000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

366日 第11話… New! レベル999さん

退院後初めて海鮮丼… New! いしけい5915さん

藤田平「前川は佐藤… New! 虎党団塊ジュニアさん

楽天が交流戦優勝お… New! らぶりーたわ子さん

今日も真夏日。野菜… neko天使さん

コメント新着

2011年04月04日
XML

『てっぱん』最終回の視聴率は、22.0%(関東地区)でした。

全部の平均視聴率は、関東地区17.2%で、関西地区16.2%でした。

この平均視聴率は、最近5年間の朝ドラ10作の中では、『きらり』『どんど晴れ』の19.4%、『ゲゲゲの女房』の18.6%に継ぐ、4番めの高視聴率だったそうです。

関東地区の最高視聴率は、『ゲゲゲ~』と同じ23.6%でした(3/23(水))。

関西地区での最高視聴率は、19.8%(3/31(木))で、20%を超えることができませんでした。

関西を舞台にしたのに、関西の方がいつも視聴率が低くて、変わった朝ドラでした。

その他、歴代の朝ドラ視聴率一覧は、こちら(ビデオリサーチHP)です。

 

今日から、新しい朝ドラ『おひさま』が始まりました♪

まさか、現代から始まり、ヒロインではない人で始まるとは思わなくて、びっくりしました。

確かに、いきなり戦前から始まるより、気持ちが入りやすいかも?

東京の主婦・房子(斉藤由貴)は、生活に疲れていて、ふと、車のラジオで、安曇野の蕎麦畑に一面花が咲いて綺麗で「人生っていいなあ」と思えると聞いて、見たくなりました。

そして、ふらりと一人で、車で安曇野へ出かけました。車

よく思いつきで出かけられますね(^^;)

東京から、そんなに近いのでしょうか?

 

たまたま、安曇野で蕎麦屋を見つけ、そこでおいしい蕎麦を食べました。ラーメン

房子は、蕎麦屋を営む陽子(若尾文子)に、興味を持ち、彼女の過去を聞きました。

陽子は、自分史を語り始めました。

「でも長いわよ」と言いましたが、確かに、半年かかるのでしょうね(笑)


ここから陽子の回想です。

昭和7年、10歳の陽子(八木優希)は、父・良一(寺脇康文)、母・紘子(原田知世)、兄の春樹(中川大志)、茂樹(渡邉甚平)と、東京から長野県安曇野へ引越してきました。

母・紘子は心臓が悪く、東京では殆ど入院していました。

父・良一は、東京で、飛行機の技術者をしていましたが、母のために仕事を辞めました。

病気の母との最後の時を過ごすために、一家はやってきたのでした。

でも、陽子はまだ小さいので、そんな事情は知りません。

ただお母さんと一緒にいられることが嬉しいのでした♪

一家は、蕎麦畑に行きました。

一面に花が咲いて綺麗です♪花花花

そこで、紘子は陽子に言いました。

紘子「これからの女性はね、陽子、何でもできるようになる。どんなことでもね。

 でも、そのためには、強くならなきゃダメ。

 女のくせにと言われたら、喧嘩してもいい。

 お母さん、許す。

 だからね、自分で、女だから仕方ないって思ったらダメ。

 そうしたら、輝くことができないの」

陽子「輝く?」

紘子「おひさまを見てごらん。晴れ

 おひさまはね、誰の力も借りないで、自分の力だけで、輝いてるでしょ。

 そして、皆を世界を明るく照らすことができるのよ。

 だからね、陽子、どんなに辛いことがあっても笑うの。

 笑うの、忘れないで」

陽子「はい」

紘子「女の子はね、太陽なのよ。晴れ

 陽子の“陽”の字は、太陽の“陽”なのよ」

陽子「うん」

 


兄の春樹は事情を知っていたので、夜、布団の中で泣いていました。

お母さんも、自分の死を知っているそうです。

辛いですね。。。

お父さん、仕事まで辞めて、療養させるなんて、優しいですね♪

ガラスのような一家団欒でした。

 

「辛いことがある時は笑うんだ。スマイル大笑い

私が太陽になって、皆を明るく照らすんだ」晴れ

幼いながらに、陽子はそう決意したようです。どきどきハート

 

ほのぼのと始まって、切ないながらも、清々しかったです♪グッド

若尾さん、休みの日なのに、着物姿で、花に水をやっていて、優雅でした♪

休みなのに、ちゃんとお蕎麦、作ってくれて優しかったです♪

今回は、ヒロインの陽子、若尾さんと八木優希ちゃんで、井上真央ちゃんは顔見せ程度にチラッと映っただけでした。

でも、若尾さん、素敵だし、優希ちゃん、可愛くて、良かったです♪(^^)

次回も楽しみです♪ダブルハート

 

 

<主要登場人物>

須藤陽子(井上真央、現代:若尾文子、幼少時代:八木優希)

須藤良一(寺脇康文)陽子の父

須藤紘子(原田知世)陽子の母

須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)陽子の長兄

須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)陽子の次兄

 

原口房子(斉藤由貴)現代の人

語り:若尾文子

 

<脚本>岡田惠和 (『ちゅらさん』や映画『いま、会いにゆきます』など)

 

『おひさま』公式HP

 


【送料無料選択可!】連続テレビ小説 おひさま (NHKドラマ・ガイド) (単行本・ムック) / 岡田惠和/作 NHKドラマ制作班


【送料無料選択可!】NHK連続テレビ小説 おひさま 上 (単行本・ムック) / 岡田 惠和 作 蒔田 陽平

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪(^^)ダブルハート






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011年04月04日 19時20分35秒
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『おひさま』第1話&『てっぱん』最終回視聴率&主要人物表(04/04)   nanarin4745 さん
慌ただしい始まり方でしたね。
私もびっくり@@
斉藤由貴さん、家でも騒がしく、車はぶつけるし、おっちょこちょいですね。
で、由貴さんの家族は最初だけ?? (2011年04月04日 18時52分43秒)

Re:『おひさま』第1話&『てっぱん』最終回視聴率&主要人物表(04/04)   BROOK さん
陽子の元気さが溢れてくるような感じでしたね♪
落ち込みがちな昨今を元気に盛り上げてくれるような気がします。

私も東京から安曇野ってそんなに簡単に行けるものなのか、ちょっと疑問を持ちました・・・(汗) (2011年04月04日 19時44分31秒)

回想から始まりましたね   1960年代・鬼太郎ファン さん
「・・・まさか、現代から始まり、ヒロインではない人で始まるとは思わなくて、びっくりしました。・・・」

私も最初は驚きました。いきなりちょつと騒々しい場面が出てきて、これもまた ちょつと見続けられないかなぁ~ と見ていたら、回想で始まり、1983年放送の「おしん」も時々現代に戻って、

「当時の生活は 大変だったのよ・・・」

と主人公(おしん がおばあさん役をしていた おとわ信子さんが 孫に回想話をする様子)に似ていると感じました。

もっとも当時の私は職業柄ほとんど番組を見られなかったです。

「てっぱん」の時は、初回から母が、

「こりゃ だめだ」

と言ったので、翌日から別のニュースに自動切替していました。今回は、

「あの場所は 安曇野 だね・・・」

と反応し、たぶん見続けるようです。安曇野には私の従兄弟のお兄さんが住んでます。番組は1932年 主人公の少女は10歳ぐらいとすれば、近所の叔母さんとほぼ同級生です。 (2011年04月04日 21時05分59秒)

私はわかる   ゆきゆき さん
おひさま、よかったです
何が?そう聞かれるとたった15分だからうまく説明できないけど温かい気持ちになれた・・それだけ
きっと自分と同じ気持ちになる瞬間がところどころあって
涙も出ました。
東京から安曇野・・みんな信じられないかもしれないけど
わたしも東京から思い立って東北の上のほうまで行ったことありました。
自分を見失って、自分がかわいそうって悲劇のヒロインに
なって、急に遠くへ行ったら主人が心配してくれるかなー?
なんて新婚当時でしたが・・(^^ゞ
ドラマの中のゆきさんは、別の意味で勢いつけて行った気がします。
子供が親の死を想い泣くシーンも辛かった
でも何でだろう、悲しい思い出がでてくるのに、涙はあたたかい感じがして、こういうドラマ好きだなーって単純に思ったのです。
人が人を信じて、笑顔を向けるドラマはやっぱりいいドラマだと思います (2011年04月04日 22時00分07秒)

Re[1]:『おひさま』第1話&『てっぱん』最終回視聴率&主要人物表(04/04)   ショコラ425 さん
nanarin4745さん
>慌ただしい始まり方でしたね。
>私もびっくり@@

やっぱり(笑)

>斉藤由貴さん、家でも騒がしく、車はぶつけるし、おっちょこちょいですね。
>で、由貴さんの家族は最初だけ??
-----
どうなんでしょうね?
雰囲気、斉藤由貴さんは時々、回想の続きに戻ってきそうですが、家族は・・・(^^;)
最終回だけかもしれませんね(汗)
(2011年04月05日 00時47分50秒)

Re[1]:『おひさま』第1話&『てっぱん』最終回視聴率&主要人物表(04/04)   ショコラ425 さん
BROOKさん
>陽子の元気さが溢れてくるような感じでしたね♪
>落ち込みがちな昨今を元気に盛り上げてくれるような気がします。

そうですね♪
明るく勇気づけてくれるようなドラマでしたね(^^)

>私も東京から安曇野ってそんなに簡単に行けるものなのか、ちょっと疑問を持ちました・・・(汗)

やっぱり(笑)
実際、どの位で行けるのか知りたいです(^^)
1~2時間ならいいですが、3~4時間だと、とてもふらっといけないですね(^^;)
(2011年04月05日 00時52分23秒)

Re:回想から始まりましたね(04/04)   ショコラ425 さん
1960年代・鬼太郎ファンさん、お久しぶりです♪(^^)

>私も最初は驚きました。いきなりちょつと騒々しい場面が出てきて、これもまた ちょつと見続けられないかなぁ~ と見ていたら、回想で始まり、1983年放送の「おしん」も時々現代に戻って、
>「当時の生活は 大変だったのよ・・・」
>と主人公(おしん がおばあさん役をしていた おとわ信子さんが 孫に回想話をする様子)に似ていると感じました。

やはり「おしん」、そういう回想形式だったですよね。
私も「おしん」に似ていると思ったんですが、子供の頃、見たので、よく覚えていなくて・・・(^^;)
これも、今後、そういう形になりそうですね(^^)

>今回は、
>「あの場所は 安曇野 だね・・・」
>と反応し、たぶん見続けるようです。安曇野には私の従兄弟のお兄さんが住んでます。番組は1932年 主人公の少女は10歳ぐらいとすれば、近所の叔母さんとほぼ同級生です。
-----
そうですか。
見られそうで、良かったですね。
昭和7年に10歳ということは、大正11年生まれでしょうか?
そうすると、今年89歳位ですね(^^)

<2011年(平成23年)年齢早見表>
http://www.emyline.net/nenrei.htm
(2011年04月05日 01時03分19秒)

Re:私はわかる(04/04)   ショコラ425 さん
ゆきゆきさん、こんばんは♪(^^)

>おひさま、よかったです
>何が?そう聞かれるとたった15分だからうまく説明できないけど温かい気持ちになれた・・それだけ

私もほのぼのとしていて、良かったと思います♪
「トトロ」のようでもあり、温かい感性が好きです♪(^^)

>きっと自分と同じ気持ちになる瞬間がところどころあって
>涙も出ました。

それはかなりシンクロしたんですね♪(^^)

>東京から安曇野・・みんな信じられないかもしれないけど
>わたしも東京から思い立って東北の上のほうまで行ったことありました。
>自分を見失って、自分がかわいそうって悲劇のヒロインに
>なって、急に遠くへ行ったら主人が心配してくれるかなー?
>なんて新婚当時でしたが・・(^^ゞ

なるほど☆
そういうこともあるんですね(^^)

>子供が親の死を想い泣くシーンも辛かった
>でも何でだろう、悲しい思い出がでてくるのに、涙はあたたかい感じがして、こういうドラマ好きだなーって単純に思ったのです。
>人が人を信じて、笑顔を向けるドラマはやっぱりいいドラマだと思います
-----
このドラマ、切ないけれど、温かい感じがしていいですね。
どこか「ちゅらさん」にも通じたところがある感じもしました♪
ずっとこういう感じでいって欲しいと思います♪(^^)
(2011年04月05日 01時10分13秒)

今日からちゃんと見ます   三連星 さん
第1回は家のものにあれこれ話しかけられて、ロクに見られませんでした。
斎藤由貴さん、遠方より来るの件ですが、ヒロインは安曇野ではそれなりに有名な女性なので斎藤さんは地元在住とはいかず、東京からやって来た→カルチャー・ショックを受けるという設定にしたのでしょう。ヒロインの回想形式になることは、キャスト発表時に話がありました。

それから、オープニング画面があっという間に終わったのが驚きでした。月曜日にはスタッフ紹介・3枚分加わるというのにです。脇役陣を見逃してしまいそうです。角替和枝さんなら、見ればすぐにわかりますが・・・。いずれ出演する柄本時生さんのお母さんですね!
ということで、今日からはきちんと見て、ショコラさんの楽しいレビューも参考にさせていただきます。

それにしても、てっぱんの高視聴率は??で、全く説明がつきません。よかったのは、葉加瀬さんの音楽しかないと思っていますので・・・。瀧本さん&井上D&海辺Pにはこれで天狗にならないことを願うばかりです。 (2011年04月05日 06時17分44秒)

Re:今日からちゃんと見ます(04/04)   ショコラ425 さん
三連星さん
>第1回は家のものにあれこれ話しかけられて、ロクに見られませんでした。
>斎藤由貴さん、遠方より来るの件ですが、ヒロインは安曇野ではそれなりに有名な女性なので斎藤さんは地元在住とはいかず、東京からやって来た→カルチャー・ショックを受けるという設定にしたのでしょう。ヒロインの回想形式になることは、キャスト発表時に話がありました。

そうなんですか。
私は知りませんでした(汗)

>それから、オープニング画面があっという間に終わったのが驚きでした。月曜日にはスタッフ紹介・3枚分加わるというのにです。脇役陣を見逃してしまいそうです。角替和枝さんなら、見ればすぐにわかりますが・・・。いずれ出演する柄本時生さんのお母さんですね!

角替和枝さん、私は見ても分かりません(汗)
柄本時生さんは、「Q10」や「銭ゲバ」などに出ていたので分かります(^^)
「ゲゲゲの女房」に出演した柄本佑君の弟さんですね♪

>ということで、今日からはきちんと見て、ショコラさんの楽しいレビューも参考にさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします♪(^^)

>それにしても、てっぱんの高視聴率は??で、全く説明がつきません。よかったのは、葉加瀬さんの音楽しかないと思っていますので・・・。

私も音楽は良かったです♪
ドラマは、私も良さが分かりませんでした(^^;)
(2011年04月05日 17時15分39秒)


© Rakuten Group, Inc.