309306 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My cup of tea

My cup of tea

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

tea7

tea7

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 tea7@ Re:はじめまして☆こんにちは(02/18) といといさん♪ コメントありがとうござい…
 といとい@ はじめまして☆こんにちは 三雲さんが大好きで覗かしていただきまし…
 tea7@ Re[1]:マールブランシェ(12/11) 気ままなアンさん! 海老が入っていて美味…
2010年11月03日
XML
カテゴリ:劇団四季
10月29日(金)に5回目の劇団四季「春のめざめ」を観て来ました!
終演後に行われるステージツアー目的で取っていたので、今回もC席です。

2010-11-01 22:10:13
チャーム&ストラップ boys買っちゃいましたどきどきハート

いつも以上にマニアック、そしてストーリーに触れるので注意してください。

初日は、ロビーで石井亜早実さん・権頭雄太朗さんカップルしか見れなかったけど、今回は有村弥希子さん・伊藤綾祐さんカップルも発見!

今回のメルヒオールは一和洋輔さん。
一和さんは、今までハンシェンで3回拝見しました。
メルヒオールデビューは10月27日(水)で今回が2回目のメルヒオールになります。
なので、私までとってもドキドキしてしまいました失恋

ハンシェンとメルヒオールではキャラが全く違います。
髪型も全然違う。
ハンシェンはオードリー春日風ヘアでメルヒオールはカーリーヘア。
2009年初演の時のメルヒオール役だった柿澤勇人さんにちょっと似てるかも?と思いました。(映像や写真の柿澤さんしか見たことないけど・・・)

初めて東京で「春のめざめ」を観る前に結構下調べをしました。(かなり過激な感じだったので、ショックを受けないために)
そこで、一和さんのファンが多いことを知りました。

で、私の第一印象は、結構背が低いんだ・・・でした。
あの時は、モリッツ役の三雲肇さんに大注目だったし・・・目がハート
でも、名古屋のステージシートの時に一和さんのスマイル可愛かったなぁダブルハート(袖側だったので、バッチリ目が合ってたし)

あと、ハンシェンの時は飛び抜けて歌が上手とは思わなかったのですが、メルヒオールではとても上手いと思いましたマイク
演技もとてもよかったです!

あ、お尻は1幕ではほとんど観えなくて、2幕でもシャツで観えなかったですぽっ
林さんの胸も今回は観えなかったです。
「マジでF***!(Totally F*****)」(ちゃんと入力すると公開できないので*印にしました)の時は、もう一人のメルヒオール上川一哉さんと違ってステージシートはスルーだったと思います。

今回のイルゼは真優香さん。
ライオンキング」のサラビで拝見しているみたいなんだけど、「ライオンキング」の時の記憶あんまりない・・・。
つい最近観た「サウンド・オブ・ミュージック」のアンサンブルでも拝見しているみたいなんだけど、アンサンブル(特に女性)の見分けは難しいからなぁ・・・。(なんとなくあの役かな?ってのはあるんだけど・・・)

金平真弥さんのイルゼはロングヘアだったけど真さんはボブヘア。
「青い風」の時のボサボサヘアは出来ないけど、口紅がはみ出しているように観えました。
真さんはプロフィールにソウル公演のシェンジが初舞台と書いてあったので、韓国出身の方かな?と思っていたんだけど、どうなんだろう?
訛りはなかったし、台詞も歌もとてもよかったですスマイル

カーテンコール、1階席はスタンディングオベーションしている人たちもいたけど、2階席はいませんでした涙ぽろり
「ウィキッド」だったら、2階席でもスタンディングする人いるんだけどな・・・。
今回はイベント日だったから2階でもスタンディングする人いると思ったんだけど、京都の人はクールなのかも?(前に京都劇場で観た「美女と野獣」のカーテンコールも2回くらいで終わっちゃったし)

でも、スタンディングは出来なかったけど、拍手はなかなかやみませんでした。
今回もメルヒオールとベンドラが一緒にいる時はモリッツとイルゼのカップルになっていました。
最後はメルヒオール一和さんが一人残ってお辞儀をされていました手書きハート

初日も2階席で、ケータイの着信音が鳴って残念だったけど、この日も飴らしきものの袋を破る音が何度もしていました下向き矢印
休憩時間に注意されていたけど、2幕でも静かなシーンで音がしていたので残念でしたショック

終演後は、ステージツアーへ!!
最初に舞台についての説明がありました。
ステージシートの時にも聞いた話だけど、モリッツのシーンは祖先の写真にライトが当たる(彼が厳格な家庭で育ち重圧を感じていることを表す)イルゼのシーンは青い蝶の羽にライトが当たる(青は自由を表す、でもイルゼの羽は片方だけ)とか、1890年代のドイツが舞台だけど、マイクを持って歌う時は現代になることで2つの時代を表しているとか。
あと、モリッツの葬儀の時に首のない服だけがある棺おけにライトが当たるけど、モリッツは口にピストルをくわえて自殺したからみたいです。
「春のめざめ」は暗転や背景幕がないけど、照明や椅子の存在で場面の雰囲気が違ったりするんだと思いました。

その後、グループに分かれてステージツアーへダッシュ
私は3グループ目でした。
待っている間は質問コーナーへ。
「ウィキッド」の時は挙手だったけど、今回は事前にアンケートがありました。

本番に流れる鐘の音が鳴ると次のグループへ。
真中の装置にはちゃんとベンドラの名前も書かれていました。
ろくぼくにも登ってもいいと言われていたけど、私が見る限り男性しか登っていなかったしヒールがあったので、触るだけにしときましたぽっ

舞台裏では小道具も触りました。
ピストル重かったです。
「ベッドタイムのススメ」の中身も見ました。
初演の時の柿澤さんが自分で調べて書いたことは知っていたけど、スタッフさんが
「柿澤さんが書いたんです。」
と言ってました。
女の子っぽい可愛らしい字だと思いました。
メルヒオールはどこでこれを調べたんだろう?医学書とか?かなりリアルに書いて(描いて)います。
私は文字まで読まなかったんだけど
「“コウノトリが運んでくることはあり得ない”(的なこと)やってー。」
と笑っている人の声が聞こえました。

ステージツアー後は体験コーナー。
まずは、2幕のメルヒオール、ベンドラ、モリッツが装置に乗って動くシーン。
抽選で3人の人が選ばれましたが私は選ばれませんでした。

次は、1幕のメルヒオールが台に乗って上に動くシーン。
紐を引っ張る人と合計3人の人が抽選で選ばれましたが、私はまた選ばれませんでした。
この時、紐を引っ張った人は
「結構重かったです。」
と言っていたんだけど、実際にはあの紐は中央の台にはつながっていないようです。

今まで4回イベントに参加したけど、毎回HPにアップされませんでした。(カメラが入っている日もあったのに)
今回もなしかな?と思っていたんだけど、今日アップされていました。
(しかも私写ってるぅ・・・ぽっ

京都劇場の「春のめざめ」は11月14日(日)までです!!

2010年10月29日(金)マチネ
京都劇場
C席 2階I列14番

ベンドラ 林香純さん
マルタ 撫佐仁美さん
テーア 岸本美香さん
アンナ 山中由貴さん
イルゼ 真優香さん
メルヒオール 一和洋輔さん
モリッツ 玉井晴章さん
ハンシェン 南晶人さん
エルンスト 山下啓太さん
ゲオルグ 白瀬英典さん
オットー 加藤迪さん
大人の女性 都築香弥子さん
大人の男性 田代隆秀さん

【女性アンサンブル】
有村弥希子さん
石井亜早実さん

【男性アンサンブル】
伊藤綾祐さん
権頭雄太朗さん

【演奏】
ピアノ・コンダクター 野口彰子さん
ギター1 望月清文さん
ベース 吉田聖也さん
ドラムス 荒牧翔太さん
ヴァイオリン 赤星友子さん
ヴィオラ&ギター2 須原杏さん
チェロ 渡邉雅弦さん





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010年11月04日 22時59分58秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.