1758405 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

コーヒーゼリー 2019… New! 森3087さん

追い込まれたら New! 宋休さん

クリムトと、今夏の… New! 夢穂さん

映画評「万引き家族」 New! KUMA0504さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

100歳の誕生日祝い New! コウちゃん9825さん

よくもこんなに犯罪… New! しっぽ2さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:中学校の同窓会に参加(11/20) 3年後の2019/11/17(日)12時~  館林市…
 新鮮美感@川島@ Re:ソウルフード(09/02) 復元がいちばん難しいかと思われた ・…
 新鮮美感@川島@ Re:写真修正ソフト(07/22) このBLOGの書き込みから約6年、1日2食をつ…
 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…

フリーページ

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

そば打ち

2019/09/11
XML
カテゴリ:そば打ち
蕎麦粉400g+つなぎの小麦粉100g+水250g=750gの生蕎麦でした。
少し盛りのいい1人前150gとすれば5人前になります。

慌てて最初、そば粉だけで水練りで地延し、丸出し、四つ出しとすすめていったら、蕎麦が破れて本延しまでいけない。つなぎの小麦粉を加えていないことに気づき、小麦粉100gと水50ccを加えて最初からまた練り直しです。いままでにこんなチョンボはやったことがありません。初めてのことでした。時間に追われて作業するとこんなことも起こることを学びました。













蕎麦粉には粘りがないので十割そばを打つには、①熱湯で練る ②オヤマボクチ(山ごぼう)蕎麦 の2通りを知識として識ってはおりますが、まだやったことはありません。特にオヤマボクチ蕎麦は長野県北部・新潟県西南部地方では幻の蕎麦と云われているとのこと。オヤマボクチを入手してつくってみたいと考えております。






最終更新日  2019/09/13 11:31:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/08
カテゴリ:そば打ち

あす台風が通過する予定です。
ときおりコスモスの花が心なしか大きく揺れています。明日午前中、台風15号が当地方面を通過する天気予報です。稲穂が首部を垂れ始めたところに雨風が吹き荒れると農家の方々は収穫前に稲が倒れるのを嫌います。収穫前の台風は農家の方々にとっては、来てほしくない試練ですが、お天気ばかりはどうすることもできません。





正午をちょっと廻って会場に到着。入口受付で@500円渡しましたら235番目の引換券をいただいた。駐車場もほぼ満杯、盛況でした。

新そばまつりのイベントは開始時間に合わせて早めに来る人が多いので残り1時間にして予定人数の200人をクリアーです。蕎麦がもう少し細切りだったらよかったのですが、すこしばかり残念だった。

美味いそばではありましたが、つなぎの小麦粉が気になる。蕎麦はやはり十割そばがいいかも。ここはやはり幻の蕎麦と云われるオヤマボクチ(山ゴボウ)そばの打ち方を私も一度試してみることにしましょうか。















最終更新日  2019/09/10 05:06:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/31
カテゴリ:そば打ち
【今日の午後は蕎麦打ち】

20日ぶりに蕎麦を打つ。

慌てて、つなぎ粉(小麦粉)をよく確認せずに間違えて打ち粉(そば粉でつくったもの)を入れてしまいました。でそこは冷静にせっかくだから小麦粉のつなぎを加えて、切れない蕎麦が打てるか試してみることにしました。

延し広げてゆくとヒビが入りやすくなることがわかりましたが、なんとか食べられる蕎麦にはなりましたが、今回は人様にプレゼントする気になれず、すべて実食となります。というわけでしばらくは蕎麦食が続くことになります。

手打ち蕎麦。蕎麦粉600g+打ち粉100g+つなぎ粉100gの800g+水400gで計1200g【1人前150g×8人前】

蕎麦つゆは、辛味大根を擦りおろして加えました。郡山市内で辛味大根がわりと置いてあるのは駅中ビポットです。

150gを2人前いただきました。





1人前・生蕎麦で150gを沸騰した鍋に入れて120秒で茹であげ、水洗いして氷水で〆て水切りしたものです。
七味唐辛子を振っていただきました。





自分で食べるぶんには差し支えありませんが、蕎麦打ちを始めてまもなく1年半になります。人前で蕎麦打ちできるような腕にはなっておりません。ということでバージョンアップさせるために、蕎麦打ち同好会をしばらくお休みして、蕎麦打ち名人の門を叩いてみようかと考えています。


生蕎麦1人前150g、今日はこれを全部で8本です。









最終更新日  2019/09/01 01:22:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/12
カテゴリ:そば打ち
たのしみは 初めて体験 流し蕎麦 箸ですくって 口運ぶとき


「そば打ち体験&流しそば」が大槻東公民館で開催されることを知り足を運んでみたわけです。参加費は@300円。雨トイを改良しての水道からホースで水を引いてトイの傾斜を利用して茹でた蕎麦を水流にのせて流すわけです。

そばを初心者が打って切ったものだから長い蕎麦がなかなか流れてこないのもごあいきょうでした。ミニトマトや刻んだキュウリ、缶詰のパイナップルがイチョウ切りで流れてきたのにはビックリ@@! 蕎麦とパイナップルをいっしょに食べてみるとなかなかこれが乙な味でした(笑)

参加した初心者が切った蕎麦を茹で上げたものなので蕎麦が短いものが多かった。




作業工程をわかりやすく紹介する短冊。20年前から使っているとのこと




蕎麦粉800gとつなぎ粉200gの二八そばです。
蕎麦粉は北海道産と青森産をブレンドしたものを使用。




私たちの班は3人とも経験者だったせいか蕎麦切りもそれなりにうまく切れておりました。




参加者は3名ずつに分かれてそこに指導者が1人ついての蕎麦打ち指導です。




流しそばを実施する前に、スイカやお稲荷さん、サラダなどでお腹を満たしてからの流しそばという段取りでした。










最終更新日  2019/08/13 01:08:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/10
カテゴリ:そば打ち
蕎麦打ち台を使って手打ち蕎麦です。湿度が高いとやはり水分量が少なめでないと軟らかくなってしまいます。手を休めて延し広げたそばを乾燥させながらの今日の蕎麦打ちでした。

初めて、ゆず七味をふりかけていただきました。柚子の香りがなかなかよろしい!ちょっと薬味を新しくしただけでも蕎麦の雰囲気が変わります。先日食べた幻の蕎麦と云われるオヤマボクチのインパクトが強すぎたのかもしれません。




お湯が沸騰してから、1人前ずつ生蕎麦を茹でる


氷を入れて冷水で蕎麦を締めます。蕎麦が冷たくなると口あたりが変わります。




このそば打ち台の見本を見せられ、あればいずれ便利に使える場もあるかもと、手先の器用な蕎麦打ち仲間の先輩に依頼して作ってもらった。出張そば打ちの時にはこれがあると重宝すると思ったわけです。





蕎麦打ちを始めてから、手打ちうどんを作っていない。せっかく道具が揃っているのだから、近いうちに手打ちうどんをぜひつくってみたいと思うところです。手打ちうどんで冷や汁、手打ちうどんでエゴマ冷や汁、これは楽しみですね!







最終更新日  2019/08/11 01:32:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/28
カテゴリ:そば打ち
知り合いから声がかかり大槻そば同好会の定例会にオブザーバー参加してきました。ここでは毎回、当日ここで打った蕎麦をみんなでわきあいあいと食べるまでが定例会だそうです。たくさん蕎麦を打つので腹いっぱいになるまで美味しい蕎麦が出てくるのでビックリでした。参加費も500円ポッキリ、驚いたね。帰りには「お土産欲しい人は!?」と訊くので手を挙げるとラップに包んで生蕎麦を用意してくれるのです。

この蕎麦を食べたのは初めてでした。十割そばのつなぎにオヤマボクチ(山ゴボウ)の葉を刻んで練り込んだ蕎麦です。山ゴボウの粘りが蕎麦のコシを強くする独特な美味しい蕎麦となります。
@500円の参加費で「もうけっこうです」と云うまで次々と茹であがった蕎麦が皿にのってでてきます。


こちらは二八そばのぶっかけです。これが最初に出てきました。これでお腹を膨らましたあとに山ゴボウ葉入り十割蕎麦です。私は美味しい蕎麦を先に食べた方がいいと思うタイプですが、その判断は人さまざまです。










web検索してみると、オヤマボクチ(山ゴボウ)で幻の蕎麦を打とうを見つけました。

こちらの蕎麦同好会の会員の一人の出身地がオヤマボクチそばで知られたところだったので、今回オヤマボクチを取り寄せてみんなでオヤマボクチそばを打って食べてみることになったそうです。






最終更新日  2019/07/30 10:30:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/17
カテゴリ:そば打ち
蕎麦を食べる会に参加、友人から蕎麦打ち練習の手伝いを頼まれ4月から顔を出すようになって4回目になりましょうか。あれよあれよというまにそば打ちが上達しているのが手に取るようにわかります。聞けば今まで自己流で蕎麦を打っていたそうですが、この度キチンと基本を学びたいと参加し、忘れないように自宅でも練習しているとのことでした。さすが、上達が早い理由がわかりました。

















最終更新日  2019/07/17 11:28:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/30
カテゴリ:そば打ち
辛味大根+味噌を冷水で溶いて、蕎麦のつゆにして、蕎麦を食べました。

なんでも長野県にある蕎麦屋さんの蕎麦の食べ方だそうだ、雑誌プレジデントに紹介されていたのを見て興味を持って試してみたわけですが、私には、やはり味噌味よりも「創味のそばつゆ+辛味大根おろし」の方が美味いと感じたので、次回は信州みそでやってみたい。












最終更新日  2019/07/01 11:29:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/26
カテゴリ:そば打ち
昼も蕎麦、夜も蕎麦、明日の昼・夜とも蕎麦の予定。

蕎麦は毎食でも飽きないのです。

辛味大根のつゆで食べる蕎麦はブラボー(^_-)-☆







蕎麦を打つ、湿度が64%だったのでいつもよりも少ないキメ加水でまとまった。地延しまでは難なくすすむのですが丸出しがまだ上手くいかない。包丁切りも集中して切れるのは半分位まで・・・あぁ~

まだまだ理想の蕎麦打ちまでの道は遠い。

二本松市の鈴石屋さんの蕎麦が食べたくなった。



そば粉を篩でふるい、一様に滑らかな粉状にしてから水を加えることになります。




ここまでは比較的スムーズにすすむ。この先、大きく丸くするわけですが、そこが課題です。この課題克服、何回打てば克服できるだろうか。



この半分位の細さで切れるようになれれば、、、理想です。









最終更新日  2019/06/26 10:54:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/21
カテゴリ:そば打ち
趣味として蕎麦打ちを始めましたら、蕎麦を食べる機会が飛躍的に増えることになりました。もともと美味しい蕎麦を食べることが好きだったわけですから自分で美味しいそば粉を手に入れて打てば、日々蕎麦三昧が叶うわけです。趣味と実益が一致ですね。


生蕎麦を茹で上げたこの蕎麦の重さは200gでした。



蕎麦猪口は、15日に開催された素人蕎麦段位郡山認定会の会場で買い求めたものを初めて使ってみました。そばつゆは辛味大根を摩り下ろしました。

そば湯を蕎麦猪口で3杯飲むとお腹はいっぱいになります。





器を考える

蕎麦猪口は6月15日に開催された素人蕎麦段位郡山認定会の会場で買い求めたもの

皿はうすいデパートの物産展会場で筆を使って更に模様描きをしていたのを見てその模様が完成したデザインと同じものを購入したものです。

記憶に残る事柄を器を見ると思い出すような買い方をすると器に愛着も湧きますね。






最終更新日  2019/06/21 07:07:27 PM
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.