2903718 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

January 19, 2023
XML
カテゴリ:美術館・博物館
去る​​​8/25​​​に見に行った、
​『ルネ・ラリック展』​続き。










前記事


『ルネ・ラリック展 その3。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)







香水瓶<二人の人物、小像のある栓>​




中心部が密着した、
​型吹きプレス同時成型​で製作。

ルネ・ラリックが​特許​を申請した技法。

ストッパーも人物の彫刻になっている。










の写真、
中央の香水瓶。

実際に液体が入っているけど、
​<二人の人物>​もこんな感じになるのよね。




右・香水瓶<バラ窓形の人物像>
中央・香水瓶<牧神のくちづけ>
左・香水瓶<シレーヌ>





なんか実用品なんだけど、
​芸術だなあ​って思っちゃう。  ^ ^;









​香水瓶<カーネーション>​






コッチは
​カーネーションの花の中​
香水液が入る模様。


やっぱり​芸術だわあ。​


素敵。











​香水瓶<彼女らの魂>​



​ドルセー社の香水『彼女らの魂』​のために
作られた香水瓶。

香水瓶全体を覆うように広がる
ストッパーが特徴的。




もー​すごい​わねぇ。
コレ。


瓶本体より、
​ストッパーが主役​というか。

やっぱり芸術的。




もともと​宝飾デザイナー​であった、
ルネ・ラリックならでは。

​^ ^​









パフュームランプ<バラ>​



​​​香炉常夜灯を兼ねた​​​かわいらしい作品。

栓を支えるくぼみの部分に
練り香水を入れて、
ランプの熱で香りが広がるようになっている。











アロマオイルを垂らして香らせる、
似たような仕組みのがあるよなあと。





アタシ、
持ってるけど。

もう長いこと使ってないけど。  ^^;

    ↑

  ​十数年 ?​






​中型常夜灯<キューピッド>​






この​常夜灯​はどうなんだろ。
香炉は兼ねてない ? ? ?


かな。



​パフュームランプとは呼んでない​からねー。














左・ 香水瓶 <クレールフォンティーヌ>
右・香水瓶 <スズラン>





​クレールフォンティーヌ​とは、
パリ郊外で、
ルネ・ラリックが初めて
ガラス工房を開いた場所でもある。


美しい森の中で自然豊かなところであった。





​​その森に咲く清楚なスズランの花​​
香水瓶のモチーフにしている。










左・香水瓶 <二つのアネモネと花瓶>
中・香水瓶 <二つの花>
右・香水瓶 <グレゴワール>





​​左・香水瓶 <二つのアネモネと花瓶>​​

​FORVIL社​のためにデザインされた香水瓶。

立体感のある
​2輪のアネモネ​をデザインした栓部を、
まるで花瓶に
アネモネを生けたかのようにデザインしている。






中・香水瓶 <二つの花>

花芯部分のガラス裏表密着しており、
​液体花弁の部分だけに
行きわた​るデザイン。


つまりこれも、
他のと同じく、
型吹きプレス同時成型。

ルネ・ラリックが特許をとっている製法。







右・香水瓶 <グレゴワール>

のようなデザインの香水瓶。













​アルコール式パフューム・バーナー<きんぽうげ>​



















​​香水瓶<真夜中>大・中・小​​















その5に続く。​​​​​​​​​​​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  May 14, 2023 01:58:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
[美術館・博物館] カテゴリの最新記事


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.