1788295 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫と財布に優しい生活

2006年08月03日
XML
カテゴリ: 〓 脱走防止
パパの帰りを待つクーニャン。


ワイヤーネット製の室内ドアが廊下の床から天井まで塞いでいるので、パパがドアを開けても、クーニャンが外に飛び出す心配はありません。


保護直後は、ケージの空き箱(大きくて平べったい)をベビーゲートのように使っていました。
でも成長するにつれて、ゲートの上まで飛び上がれるようになっちゃって。

それからは試行錯誤の日々。
いろんなものを継ぎ足して高くしたり。
足が滑るようなものを貼ってみたり。

しかしバリケードの進化より、子猫の成長のほうが速い!!
どんなに改良しても、3日もすると突破しちゃいます。
やったぜ、クリア! と本猫は得意満面。
私、クタクタ。ヨレヨレ。雫


数ヶ月がかりの試行錯誤の末、採用したのが、100円ショップのワイヤーネットでした。
でも、クライミングが得意なクーニャン。
ネットを継ぎ足して高くしても、ケージ登りで鍛えた技術で、スルスルと乗り越えちゃいます。
それで、ついに、天井ギリギリまでネットで塞ぐことになりました。

それでも、闘いはまだ終わらなかった!
当時は普通のドアのように、片側を固定して反対側を開閉していたのですが、クーニャンが天井近くまで登ると、体重でネットがたわむのです。
たわむと、壁との間にスキマができます。

ネットに体重かけてスキマを作り、壁に脚をかけて通り抜けるなんて、誰に教わったんだ雫


そんなこんなで、壁とのスキマができないように両側を固定し、真ん中で開閉するようにしたのが、今の姿。
これでもう1年以上落ち着いていますから、もう大丈夫だと思うのですが・・・・・・油断はできません雫






最終更新日  2007年06月06日 08時50分03秒
コメント(2) | コメントを書く
[ 〓 脱走防止] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.