4132970 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

御三家中学受験・桜蔭・開成・東大サピックス家庭教師・ファインウェブ

2013.04.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
算数の成績がどう伸びたか


プライバシーに反しない範囲で、算数の成績がどう伸びたか、一例をお話し

したいと思います。

最初に、経緯を言いますと、このお子さんは日能研の新6年で、算数偏差値50

未満。週2日私が家庭教師として入り、主に算数、理科をみました。最終的には、

4科目みています。

算数の偏差値は、50未満-->60近辺(8月)-->77(11月)-->

65~69(12月)と伸びました。


最初にやったのは、計算です。1けた同士のたし算プリントを作ってあるので、同じ

ものを、徹底復習して、まずたし算を正確にしました。

つぎに1けたのかけ算。次に日能研の計算問題。

同時に、日能研でやっている部分を、徹底解説、徹底復習しました。

この時のポイントは、「本人にとって難しい問題は外す」ということです。

時間をとられてしまいますので。

さらに、「数え方」を練習しました。

指を使って、まず整数の3から5までに数はいくつあるか、次に13から18までに

数はいくつあるか、次に・・・。

最終的には植木算を使って、間の数と植木は1つちがう、ということを徹底して

まずは整数の数え方を学びます。

更に数をどんどん大きくしていって、数え方を練習します。



この様にして、計算を徹底し、数え方を練習し、本人が難問と思うもの以外を

徹底復習すると、偏差値60を超えました。

次に、「問題文を正確に読む」ということを意識します。

そのために、問題文全部に線をひきます。

同時に、状況の図や、線分図、面積図を描きます。

これを意識して、さらに長文問題の正答率を上げ、60超えが普通になります。

夏休みに、夏テキストを徹底復習します。

9月に即座に効果は出ませんでしたが、同じ勉強をさらに精度とスピードを上げ

実行していったら、偏差値77となりました。

ここで油断せず、同じ方式で続けていったら、最低でも65以上出せるように

なっていました。


この中で、家庭学習で応用できるのは、1けたの計算を徹底する、ということ

でしょう。これは、できたら同じプリントを何回もやって、暗記して欲しいと

思います。

次に、問題文全部に線をひくこと。

これも、利用できると思います。

家庭学習で家庭教師と同じ事はできないと思いますが、なにかヒントを得て頂ければ

ありがたいと思っています。




この記事がご参考になりましたら、以下をクリック頂ければ幸いです。


中学校受験 ブログランキングへ






最終更新日  2013.04.22 01:16:12



© Rakuten Group, Inc.