000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

January 11, 2024
XML
カテゴリ:美術館・博物館

​​​​​​​去る12/8に行ってきた、
『テート美術館展』。







​大阪中之島美術館​にて開催。




​​​


外には​猫​が。


​​​現代美術作家・ヤノベケンジ氏の作品。

​『SHIP’S CAT』​という
船で旅をする猫をモチーフにした彫刻作品シリーズの一つ。​​​

 


​​​潜水艦や宇宙船にもついていける
スーツのオレンジ色は、
航海の安全を守る管制塔の色であり、
厳島神社の朱色からきているとか。​​​














本展は、
英国を代表する​
​​国立テート美術館​のコレクションより​​​​

​​​「光」​テーマに作品を厳選し、​​
​​​18世紀末から現代までの約200年間におよぶ​​​
​アーティストたちの独創的な創作の軌跡に注目する企画


ターナー、コンスタブル、
モネ、草間彌生、リヒター、ジェームズ・タレル、
オラファー・エリアソンなど、
​時代や地域、
ジャンルを超えた「光の作品」約120点競演。​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​








​※テート美術館とは


​​​​英国政府が所有する
美術コレクション収蔵・管理する組織で、​​​​

​​ロンドンテート・ブリテートテート、
テート・モダン、​​​

テート・リバプール、
テート・セント・アイヴス

​​​4つ​​国立美術館​運営。​​​















ほとんどの作品が
写真撮影可。


目に留まったものを
ランダムに撮影。





順番に紹介していきます。

^ ^













第1章 精神的で崇高な光
Spiritual and Sublime Light




​​17世紀から18世紀にかけて、​​
​​​​欧州理性秩序を重んじる
啓蒙の時代を迎えました。​​​​


​​芸術表現にも共通する潮流となりましたが、​​
​​​​​個人の主観感性重視する
ロマン主義画家たちは​​​​​

​こうした価値観に疑問を抱き、​
精神世界への関心を次第に強めていきます。​


​​のドラマチックな効果​​を生かすことで​
​​人の内面精神性に迫り、​​
​さらには
予測できない出来事への畏敬の念を​

絵画で表現しようとしました。







主観や感性を重視する
​ロマン主義​の作品が多数。



Room1

ブレイク
『アダムを裁く神』







​個人の想像力​を重んじる
​​ロマン主義​​​画家、詩人。

本作品は、
ブレイクが創作した神話
『ユリゼンの書』との関連から描かれている。









ターナー  


『陽光の中に立つ天使』



















第2章 自然の光
Natural Light



移りゆく​自然の光のきらめき​
瞬間的にとらえ、​

​いかに芸術作品で表現するか。​

​この難解なテーマへの挑戦に​
多くの画家たちは魅せられてきました。






Room2








『光と色彩(ゲーテの理論)
    ー大洪水の翌朝ー創世記を書くモーセ』











『陰と闇-大洪水の夕べ』


















​『湖に沈む夕日』​





1830年頃から45年にかけて制作された
『海』の連作代表作。












​描かないことで描く、ターナー。

輪郭を失い、
ぼんやりとした中に描きたいものを描く。




​のちに続く印象派へ​
先駆けとなる。




このターナーの技法は、
画家人生後半から
編み出されたもの。








印象派が好きなので、
ターナーのこういう絵も
結構好き。


​^ ^​



この展覧会を見に来たのも、
ターナーの絵が来るって聞いたから。











​​Room4​​




ダービー

『噴火するヴェスヴィオ山と
  ナポリ湾の島々を臨む眺め』













マーティン

『ポンペイとヘルクラネウムの崩壊』










上ふたつ。

噴火の赤​力強く、​
リアルで、
​恐怖​​すら感じる。

とても​​印象に残る『光』。​​

に残る「光」。​









Room5








コンスタブル

『ハムステッド・ヒースのブランチ・
 ヒル・ポンド、土手に腰掛ける少年』
















イングランドの風景

原画・コンスタブル
彫版・デイビット・ルーカス




















リネル

『風景(風車)』







リネルは、
自分の​周囲の世界​
​可能な限り正確に記録​しようとした
風景画家。



日光が入道雲を照らす様と、
水面を照らす光が印象的。

















​​​​​​​​​​​​​​​​その2に続く














1/14まで開催。

興味を持たれた方は是非♪

^ ^
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  January 13, 2024 01:02:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
[美術館・博物館] カテゴリの最新記事


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.