2872207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カントリーの自宅SHOP「テディベアテラス」のゆみちゃんの日記  <毎日、一歩、一歩。>

全141件 (141件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

イーネ・イーネの一歩一歩

2016年05月30日
XML
071.JPG

山盛りフロランタン。ショコラ生地で作りました。
ワインカフェ イーネ・イーネ同窓会用。

誕生日月になり、にわかに慌ただしくなってまいりました。
6月中に裕実ホームページなるモノを立ち上げようとしています。
それは新しいチャレンジで、今試行錯誤中。よい結果を作り出せますように。

その前に5月のうちに、気になってることをやり遂げようと思った時、
昨年から気になっててなかなか実現できないこと…ちゃんとしたかったことは、
「裕実展のお礼をちゃんとできてない方にお礼をする」でした。

もうそんなの充分だよという方もいらっしゃいますが、こちらの気持ちが済まない。
裕実展以来お会いできてない方もいて…申し訳なく思ってます。

恩を受けてそのままになってると言えば… イーネ・イーネのマスターです。
裕実展にたくさんのワインを送ってくださいました。
グラスも一式、ワインオープナーまで全部ギャラリー宛に届き、無事粗相なく
ワインのある裕実展をすることができました。

裕実展直後はバタバタし、やっとお礼に伺ってお支払いを、と思って連絡したら
「お店閉めました。」「あれは全部ゆみちゃんにプレゼントです。」とのこと。

「え~そりゃあないよ。言ってくれないなんて」という気持ちが、
「プレゼントありがとうございます。」という気持ちをはるかに上回り、
怒っていいのか、お礼言っていいのかわからないまま、年を越しました。

こちらの大きなご報告もお預け状態で、日々お互い忙しく全然お会いできてなく・・・。

そこを打破するべく、イーネ・イーネの仲間の、超かわいいYoshimiちゃんと、
マスターと飲む会を企画し、
ようやくワインカフェイーネ・イーネ同窓会が叶いました。

もう恵比寿にお店があるわけではないので、どこでしたらいいか、せっかくだったら
ちゃんと行く理由のあるお店がいいということで、マスターが提案した場所に、
3人が集まりました。31日の夜。

そのお店の紹介の日記は、きっと単独の方がいいので、31日の場所に書きます。

なのでこの日記は、Yoshimiちゃんとマスターにもらってもらったお菓子の話と、
一足先にYoshimiちゃんとデートしたカフェのお話。


お二人に会うことになったので、お土産にお菓子作りました。
作ったのは、31日当日の朝からです。待ち合わせ夕方からだったから。

力まないで作るときはうまくいくものも、おいしくないと困るな、と思う時ほど
なんだかうまくいかない気がするお菓子作り。

奇をてらうより、いつも作りなれてるモノのがいいよねと、メニューは
抹茶のフィナンシェと、ショコラフロランタンに決定。

お二人はソムリエなので、誰よりも味がわかっちゃうんだろうなと思ったら
途中で、怖くなってきたのですが、ま、いいかとお持ちしました。

抹茶フィナンシェ。

001-001.JPG

もっと焼いたらよかったのかなのかな?カリッと…。どうしても焼き色が濃いと
抹茶色が茶色になっちゃうので、一歩手前にしてしまう…。

中はすごい濃い抹茶の色です。小山園の缶入り抹茶をお取り寄せしてます。

以前、マスターが、「ゆみちゃんお抹茶のお菓子は本格的抹茶の味がする」と
褒めてくれたのを思い出してこれにしたけど、大丈夫だったのかな~。
次回リベンジさせてください。

018.JPG


もう一つはフロランタン。土台がショコラの苦味あるものにしてみました。

おうちお菓子作り20161.jpg

愛情たっぷり(?)アーモンドキャラメル倍乗せ~、なので当然流れ出して
焦げますが、贅沢にも、真ん中しか使いません。
端っこは自家用で全部食べますが。

きれいなとこだけラッピング。ん?ラッピングした写真は撮り忘れ。
ギリギリまで作ってて、お出かけしたからですね。

TOPの写真はどんどん積み重ねたフロランタン。ちょっと盛りすぎ。

フロランタンは絵になりますね。ささっと撮って、乾燥シートを入れてシーラー。

おうちお菓子作り20162.jpg

さ、おみやげ持ってお出かけですよ(*^_^*)


Yoshimiちゃん、何年ぶりだろ。ママになっても超きれいなんだろうな。

考えてみたら、ゆみがイーネ・イーネに居た頃のことを、今いる周りの人は
知らない人が多くなりました。
あんなに全身全霊を傾けた日々の輝きも苦悩も、10年もの時を経ると
穏やかな普通の日々だった気がしてきて、ほんわり楽しかった記憶に変わります。

この日記は、「恵比寿ワインカフェイーネ・イーネのゆみちゃんの日記」でした。
初耳の方もいるかもしれませんね。
あまりにいろんなことがありすぎた3年間。まとめて語るにはまだ早い。
と思いながら、違う道を一歩一歩歩きはじめて、なんと辞めてから10年です。

そんな中で関わったYoshimiちゃんはゆみより一回り(以上ね!)年下のソムリエさん。
ワインの世界に咲いた可憐な花のイメージですが、今は子育て中の可愛いママです。

日記でYoshimiちゃんの写真あると思ったんですが、探せなかった~。

お酒飲む前にカフェでお茶。

カフェでお茶っていう時には、実際はコーヒーだったりするものですが、
この日は本当にカフェでお茶(笑)です。

030.JPG

はとや茶房さん。 八十八茶房 (はとやさぼう)

031.JPG

お酒飲む前にケーキっていうのもね、ってことで検索して見つけました。
日本茶専門のカフェです。

ゆみは温かい抹茶とクリームあんみつ、黒蜜。

025.JPG

Yoshimiちゃんはかぶせ茶とあんみつ、抹茶蜜。

イーネ・イーネ同窓会・浜の台所 越喜来や.jpg

かぶせ茶は、鉄窯からお湯をいただいて2煎目以降も楽しむことができます。
和菓子もあるので、長く居るのも大丈夫そうです。
機会があったらまた来よう。おしゃべりが長そうなときに(^^)

おばさまたちの会合のようだった席が空きました。

029.JPG

お茶、二種類ずつお召し上がりだったのかな?


さあ、6時になります。そろそろいきましょうか?
Yoshimiちゃんと、女の子だけの秘密の話も終わったし…(笑)

イーネ・イーネ同窓会は・・・ マスターと言えば日本酒です。
訳あって選んだお店に集合です。


カテゴリは、久々、イーネ・イーネの一歩一歩に入れてみました。
「手作りお菓子」か「美味しい毎日」の記事っぽいけどあえて・・・


  
日記、読んでくださってありがとうございます。
ランキングにクリックいただくと一票入ります。
よろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは
にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

★FC2ブログランキングは

こちらはインテリア・雑貨部門! 


blogram投票ボタン
ブログラム登録してみました。
日記を分析されてます。


ここをクリックすると、ゆみの日記の現在の順位が出ます。
PVアクセスランキング にほんブログ村
 

  

desighed by Chee







最終更新日  2016年06月06日 23時08分00秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年05月14日


国際バラとガーデニングショウ13thに今年も行ってきました。
またいっぱい買っちゃった!! 切り花の薔薇。

アルバム・バラとガーデングショウの薔薇.jpg
アルバム・バラとガーデングショウの薔薇1.jpg

バラとガーデニングショウに行くのは、毎年恒例になっていて、
ゆみの日記で大量の写真をご紹介するのも、もうおなじみですね。

そして毎年イングリッシュローズの大苗と、カットして売っている薔薇を買って帰ります。

今年は、旅行から帰ってきた翌日に母と、翌々日にはお友達と、二日間たっぷり見てきました。

日記はたまる一方です・・・
書こうとしてるから待っててね・・・


今年の五月も、窓辺はバラだらけ。

アルバム・バラとガーデングショウの薔薇2.jpg

毎年、何色の薔薇にしようかなと、毎年考えて結局あとで写真を見てみると、
意外とおんなじ色だったりするのですが、
今年はこの4種類にしてみました。

ステンレススチール・・・ブルーの香り 長野県
イエローユニーク・・・ティーの香り 大分県
ティラミス・・・ティーの香り 滋賀県
ドリームキャッチャー 山形県

毎日少しずつ短く切りながらアレンジしなおすと、毎年一週間以上楽しませてくれます。


コラージュ6.jpg
アルバム・バラとガーデングショウの薔薇4.jpg

窓辺が華やかになりました。
でも来年はやっぱり赤いバラを買おうかなと思います。

旅行記と、バラとガーデニングショウ・・・どっちも600枚ずつの写真があって、
日記をどこから書こうかと思っているゆみです。


日本ブログ村のランキングは にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

      FC2ブログランキングはc_02.gif
  こちらはインテリア・雑貨部門! 
  クリックお願いいたします


blogram投票ボタンブログラム登録してみました。なんだかおもしろそう。







最終更新日  2011年05月19日 15時27分00秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年04月29日
 
恵比寿のイーネ・イーネのお片づけをする約束をしていたので、家族と一緒に行ってきました。

飾っていただいてたゆみの作品や、ゆみの私物類を全部引き上げてくるので、車で出動。

心行くまでお客様をおもてなしした恵比寿イーネ・イーネは、10年近く暮らした感いっぱいの
大量の荷物が、すでに荷造りされて並んでいました。

車で朝早く到着したら、すでに看板は下ろされて店内にありました。

IMG_0760.JPG

長い間ご苦労様でした。

IMG_0764.JPG


ワインに合う料理の美味しい店 i_ne2の文字はまだ残っていました。

この色の組み合わせで、ゆみは看板とかメニューをいろいろ作りましたね。

imged51046dzik6zj.jpg

メニューブックも何回も作りました。

アルバム・恵比寿ワインカフェ、イーネ・イーネ.jpg
アルバム・恵比寿ワインカフェ、イーネ・イーネ1.jpg

ワインフェアのメニューもいつも描き下ろしでした。

img4ab0889azik2zj.jpg

楽しいお仕事をいっぱいさせてもらいました!

本当に感謝です。

マスターはもう、自分の荷造りを終えていて・・・

IMG_0762.JPG

あとはゆみが自分のものを持って帰るだけになっていました。

IMG_0765.JPG

ワインがぎっしり入ってたのにもう空っぽ。

この煉瓦のアーチはイーネ・イーネの自慢でもありました。
これは直輸入のブリック煉瓦で、本物です。
「このレンガの価値をわかったのはゆみちゃんだけだったから、欲しかったら持っていってください」
「木槌を持ってきて崩したらいいよ」
とマスターが言ってくれたので、この日うちの若者が、ガンガンと崩してみたのですが、
コンクリートで固めてあって、そんなに簡単には取れませんでした。

IMG_0766.JPG

マスターは何度か荷物を(お引っ越し先に)移動しに行って、ゆみたちは、お隣の備屋珈琲店の
マスターにご挨拶。すごくいい方で、(イケメンのお兄さんで)時々お話してたので、
なんだかちょっと寂しいです。

大好きだったモカソフトを最後にいただきました。
IMG_0768.JPG


外の植木類は、みんなゆみが持って帰って育てることになりました。
こちらの植え替えは、また別に日記に載せます。

結局家の車いっぱいの荷物を持って帰ることになりました。

ゆみがイーネ・イーネに毎日のようにいた時の、もう忘れていたような荷物も出てきて、
懐かしく感慨深い撤退でした。

いろんなことがありましたが、思い残すことはなんにもありません。

できることは精一杯やってきて、ここまで来ました。ここで区切りです。


四つ葉  四つ葉  四つ葉

さて、ゆみが恵比寿イーネ・イーネに呼びたい友人はたくさんいましたが、
マスターが最後にここにもう一度来るべきだと唯一指名したゆみの同級生が、
ファミリーで来てくれました。
先日の「平泉展」に来てくれたことをマスターに話したら、
「ぜひもう一度イーネ・イーネに」ということで、実現させてくれました。

2011年02月07日
嬉しい再会第二弾。同級生が着てくれた「平泉展」の思い出。セピアな写真付き。

ゆみと彼の小学校時代の写真載っています。


同級生君は、ゆみがいる頃、時々イーネ・イーネに来てくれたのですが、その時来てた彼女が
奥様になってくれてたのです。
彼は、福岡に転勤になって、イーネ・イーネに来ることもなくなったのですが、行く前に彼女に
「一緒に行きませんか?」とプロポーズしていたようです。
やるじゃん!今では超かわいい3歳のお嬢さんのパパ。

彼は当時、ゆみが帰ってからもマスターと長く話していたようで、マスターにとっても、
かわいい後輩。最後に会えてうれしそうでした。


ゆみは先日の展覧会ではかわいいお花をいただいてるので、
そのお礼も兼ねて、プレゼントを用意しました。
IMG_0668.JPG

ゆみの手描きのお皿と、小物のセット。お嬢ちゃまにはピンクのくまちゃん。
これはハートを押すと、「I love You!」って言うんです。
IMG_0676.JPG
同級生のお子さんだけど、ゆみにとっては孫みたい。すっかり仲良しになりました。



・・・すっかり落ち着いてしまえるこのコーナーで、その時々のお客様と過ごした日が何度もありました。
ゆみの友達と朝まで語り合ったこともありました。大切にしたい思い出がいっぱいのこの場所。

最後に、マスターとゆみが同じ学び舎で過ごした思い出を語り合える人を迎えられて、
この場所にとっても、ゆみたちにとってもうれしい限りです。

最後の地鶏の赤ワイン煮をマスターがとっておいてくれました。

IMG_0672-1.JPG

初めてイーネ・イーネに来た時に、同窓会でお手伝いで立ちっぱなしだった時、仲良しのミーコが
「ゆみちゃんも何か食べなよ」といきなり口に放り込んでくれた地鶏の赤ワイン煮。
「何これ、おいしい!!超本格的な味!」とゆみは声をあげました。
マスターが、当日はぜひ味わってほしい、とメールで言ってた地鶏の赤ワイン煮は、
愛情をかけて煮込んだ優しい味がしました。
ゆみがここで一番感激したお料理で、イーネ・イーネのキーワードでした。


それを、その時会場で一緒に過ごした同級生と共に味わえるなんて、感無量です。
彼は本当においしそうに、最後の骨までしゃぶってくれたので嬉しかった。
そういえば、その後、一人で通ってくれた時もいつも注文してくれましたっけ。

今、改めて聞いてみれば、この人も同窓会の時、ゆみのことイーネ・イーネの従業員だった
と思ったそうです。
ゆみが働いてるお店だから、ここが会場になったのだと。
まさかこの日、ゆみもマスターと初対面だったとは思ってなかったそうです。


さて、ゆみたちの通っていた学校にお嬢様を「お受験」させたいと奥様。
母校の校風について、自分たちが感じてることを大人になった今、先輩や後輩たちと
振り返って話すことが多くなっています。

ゆみが思うにそれは、「みんな違って、みんないい」という、金子みすゞさんの私の一節に
集約されてると思うのです。
ゆみたちはそれを当たり前として、教育されてきたので、かけっこが早い子、歌がうまい子、
絵が上手な子、それぞれのいいところを必ず先生もみんなも見つけてほめてくれたんです。
「~ができる」というだけじゃなく、一見目立たない子にもちゃんと眼を注いで、
その行いを個性としてほめて伸ばしてくれてました。

ゆみなんか、全然おとなしくて、総合的には全く優秀じゃない子だったのですが、
読書感想文や作文ならゆみちゃんだよね、国語の教科書を読むときの声がいいよね、とか、
みんなが一つでも二つでも褒めてくれることで、自分にもいいところがあるんだ、と、
全然自分を卑下しない、ひがまない子でいられたのです。
そしてみんなもそういういい部分を尊重して、尊敬しあって過ごしてきたんでした。


人の価値は成績じゃない、ということを知らず知らずのうちに身に着けてきたので、
今でもゆみは、人を見るとき、その人がどんな学校を出たかなんてまるで関係なくて、
「いったい何が好きでどんなふうに生きてる人なんだろう?」と思うのです。
それは自分たちの中では、当たり前だけど、そうじゃない考え方の人もいるってことを、
大人になって後から知るのです。

同級生たちはみんな、好きなことを存分に伸ばされて、そのままそれに近い職業に就いた人が
たくさんいます。
みんな個性を伸ばして頑張っているから、ゆみも、自分が得意なこと、好きなことで頑張ろうと
思えるのだと思います。
もし勉強や成績重視の校風に居たら、自分をおちこぼれだと思っただろうし、好きなことは
単なる趣味の範囲にしかならなかったでしょう。


そういう意味で、同じ学び舎に育った先輩であるマスターが、
ゆみの中にまだ眠っていた個性までも気づいて、引っ張り上げてくれたことが、ゆみの社会人の
第一歩となったことに、改めて大きな意味があったと思います。
その眼のおかげで、好きなことを仕事にすることが出来ました。

好きなことであることさえ、自分では知らなかったのですから、
奥底に沈んで、引っ張り上げるのも大変だったのに、あきらめなかったその意思に、
一生感謝しないといけないね。


そんな話が弾んだひと時でした。
こんな風な、共通認識を持って、原点回帰のような話題を深く追求できるとき、
人は話すのが楽しいのかもしれませんね。
それはもう同窓生に限らず…。
幾度となくここで、そんな話で盛り上がった思い出があります。

穏やかに幸せで、活躍を続ける同級生に会うと嬉しくなります。
それは私たちの中では男女を問いません。みんな仲間なんです。

そんな認識を改めてできたことは、ゆみの中のイーネ・イーネの締めくくりにふさわしかったと思います。
人に説明するのは難しかった、マスターとの連帯感も、
マスターが同級生君に話すのを聞いていて、同感できました。
心の空が晴れていくような気がしました。

みんなまた、それぞれの道を歩んでいくのです。
不安よりも、希望に満ちて、進んでいくことになるんでしょう。

「みんな違って、みんないい」人生だから。


ゆみがイーネ・イーネにいた時から今までに、イーネ・イーネに来てくれた方々、
お話を一緒にしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
お一人お一人にご挨拶はできませんでしたが、皆様に心から感謝しています。


ちゃんとお片づけをして、ゆみのものを撤退してきました。
恵比寿のワインカフェ「イーネ・イーネ」で学んだことを糧として、これからを歩みます。

母校の先輩であるマスターに、一方ならぬお世話になり、成長を助けていただきましたこと、
深く感謝しております。本当にお世話になりました。ありがとうございます。 ゆみ。







最終更新日  2011年05月06日 09時03分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月28日

恵比寿の「くつろぎのワインカフェ ワインカフェ イーネ・イーネ」との出会いは・・・
「同窓会」でした。
ゆみの小・中学校は、今で言う一貫校でしょうか、ほとんどの仲間と9年間過ごすため、
男女を(全く)問わず、同級生は仲がいいです。
そして先生との縁も深いです。


2003年のこと。中学の先生がイギリスに赴任するというので、送る会をやらないか?
という話が持ち上がった時、なぜか、その二年前の同窓会でも幹事だったゆみがまた幹事に
なりました。この時のパートナーはO君。
彼はたぶん学年で一番有名だった人で、当時のゆみの憧れの人でした。(バスケ部。)


全くの余談ですが、当時ゆみはO君とは卒業したらもう会えないんだろうなと思ってました。
イメージ的に、きっと遠くに行っちゃって、永遠に憧れの人になるんだろう、と思ってました。
全然知らない人と結婚するだろうと思っていたら、なんとゆみと同じ通りに住む仲良しの後輩と
彼は結婚し・・・そして同級生同士はいつまでも仲が良くて、
「〇〇と〇〇と飲んでるんだけど、お前も来ない?」と12時ごろ電話がかかってくるような、
そんなものになりました。・・・中学の時に考えてた未来とはだいぶ違う。

そしてその時の、〇〇と〇〇はなんと!結婚することになりました。
実はバツ1とバツ2なのですが、結局同級生がよかったのですね。
男の子のほうは、ゆみが小学校に入学した時初めて隣になった子で、
女の子のほうは、ゆみが5,6年生から仲良くて、中学の時交換日記もしてた子です。
彼は生徒会長とかになるような子で、彼女も学年一の美女で、
当時ベストカップルだったのです。


「先生を送る会だけど、サプライズで、二人の結婚式をやらないか?」
とO君は言いました。ゆみはすぐ賛成しました。
「会場なんだけどさ、同窓会のHPにさ、先輩が恵比寿でワインカフェやってるって書いてある。」
「へえ、先輩なんだ。じゃあ、そこにしてみよう。」
これが、イーネ・イーネを見つけた由来です。


「メールしたらさ、マスターがすごくいい先輩で、かわいい後輩のためにできる限りのことを
しましょうって言ってくれた。」とO君から嬉しそうに報告がありました。
「よかったね~。さすが先輩だね。」とゆみも安心して、先輩との打ち合わせは、すべてO君に
任せて、ゆみは新郎新婦の、ベールやコサージュを手作りしてました。


ところが日程が、2月15日で決まった1月の終わり…
「悪いな。韓国に出張になっちゃったよ。当日には帰ってるから後はよろしくな。」
と、O君は突然いなくなってしまい、
ゆみが、「はじめまして。O君から幹事を変わったゆみです。」と、先輩との打ち合わせを
引き継ぐメールをしました。

これがイーネ・イーネのマスターとゆみとの出会いです。

同窓会当日までの二週間、毎日メールのやり取りするうちに、小・中学校の思い出の中に
共通点があって盛り上がって、意気投合して、すっかり打ち解けてしまってました。
そして、O君から聞いていた以上に、先輩は親身になって会を考えてくれてました。

ゆみたちのサプライズウェディングプランに賛同してくれた先輩は、なんと!
名前入りのウェディングケーキを手作りしてくれる先生に発注して、
当日自分で受け取りにまで行ってくれました。
なんて親切な先輩なんだろう、と感激のゆみでした。
おかげで、サプライズな結婚式は大成功で、本当に感激してもらえました。


そして(大切な)余談ですが・・・この時食べたオペラのケーキが、
今まで食べたケーキの中で一番おいしかったので、ゆみはこれを作ってくれた先生に
弟子入りしたい!と思って・・・
いつかオペラを自分が作れるようになって、先輩を驚かせよう、と計画し、
マスターに内緒で、この先生の門を叩くのでした。
・・・これが今のゆみのお菓子作りの始まりなんです。


こうやって考えると、今のゆみのやってることの初めは、すべてイーネ・イーネなんですが、
その一歩を連れてきたのは、小・中学校時代の憧れだったO君なんですよね。
いつか感謝の気持ちを伝えなくてはね。。。


さて、この2003年2月15日の先生を送る会とサプライズウェディングの同窓会は、
25席しかないイーネ・イーネに45人が入る大盛況でした。

場所が恵比寿駅から1分ってことで、あとからあとから人が増え、お店もてんてこまいに。
いつのまにか、ゆみも厨房にまでお邪魔して、サラダを盛り付けたりしてました。
なぜそこまでしてたのか、自分でも未だに謎ですが、自然にそんなことになってしまって。

マスターの手伝いをゆみがする、という図式が自然に、この同窓会の日に出来上がっていました。


ずうっとずうっと後になって知ったのですが、あの時同級生のみんなは、もうすでに、
ゆみがイーネ・イーネで働いてるんだ、と思ったそうです。
一人や二人じゃなく、そう思ってた、って人があまりに多いので、びっくりします。

当のゆみはそんなことは全く思ってなくて、ゆみはワインが全く飲めなかったし、
もちろんこの日初めて、イーネ・イーネに行ったんだし、もちろんマスターにも初対面でした。


ところが人生何が起きるかわからないもので・・・
一か月後の3月15日、ゆみはイーネ・イーネと正式契約してました。

「トータルコーディネーターとして、力を貸してください。それには、夜も実地でフロアで
働いてください。」と言われてしまったのです。
「家族が反対する」と言い訳したら、家族にもマスターが手紙を書きました。
「門限が」とか「お酒が飲めない」とか、どうにか言い訳してお断りしてみました。

テディベアテラスをやってる主婦でいい、と思ってたところに、いきなり恵比寿で夜のお勤め、
なんて、そんな勇気が急に出るはずもありません!

ところが家族が、「ゆみちゃんに向いてる。できるんじゃない?」と言いました。
どうにか断るいいわけがないかと思案してたら、親友Ricaちゃんが、
「こんなチャンスは一生に一度だよ。ゆみちゃんは自分が考えてるよりずっとできる子なんだ!」
と、背中を蹴っ飛ばして、ゆみを恵比寿まで放り投げました。


かくして、2003年3月15日、初めて会った同窓会の日から一か月もたってない日、
いきなり貸切パーティーのパートナーとしてデビュー、
「いーねさんとこのゆみちゃん」が、始まっちゃったのでした。

あんなにこの仕事にはまるとは、その時思ってなかったし、そこからこんなにも出会いがあって、
こんなにも人生が動いていくとは、まったく想像もできなかったです。


その信頼を受けた原点は、「先輩・後輩」であったこと。
ここには、自分たちでさえ理解しきれてない、自分たちの人格を作ったであろう
「原点の絆」がありました。
同窓であったことが、始まりの時も今も全てです。


あまりにも多くのことがあって、振り返ることもできないほどの思い出を秘めて、
2011年4月25日、ワインカフェイーネ・イーネは、恵比寿の地を去っていくことになりました。

最後の日は、先日日記に書いたように、
ここで知り合ってお世話になって、これからもいい友人でありたい方とゆっくりお話できました。

そして、次の日記に書きますが、マスターの指名で呼ばれた同級生は、ちゃんと家族で
遊びに来てくれました。


本当は、もう一度恵比寿のイーネ・イーネで会いたかった方がいます。

いつかまた、と別れた方・・・もう一人、次にここで会う日を決めていた方・・・
ここがなければ、巡り会うことがなかった方です。
ここでもう一度語り合う夢は叶いませんでした。
でもゆみがこれからもずっと幸せを祈り続ける方です。

どこかでこの日記をご覧になってますか? いーねさんちのゆみちゃん、卒業しました。
よく頑張ったね、と頭を撫でてくれたら嬉しかったけど…
そんな甘いことは言わないで、また歩き出さないとね。
どこかで見ててね。 


自分の道を一歩一歩、歩いていきます。

これからが、ゆみの本当の道なのかもしれないですね。


でも、この素晴らしく長い、紆余曲折な経験を伴う寄り道は・・・
ゆみの人生の中でいつまでも価値ある財産になることは間違いないです。


イーネ・イーネが教えてくれたものは、すべての始まりで、果てしなく広がるその後の原点です。


2004-04-05.jpg






最終更新日  2011年05月05日 03時25分55秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月25日

恵比寿でのたくさんの思い出・・・振り返るよりは前を向いて進んでいきましょう・・・
ってことで、”残り10日間はなるべく「恵比寿イーネ・イーネ」に通おう”と思いました。

何回か行った時のこといろいろ・・・。

お客様もマスターのお友達も、みんな考えることは同じで、連日お店は混んでいて、
ゆみにとって懐かしいお客様にもたくさんお会いすることが出来ました。

マスターの同級生の方々は、ゆみにとっては「先輩」です。
「こっちに来なよ」「一緒にどうぞ。」と言っていただいて、思いがけないひと時を過ごすことが
出来たりました。

ここで出会ったこと、ここから始まったもの、改めて感じることが出来ました。


締めくくりを…と思ってるゆみと違い、マスターは次への意欲いっぱい、新しいお店で出す
新製品の試食をしました。
こちらは、これまでの地鶏の赤ワイン煮に代わって出す鶏の赤ワイン煮で小さいもの。
そして、からすみのパスタ。

IMG_0657-1.JPG IMG_0659-1.JPG

スイカのカードは一緒に食べたお客さんが大きさを確かめるために置いたもの。
一人用サイズになったんですね。 パスタもおいしかったです。

この日は、甘夏のお菓子を友人(社長)に差し上げるために待ち合わせしました。
有機栽培の特別な甘夏を、前回イーネ・イーネに来た時に、いただいたのです。

その友人と会っておきたいからと親友Ricaちゃんも来ました。
お仕事上関われることになるかもしれないから。

これまでそういう時、いつでも「イーネ・イーネで会えばいいや」と思っていましたが
ゆみにとっては、恵比寿にそういう拠点がなくなってしまうので今のうちに。

かくして、お店最後の「豚の角煮白ワイン仕立て」はゆみたち3人でいただきました。

IMG_0663.JPG IMG_0658.JPG

ワインはやっぱり白ワインで。ここに来たらいつでもおいしいワインが飲めたのにな~。

甘夏のムースは、社長にもRicaにも好評でした。よかった(#^.^#)

IMG_0648.JPG
一個の甘夏からこんなにたくさんのお菓子が作れました。皮まで使える本物甘夏のムース、
マドレーヌ、全部成功!




同じように甘夏を1個もらったマスターは、「私は全部一人で食べちゃった」と言ってました。
それくらいおいしい甘夏です!

甘夏デザートだけではなくて、この日は、フィナンシェを2色作っていきました。
こちらも好評。
IMG_0664.JPG

Ricaもこの週二回イーネ・イーネに来てくれました。
青山で仕事してるのですが、ゆみがイーネ・イーネにいる時よりも辞めてからのほうが、
気軽にここには来てたみたいです。

2003年2月、ゆみがイーネ・イーネに力を貸してくれないか、と言われて迷っていた時、
どうしたらいい?と相談したのはRicaだけでしたが、その時彼女が背中を押しました。
背中を押したなんてもんじゃなくて、後ろから蹴っ飛ばしたのです。
「そんなチャンスは二度とないから、信じて行って来い!」と。
あの時、「自分で考えなさい」と言われたら、ゆみは今も外で働いていないかもしれません。

そんなわけで最後にやっぱり恵比寿イーネ・イーネでRicaと飲めてよかったです。
ゆみにとっては一つ一つが、区切りです。


この日は、ここに時々来てた同級生君とも待ち合わせしてましたが、
仕事が終わらず振られました。
ゆみがここにいる頃、何か人生の節目がある時に、フラッとやってくる人でした。
これからプロポーズに行ってくる、とか・・・
離婚したくないから明日きちんと話しあいする・・・とか、
イーネ・イーネに気合を入れに来てたのかな?

辞めてからも、ゆみがお客さんで行ってる時にも、偶然会えたりしましたが、
こっちからは捕まらない相手。
先日たまたま電話があって、同窓会の打ち合わせしようって言われたので
「もう遅いよ、イーネ・イーネ終わっちゃうよ」と報告。
「終わるまでに絶対行くよ」と約束してたけど、この日は来れませんでした。

ゆみたちにとって、マスターは、小・中学校の先輩です。
先輩のお店だから行ってみようか、とここで同窓会をした2003年の2月に、
みんな初めてこのイーネ・イーネに来たのです。

その話は長くなるから、と結局日記にちゃんと書いたことはありませんでした。

もう一度イーネ・イーネで同級生で集まりたかったな。
いつか集まろうと約束していた人があちこちいたけど・・・
最後の10日間はあまりにもあっけなかった。


同級生君が来れなくなったことをマスターに話したら、
「それよりも、同じ同級生なら、O君には会っておきたいな」とご使命がありました。
O君にはこの恵比寿のワインカフェイーネ・イーネにもう一度来てくれる義務がある、
って、マスターが言うのは、ちゃんと理由のあることだったので、ゆみもO君に伝えました。

同級生君でイーネ・イーネに何回か来てくれた方は何人かいます。
そのなかでO君は、マスターともいっぱい話したし、記念に残る人だったのです。

こちらは実現したので、その日記は、もう一個別に書きます。


一日おきくらいにイーネ・イーネに顔を出して、一般公開最後の25日もゆみはここにいました。

最後のほうは本当にお客様が盛況で(ほとんどが常連さんで)、一つ一つオーダーするというより、
マスターから勝手にいろんなものが出てくる状態でした。
「まだおなかすいてる」とか自己申告しないと、なんにも出てこなかったり…。


最後の日、またご一緒出来たのは、甘夏の社長。
ここで、ゆみよりいっぱい通って来てくださる365日君として日記に出ていた頃からのお付き合い。
8年になります。2006年には一年間、ゆみが会社のお手伝いをさせてもらいました。

あの年は、ガーデンプレイス日記ばっかり書いてましたね。
ほとんど毎日恵比寿にいた年。
いろんな思い出と共に、最後にゆっくりお話できてすごくよかったです。

会社にお世話になってからも、もう5年。
月日は人を成長させます。若い方ならなおさらのこと。
誠実さや細やかさはそのままに、大きく成長されてることが頼もしく嬉しかったです。
もともと、相談されるよりはゆみが相談する立場でしたが。
(ゆみのほうが相談に乗れるとしたら、恋愛だけかな。社長に限らず。)

この日、相変わらず彷徨って進歩しないゆみの仕事の方向性にいろいろヒントをいただきました。
そう言えば昔よく、マスターと社長とゆみの三人で夜遅くまで話していました。
つい先日、三人でカウンターに入って並んでる写真が見つかりました。
みんな若かった。(でもこの写真誰が撮ってくれたんでしょうか?)懐かしいです。


恵比寿で、いろんな人に会いました。
ボスとも、イーネ・イーネがなかったら知り合っていないから、
ゆみがサービスの仕事に就くこともなかったんですよね。
すべてはイーネ・イーネのゆみちゃんになったことで、始まったことでした。


回りのお店の人とも仲良くなりました。
まだお隣の備屋珈琲店さんも、イタリアンのデルチャルロさんも、もちろんHOIさんも
恵比寿にいらっしゃるから、また恵比寿には来ます。
ガーデンプレイスの中の好きなお店も、いつも間にか閉店しちゃったようで、
恵比寿もいろいろ変わりますが。

隣の不動屋さんのご夫婦には、個人的にも大変お世話になりました。
大家さんである不動屋さんも一緒に撤退するので、お菓子をお持ちしました。
IMG_0740.JPG IMG_0742.JPG IMG_0739.JPG
この日は三種類。最近お菓子ばかり作ってます。
社長と彼女さんは喜んでくれました。マスターにもあげたんだけど食べてくれたかな。

最後に食べたメニューは、パンチェッタのアマトリチャーナでした。
menupastamigi-2.jpg


西武線の終電に乗れるようにイーネ・イーネを一人で出ました。
この時間に恵比寿から電車に乗ることももうないだろうな、とイーネ・イーネから駅までの
わずかな道を歩きながら、いろんなことを思いました。
下のほうが丸くなったこの階段も一体何回登ったのかな~、と思いながら。
自分だけの思い出を大切にしまいこみました。


まだ片づけに行きます・・・。


日本ブログ村のランキングは にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

      FC2ブログランキングはc_02.gif
  こちらはインテリア・雑貨部門! 
  クリックお願いいたします

blogram投票ボタン ブログラム登録してみました。








最終更新日  2011年05月02日 20時53分52秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月22日

ワインカフェ「イーネ・イーネ」に、やっと平泉会の先生方をお連れすることが出来ました。
いつかご一緒したい…という念願がやっと叶いました。日曜日のことでした。

恵比寿ワインカフェ、イーネ・イーネ5.jpg

恵比寿のイーネ・イーネのカウントダウンが始まって・・・
マスターにとっては心機一転の意欲的な変化なのですが、ゆみにとっては・・・
自分が、社会人としての第一歩に踏み出した大切な場所への区切りです。

前を向いて進んでいくときに、こういうことを経験することは、当たり前のことなんだと、
どこかで冷静に受け止める自分がいます。

「世の中は無常」ということを、感じながら生きることが多くなった最近・・・
人にとって悲しいことがあったけれど、「無常」であるからこそ、悪いことや苦しいことは
長くそのまま続くことはないんだと、立ち上がろうとする人たちに、自分も元気をもらいます。

「旅立ち」は素敵なこと、人生の変化は前向きなこと、と受け止めて、
今の状況の中で自分がしたいこと、できることはなんだろう、って考えた時に、
イーネ・イーネにもう一度、一緒に行きたい方たちには、お声をかけさせていただきました。

お知らせから終焉までが20日余りしかないということで、なかなか皆さん、
予定を合わせてお店に行っていただくのは無理でした。


そんな中、「終わっちゃうの?じゃあ、行かなくちゃ。」と予定を合わせてくださったのが
平泉会の先生お二人でした。
本当にお忙しいのに、日曜日のランチに時間を合わせていただいたことは、
大変ありがたい貴重な出来事でした。

平泉会で仲良くしていただいてるYukaちゃんにも報告したところ、デート中のランチを
イーネ・イーネでご一緒していただくことが出来ました。

日が差し込むお昼のイーネ・イーネで5人でお食事。
ゆみのとっても、久々で、そして最後の、恵比寿イーネ・イーネのランチでした。

・・・ちょうどこんな日差しの中で、ゆみの誕生日のランチを祝ってもらったのは5年前でした。
毎年は無理だから、次は5年後に、とマスターに約束してた友達がいました。
あれから5年後、の当日までイーネ・イーネがここにないということの寂しさを、
人生ってこういうものだよね、としっかり受け止めて・・・

そんな中でも実現できていく少しのことを、一つ一つ楽しんで、そして感謝して進んでいこう
と思いました。


お酒が大好きな保坂先生に、ご紹介したかった価値あるワインはこれまでたくさんありましたが、
一回のランチではなかなかお好きなワインに巡り合っていただくのは難しいものですね。
でも先生が気に入ってくださったのは、「ハウスワイン」(オーストラリア産)で、
これはマスターが選んだ、究極の”安くおいしいワイン”なので、一番素敵なことだったかなと
思いました。

ここでゆみが出会って、たくさんの人に紹介し続けたのが、アイスワインと貴腐ワインでした。
今回も先生方にも味わっていただきました。

恵比寿ワインカフェ、イーネ・イーネ6.jpg

この8年間、何度も何度も、お店で日記であちこちで、紹介し続けたデザートワインの説明。
この日最後のご紹介ができてよかったです。

これまでいろんな種類のアイスワインと貴腐ワインを飲ませていただきました。
価値あるワインとこんなに親しく突き合わせてもらえたこと、貴重な体験でした。

ここでしか飲めない、と言えるようなワインとの出会いが何度もありました。

このジュースもそうです。長野の富岡さんの100%ぶどうジュース。

恵比寿ワインカフェ、イーネ・イーネ7.jpg
仕事柄、デパートで本物の産地直送ぶどうジュースをご紹介してもらう機会もあったのですが、
このTOMIOKAさんちのぶどうジュースよりおいしいものには巡り会えませんでした。

濃厚だけど、しつこくない、最高のぶどうジュースをたつみ先生に味わっていただけてよかったです。
「買って帰る分はありますか?」と聞いてくださったのですが、なんと最後の一本でした。

YUKAちゃんたちは、オペラブリュットを二人で選んでました。(写真ないけど)
このスパークリングワインもゆみがカップルには是非飲んでいただきたいワインなんです。
フリュートグラスに半分こずつ…幸せの予感がしたでしょう?(*^^)v

イーネ・イーネ自家製のサングリアも赤と白、味わえました。
これも「サングリアの白があるんですか?」と皆さんに珍しがられたワイン。
季節の果物が漬け込んであります。
前は、このサングリアのゼリーもあって、上には漬け込んだ果物が乗っている人気メニューでした。

イーネ2メニュー0009.JPG


お料理も、ゆみちゃんにお任せするわ、と言っていただいたので、ゆみのおすすめで構成。
上にコラージュしましたが、いつもいつも「全部写真に残そう」と思うのですが、
相変わらず、食べちゃってから気が付くので、一部だけです。

山盛りにしていただいた「タコとブロッコリープロヴァンス風」
「二日仕込みの豚の角煮、白ワイン仕立て」
タコブロはゆみが一番おすすめのサラダ。
自家製プロヴァンスドレッシングはいつも皆さんに気に入っていただけます。
豚の角煮、久々食べましたが、やっぱりおいしい!!
角煮のイメージが変わる、と女性にも好評のこのメニュー、さすが熟練の味です。

menumeinmigi-1.jpg

一人ずつに盛っていただいたのは、「生ハムルッコラ」と「エビとホタテのアボカドクリーム」
生パスタは「天使のえびのリングイーネ」「パンチェッタのアマトリチャーナ」

menupastahodari-1.jpg
menupastamigi-1.jpg

ゆみにとっては食べなれたメニューでしたが、改めてお客さんとしていただくと
一品一品が完成された美味しさなんですね。

一人で行くとそんなに種類が食べられないので、やっぱりこうやってシェアしていただくと
楽しいです。
最後にこんな風にお食事会ができて、よかったなと思います。


平泉会の保坂先生に、ゆみが地元の展覧会に出していたボタニカルアートを見つけていただいて、
声をかけていただいたときに、ゆみはこの恵比寿イーネ・イーネでお仕事していました。

「なんだかよくわからないんだけど…本当かな?」と報告したゆみに、
ネットで平泉会のことを見てくれて、
「これはきっと本当のことですね。もしかしたら、あなたの一生を左右するおおきな出会いかも
しれませんよ」と言ってくれたのはマスターでした。

そこから数年して、国立新美術館で公募展デビューした時にとても喜んでくれました。
それからよく、平泉会のお話をマスターに報告していました。


いつかは先生方をイーネ・イーネにお連れ出来たらいいな~と思っていました。
平泉会からは先に、KeikoさんやYukaちゃんがお店を訪ねてくださっていました。

暖かくなったら是非先生方をお誘いしたい、と思いながら・・・
4月になったらあっという間のカウントダウン。
「もう日にちがないんです」という無理なお願いをしてしまったのに、
「じゃあ日曜日のお昼なら」と、快くスケジュールの調整をしてくださいました。

当日は大泉学園の駅で待ち合わせて、三人で一緒に電車乗っていきました。
遠足みたいで楽しかったです。
本当にありがとうございました。


イーネ・イーネには、ゆみがずっと前に描いたトールペイントやポーセリンアートの作品が
まだ飾ってあって、それも先生方に見ていただけました。

IMG_0437.JPG

持って帰ってきたら、もう飾るとこもなくダンボールにはいっちゃうような作品たちが
ちょっとでも見てもらえてよかったです。

この中で、イーネ・イーネのHPにも出していただいてたのが、陶画舎展に出した
イーネ・イーネにプレゼントした作品。2004年かな?
起源となったオーストラリアのワイナリーのボエジャーエステートを描いたセットです。

恵比寿ワインカフェ、イーネ・イーネ3.jpg
コラージュ3.jpg
セットのゴブレットには、表にはブドウ、裏にはボエジャーエステートのワインが
赤白それぞれに描かれてます。

昔の作品で今よりもっとへたくそですが、思いのいっぱいこもった作品です。

見ていただきたかったのは、いろんなメニュー作品だったですが・・・
それはまた日記のフリーページにでも載せておきます。
パソコンの中には旧メニューも入ってました。

コラージュ4.jpg

先日古いDESKPOWERから取り出せた画像の中には、ゆみがイーネ・イーネにいたころのものが
多数ありました。
その中には、いつも作っていたデザートプレートのスナップもありました。

コラージュ1.jpg

お誕生日予約の方と計画したサプライズな演出。
ご希望に合わせたデザートプレートづくりと、自ら運んで行っての進行係と・・・
皆さんの喜ぶがいっぱい見られて、なんて幸せなお仕事だったのでしょうか・・・

スイーツ作ったりイベントの司会したりとなった今のゆみの原点はここだったかもしれません。
もう7,8年も前のことなんですけどね。

ゆみが作っていた、リースリングフェアの時のコースのデザートプレートも写真が見つかりました。
リースリングを使ったジュレと、二種類の、ワインに合うソルベ。

紫陽花とデザート 005.jpg

これをメニューオンしたために、毎日一日にも休まず通わなくてはならなくなった思い出の一品。



・・・イーネ・イーネで、コーディネーターという肩書をいただいて、いろんなことがありました。
手作り雑貨も販売してました。
思い出の写真が見つかったのでまたいつかご紹介しますね。


昼下がりのイーネ・イーネで先生方とランチさせてもらったこと、
ゆみの恵比寿イーネ・イーネの思い出の最後のほうの1ページとして、
この日のことが加わりました。

先生方にはお時間をとらせてしまったのですが、ゆみにとっては楽しい楽しいひと時でした。
心から感謝します。







最終更新日  2011年04月28日 09時34分50秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月14日

この日は恵比寿でお食事。
先日突然発表したように、恵比寿イーネ・イーネが終わることもあり、
できるだけ多く行こうかな、と思っています。

自分がお仕事を始めたお店。ゆみにとっての社会人生活が始まった恵比寿。
いつのまにか第二の故郷みたいになった恵比寿です。

いつでも行けるから、と思っていたのが、もうなくなってしまうことになって、
焦って行きたい人を募ったりしながら、自分の中でも悔いのないようにしようと思っています。

あまりにあっさりと、時間なく終わってしまうので、逆にさばっと諦めてしまったりも
しています。

自分の中で、やるべき時にやることはやりつくしたと思っているからなのかもしれません。

あとは、お客さんとして好きなもの食べて、好きなワインを飲んで過ごそうって思います。

4月はもう何度も通っています。


ってことで一人でアイスワインを飲みに…。
IMG_1239.JPG

まずはHOIにメニューを届けて、イーネ・イーネで一人ワイン。
この日、久しぶりに懐かしいお客様にお会いしました。
今まで会えたお客様はいったいどのくらいの数になるのでしょうか?

最後にご一緒したかった方はいっぱいいます。


さてうちの若者もやっと大人の仲間入り。
でもワインがおおっぴらに飲めるのはまだ先なので、本当に残念がっていました。
入学式は中止だったけど、ガイダンスの日、銀座に寄って、恵比寿で食事。

イーネ・イーネとHOIのはしごをしました。
HOIではふかひれそばをいただいて、ふかひれ募金。

アルバム・2011.4.jpg

イーネ・イーネでは定番の二日仕込みの・・・豚の角煮白ワイン仕込みと地鶏の赤ワイン煮。
若者は明太子のパスタに感動していました。


その次は、親友Ricaちゃんと。この日は食事はHOIで。
HOIはこれからもずっとあるわけなのですが・・・

アルバム・2011.42.jpg

どれを食べてもおいしいです。ついつい食べすぎます。
前回、筍の香り揚げをいただきましたが、今回はホワイトアスパラの香り揚げ。
季節のお野菜のシンプルなお料理がおいしいんです。

帰りにイーネ・イーネでワイン。
毎回飲んだワインを写真撮ってます。
これからは、ゆみの生活の中でお店で一人ワインなんて、ないんだろうな~と思いながら。

アルバム・2011.41.jpg
アルバム・2011.43.jpg

アイスワインと貴腐ワインと、リースリング。白ばっかりかな。

あと何回来られるかな? 

恵比寿イーネ・イーネ、一般は25日までです。


前回イーネ・イーネ日記はこちら下向き矢印
2011年4月4日
突然ですが恵比寿ワインカフェ「イーネ・イーネ」が終わっちゃいます、
のご報告をさせてください。



ゆみのデザートプレートや、手描きメニューや看板の仕事の記録はフリーページにまとめておこう
と思います。
Mail0002.JPG

一番初めに書いたメニューブックの中表紙上向き矢印


・・・そして、ゆみちゃんの日記の題名も変わります。


3月の地震前の日記も空いた日付に書いていっています。
新日記はこちら下向き矢印見てください。
2011年03月07日
cona*note「Deli食堂」に行ってきました。
酵母の「たねのパン」とdeliが6種類です。



素材左日本ブログ村のランキングはにほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
FC2ブログランキングはb_03.gif 

素材右
design by sa-ku-ra*







最終更新日  2011年04月20日 23時43分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月04日

恵比寿のワインカフェ「イーネ・イーネ」は今月25日までで終わります。
突然のご報告になってしまってすみません。

2003年3月15日から、ゆみは恵比寿のお店をお手伝いしてきました。
この日記も、「ワインカフェ、イーネ・イーネのゆみちゃんの日記」として始めました。

イーネ・イーネと関わってから、8年以上の月日が経ちました。
感慨深い…という言葉では言い尽くせない思いもありますが、
まずは事務的にご報告させてください。


お店はマスターが別の場所で再開する予定です。
ゆみは恵比寿で卒業します。


イーネ・イーネで知り合って、お友達になっていただいた方、
この楽天日記で、「イーネ・イーネのゆみちゃん」を、応援してくださった方、
たくさんの出会いがあり、いろいろなことを勉強させていただきました。
心から感謝いたします。

「いーねさんとこのゆみちゃん」としてのゆみを、支えていただき、ありがとうございました。

このお話は、皆様にご報告がこんなに間際になってしまいましたが、
ゆみ的にはずっと前から心構えができていたお話です。
ご心配もいただくかと思いますが…これからは気持ちも新たに自分の道を進んでいきます。

ゆみがやらせていただいてきたお仕事のまとめや記録はいずれ、写真が残っている分は
アルバムにまとめて日記にアップできたらと思います。
(いつのことになるやら、ですが)


イーネ・イーネのお客様にも、4月になってからの突然のメルマガでの簡単なご報告に
なってしまったので、ご心配をおかけしてすみませんでした。

慌ててお電話いただいたり、「エイプリルフールなの?」と、お騒がせしました。
恵比寿でのイーネ・イーネは、残りわずかな日にちとなってしまいましたが、
どうか皆様、ご都合をつけて、ご来店くださいませ。

一般には、25日までとなります。
26日は、恵比寿最後のワイン会がありますので、お問い合わせください。
メルマガを転載しておきます。

こんにちは
イーネ・イーネのソムリエ白井です。

4月26日火曜日開催のワイン会を持ちまして、イーネ・イーネは
恵比寿における、ほぼ10年の歴史を閉じます。

これまで長きにわたりご愛顧を頂き、誠にありがとうございました。

現在移転先を検討中ですが、正式に決まりましたらまたご案内申し
上げます。

ワイン会は、イーネ・イーネが始まる前から白井個人の異業種交流会
として、15年の歴史があり、まだまだこれから続いてまいります。

今回は、とりわけ、私個人の思い出深い赤白2アイテムをお二人で1
本づつ、と、ゆっくりじっくりとご堪能ください。
乾杯ワインは2005年表彰を受けた副賞の旅で最初に訪問したオー
ストラリア ボルトリの新商品ロゼスパークリングで。

お料理も、がんばりますので、恵比寿でのラストナイトお楽しみに。
ワインに限りがございますので、お早めにお申し込みください。
=============================
☆4月の定例ワイン会  26日(火曜日)19時30分 開催




ゆみも、まだまだ一緒に行きたい方、お店でもう一度お会いしたかった方がいます。
もし、時間を作れる方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいませ。

日記からイーネ・イーネにお越しくださった方、遠くからわざわざ訪ねてくださった方、
何度も通ってくださった方・・・
本来、お一人ずつご報告して、お礼したいですが、
まずはここからの一斉報告になってしまってすみません。


日記のタイトル、4月いっぱいで、「ワインカフェ、イーネ・イーネのゆみちゃんの日記」
の文字をとります。

「テディベアテラスゆみちゃんの日記」はまだまだ続いていきますので、
これからもよろしくお願いします。


日本ブログ村のランキングは にほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
にほんブログ村

      FC2ブログランキングはc_02.gif
  こちらはインテリア・雑貨部門! 
  クリックお願いいたします


blogram投票ボタンブログラム登録してみました。なんだかおもしろそう。







最終更新日  2011年04月15日 11時11分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年02月22日

「貴腐ワインを飲んでみたい」と言ってくれた方をイーネ・イーネにご案内しました。

2011.2-7.jpg

「平泉展」でお友達になっていただいた慶子さん。
美大で保坂先生の生徒さんだったという方で、今は絵を教えていらっしゃる画家さんです。

ゆみが今年、国立新美術館に搬入に行ったとき初めてお会いしたのですが、
大先輩なのにとても気さくで優しいお姉さんでした。

(あとで、ハーモニカ演奏のさとうりゅうえい君を紹介してくれたのも
慶子さんだとわかります。)

保坂先生が、ゆみを慶子さんに紹介してくれたのですが、
「うちの会はね、人柄で選んでるから。この子はすごく性格が良いんだよ。」
と、慶子さんに話されていました。

ゆみは、あ、やっぱり「絵」じゃないのか~・・・(^_^;)と思ったのでした。


期間中、国立新美術館の二階に平泉会の事務所があったのですが、
そこで、ワインのお話が盛り上がったことがありました。

ゆみの日記を読んでくださったみたいで、そこからイーネ・イーネのHPも見てくれたそうです。


知ってのとおり、イーネ・イーネはアイスワイン貴腐ワイン
グラスで飲めるお店。

ゆみが居た頃、「都内で唯一」と言っていましたが、それは今も変わらないかな~。
フェアとか特別サービスじゃなく、常時、アイスワイン・貴腐ワインの飲み比べが出来ます。

通常10000円以上するボトルですが、グラスでいろいろ飲めるって、嬉しいことです。


ここで、アイスワインと貴腐ワインをまったく知らない方のために、
ゆみが描いたイーネ・イーネのメニューをご紹介。

じっくり読んでいただけると嬉しいです。

menudesertwine.jpg

ゆみがイーネ・イーネに居た三年間、日々このアイスワインと・貴腐ワインの説明を
お客様にしていました。


ゆみが初めてアイスワインを飲んだ時の感動・・・
世の中にこんなおいしい飲み物があったのか、と思いました。

そんな驚きを、お客様にも味わっていただきたくて、アイスワインや貴腐ワインを
テーブルに並べて、飲み比べをしてもらうひと時が一番好きな時間でした。


久々に貴腐ワインが飲みたい、と言ってくださる方がいて、ゆみは喜んでご一緒しました。

慶子さんのお嫁さんも一緒に三人で、アイスワイン・貴腐ワインを飲みながらお食事しました。

2011.2 178-1.jpg

店内が暗いのでピンボケですが・・・

貴腐ワインの甘みは独特のものです。そのままで本当にデザートみたい。
そして、スウィーツとの相性も良いので、マスターがサービスしてくれました。

2011.2 180-1.jpg


今は恵比寿に勤めているわけでもないので、足が遠のいてしまうイーネ・イーネですが
やっぱり行って見れば、おいしいワインとくつろぎの時間があります。

最初は忙しくてバタバタしていたマスターも、一息ついて、話に加わってくれて、
ちょっと平泉会との出会いなどの話で盛り上がりました。


慶子さんのお嫁さん、素直なかわいい方で、こんな風にお嫁さんとお姑さんで
ワインが飲める、なんて素敵な人生だなと思いました。

そして慶子さん、結婚記念日にご主人が旅行に連れて行ってくれたみたいで
そのお土産もいっぱいいただいちゃいました。


ゆみたちの世代は、もう若くもないし、でもまだなんにも成し遂げてないし、
まだまだもがきの世代です。

自分がこれから何かを成せるものなのか、あるいは素敵な壮年を迎えられるものなのか
なんにもわからない中ですが、
平泉会でお知り合いになった方たちは、ほとんどがゆみより年上の方ですが、
皆様、活き活きと輝いて暮らしてらっしゃいます。

皆様、年齢をお聴きしてびっくりです。
年齢に対しても固定観念が崩れていくようでした。

ゆみたちも・・・もう若くない、なんて言わないで、まだまだこれからがんばろうよ。

そう思える出会いがいっぱいあったことに、とても感謝しています。


そうだね、まだまだ。まだまだ。これからですよ!!


この日、お言葉に甘えて慶子さんにご馳走になっちゃいました。

お仕事なので、若い子とご飯を食べたら、ゆみが奢ることが多くなってたりしたので、
こういうのは新鮮です。

ほんとに甘えちゃった! 嬉しかったです。
ありがとうございました。(*^。^*)

また行かれたらいいな~と思います。


この後、平泉会で仲良くなって、テディベアテラスにも遊びに来てくれたYukaちゃんも
イーネ・イーネに日曜のランチに行ってくれたみたいです。

マスターとはお話しなかったそうですが・・・。

皆様、この日記を読んで、行って見てくださる方は、試しに
「ゆみちゃんの日記を読んでからきました!!」と言ってみてくださいませ。


アイスワイン・貴腐ワイン。本当においしいです。お試しください。

素材左日本ブログ村のランキングはにほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ
FC2ブログランキングはb_03.gif 

素材右
design by sa-ku-ra*






最終更新日  2011年03月08日 17時46分14秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年12月03日
 
2010ガーデンプレイスクリスマス-8.jpg

今年もガーデンプレイスのイルミネーションや、ツリーやバカラのシャンデリアの季節に
ちょうどお仕事でした。

日記に書きこぼしたことがたくさんあります。

「ブノワ東京」に行った日記は書きましたが、その日、11月30日は、
午前中、表参道のブノワでお食事会をして、午後2時からガーデンプレイスのお仕事に入り、
そして夜は、イーネ・イーネでお食事会のお約束がありました。

ハードなスケジュールの日・・・

ガーデンプレイスのイルミネーションがきれいで、ちょっとホッとします。
(今年はデートなかったな~)

2010.11 123-1.jpg


2010.11 075-1.jpg


2010.11 013-1.jpg



お仕事が終わるのが20時半だったので、そのままイーネ・イーネに直行、
20時50分に恵比寿駅にお迎えに行きました。

この日のお食事会は、ライアーのかよこさんとピアノのメロディさんとゆみの
シックな(落ち着いた)組み合わせです。

出会いはここ。またまたライブ司会のお話から。

2010年11月06日
ゆみさんライブ司会に挑戦のお話。
第一部は、ピアノ弾き語りと、ライアーソロ演奏でα波が会場にいっぱい。


2010年11月07日
ゆみさんライブ司会に挑戦のお話。
第二部は、オリジナルソングメドレーとコケロミン君登場で、感動と楽しさと…♪


この出会いが、今後もきっといろいろな話題を呼びます。
日記に書きたい出来事がたまっちゃってます。

だから、ゆみの日記を読んでくださってる皆様、今のうちに追いついてネ!!

2010年11月21日
イベントへの気持ちの作り方
&池袋西武会場でお友達がコケロミンちゃん♪の衣装をゲットです。


キーワードは「コケロミン」。
これは、カエルパペット型電子楽器なんです。

余談ですが、この楽器がカエル型でよかった。ゆみは実はあんまりカエル好きじゃないので。
もしもこれがクマだったら・・・
絶対欲しくなっちゃってたよ~~~(^_^;)


というわけで・・・メロディさんのライブの司会を引き受けたら出会えた
ライアー演奏者のかよこさん。

今度一緒に、朗読でもコラボしたいですね、とか、
もしかしてコケロミンちゃんの椅子、作れますか?とか・・・
楽しい話題をいっぱい持ってきてくれました。

その一つが、「イーネ・イーネで小楽器のライブが出来るかしら?」でした。

かよこさんの音楽家仲間のネットワークはすごくて・・・
mixiに、「恵比寿ワインカフェの可能性」という題で日記を書いて下さったら、
「いいですね~」という応援や共感のコメントがたくさん付きました。

「イーネ・イーネはピアノはないけれど、持ち運びのできる楽器なら、ライブできますよ」
とゆみがご案内したら、その反応の速さと反響のよさにはびっくりです。

そう、イーネ・イーネは、ゆみがいる間だけでも、
フルートや打楽器(ドラム)、ギターなど持ち込み企画のコンサートがありました。
貸切であれば、楽器を奏でても歌を歌ってもよいのです。

一応マスターにも確認しましたが、もちろん大丈夫でした。
人数は全着席型で25席。
半立食だったら、40人が可能。

とりあえずまずはお店を見てもらうこと、マスターとお話してもらうことが先、
と、今回のお食事会が実現しました。

21時から、という遅いお食事になってしまって申し訳なかったですが、
ちゃんと3人集まれました。


2010ガーデンプレイスクリスマス-9.jpg

おすすめ料理はいっぱいあるんだけど、また来てもらえそうなので欲張らず・・・

タコとブロッコリーのプロヴァンス風。自家製バターのガーリックトースト。
北海道産サンマスモークの香草パン粉焼。
ニューカレドニア産 天使のエビのリングイーネ。の4品にしました。

ワインはメロディさんはオーストラリアのウルラで。
ゆみは自家製サングリアの白で。
お酒の苦手なかよこさんにはゆみおすすめのブラッドオレンジソーダで。

今回は時間が短かったのでワイン一杯だけでしたが、次回は絶対アイスワイン・貴腐ワイン
を召し上がっていただきます!!

ちなみに、このお仕事期間中にイーネ・イーネに寄った時のメニュー。

2010ガーデンプレイスクリスマス-6.jpg

生ハムルッコラ好きです。パスタは全部生パスタで、ほんとにおいしいです。
リングイーネ アマトリチャーナが最近お気に入り。
元祖お気に入りは、ほうれん草のフェットチーネ チーズクリーム。

でも一番おすすめは、天使のエビのリングイーネですよ。
お刺身に近いくらいのエビの味噌をパスタに絡めていただきます。

ちなみにイーネ・イーネぐるなびはこちら下向き矢印

くつろぎのワインカフェイーネ・イーネ
[ワイン&ダイニングバー]
くつろぎのワインカフェイーネ・イーネ
JR恵比寿駅 東口 徒歩1分
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-4-11 太興ビル1F(地図
ぐるなびで くつろぎのワインカフェイーネ・イーネ の詳細情報を見る
※2010年12月19日現在の情報です
ぐるなびぐるなび



期間中、26日はマスターのお誕生日なので、お寿司の陣中見舞い持って寄りました。
近くにいるのに知らん顔もできなくて・・・

12月2日は、「テディベアテラスのお誕生日」だったので、
ゆみさんが代わりにバースデーワイン。
マスターに、2010.11 124-1.jpgおごってもらいましたー!
テディベアテラスのお誕生日、自己申告で・・・
2010.11 127-2.jpg

トロッケンベーレンアウスレーゼは、一番おいしい貴腐ワイン。

その代わり、クリスマスの飾り付けを差し入れです。

2010.11 125-1.jpg

ゆみがイーネ・イーネにいるときって、急に満席になったり、10人入れますか?と
お客様が入ってきたり、いつもにぎやかになります。
静かにおとなしく座ってるつもりなのに、何か他の人と違うのか、
「お店の関係者」と思われやすい・・・相変わらず何か口出ししてしまうゆみです。
(手出しはしないお約束ですが・・・)

あ。ちょっと話がずれました。

そうそう、この日、三人にマスターも加わって、ちょっとお話が出来ました。

来年になったら、何かイーネ・イーネ企画を考えましょう・・・
というワクワクなお話になりました。

ライアーだけじゃなく、ギターの方や小楽器の方の演奏会みたい。
メロディさんが歌うかも?ゆみも何かお手伝いできるかしら?

なんだか新しい可能性に心躍る出会いです・・・


そしてこの日、コケロミンちゃんの椅子、じゃなくって、かよこさんがコンサートで
座る椅子の正式依頼を受けました。

完全オーダーメイド。コケロミン型椅子??

作るのはWOODYPAPAですが、「がんばらせていただきます!」とお返事。


結果はどうなったか・・・また日記にしますね~~~!!

かよこさん、メロディさん。
イーネ・イーネ、今回は慌しかったので、今度は早い時間からお食事しましょうね。
次回はぜひ、地鶏の赤ワイン煮をお召し上がりくださいませ。



ブログランキング覗いてみてね♪♪
日本ブログ村のランキングはにほんブログ村 雑貨ブログ カントリー雑貨へ

 「カントリー雑貨」のブログがいっぱいありますよ。
いつもありがとうございます。


FC2ブログランキングは 
こちらはインテリア・雑貨部門!
何位か探してみてくださいね。

blogram投票ボタンブログラム登録してみました。なんだかおもしろそう。






最終更新日  2010年12月19日 02時39分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全141件 (141件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.