411457 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

でっかい独り言、内緒話に戯言三昧

PR

カレンダー

お気に入りブログ

平和な土曜日、ひき… かやねずみの家さん

りれこのワンダーラ… りれこさん
てぬきねこのワール… てぬきねこさん
あかねさす紫野ゆき… 紫野ゆきさん
余生 唐破風さん

コメント新着

takuneko@ Re[1]:日帰りだけど、楽しかった!!!(09/15) しふぉん@ばぁばさんへ いやもう、これ…
しふぉん@ばぁば@ Re:日帰りだけど、楽しかった!!!(09/15) ははは、これは禁じ手ですね、 こんなの見…
takuneko@ Re:可愛いです!(09/08) しふぉん@ばぁばさんへ 姪は今育休中で…
しふぉん@ばぁば@ 可愛いです! 小さいサイズにぴったりの優しい柄ですね…
takuneko@ Re[1]:奇跡!ミラクル!(12/24) しふぉん@ばぁばさんへ 年を越してしまい…

プロフィール


takuneko

フリーページ

2019年07月13日
XML
カテゴリ:家のこと
ふと気がつけば、もう7月も半ば。
毎日働くことに追われているせいか、はたまた年のせいか
一日どころか、一週間、一ヶ月があっという間。
これはいかん、とお嬢と私のシフトをだすタイミングで、
「連休、2日休みをあわせよう」と提案。
一日は本棚と死蔵品がもりもりのクローゼットの整理を、
もう一日は私の叔父のお墓参りに行こう、ときめた。

叔母に連絡を取ってみたら、
事故の後、安定していたのかと思ったら、さにあらずで、
へ?なにそれ?え?どういうこと?の連続。
とにかく、叔母の体調が一番なので、あえなくてもお墓参りだけは行こうと
お嬢と決めて、連休に突入。

一日目は本の処分。
本好き母娘にとって、本を捨てるというのは、心のハードルがやたらと高いのだけど、
実際に、一冊一冊本棚から出してみると、劣化がひどく
「これはもう、読めない」というもの多い。
そこで思い切って、電子書籍で買いなおしたもの、買いなおせるものは
すべて処分することにした。
それでも、絵本や児童書を中心に、大きい本棚の半分は残った。
いずれ、本棚を小さいものに買い換えねば。
絵本や児童書は、私が小さい頃からあるものも多く、
もともと紙の質が良かったのだなと思う。
さて、月2回の資源ごみの日に、せっせと出さねば。

その後はクローゼットの中の、お嬢の「学園時代のもの」を出してみる。
美術の多い学校なので、その作品、プリント、ノート。
教科書はすでに整理していたらしく、
次々と処分へ分類。
問題は、お嬢は「ものの整理」ができない人なので、
残しておきたいものと、捨てていいものが、最初からはっきりしているのに、
混在して保管する(これ、私理解不能)
なので、大量にある紙もの、すべて目を通さないと残しておきたいものが入っているのだ。
ひぃぃぃぃぃぃと叫びながら、なんとか仕分けして終了。
「学園時代のもの」はキャスターつきの衣装ケース、2つに収まった。

資源ごみの日にださなくてはならないものは、あえて廊下に並べておいた。
下手に見えないところにおいてしまうと、
資源ごみの日に「ださなくてはならない!」ではなく
「あ~、次でいいか」となり、延々と出ないことになるからだ。
それでも廊下にでているのは、ほんの一部で、見えないところにつまれているものもあるけど
順次廊下にだしていく予定。

二人でやれば、判断も早いので、4時間ほどで終了。
めったに一緒に食事もしなくなったけれど、
買い物にいって、夕食。
そして、コンサートDVDで、くつろいで、一日目終了。






最終更新日  2019年07月16日 12時37分28秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.