3035236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

ガレージ

2021.01.23
XML
カテゴリ:ガレージ

オーディオセット最後のCDプレーヤーの選定に掛かる。オーディオ専用はCDデッキであるが、スピーカーとアンプは廉価版を揃えたので、そんな高価な物は必要無い。従ってCDプレーヤーで十分である。それでも新品を買うと高価になるので、当然ながら中古を探す。ヤフオクを物色しているとSONY DVPーNS515 CD/DVDプレーヤーが200円で出品されていた。説明を読むと電源とCD/DVDの音出しのみ確認したが、それ以外は未確認のためジャンク品扱いとの事。リモコンは欠品のようだが必要無い。音が出ると言う事は、出力ジャック辺りも恐らく大丈夫だろうと祈りを込めて入札したが誰も見向きもせず200円のままで落札できた。送料が1,800円だが合計でも2,000円なので、撃沈しても悔いはない。
届いたプレーヤーは思いの外軽い。中が空っぽではないかと疑いたくなるほど軽いが、電源を入れてイジェクトボタンを押してみると何の問題も無くCDが出し入れできた。ディスプレーも正常に表示されている。各所のスイッチ類も全て正常に作動する。アンプとの接続も問題無さそうなので、祈っただけあって当たりクジを引いたようだ。CDを聴くだけなので説明書など不要であるが、念のためにSONYのHPからPDFの取り扱い説明書をダウンロードしておいた。
それではいよいよ音楽を聴いてみる。最初はiPhoneからBluetooth接続でマイルスデービスを聴く。左右のスピーカーの間隔を3m40cm離しているので、当然だがステレオサウンドがハッキリ分かる。普段使用する事はない大音量にしてみても音割れする事もないが、アンプのボリュームは上げぎみとなる。レビューであったようにこのサイズのスピーカーにしては思いの外低音が良く効いている。背面バスレフの恩恵だろうか。次はCDプレーヤーに切り替えてみると、いきなり大音量でビックリした。CDプレーヤーの場合は有線なのでかなりボリュームを絞る事になるのだろう。素人なので音質の違いは分からないがどちらも良い。これは良い。凄く良い。iPhoneで聴いていたのっぺらなジャズが魂を与えられたように生き生きと聞こえる。当たり前だが、まるで違う音楽を聴いているような違いだ。合計3万円程度でこのクオリティーが手に入るとは想像以上に大満足である。これでバイクの修理も楽しくなるだろう。

200円のSONY DVPーNS515 CD/DVDプレーヤー

プレーヤー背面

アンプとセットのCDプレーヤー(アンプの小ささが際立つ)

 






Last updated  2021.01.23 07:04:10
コメント(6) | コメントを書く


2021.01.21
カテゴリ:ガレージ

スピーカーはJBLを手に入れたので、次はアンプだが、ブックシェルフ型のスピーカーを鳴らすだけなので、小型アンプで十分だ。調べて行くとノースフラットジャパンのFXーAUDIOシリーズが手頃な値段で出ていた。日本のメーカーであり、価格以上の性能を秘めていると評判も良いので、決めようとしてふと思った。どうせならiPhoneの音楽やラジオも聴けた方が便利じゃね。それなら接続が簡単なBluetooth対応のアンプが便利だろうと調べてみたら、これがなかなか見つからない。やっと見つけたのが中華製のパワーアンプAIYIMA(アイワイマ)A05だ。100W×2のハイパワーで、Bluetooth5.0搭載、当然RCA入力にも対応しているので、メインにする予定のCDプレーヤー接続にも対応する。
パワーアンプだがボリュームの他にベースと高音調整が付いているので、これはプリメインアンプだろう。同梱として電源アダプター、オーディオケーブル、Bluetoothアンテナが付いているのが有り難い。FXーAUDIOは電源アダプターが別売になっているのだ。インピーダンスは4~8Ωなので、JBLの6Ωに適合する。amazonの評価も高く、中華製にしてはBluetoothの繋がりも良いし、性能も良いとの事。これだけ揃って7,788円なら納得価格である。
後の小物はスピーカーケーブルだが、amazonで15m巻き1,399円を購入。更にアンプとスピーカー接続用にバナナプラグ8本組760円も揃えた。取り敢えず間柱が剥き出しの板壁に合板と木材で台を作ってスピーカーを設置し、3.1mに切り揃えたスピーカーケーブルの両端にバナナプラグを取り付けてアンプとスピーカーに接続する。このアンプのスイッチは2段階になっており、上に一段上げるとONで、RCA入力となり赤いランプが点く、更に一段上げるとBluetooth接続となり青いランプが点くので非常に分かり易い。iPhoneとのペアリングも問題無く出来た。残るはCDプレーヤーだけだ。

中華製AIYIMA/A05

AIYIMAの背面

バナナプラグ/ツマミを外してバナナ部のイモネジ2本でスピーカーケーブルを締め付けるタイプ)

プラのキャップを外すとバナナプラグが接続出来るスピーカー部

合板と木材で作製したスピーカー台










Last updated  2021.01.21 08:44:13
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.19
カテゴリ:ガレージ

今年は殊の外寒いし、コロナだし、2年目を迎えたドンキーベースに籠もる事にした。どうせ籠るのなら良い音楽でも聴きながら籠もりたい。と言う事で、実家に35年程預けていたYAMAHAのスピーカーとアンプを探して貰ったが、行方不明との事なので、仕方なくお手軽なセットを組もうとネットで探してみたら、何と2万円を切る価格でJBLのスピーカーが売られていた。あの名機のJBLがブックシェルフ型(本棚などに置ける小型スピーカー)とは言え18,999円だ。1台の価格かと思ったがよく調べて見ると2台セットだ。
JBLと言えば二十歳代の頃によく行った岡山の柳川交差点近くのシャインという喫茶店に知る人ぞ知るJBLの名機パラゴンが置いてあり、CBX400Fで乗り付けてブラックコーヒーを飲みながらJAZZのレコードを聞いたものだ。現在はブラックコーヒーはおろか、コーヒーが飲めない体になってしまったが、ビール、清酒、焼酎、ワイン、紹興酒、ウヰスキー、ブランデーなら何とか飲める。
私の先輩も同級生も恐ろしい値段のオーディオセットを持っていたが、スピーカーは何れもJBLだった。当時からJAZZを聴くなら高価なJBLが定番で、何時かは手に入れたいと思っていたのだ。
そのJBLが政府から頂いた給付金の残りで買えてしまうとは、日本も豊になったものである。JBLのブックシェルフ型は2種類あってSTAGE/A130とSTAGE/A120だ。性能はほぼ同じようだが、A130が一回り大きい分低音が若干良く効くようだ。値段も3千円ほどの差しかないので、A130を注文した。
JBLはアメリカの音響器機メーカーであったが、現在はサムスン電子の子会社であるハーマン・インターナショナルの中の一ブランドとなっているようだ。
amazonのレビューを読んでみると、ブックシェルフ型にしては低音が良く効いて、中型スピーカー並の能力があると高評価が多い。
届いたスピーカーは大きめのブックシェルフ型のウッドとブラックのツートンで、ズシリと重い。中国製だが、各部の仕上げは申し分無く美しく、底もウッド張りである。ウッド部分も安物スピーカーに使われているようなオガライトを固めたような物では無く、無垢の木材が使われているようだ。
スピーカーは筐体のサイズから2ウェイは仕方がないところだが、133ミリのウーファーと25ミリのツイーターを採用し、背面バスレフとなっている。
どんな音がするのだろう。これを鳴らしてみるのが楽しみだ。最初はMJQかマイルスデービスかはたまた一発勝負の和田アキ子で行くか。コロナ禍のドンキーベースライフを楽しむとしよう。

JBL STAGE A130

背面バスレフ式

憧れのJBLエンブレム


 






Last updated  2021.01.19 13:16:07
コメント(2) | コメントを書く
2020.05.01
カテゴリ:ガレージ

バイクのメンテを行う時に燃料タンクが邪魔な事が多い。特にキャブの調整を行う場合は燃料パイプを頻繁に抜き差しする事になるので、タンクのお蔭で狭い作業領域となってしまうのだ。
メンテナンス用のサブタンクが欲しいと思い考えたら、以前トイレを修理した時に不要になった給水タンクを何かに使えると思い保管しておいたのを思い出した。
早速探したら出て来た。白いポリ製でビニールホースも付いており、容量は2~3Lは入りそうだ。問題は耐ガソリン素材かどうかであるので、ガソリンを少し入れて半日ほど様子をみたが、溶けている箇所はない。全く大丈夫だった。
メンテ用のなので、ガソリンは200ccも入れば十分な事と、タンクの底が汚れていたので掃除もしたいので、1/3程残して切断し、残った部材で蓋も作った。
問題はタンクの下部から繋がるホースだ。このホースも耐ガソリンなのは良いのだが、内径が15ミリもあるのでバイクの燃料パイプには太すぎる。燃料パイプに接続できる適当な部品は無いかと探したら、壊れた燃料フィルターが出て来た。上部の一番太い部分のはめ込みを外しタンクのホースを無理矢理押し込むと5ミリ程入ったので、念のために接合部分をホットメルトでコーティングしておいた。
後は、ホイストを吊っている単管パイプから吊り下げるだけだが、バイクのキャブレター位置に応じてサブタンクが上下に移動できれば更に使いやすいと考え、代用品を探したら戸車が出て来た。余った木材でサブタンクを吊り下げる紐の「逃げ」を作り戸車滑車を単管パイプに取り付けた。これでタンクの反対側の紐を上下させればタンクの位置も細かく設定できるのだ。
紐を固定する場所がないので、鉄製角柱を留めているナットの頭からボルトが少し飛び出ていたので、ホームセンターからM16のアイナットを買って来て取り付けた。これで思う存分キャブが弄れるというものだ。

切断中のトイレの給水タンク

ホースの先に取り付けた燃料フィルターの部材

単管パイプに取り付けた戸車滑車

上下移動が可能なサブタンク

上下移動調節用のアイナット

 






Last updated  2020.05.01 05:53:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.06
カテゴリ:ガレージ

今年はとうとう還暦を迎える年になってしまった。ここまで生きてこれた事を先ず神様に感謝しよう。そして、これからの人生は神様からのご褒美の儲けものの人生なので、好きなことをして108歳で生命保険の満期を迎え二千万円の現金を手にするまで、バイクを修理し倒して、乗り倒すのだ。
3月に3人の子供達が相談して、仕事を休んで帰って来て還暦祝いをしてくれた。超高級清酒をたんまりと還暦トレーナーや還暦酒器セットなどなどを頂戴して満足だったが、その上に15万円の祝い金まで貰った。これだけあればネジを買うのも大判振る舞いが出来る「シメシメ」とタンスの引き出しに入れておいた。
先週妻とクルマに乗っていたら、突然、祝い金の話しを持ち出して来た。
妻 この前子供らから貰った祝い金はどうするん。
私 あんだけあったらステンレスのネジが一杯買えるから安心じゃ。
妻 ネジ買うん!(怒)
私 今、緊急に欲しいものはネジじゃ。
妻 折角子供らが少ない給料の中からお祝い金を出し合ったのに、アンタはそのお金でネジ買うん!フーン。そうなんだぁ。
私 欲しい部品は沢山あるが、今、緊急に欲しい物はやっぱりネジかなぁ。
妻 世の中の人はそうゆうお金では腕時計とか、身に付ける物で、残る物を買うのが普通だけどなぁ。
私 ネジも残るで。
妻 そういう物は残る物とは言わん。バイク売ったら残らんし。
私 売らんし。
妻 なんか違う欲しい物はない?腕時計とか。ブランドの腕時計とか。丈夫な腕時計とか。
私 アクセサリーとか服とかカバンとかは全く興味が無いし、腕時計に至っては、ブランド物よりも今はめているシチズンの電波時計が正確で壊れないので最高と思っとるけど………。それでも敢えて言えば、前々から欲しかったボール盤だな。
妻 ドリルがあるが。
私 ドリルでは厚物だと真っ直ぐに穴が開かんのじゃ。
妻 何で?
私 それはじゃなぁ……。(電気ドリルとボール盤の違いと、金額と重量によるボール盤の違いを知識の全てを披瀝して延々と喋ったが、ボール盤の便利さは女子供には半分も分かるまい。)
と、言う事で、ネジよりマシだという結論に達し、祝い金でボール盤を買うことになった。腕時計は小さいので何処かに忘れたり、無くしたりするかも知れないし、第一時間を教えてくれるだけで、仕事をしない。その点ボール盤は盗難以外絶対無くならないし、何十年と使い続ける事が出来、その大きさと重量に満足感があり見ていても機能美に溢れている、その上仕事までしてくれるのだ。子供達もきっと喜んでくれるに違いないと思うのは私だけであろうか。まぁ良い。
帰宅して早速amazonのレビューを読みながら購入商品を絞って行く。最初は精密な金属加工をする訳ではないので中華製の小型卓上ボール盤で良いと思っていたのだが、調べて行く内にボール盤の種類は大体3クラスに分けられている事が分かった。
クラス1/卓上ボール盤と呼ばれるもので、鉄工で8ミリ程度の穴開けが出来る。小さくて軽いが、精度と作りはいまいち。値段は1万円台。
クラス2/これも卓上ボール盤だが、重量が20~30kgもあり、かなりシッカリしている。精度と作りはまあまあ。値段は5万円前後。
クラス3/据え置きタイプのボール盤で、重量も100kgを超えるプロ用。精度も作りも文句なし。値段は数十万円。
今までの私なら迷わずクラス1の中から選んでいたが、今回は違うのだ。祝い金があるのだ。しかも妻からの「安物は買ったらいけんよ!」との援護射撃もあったのでクラス2の中から選ぶ事にしたのだが、このクラスは品数が一番少ない。訳の分からない中華メーカーは除外して、信頼の有名日本メーカーに絞ったのだが、どうやらこのクラスではマキタもリョービも中身は中華製らしい。
この2メーカーを比べてみると、優位機種はマキタと思いきやリョービの評価が高かった。
リョービの優位性はフトコロ寸法が125ミリと大きい。キリの送り寸法が60ミリもある。それに何よりも凄く静かな事。全ての事項がマキタを上回っているので、リョービ卓上ボール盤TB-2131鉄工13ミリ木工24ミリ/38,109円に決定した。この金額ならネジを買う金はまだまだ温存できるというものだ。
届いたボール盤は付属のバイスを含めて34kgと重いので、ネコ車に乗せてドンキーベースに運び込む。説明書では組み立て方から書いてあったが、切り込みハンドルと昇降ハンドル以外は組み立て済みだった。
防錆用コーティング剤がベットリと付いていたので、ウエスで拭き取ってハンドルとバイスを取り付け、スイッチを入れてみる。なるほどレビュー通り音は確かに静かだ。夜でも問題無く使用出来る作動音だ。切り込みハンドルを下げてみると、スムーズに動くが、プロ用のようなねっとりとした滑らかさではない。コラムに付いているストッパーを緩めて昇降ハンドルでテーブルを動かせてみると、カクカクカクと動く。滑らかさが全然無いが、下位機種のTB-1131は昇降ハンドルも無いので、あるだけでも良しとするしかない。テーブルや各部の処理も雑な所はあるが、私の使い方では問題無い範囲である。重量があるので、ボルトで固定する必要もなく、大きさも丁度良いので、値段相応だろう。後は使ってみてどうかだ。楽しみである。

ネコ車に乗せた卓上ボール盤

部品の取り付けを終えて作業台の上に乗せた
リョービ卓上ボール盤TB-2131

付属のバイス

速度調整ベルト

キリの深さ調整とスケール







Last updated  2020.04.06 06:39:24
コメント(2) | コメントを書く
2020.02.20
カテゴリ:ガレージ

年末からの引っ越しや新年からの仕事や片付けで腰を酷使したので腰痛がぶり返した。ゆったりした椅子に長く座っていると立ち上がりにも苦労するほどである。
こんな事ではTY175の組み立てに支障を来すと思い、バイク用リフトを調べてみた。日本製だと数十万するが、中華製なら5万円程で売っているので、どうしようかと「ぽつんと一軒家」を見ながら考えた。リフトがあれば油圧で好みの高さにバイクを設置できるので、作業をするのに腰に負担が掛からず非常によろしい。バイクの修理はどうしてもしゃがむか、這い蹲っての体勢が多いので、どうも泥臭くスマートではない。レッドバロンなんかではリフトで持ち上げたバイクをキャスター付きの工具箱の脇に立ったままで恰好良く作業をしている。あれあれ。あれでんがな。
中華製のあの赤いリフトはドンキーベースにもきっと似合うだろうと思い、ポチッと仕掛けた時、説明書に重量物なので、荷下ろしにフォークリフトかユニックが必要、配送センターまで受け取りに来ればトラックには乗せるが後は知らん。と書いてあるのを見つけた。
ドンキーベースにはユニックもフォークリフトも入らない。妻と二人で天秤棒で担ぐか。私は腰痛、妻は右足の半月板の損傷でリハビリ中。二人掛かっても小学生にも負けそうな満身創痍の体ではどうにかなる筈も無い。
それなら作る。ブタの貯金箱の5万円は温存しておいて、バイクリフトに変わるメンテナンス台を作るのだ。台なのでリフトのように高さ調節は出来ないが、立って作業が出来る高さであれば問題ないだろう。幸い大工が余った材料を置いて行ってくれたので、材料費はタダだ。
図面引きは出来ないので、何時ものように頭の中で考え接合部分と高さだけ便箋に手書きの部分図面を作り数値を入れて行く。所有バイクは一番重い物で200kg位あるので、何よりも頑丈第一として卓上丸ノコで部材を切り出して行く。10年程前に買った日立の卓上丸ノコは非常に重宝している。それまでは手鋸か電動丸ノコを使っていたのだが、真っ直ぐに切断する事が難しかったのだが、卓上丸ノコは部材をミリ単位で直角に真っ直ぐ切断できるし、鉄工用の刃に替えれば単管パイプなど、いとも簡単に切断出来てしまうのだ。スライド式を買えば切断長がもっと延びるので少し後悔している。
メンテナンス台のサイズは車体のサイズから長さ2mは必要だろうと判断し、幅はコンパネを切断せずに済む91cmとした。足は間柱3本で柱材の太さにし、6本とした。可動式にしたいので、足の下にキャスターを取り付ける必要がある。重量の余裕を見て、単体で耐荷重160kgの重荷重対応タイプとし、四隅のキャスターはストッパー付きとした。重くなるが部材は全て間柱を使用して、コンパネを支える桟も間隔を狭めて配置した。大工に貰ったコンパネは厚さ12ミリだったので、当初2枚重ねにする予定であったが、取り付けてみるとバイクを乗せても十分な強度がありそうだったので、1枚にした。
完成したメンテナンス台の上に組み立て中のTYを乗せてみる事にした。車体にタイダウンを掛けて中華ホイストで吊り上げておき、メンテナンス台をバイクの真下に設置してゆっくりと降ろして行く。リアホイールを付けていないが、2mにして正解だったようである。高さは車体の作業位置によって変わるが、概ね70cmで立っての作業が出来そうである。これで腰痛ともおさらば。快適なバイク生活が送れるというものだ。

製作中のメンテナンス台

足の木組み

耐荷重160kgのストッパー付きキャスター

完成したメンテナンス台

通常組み立て状態のTY175

ホイストで吊り上げた車体

メンテナンス台に設置した車体







Last updated  2020.02.20 06:47:23
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.18
カテゴリ:ガレージ

ドンキーベースにはRANケーブルの引き回しを行わなかったので、ネット環境はWi-Fiに頼るしかない。幸いな事に上階に長男と次男がそれぞれ使用していて要らなくなった2台を含め3台のWi-Fiルーターを仕込んだので、Wi-Fi環境はバッチリである。
作業中にネットで調べたい事が出て来た場合に備え、ノートPCを持ち込もうと考えていたが、持って入ったり持って出たりが面倒くさく思えてきたので、買い換えでいらなくなった32型テレビをモニターとして利用する事にした。
ドンキーベースにはRAN配線に加え、TV配線も無いので、テレビは当然映らないが、iPhoneとテレビをHDMIケーブルで繋げばネット環境が整うのだ。
早速amazonで中華製のケーブルを購入した。このケーブルはamazonプライムなどの有料放送は見れないが、ネットやYouTubeなどは問題無く見ることができる。ケーブルには端子が3つ付いており、HDMIはテレビへ、ライトニングはiPhoneへ、そしてUSBは電源供給への接続となる。繋げてみるとiPhoneの画面が32型のテレビ画面一杯に広がり文字も大きくて見やすい。古いテレビなので解像度が低くザラつきがあるが、映画の鑑賞をする訳ではないのでこれで十分である。ドンキーベースに初めてのハイテク器機の投入である。

HDMI/ライトニングケーブルのパッケージ

英語の使用説明書(裏は中国語)

3本のケーブルの配線

ミラーリングできたテレビの画面







Last updated  2020.02.18 07:22:31
コメント(2) | コメントを書く
2020.02.16
カテゴリ:ガレージ

パーツが増えてくると同じような種類の中から探すのが大変だし、一箇所に纏めていないとあっちで探し、こっちで探し、探す事で時間が奪われるので、保管場所を取らず一目で分かる立体収納を行おうと色々考えてみた。
ワイヤ類は板に卓上丸ノコでスリットを入れ、ワイヤが抜け落ちないように角度を付けて取り付け、スリットにワイヤを引っ掛けて吊しておく、太いワイヤはグラインダーでスリットを拡げて対処した。
フェンダー類は壁に幅広の板を打ち付け、挟み込むようにして収納。使用頻度が殆ど無いので、邪魔にならない高い位置に、しかもすぐに手に取れるように固定はしていない。場所が少し余ったので、カブとTY125のマフラー、TW200のシートも収納した。
ホイールはアクスルシャフトの穴に手持ちの長ボルトを通してナットを取り付け、梁から垂らした2本のビニール紐の輪にボルトを引っ掛けているだけでこれも固定していない。
後は小物が中心なので、車種ごとに箱に入れての収納になるだろう。TY175の組み立てが止まったままなので、早く取り掛かりたいのだが、整備環境とパーツの分類をやらないとどうも落ち着かない今日この頃である。

ワイヤの収納

フェンダーの収納

ホイールの収納







Last updated  2020.02.16 07:05:09
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.11
カテゴリ:ガレージ

20年程前にホームセンターでエアーコンプレッサーを買って30mのホースリールを接続して使っていたが、取り回しにホースが絡まる事多々で、予てから吊り下げ式が欲しいと思っていたのだが天井があったのでホイスト同様吊り下げ不可だった。
悔しい思いをしていたが今度のドンキーベースは何でも吊り下げ出来るので、念願の吊り下げ式を購入する事にした。そこで少し調べてみた。20年前当時はコンプレッサーの知識も無く、適当なタンクサイズの物を買ったのであるが、ホースの内径が7ミリと細い。取り回しは細い方が楽なのだが、如何せん内径が細いとパワーが無いのである。折角買ったコンプレッサーだったがエアーツールが使えないのである。エアーツールを使用するには内径8ミリ以上が必要と言う事をここに来て初めて知ったお粗末さである。ならばと、内径の太い物を探したら、ストレートから9.5ミリという特太サイズのホースリールがあった。しかも低温でもホースが硬くならないハイブリッドタイプだ。コンプレッサーからホースリールまでの配管用ホースもストレートの9.5ミリを買う予定だったのだが、チェックしたまま数日そのままにしていたら何れも欠品となってしまった。残念無念。仕方が無いので、中華製の9.5ミリの吊り下げリールとストレートの配管用10ミリ10mホースで妥協した。
中華製リールはかなり大きいが、ハイブリッドタイプでホース長が15mなので仕方ないだろう。1つ良い所は吊り下げハンドルがピンを抜く事で分離できる点である。梁への取り付けが非常に楽であった。これで、ホイスト、電気コードリール、エアーホースリールと梁から吊り下げる物は全て揃った。

中華製エアーホースリール/内径9.5ミリ

ストレートエアーホース/内径10ミリ

梁に吊ったホースリール

コンプレッサーに接続した10ミリと既存の7ミリホース







Last updated  2020.02.11 17:50:54
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.08
カテゴリ:ガレージ

ボードへの工具を収納するための小道具が揃ったので、そろそろ工具の設置に掛かる。amazonで購入したフックはサイズ間違いをしたが、福さんの「ハンマーでどつく」をヒントにして足が2本のフックはディスクブレーキセパレーターで拡げて何とか取り付け出来る事が分かった。連フックは不本意ながら片方の足のボード位置に穴を開け取り付けた。後は6ミリ径の木ダボや100均フックなどを利用して工具を引っ掛けて行く。
ソケットレンチのソケットは100均の台所用10連フック2つをフックの間隔が同じになるよう少しずらせてタイラップで固定した上で、ボードにビス付けした。
ドライバー用フックが足りなくなったので、100均の薬味チューブケース(3ヶ入り)の底に穴を開けて作成した。それを引っ掛けるバーはエプソンプリンタの丸棒部品だ。
3/8ディープソケットや1/2ソケット、エクステンションバーなどはソケットフォルダーにはめ込み設置するために、大工さんに貰った間柱で多孔ボードの下に棚を作ってビス付けにして取り付けた。
もう少し取り付ける工具やインパクトドライバービット、ドリルの刃などの取り付け方法を思案中だが、大体工具箱の中身を収納できた。余は満足じゃ。

ディスクブレーキセパレーターで足の間隔を拡張中のフック

台所用フックを2本重ねて作ったソケット収納

amazonで購入したフックセットに入っていたドライバー掛け

100均で見つけた薬味チューブケース

薬味チューブケースの底に穴を開けたドライバー収納

ボードの下に棚を設けて設置したソケット類

多孔ボード収納左側

多孔ボード収納右側







Last updated  2020.02.08 11:18:25
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.