049054 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ソシオネット

PR

Profile


蛍示絵(ケイジェイ)

Freepage List

2010.08.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
民主党の代表選挙で、もし小沢一郎が選出されたならば、国民の総意にも国際社会の総意でも”チョッとオカシナ男”が日本の総理かよ?との疑問が出るのであろう!!
だからといって、菅直人が国難を超えていくだけの”器量・能力・指導力”を持ち合わせているとは到底思えないのだ。
最大の悲劇は、小沢一郎も菅直人も、ともにこの時期に日本国総理を担当できる資格を持ち合わせていないということに、本人自身が気付いていないことだ。
スズキ自動車の鈴木会長も、連合の古賀会長も、次期民主党代表選挙で党内が”激突”しているときではないと、公言している。この言を尊重すれば、小沢も菅も代表選挙に出馬しないことだ。喧嘩両成敗というではないか!

そもそも、民主党は党内での自由な議論が行われ、その総和として、政策・マニフェストが党の行動指針となっているはずだ。ところが、小沢も菅も、さらには前総理の鳩山由紀夫もみな揃って自分の独自色を出したがるのだ。たとえば、小沢一郎がもし党の代表になれば、「みんなの党」の渡邊美喜氏を総理に担いで「ネジレ国会」解消を図るとまことしやかに言われている、また菅直人は財務相の操り人形宜しく”消費税の増税”をいいだすのだろう。鳩山由紀夫もそうだ、やれ「東アジア共同体や公共性概念など」思い付きを振り回している始末である。民主党は党内討議をキチンとやり、誰が党の代表、日本国総理になろうとも、民主党内で合意された政策をより忠実に実行していくのが筋だろう。それができない、あるいは無視して、小沢色、菅カラー、鳩山アイデアなどと勝手なことを言うばかりでは、国民は民主党にこの国の将来を託すことはできないのだ。分かった?分からないのだろう?






Last updated  2010.08.30 18:40:56
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

伊達@ 面白いBlogですね! 考え方、目の付けどころが凄いなと思いま…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
中野@ すげぇぇぇぇぇぇ!! ちょ!!なんか適当にやってたらマネーも…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.