3035228 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

全1件 (1件中 1-1件目)

1

HONDA シャリィ50(K2-3)

2016.07.07
XML
最近シャリィの燃費がたいそう悪い。大体1リットルで10kmほどしか走らない。原動機付き自転車ですよ、排気量わずか50ccですよ。原付だからあまり頻繁に乗らないのだが、たまに乗ると、エ、もうガソリンがない、となるのである。私の癖でバイクを止めたら必ずガソリンのコックは閉める。(トリッカーとGLは閉めないが・・・。)床に漏れた形跡は無いし、走りは・・・最高速45km、アイドリングはいい音、35km~40km辺りのエンジンは頗る調子が良い。キャブはオーバーフローも無いのでokだろう。
ただ、気になる箇所が一つ。ドライブスプロケット内側あたりのフレームが少しピンク色。一度ガソリンタンクを見てみるか、とガソリンを抜き、タンクを外しひっくり返してみた。ここにガソリンコックがビス1つでくっつく。(写真1)塗装がうねうねしているがそう悪くはなさそうだ。それよりもコックのゴムの劣化かなあと疑ってみる。(写真2)確かに古く交換した方がいいのだろうが漏れているようでもなし、もしだめだったら注文してみるか。色々やっているうちに一つ気がついた。タンクにコックをあてがってみると少しぐらぐらする。よく見るとコックに接するところのタンク鉄板が少し盛り上がりコックとスキマが生じる、これだ。(写真3)
盛り上がりの所にプラスチックハンマをあてがい、その上からもう一つのハンマですこしずつ叩くこと数回。鉄板は平らになりスキマは解消。ガソリンが漏れることはなくなった。改めてガソリンを量りながらタンクに入れると、タンク全容量は2.4リットル、リザーブ0.6リットルだった。試乗を重ね燃費を計ってみると45km/Lとでた。1回満タンにすると100kmくらい走れる。これなら納得。
何とガソリンは床に落ちるほど漏れていなくて、少しずつ染み出し蒸発していたのだ。ああ勿体なや。(藤)
P1150710(1).JPG
写真1
P1150709(1).JPG
写真2
P1150711(1).JPG
写真3






Last updated  2016.07.07 06:02:58
コメント(2) | コメントを書く


このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


© Rakuten Group, Inc.