337785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

春は花 夏杜鵑 秋はもみぢ葉

春は花 夏杜鵑 秋はもみぢ葉

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

はにお。

はにお。

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Freepage List

2012.11.14
XML
カテゴリ:社会・時事
遂に来た。


まさかの党首討論での解散日の表明。ぶっちゃけすげーびっくりしたw


多分安倍総裁もびっくりしたんだろう。その後の質問がしどろもどろというか、「そんなこと聞いてる場合じゃないだろw」というような感じで、完全にテンパってたように見えた。


対する野田総理も、言い方に足を引っ張りまくる民主党内の抵抗勢力(死語?)に向けた怒気が見え隠れしていたような気がする。党内での足の引っ張り合い、「決められない政治」から「決めさせない政治」へと、とにかくみっともない無様な醜態を晒し続ける民主党そのものに、うんざり・辟易していたんだろうな…、とその表情を見ていて思った。解散させないために野田下ろしの声が公然と上がる始末だったし、そんな民主党に彼も党首という立場ながら、いささか絶望していたのではないだろうか。そう思った時に、ちょっとこの人に同情してしまった。


国民の方ではなく、とにかく党内の都合、自分達の都合しか考えずに、内ばかり見ていた民主党。おそらく首相は本当はもっと早く解散したかったんだけど、周りがそれを許さず、ここまでずるずると来てしまったのではないか。挙げ句に野田下ろしとか言われてしまって、遂に堪忍袋の緒が切れたのではないか、そんなことを考えてしまった。


まあ、嘘つきという汚名を晴らすことは出来なかったかもしれないけど、最後ギリギリの一線で、自分の良心に従ったんだろうな、というところは理解できるし、それがこの首相の救いにもなるんじゃないかと思う。少なくとも前2代の首相が憲政史上に残る最低最悪首相だったわけで、あの2人に比べたら頑張ってくれたと思うよ…。今回の解散表明も、結果としては賭けに勝ったような感じだし。(´・ω・)少なくとも主導権を握った形での解散、というポーズは取れるよねw


ともあれ、ようやく選挙だ。12/16らしい。(´・ω・)都知事選と同日らしい。知らなかった…いつ決まってたんだw …まあともかく、結局不在者投票に行かねばならない。会社もさぁ、バカみたいに全員強制参加の社員旅行なんてやらなくてもいいじゃねぇか…ってつくづく思う。(っていうか、毎回思ってるw)体調崩すくらいに飲んで飲んで飲みまくって、無駄に100万単位で金使って、デロデロになって帰ってくる、なんてことしてる場合じゃないだろ(-_-;


ごめん、つい愚痴ったw


(´・ω・`)


今回ばかりは、流行に惑わされたり、怒りや恨み(積もり積もっているのは理解できるし、私もそうだけど)先行での投票行動は、くれぐれも自重したい。マニフェストや政権公約というものが、全く信用出来ないものであるということが分かってしまった今であっても、有権者としては候補者が語るその言葉、示されたその政策に縋るしかない。十分に吟味して、自分のイメージする国の将来、そして少なくとも4年間はこの人に託せる、そう思えた人に投票したい。しがらみとか会社からの指示とか、あるいは某団体からの勧誘とか、そういったことに惑わされることなく、自分で調べて自分で聞いて、自分で考えて、自分の意思で投票しよう。その一票が、この国を立て直すきっかけになると信じて。




そう、多分キーワードは「信じられる」かどうか。








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2012.11.15 00:35:57
[社会・時事] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.