2903722 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

July 4, 2022
XML
カテゴリ:美術館・博物館
行ってきたのは去る4/26。

在来線で静岡へ行く。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)




『スイス プチ・パレ美術館展』​






​静岡市美術館
にて。


JR静岡駅前
​​葵タワービルの3F​​美術館。


地下を通っていけるので、
雨の日でも便利。   ^ ^


       

​この日、の日。






エスカレーター
3Fまで。





基本予約制をとっていたけど、
ネットで予約状況を見ていたらば、
いつでも予約枠は空いていて。

全然余裕だったので、
当日券(も、可)​で行くことに。







遠方から行くときは、
このほうが都合がいい。


電車の遅延とか
何があるかわからないし。  

^ ^;
















​​​​スイスジュネーヴにある
プチ・パレ美術館は、​​
​​​

​​19世紀後半から20世紀前半の​​
​​フランス近代絵画中心とする
豊富な美術作品を​​
収蔵しています。



プチ・パレ美術館は
1998年から現在まで​休館​していますが、​
今回、日本では
​​約30年ぶりとなる
コレクション展を開催いたします。​​








世紀転換期のパリでは、​
​多くの画家たちが
実験的な表現方法を探究し、​

​さまざまな美術運動が展開されました。​



プチ・パレ美術館の特徴は、​
​​ルノワールユトリロなどの
著名な画家たちに加え、​​

才能がありながらも、
​あまり世に知られていなかった
画家たち​
の作品も​

数多く収蔵していることです。​






本展では、
この多彩なコレクションから
​​38名の画家による油彩画65点を展示し、​​
​​印象派からエコール・ド・パリに至る​​
フランス近代絵画の流れをご紹介します。







さらっと、


​​1998年から現在まで​休館​しています

​​
なーんて言ってるけど、
1998年って、
うちの長男が生まれた年だから。

24年前だから。








どんな事情か知らないけど、

​ほぼ潰れたに​
​等しい状況なのでは・・・ ?

​;・∀・​​









​追記​



後で調べたら、
プチ・パレ美術館私設美術館で、
​​​創設者が亡くなったのが1998年。​​​


それで​一応休館。

でも​​故人の遺志をつぎ、​​
​​貸し出しという形で存続させている​​のだそーな。​




・・・なるほど。








この美術展、
地方の美術館を中心に、
ひっそり全国を巡回しているみたいなのよね。


昨秋滋賀県の佐川美術館に巡回していて、
​行きたいな​と思ったんだけども、

なかなか行きにくい場所だったんで
あきらめたんだわね。








それが今回、
​行きやすい静岡県に回ってきた​と知って、
​大喜び♪​


・・・だったのよ。  ^ ^






知らない画家の絵が多かったけど、
印象派からのフランス絵画の流れが
わかるように展示されていたのがよかったわね。



ちょっと
昨夏にあべのハルカスで見た、
『ポーラ美術館コレクション展』
コンセプトが似てるかも ?


『ポーラ美術館コレクション展』。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)






あっちがメジャー版で、
こっちがマイナー版 ?


^ ^;











ポスターにも使われてるコレ。


 ルノアール
『詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像』



いかにも
ルノアールって感じの
柔らかな筆遣いと色合いよねぇ。







実際に見に来るまでは、
一番見たかったのはコレだったんだけども、


もっと興味深かったのは
コレだったり。





ユトリロ
『ヴィルフランシュの通り』






ユトリロ
『ノートル=ダム』




ここでユトリロがみられるとは
思っておらず、

おまけにその​母親のヴァラドンの絵​
隣に展示されていて、
親子の絵画が同時に鑑賞できるという。

゜o゜






ヴァラドン
『コントラバスを弾く女』






このかーちゃん、
かなり奔放だったらしく、
ユトリロの父親は不明。


ほったらかしにしていたんで、
その​孤独感​から
ユトリロは​​アル中​​に。

そのリハビリとして始めたのが
​絵画​だったという。




てことは、
かーちゃんが
育児放棄してなかったら、
ユトリロの才能は
開花していなかった ? ? ?





​​;・∀・








ちなみに
もともとは
​絵のモデル​をしていたこのかーちゃん。




ルノワールのこの絵も、
​​彼女がモデルらしい。(汗)​​




   えー・・・

     ​見たことあるよ ! !​
                      ​    この絵 ! ! !​

                     ;゚Д゚ ;゚Д゚ ;゚Д゚








ユトリロのかーちゃんだったのか・・・汗。











キスリング
『サン=トロペのシエスタ』



以前、
地元でキスリング展を見てから、
キスリングがちょっと好きになったわ。


こーして何かの展覧会で
出会うと​​嬉しい。​^ ^​​​​​






ボッティーニ
『バーで待つサラ=ベルナールの肖像』




この画家は全然知らないんだけど、
モデルの​​​サラ=ベルナールは有名よね。


フランスの大女優。


​ミュシャが
ポスター描いてる​​
ことでも有名。   ^ ^​






​コレ​ね。  



去年の12月神戸で見たわ。 













​静岡展​​6/19で終了。​

今度は​7/13​​から、
東京西新宿​SONPO美術館​へと巡回。




興味を持たれた方は
そちらでどうぞ♪

^ ^





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  July 6, 2022 07:28:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
[美術館・博物館] カテゴリの最新記事


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.