ミニ旅行(2021年2月)


高野山ミニ旅行(2021年7月)


熊野古道旅行(2021年8月)


箱根ミニ旅行


岩国・宮島・広島・呉旅行(2021年11月)


春の弾丸富山旅行(2022年4月)


庄内旅行(2022年7月)


高松・豊島ミニ旅行(2022年8月)


秋の立山黒部アルペンルート(2022年10月)


関門ミニ旅行(2022年11月)


京都花見旅行(2023年3月)


ソウル旅行(2023年3月)


余市&小樽旅行(2023年6月)


バスク旅行(2023年6月)


宗像・大宰府・柳川ミニ旅行(2023年10月)


推し活(ヲタ活)ソウル旅(2024年1月)


パタゴニア旅行(2024年2月)


ブログ開始前の旅行MEMO


ボストン (2001年10月)


デスバレー (2001年12月)


釜山・テグ (2002年6月)


Favorite Blog

I Dream of Jeannie … Jeannie Akubiさん
がちゃのダンジョン … gacha-danjhonさん
kaoritalyたる所以 kaoritalyさん

Comments

コメントに書き込みはありません。
2009.08.22
XML
カテゴリ:旅行/おでかけ
琴電に乗って屋島へ。
歴史に浪漫を感じる私としては、源平の戦いの地にも多いに興味があった。

yashimabus.jpg琴電屋島駅から屋島山上までは、1時間に1本しかないけれど、100円でバスが出ている。そのバスがとってもカワイイ!(→)
キャラクターがイルカなのは、屋島山上に水族館があるから。
そのイルカが、平家物語の『扇』の(那須与一が弓を射る)場面を再現したり、お遍路さん姿になったりしている。

山上の大駐車場には10分程度で到着。
景色を楽しむなら、行き(上り)は運転手側の席がオススメ。

源平ゆかりの土地らしく、山上には何箇所かに、“義経アートパネル”(↓)と呼ばれる、源平合戦の様子や平家の女性たちを紹介した大きなパネルが展示されたいた。

yoshitsunepanel.jpg


yashimaji.jpgまずは屋島寺を訪れる。
霊場八十四番ということもあり、お遍路さんの姿もちらほら。

右の写真が本堂で、その左手に宝物館がある。
宝物館には、源平合戦の様子を描いた絵や平安時代に作られた薬師如来坐像などが展示されている。入館料は500円。
お寺の敷地の片隅に、芭蕉の“夏草や 強者どもが 夢のあと”の句碑もあった。

minoyama.jpgまた、本堂の脇には蓑山大明神があり、狸が祀られている(←)。
みやげもの屋に狸が多いと思ったら、これにちなんでいるわけね。家庭円満、縁結び、水商売の神様なんだとか。

寺を抜けて進むと、みやげ物屋が並ぶ道に出る。
瀬戸内海が一望できる絶景スポット“獅子の霊厳”から海に向かって瓦を投げると開運・厄除けになると言われており、みやげ物屋では平べったい小さい瓦がそこかしこで売られていた。

さらに進んで水族館を通り過ぎ、ずんずん歩いて行くと、今度は源平合戦の舞台、壇ノ浦が一望できる“談古嶺”というスポットに出る。
そこからの眺めはこんな(↓)感じ。
今日はとても天気がよく(そしてめっちゃめちゃ暑い!34度もあった!)、空も海も青くてとっても美しい。

dankorei.jpg


そのまま進むと、源氏の武士たちが刀を洗ったため真っ赤に染まったという“血の池”があり(今の季節は蓮の葉だらけで水面がほとんど見えず)、バスが到着した大駐車場に到着。
途中座って休憩することなく、写真を撮りつつ歩いて山上1週の所要は約1時間。いい運動になったわ~!

再びバスに乗り、琴電屋島駅に戻る。
その駅から歩いて10分くらいのところに、ガイドブックに載っていたうどん屋『わら家』があったので、そこでおやつにうどんを食べる(うどんレポートはコチラ)。
そしてうどん屋のすぐ近くに、明治時代に神戸に建てられた洋館を移築して喫茶店にした『異人館』があったので、興味本位で入ってみる。
中の椅子やテーブルも当時のものを使っているとのこと、クラシック音楽も流れ優雅な気分になれた(↓)。
そうそう、外にある赤いポストは1900年ごろロンドンにあったものらしく、夏目漱石もこのポストを利用したかも?などと解説してあった。
真っ赤なテレフォンボックスを見て、『ハッとしてグー』を口ずさんでしまった、古いっ(汗)。

ijinkan1.jpg ijinkan2.jpg

yashimajinja.jpg水分補給もしたし、目の前に広がる長い階段も何のその(この写真に写っているのは最後の会談。この4倍くらい上りました)、異人館の近くにある屋島神社(→)も訪れる。

この屋島神社は、東照大神・徳川家康と頼重大神・松平頼重が祀られていて、別名“讃岐東照宮”とのこと。

おみくじを引いたところ、なんと大吉!
でも我慢、我慢の徳川家康らしく、「やることをやってじっと我慢していれば運が開ける」という内容で、普通のおみくじの大吉とはずいぶん趣が異なった。

以上で屋島観光は終了、再び琴電に乗って高松市街へ戻った。

こういうところを訪れると、『平家物語』が読みたくなる。
20年近く前、大河ドラマで『太平記』をやっていた時、吉川英治の『私本太平記』を読んだ後『新・平家物語』を読み、その影響もあってかワタクシは平家びいき。滅んだ側に浪漫を感じます。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.08.25 23:39:19
[旅行/おでかけ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.