9159238 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

オトナの土ドラ『そ… New! レベル999さん

感慨深い ジャイア… New! らぶりーたわ子さん

金で僧侶の資格を買う New! 三人文殊さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

昨日義父母のお墓参… New! いしけい5915さん

コメント新着

三連星@ 第25週後半 New! このところ文芸春秋では朝ドラ・インタビ…
Hiroki Nara@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(11)(2019年7~9月)(09/18) New! こんにちは 光景sight #16 Kindle版 201…
2011年11月20日
XML

「息子よ」

第45回の視聴率は、前回と同じ、15.6%でした。

裏に、日本シリーズ第7戦「ソフトバンク×中日」(18.9%)があったのですが、下がらなくて良かったです♪(^^)

  

家康が遂に亡くなってしまいました。

家康は、庭の木の根元に寄りかかり

「ありがたき一生でござった。

秀忠・・江・・・徳川を・・・日の本の国を頼んだぞ」

そう言って亡くなりました。

庭の草木に囲まれ、綺麗な映像でした(^^)

 

今回は、家康と秀忠、秀忠と竹千代、江と竹千代と、息子繋がりで、皆、息子と心を通じ合わせる事ができました。

世継ぎ問題を描きました。

家康の死の前に、ようやく秀忠は父と本音で話すことができました。

それが秀忠が世継ぎを選ぶために役立ちました。

家康が秀忠を世継ぎに選んだのは、秀忠が戦さが嫌いで、世継ぎになりたくないと思っていたからだそうです。

同じように竹千代も戦さが嫌いで、「世継ぎは国松に」と、秀忠に言いました。

竹千代「私は弱き男です。戦も好きではありません」

秀忠「我が徳川が要となり、戦のない世の中を作るとしたら、どうであろう?」

竹千代、明るい表情になり、

「良き事と存じます。それは誰よりも・・・母上が望んでおいでの事だと思います」

きっと、秀忠は竹千代を世継ぎにと思ったことでしょう。

 

竹千代が口紅を塗っていたのは、江の物で、江が恋しいからでした。

ようやく福が江に説明しました。

1年前、竹千代が、口紅を塗った自分の顔を鏡で見て、

竹千代「福、母上じゃ。母上に似ておらぬか?」と言ったとのこと。

福は江に言いました。

「御台様になかなか会えぬ寂しさからあのような事を・・・故に私も言えずにおりました」

 

うまい言い訳ですね(^^;)

このドラマでは、オカマだからではありませんでした(笑)

でも、福が言った事だから、今までの福を考えると、これも本当かどうか怪しい物です(汗)

 

江は、福の言い訳を信じて、そのまま、夜中に寝ていた竹千代を起こして抱きしめて詫びました。

江「許せ、竹千代。 母を許せよ」

こちらも寝ている所に行って起こすなんて、迷惑な話です(^^;) 

それでも、竹千代は起きて喜び、泣きました。

一応、めでたしめでたし・・・ですね(^^)

 

今回、皆、分かり合えて良かったですが、

家康の死、亡くなった後が呆気なくて、少し拍子抜けでした(^^;)

もう少し盛大に葬儀とかして欲しかったです。

 

最後の「紀行」は、静岡県静岡市の駿府城と久能山東照宮でした。

家康は晩年、駿府城で過ごし、亡くなった後、久能山東照宮に神として祀られました。

私は静岡県出身なので、懐かしかったです。

 

次回の副題は、「希望」です。

ようやく最終回ですね。

秀忠が「そなたは私の希望だ」と言っていました。

江が希望? 

爽やかに閉めて欲しいものです。

 

【第45回粗筋】 (Yahooテレビより)

竹千代(水原光太)が化粧をしたことで、徳川家に大きな波紋が広がる。理由を問われても答えられない息子に、江(上野樹里)はいら立ちを隠せない。そんな中、家康(北大路欣也)が倒れたとの報が江戸に届く。秀忠(向井理)は駿府へ見舞いに行くが、久しぶりの再会にも父子の会話はぎこちない。秀忠からの知らせが一向に届かず、業を煮やした江は駿府を訪れる。薬草摘みを手伝いながら、江は家康に徳川家に嫁いでからの心境を打ち明ける。一度は元気を取り戻した家康だが、すぐに容体は悪化。死を覚悟した家康は、秀忠に自身の思いを語りだす。父の率直な言葉を聞いた秀忠は、自らも思いの丈を吐き出す。2人は初めて分かり合い、その後、家康は息を引き取る。江戸に戻った秀忠は、もう一度だけ竹千代の話を聞くことにする。竹千代の飾らない物言いは、秀忠の心を動かす。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

第29回]17.4%  [第30回]17.6%  [第31回]13.1%  [第32回]15.4%

第33回]15.6%  [第34回]17.8%  [第35回]15.4%  [第36回]15.8%

第37回]16.4%  [第38回]15.9%  [第39回]15.7%  [第40回]15.2%

第41回]17.0%  [第42回]16.1%  [第43回]16.1%  [第44回]15.6%

[第45回]15.6%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

 

公式HP(巨星逝く!家康)

公式HP(最終回粗筋)

 


【送料無料】NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集(2011年11月25日発売)

 

トラックバック、楽天にはかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53293132

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ 

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)ダブルハート







最終更新日  2011年11月21日 16時01分46秒
コメント(10) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【江】第45回感想と視聴率「息子よ」(11/20)   BROOK さん
>オカマだからではありませんでした(笑)

母を想うがあまりに、化粧なんてするものなのでしょうか?
ちょっと引っ掛かりましたね(苦笑)
強引にこじつけた気もします。


次回はいよいよ最終回♪
主人公の死で締めそうにありません。
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111200004/ (2011年11月20日 21時46分35秒)

理由も謎?   ふるゆき さん
竹千代が母を思慕するあまり、その口紅をぬっていたとは。
それを1年前に知ったのに、いまごろ言うお福もどうかと思います。
でも、ラストで竹千代は江の気持ちがよくわかりましたよね。
本当に寝ていた子供が突然おこされて抱きしめられたら、訳もわからず驚くばかりではないでしょうか?
ともあれ、この大河もいよいよ次は最終回。
なんとかまとまる展開になるよう願うのみです。 (2011年11月20日 23時33分04秒)

Re:【江】第45回感想と視聴率「息子よ」(11/20)   くう☆☆ さん
>でも、福が言った事だから、今までの福を考えると、これも本当かどうか怪しい物です(汗)

それまで「お世継ぎお世継ぎ」と狂ったように言ってましたからね。
流す涙まで演技のようにしか見えませんでしたね。
とりあえず、もうこの先は徳川の天下で太平の世を迎えるわけで
将軍は戦なんかできなくても男色でもいいわけですし・・・
親子関係を描きたいためにお世継ぎでこんなに引っ張ったせいで、
脚本もめちゃめちゃです。
そもそも江から竹千代を引き離したのはお福なのに、と、
そればっかり考えてしまいました^^;

来週でいよいよ最後ですね。

http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-2402.html
(2011年11月21日 11時47分41秒)

無理矢理。   えみりー さん
家康の死があっさりすぎて…秀忠と和解してすぐ亡くなった方が良かったです。
「かわいいから」であっさり和解ってのもナンダカナだし、江と竹千代も安直すぎ。
春日局は江を敵対視していたのに和解を促すなんてストーリーが破綻してます。
このドラマの主人公はやっぱり「茶々」でした!
http://ameblo.jp/emilly-666/
(2011年11月21日 17時45分31秒)

本当   なぎさ美緒 さん
なんかめでたしめでたし・・・に強引におちつかせようとしてる内容でしたね。

今までの矛盾を、この際どうでもいいから、イイハナシでまとめてしまえって感じで、涙して抱きしめて・・・で。

私も前半の家康の死だけで今回はよかった気がします。 (2011年11月22日 00時11分56秒)

BROOKさんへ   ショコラ425 さん
>母を想うがあまりに、化粧なんてするものなのでしょうか?
>強引にこじつけた気もします。

ほんと、強引にこじつけた感じでしたよね(汗)

>次回はいよいよ最終回♪
>主人公の死で締めそうにありません。

江、死なないですかね?(^^;)
大河は、主人公、最後に死ぬ事が多いですが(汗)
江は、1626年、54歳で亡くなったそうです。
三姉妹の中では、初が一番長生きしたそうです。
(2011年11月22日 12時47分21秒)

ふるゆきさんへ   ショコラ425 さん
>竹千代が母を思慕するあまり、その口紅をぬっていたとは。

びっくりする言い訳でしたね(^^;)

>それを1年前に知ったのに、いまごろ言うお福もどうかと思います。

同感です。
今更、言ったのは、メリットがあると考えてとしか思えないです(汗)

>でも、ラストで竹千代は江の気持ちがよくわかりましたよね。
>本当に寝ていた子供が突然おこされて抱きしめられたら、訳もわからず驚くばかりではないでしょうか?

急に起こされても、何の事か分からないですよね(汗)
今まで、気持ちがすれ違ってばかりだったのに、この時ばかりは以心伝心でしたね(^^;)

>ともあれ、この大河もいよいよ次は最終回。
>なんとかまとまる展開になるよう願うのみです。

そうですね。
どうまとめるのか、注目しています(^^)
(2011年11月22日 12時54分22秒)

くう☆☆さんへ   ショコラ425 さん
>それまで「お世継ぎお世継ぎ」と狂ったように言ってましたからね。
>流す涙まで演技のようにしか見えませんでしたね。

同感です!
今更、何をやっても涙も、演技としか思えないですね(汗)

>とりあえず、もうこの先は徳川の天下で太平の世を迎えるわけで
>将軍は戦なんかできなくても男色でもいいわけですし・・・

そうですね。
この時は、まだずっとこのまま徳川の世が続くかどうか、分からなかったかもしれませんが、戦国時代、男色の武将は多いので、それは関係ないですね(^^)

>親子関係を描きたいためにお世継ぎでこんなに引っ張ったせいで、脚本もめちゃめちゃです。
>そもそも江から竹千代を引き離したのはお福なのに、と、
そればっかり考えてしまいました^^;

お福のキャラ、ぶれまくりでしたね(汗)
脚本、豊臣の方は良かったのに、どうして、ヒロインの周りはうまく書けなかったのでしょうね(^^;)
福は最低でした(汗)
ヒロインを持ち上げるために、もっと悪い人物を出したという感じがしてしまいました(^^;)
次回、どうまとめるのでしょうね?(^^;)
(2011年11月22日 13時19分26秒)

えみりーさんへ   ショコラ425 さん
>家康の死があっさりすぎて…秀忠と和解してすぐ亡くなった方が良かったです。
>「かわいいから」であっさり和解ってのもナンダカナだし、江と竹千代も安直すぎ。

そうですね。
それだけであっさり和解できてしまうのは、安易な気もしますね(^^;)

>春日局は江を敵対視していたのに和解を促すなんてストーリーが破綻してます。

急に和解なんて、最終回の前だからとしか思えないような変な和解でしたね(汗)

>このドラマの主人公はやっぱり「茶々」でした!

私もそう思います(笑)
淀亡き3回は、消化試合みたいですね(苦笑)
(2011年11月22日 14時34分06秒)

なぎさ美緒さんへ   ショコラ425 さん
>なんかめでたしめでたし・・・に強引におちつかせようとしてる内容でしたね。
>今までの矛盾を、この際どうでもいいから、イイハナシでまとめてしまえって感じで、涙して抱きしめて・・・で。

同感です。
無理矢理、めでたしめでたしにした感じですね(汗)
こんな簡単に和解できるなら、今までだって何度もチャンスがあったような気がします(^^;)

>私も前半の家康の死だけで今回はよかった気がします。

家康と秀忠の関係と、秀忠と竹千代、江と竹千代の関係を、無理矢理、「息子との和解」をキーに繋げた感じでしたね。
家康の死が軽くなってしまったようで、残念でした。
(2011年11月22日 14時42分18秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.