6045270 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

thunderbolt!

PR

X

バックナンバー

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.03.08
XML
テーマ:私のPC生活(7212)
カテゴリ:家電
vb.netで、フォームに線を書きたいと思っても、VB6までのように簡単にはかけなくなりました。
でも、代わりになる方法はいくつかあります。

まじめにやるならimageオブジェクトを作ってやることになるのでしょう。
「長方形、多角形、楕円、円弧、扇形を描く」
http://dobon.net/vb/dotnet/graphics/drawrectangle.html
しかし面倒くさい。ちょっと一本線を引きたいだけなんだ。


簡単な方法としてよく知られているのが、labelオブジェクト配置して、幅を1にしてしまう方法。
「Windowsフォームで直線コントロールを配置するには?」
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0901/28/news154.html
ラベルを配置して、autoseizeをfalse、borderstyleをfixedsingleにして、sizeのどちらかを1にする。
これらなら楽です。しかし斜め線は書けないし、なによりも色が変えられないのが欠点。


斜め線は書けないけど、色を付けたい、というのなら、テキストボックスを使えばいいですね。
backcolorを所望の色にして、multilineをtrueにしてから太さを1にする。
位置合わせがめんどくさい場合は、フォームの隅にでも適当にテキストボックスを配置しておいて、コード上で指定してやればいいかも。




そして、なぜかあまり紹介されていない気がしますが、Visual Basic PowerPack を使えばもっと複雑な事が比較的容易にできます。
「Windowsフォームで直線を描くには?[2.0、3.0、3.5、VS 2008、C#、VB]」
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/781winlineshape/winlineshape.html


比較するとこんな感じ。
170308.jpg




ではこのVisual Basic PowerPack 、どうやれば使えるのか?

「みかみんのプログラミング日記」によると、自分で入れないといけないそうです。
http://blog.junax.jp/dotnet/188/

インストールはここが詳しい。「北の窓から(芦田っち)」の「Visual Basic PowerPack は Visual Studio 2013 に入っていないのか?」
http://blog.goo.ne.jp/ashm314/e/932755fa3ed6fcdd08d8867010c4d077


ざっくり書くと、まずインストーラを入手します。
直リンクhttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=321343

インストーラを走らせると、もしかするとそれだけで使えるようになるかも。
私は手動で追加しました。

ツールボックスの何も無い所を右クリック → タブの追加 → 追加したタブに適当な名前をつける(powerpackとか) → 追加したタブの上を右クリック → アイテムの選択 → .NET frameworkコンポーネントタブを選択 → フィルターに「power」と入力 → てできたものにチェックを入れてOKをおす → 追加したタブのところにオブジェクトが出てきているはず

あとはVB6時代のようにフォームに描画して、適当にプロパティをいじれば簡単に色々できます。

私の環境はwin8.1+VS express 2015 for windows desktopですが、この手順で使えました。


どうしてこんなに便利なツール、標準で入っていないんだろう?
不思議だ。




visual studioも、もう2017になるんですか?

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】Mastering Visual Studio 2017【電子書籍】[ Kunal Chowdhury ]



ではごきげんよう。







最終更新日  2017.03.21 20:47:38
コメント(0) | コメントを書く


お気に入りブログ

りきりき元気です! りきとママ922さん

コメント新着


© Rakuten Group, Inc.