1946908 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

TOM's Garden

PR

プロフィール


@tom@

日記/記事の投稿

カテゴリ

つぶやき日記

(239)

ジャンプ/WJ・SQ・NEXT

(222)

テニスの王子様/大好きだ!

(87)

SQ 新テニスの王子様

(5)

声優さん/Webラジオ・他

(128)

NARUTO/アニメ感想

(130)

アニメ・漫画/カテゴリ未定作品

(36)

STA☆MEN&諏訪部順一さん

(46)

アニメ(2011ジャンプ作品)

(16)

2011春アニメ

(5)

2011冬アニメ

(31)

2010秋アニメ1話目シリーズ

(12)

海月姫

(10)

屍鬼/アニメ・Webラジオ

(26)

荒川UB 1期(終)&2期

(25)

心霊探偵 八雲

(12)

バクマン。

(4)

2010夏アニメ1話目シリーズ

(10)

世紀末オカルト学院(終)

(12)

HEROMAN(終)

(23)

学園黙示録H・O・T・D(終)

(11)

いちばんうしろの大魔王(終)

(8)

2010春アニメ1話目シリーズ

(3)

WORKING!!(終)

(16)

四畳半神話体系(終)

(11)

感謝/アクセスHIT・拍手等お礼

(53)

リボーン/アニメ&Webラジオ

(302)

銀 魂/アニメ感想

(169)

鋼の錬金術師/

(31)

ミラクル☆トレイン/アニメ感想

(12)

07-GHOST/アニメ・Webラジオ

(64)

黒執事/アニメ・Webラジオ

(63)

お絵描きチャット部屋にて

(15)

グッズ/アニメグッズ他いろいろ

(35)

ひとり放浪日記

(2)

ゲーム/ゲーム関係

(50)

小説/小説の感想

(12)

シャイニング・フォースフェザー

(16)

バトン/バトン・お遊び・占いなど

(84)

ドラマ・映画・バラエティ/アニメ以外

(58)

music/色々

(3)

BLEACH/アニメ・その他

(9)

ケロロ軍曹/アニメ感想(不定期)

(9)

ワンピース/アニメ・その他

(4)

アニメ2012

(1)

サイド自由欄


チャット部屋入り口☆
---------------------------


頂いた素敵イラストの部屋
---------------------------

my gallery.GIF
痛い自分の絵(絆創膏必須)
[只今 準備中]
---------------------------

肩凝子教信者を(勝手に)名乗る会.gif
肩凝子教(自称)信者1号☆
勝手に入信宣言中♪
☆現在、信者5号まで増殖中☆
----------------------------


STA☆MEN大好き宣言!
☆メンバー絶賛募集中デス☆
詳しくはバナーからサイトへGO♪
----------------------------

つぶやいてもいい?.gif ←Twitter
 なんかブツブツと
 呟いてるかも
----------------------------

バックナンバー

2019.09

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

マジか! New! てんぽ〜さん

本日のもふもふ。 New! あくびネコさん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

ねじヲのブログ@凍… ねじヲさん
L i g h t  B l u e Kuroron.さん
Sweet パラダイス さくらこ2230さん
おぼろ二次元日記 おぼろ.さん

全130件 (130件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

NARUTO/アニメ感想

2011.01.05
XML
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

年明けから ソワソワしてましたが


やぁ~~~っと 今日 買いに行けました!!



NARUTO×UTグラフィックT.jpg NARUTO×UTオリジナルDVD.jpg


~ユニクロだけのオリジナルDVDを数量限定でプレゼント~

ユニクロは、人気漫画『NARUTO-ナルト-』とコラボレーションしたTシャツを
2011年1月1日に全国のユニクロ店舗で発売します。
原作者 岸本斉史先生の描き下ろし2柄と、TV版のアニメ制作を担当する
studioぴえろ描き下ろし5柄を含む全11柄をご用意しました。
また、先着購入者特典として、「Aqua Timez」がテーマソング
「真夜中のオーケストラ UNIQLO×NARUTO ver.」を歌うユニクロオリジナルの
アニメーションDVDをプレゼントします。

ユニクロ プレスリリース

ユニクロ Tシャツ特集



やっぱり、みんなが描かれてるのがいいなぁ~と、この柄にしちゃいました♪

んで、DVDのパッケージデザインが色々あったのですが


お目当ては、我愛羅です!!



が、レジのオネーチャンが持ってきたのは、デイちゃん。

(-ω-;)ウーン、デイちゃんは嫌いじゃない、好きだけどー・・・


やっぱ一番はどきどきハート我愛羅



「あの~・・・これって絵柄は選べないですか?」



「あ、誰がいいですか?」



「えーっと・・・我愛羅が・・・」



「あ・・・すみません、わからないです・・・(汗」




おいおいおいぃぃぃぃwww


誰がいいですか?って聞くからキャラ知ってるかと思ったやんwww


思いっきり「我愛羅」って言っちゃったじゃん!


めっちゃ恥ずかしいわぁ~~!!!( ̄□ ̄;




「このTシャツの中にいますか?」と聞かれたんで

我愛羅を指さして、「これなんですけど~」(いやー!!恥ずかしいwww)


Tシャツの中のキャラを見て、( ̄ω ̄;)えーと・・という表情をしながら

ナルトとか真ん中へんのはあるんですけど

端っこのほうのは~・・・
、と苦しいお返事w

ナルト・サスケ・サクラ・カカシ先生くらいは、わかってたようです(笑)



じゃあ、2番候補のイタチ兄さんを!!!・・・って

イタチ兄さん、ここに描かれてないしΣ( ̄□ ̄;

ここに描かれてないキャラのは~?と、またしても困らせてしまった私w


そんなこんなで無事にイタチ兄さんをGETして参りました!!




DVD、凄くいいですね~~~~!!!O(≧▽≦)O

ちびっこ時代の思い出のシーン、見てたらウルっとしたり。。。

イタチ兄さんの、おでこコツンのシーンも(ノ◇≦。)

最後、何やら怪しげな雰囲気を残して終わるところも良いですねぇ。



DVDが無くなってたら悲しいなぁ・・・と思ってたので

パッケージは我愛羅じゃないけど、イタチ兄さんがあったし

Tシャツもボッタクリの値段じゃなかったし(笑)

プレゼントで貰えるDVDとしては良い出来だな~と思えたし!!


ヨカッタヨカッタ!嬉しいぞ~~~!ヽ(^◇^*)/



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも









最終更新日  2011.01.06 01:47:52
コメント(6) | コメントを書く
2010.10.29
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

意味を求めては負けなんだ!と悟ったw



チャクラウィルスなるものに、ナルトが感染している?という

なんでしょう、このいきなりな設定w


ナルトがウィルスに感染しているなら、なんでナルトは発症しないんだろう、とか

感染源であるナルトを捕獲(←動物扱いw)しようと、医療班が躍起になって

ナルトを追い回しているけど、ちょろちょろとなかなか捕まらない、とか



医療班、ちと情けなさ過ぎじゃないかー?(笑)



とか



カカシ先生が出てくれば、すぐ捕まるんじゃね?



とか思ったりw





まあ、そのおかげで、木ノ葉のちびっ子たちが見れたけどネ☆(゜∇^d)

木ノ葉のちびっ子たちはカワイイな♪.jpg

チョージ、テンテン、キバが出てきた時点で

おお・・・これは、シカマルやネジ兄さんも出てくるのか!!

と喜んだんだけど、残念ながら出てこなかった”(*>ω<)o"クーーッ!!

(シカマルやネジ兄さんが出てきたら、ナルトもすぐ捕まるだろうw)


シノ、出番があってよかったねーw.jpg
 ああ、シノ!

 忘れられることなく

 出演できて良かったね(笑)




結局、チャクラウィルスでも何でもなかった・・・というオチ(なんだそりゃw)




最初は、なんだこの強引な設定と話、そしてナルト捕獲チームの弱さは・・・

と思ったけど、途中から、意味を求めず、ただこのドタバタを楽しめばいいのか!

という視点で見ると、なんかこれはこれで面白かったかもとw


意味の無いドタバタ、木の葉のちびっ子たちを楽しむためだよね~( ̄m ̄〃)



サスケがなぜ病院で寝てたのか・・・というのが不思議なんですけど

まあ、オリジナル話ですし、ドタバタ基本な話のようなので

色々な事に意味を求めてはイケナイ!

なぜなら・・・オリジナル話だからだw




今回出てこなくて残念だったネジ兄さんは、次回のお話に出てくるようで!!

オリジナル話に「意味」を求めず、単純に楽しもうと思います(笑)

ネジ兄さん出てくるし (o^-')b  ネッ!!




 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達のストーリー

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.10.31 12:57:45
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.22
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想
台風「ナルト、仇討ち指南塾」


ダチョウ、最強w
 

ダチョウ最強.jpg


つつかれたり、タンコブを作ってるサスケは貴重だw


えっと・・・本編は、スルーで(ォィw)



まあ、あれだ、「復讐」を題材にした過去話(オリジナル)


あの頃のナルトは、サスケと同じ「一人きり」という境遇だったけど

最初にあったものをすべて失ったあとの「一人きり」と

最初から「一人きり」というのは違う、とあの戦いでサスケに言われ

その時は、わからなかったけれど、かけがえの無い師を失った今、

やっとその意味・その気持ち・その痛みが理解できたナルト君です。


というお話ですね。

あの頃のように、一緒に笑いあえる7班に戻りたい。

そうなればいいのだけどね・・・。

(抜け忍が、おいそれと許される事は無いと思うのだけど
 そこらへんは・・・考えないでおこう^^;
 カカシ先生の笑顔は、ナルトの成長と、この先進むべき道、
 目標があるのはいいと言う意味での笑顔だと思おう!)




-------------------------------------------------------


台風「我愛羅『絆』」



我愛羅ぁぁぁぁぁぁ!!!!



ちょwww

なにこの我愛羅の可愛さ~~~!!!

ペコ・・・がカワイイ!.jpg 「遅れて、すまない」


 「少し遅れた

    申し訳ない」

 (*- -)(*_ _)ペコリ


ヾ(≧∇≦*)〃 かーわーいーいー!! ヾ(*≧∇≦)〃




ああ・・・まだ里のみんなに受け入れられていない、

ナルトとの戦いで、これから変わろうと決心した直後あたりの

我愛羅なんですねぇ・・・。



木ノ葉と砂の合同任務。



ナルトのいきなりの石を投げつけての挨拶(挨拶かよw)を

砂の絶対防御で跳ね返す我愛羅。

お付の二人が一瞬にして草むらに逃げたよ^^;;



そして砂の里からの、これは監査役ってより暗殺部隊ですか・・・。

任務にかこつけて、チャンスがあれば、我愛羅を消そうとしているのですね。




里の中で疎まれる存在、ナルトと同じく・・・。

そんな中に身をおかれていても、ナルトとの戦いで

逃げずに前へ進もうと決心した我愛羅が健気過ぎる(;;

狙われているのは自分・・・.jpg 居てはならない 存在

 必要の無い 存在

 消えるべき 存在




そんなヤツは居ないんだよぉぉぉ!!



望んで尾獣の器になったわけでもないのに。

望んでその力を得たわけじゃないのに。



あああ・・・・ここで白まで出てくる始末(泣けるー!!



うだうだと喋ってる面をつけた砂のやつらに

ナルトが切れたーーー!!!


パーンチ!(o゜Д゜)=======O三★)゜◇゜)


そのナルトめがけて、一斉に放たれるクナイ


それを振り払ったのは、サスケ!!!


そして、カカシ先生の雷切!!!


いけー!やれーい!w.jpg


いつも突っ走りなナルトですが、

これは許す!!ってか、もっとやっていい!私が許す!w





小さな、まだ細い、人と人との繋がり

その細い繋がりを、ひとつひとつ大切に、そして確実に繋げていく

決して、もう、自分から繋がりを絶つことをしない

細い一本の繋がりを大切にしていけば

それはやがて、切れない太い繋がりになっていく。



繋がりから、絆へ・・・。




いやいや!!!

最後の我愛羅の、照れつつも仲間二人に言った言葉が

可愛いじゃないかーーーー!!!


「違う!・・・その前の・・・(照)」
 「仲間!!」


仲間!!.jpg

("▽"*) イヤン赤ハートカーワーイーイー!!!!




その言葉の持つ意味、重さ、心強さ、自分を強くしてくれる温かい言葉


こんなデレた我愛羅を見れるとは、何と嬉しいオリジナル!!

ありがとう、ぴえろさん(〃∇〃)



前回のお話では、復讐というものに飲み込まれ

仲間から出されていた繋がりを断ち切ったサスケ


今回は、存在を疎まれ否定され続けていた我愛羅が

その細い繋がりを大切にして行こうと断ち切ることをやめた




絆を断ち切ったものと、絆を大切にしてきたもの


最初に伸ばされた、細くて切れそうな「繋がり」という糸

それが切れないように、大切にしてきたからこそ

風影という、里のみんなから必要とされる存在になり

その恐るべき力も、恐ろしい殺人兵器から一変して

里を、自分たちを守ってくれる力として必要とされる存在になった。



始まりの糸は、二人とも同じだったはずなのに

まったく逆方向の道を歩む結果になったという・・・。



そうか・・・実は、これは2話構成になってたんですねーw

だから前回のお話が、あんな感じだったのね~(と思おう)

前回のお話の殆どが前フリって事で、どすか?

(アレ、このフレーズ、この間も書いたぞwwwww)




 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達のストーリー

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.10.23 08:59:42
コメント(4) | コメントを書く
2010.10.09
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

おお! イナリ、大きくなったなぁ~
 


疾風伝過去編 イナリ1.JPG



お話は過去に戻って・・・・・

あの・・・橋での戦いが終った後、すぐに起こった事件です。



あの時にガトーは居なくなったけれど、残党はそのまま残ってたのかよっ!!ムカッ

お前らはいなくてよろしい!!

変わりに、ザブザと白を戻してくれよぉぉ(;;


あうぅぅ・・・だめだ、悲しくなってきた(T-T)

  




ナルトがタズナの家に忘れてきた「一楽のラーメンサービス券

ナルトがそれを大切にしている事をしってたイナりは、それを届けに行く途中

・・・なんだ、この典型的いじめっ子3人組は。

ん?なんかこの風景はデジャブ感が・・・・ああ、ヒナタの時だ^^;
ヒナタもいじめっ子3人に、こういう所でいじめられてなかったでしたっけ。




しっかし・・・「一人じゃ何も出来ない癖に」って

3人で行動して3人でイナりをいじめてるお前らに言われたくないわぃ!って思いますがw

そんなところで、ガトーの残党が現れ、捕まってしまい・・・・。





台風それを取りにまた勝手に一人で行動しちゃってます、ナルト君w

ナルトを連れ戻しに来たのはサスケ

「ウスラトンカチ」は何度聞いても、うーん!!!懐かしい!!!w




草むらに落ちていた「一楽のラーメンサービス券」

争ったような痕跡

木々に残された刀傷



ガトーの残党の仕業と気付いたナルトとサスケはイナリのもとへ急ぐ!!





イナリ、強くなりましたねぇ・・・

疾風伝過去編 イナリ3.JPG あの一件で、強くなる心を持てたイナリ

 ナルトの「くじけない心」というのは、

 成長期の子供にとってはとても大きな

 影響力があるという事は、チビッコ時代の

 ナルト話を見ていてもやっぱり強く感じますね。


(ただ、それが、大人相手だと、そうそう単純に世の中まわっているわけでは無いので

そのへんがまだ対処できてないナルト君なので困ってしまうのですがw)




捕らえられていたアジトを逃げ出し、3人は里へ逃がし

一人、ガトーの残党を引き寄せる役をすると。

崖に追い詰められ、そこから川へ飛び込むイナリ。




昔・・・父に話してもらった事を思い出す。


泳げない自分に、優しく泳ぎを、「勇気」を教えてくれた父。

父の偉大さ、そして自分を勇気付け受け止めてくれた父親の大きさ

泳ぎがまだ上手くないイナリの目の前に現れたのは・・・ナルト!!


父親話から、ナルトがイナリを助けようと手を伸ばすシーンの繋がりに

ちょっと、ウルッとしたなぁ。


いやぁ~、ナルトのチビッコ時代が絡むと、涙腺も弱くなるのです^^;;;






台風そこへ、来ました、ガトーの残党・・・つか、ザコ過ぎるwwww

ナルト・サスケの連係プレーと、立ち上がった波の国の人々の力で残党も一掃。

心配かけやがって!とイナリにパンチゴツン☆するナルト、ウルウルしてて親みたいですねぇ。

イナリも、ごめんよぉ~と、二人して涙・鼻水まみれで泣いてます(笑)

疾風伝過去編 イナリ2.JPG


そして、一楽のラーメン券は。。。

川でイナリを助けた時に、流されちゃったようで、ナルト更に大泣きwwww





あれから大工として働いているイナリたち。

今度は、自分たちが木の葉を助ける番、まずは一楽のラーメン屋建設から!!

イナリの成長と心使いを感じて、「ありがとだってばよ」という

ナルトの笑顔、とてもいい顔してたなあ♪




台風一方・・・・ヤマトさんが木遁の術で、一気に町を復興しております。

凄いですね、さすがヤマトさん!!

疾風伝過去編 ヤマトさん、やっぱりね・・・w.JPG

・・・まあ、こうなるのは、解ってたことですが(笑)

やっぱりやっぱり、苦労人のヤマトさん。

今夜も、飲み屋で自家製の気のマドラーでお酒を飲んでクダをまくのかなぁww

アスマさんは居ないから(泣)、一人酒になるのかしら^^;;







 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達のストーリー

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.10.11 02:35:33
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.30
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

懐かしい場面がいっぱい!!O(≧ω≦)O
 


使いまわしだとか、そんなのは、どうでもいいや(笑)

前回、イルカ先生がナルトを受け入れ、心を開いて、信じて行こう

そう決めた後に、今度は色々な任務をこなす上での班作りで

担当がカカシ先生になった所の始まりのお話でした!



台風担当がカカシ先生に決まった時に、「担当した下忍を合格にした事がない」とか

ナルトを潰そうとしているのか」というヒソヒソ話をイルカ先生が耳にして

心配するかのような態度を示した所が、ナルトを本当に気づかう心が出来たんだなぁと

前回までのストーリーでナルトを大切に思っているんだなっ♪と感じて、よかったなぁ。




台風そして、紅さんや、アスマ先生が~~~。

シカマルの担当になったアスマ先生とシカクさんが将棋を打つシーンも

よかったですねぇ・・・ここで、あの話をしてたんですね。


”(*>ω<)o"クーーッ!!!


シカクさんが信頼してアスマさんにシカマルを託したのがよくわかります!!

うう・・・アスマさんとシカマルの色々なシーンが思い出される・・・。

アスマさんの最期も、また思い出しちゃったよぉ~~(/□≦、)





台風うーん!!! 懐かしいアカデミー時代のシーン!!

使いまわし? (←シツコイw)

いやいや、これはいいと思いますよ!!

カカシ先生、こんな所にw.JPG

あの時にカカシ先生はあんな所に居たんだ、とか、見てて面白かったですもんww

まさか、教室をあんな所から覗いているとは知らなかったものw

そして、あんなガックリした空気を漂わせていたなんて知らなかったものwww




あのシーンキスマークやるのかと思ったけど・・・・やっぱりキターーーー!!!(笑)

サスケ君のファーストキスがぁぁぁwwww.JPG

これは名シーンですもんね、これはやっぱりないとダメですよね(爆)

ドベ」や「ウスラトンカチ」発言のサスケも久しぶりに聞けて楽しかったし

笑えるエピソードのチョイスが嬉しかったですw



そして、重要なエピソードも。


サクラに「お前、ウザイよ」というサスケのシーン。


これは、親が居ないという孤独、自分の事もそうだけれど

ナルトの境遇も自分と重なってたんだろうな、と思える重要なシーンだったなー

なんて、色々な事を思い出しました。






台風懐かしいチビッコ時代のお話(名・・・迷シーンばかりで笑えましたしw)

オビトさんや、四代目のシーンも挟んでくれたし、繋ぎのオリジナル話としては

変な(変、言うなw)オリジナル話を挟まれるよりは、気軽に見れて良かったかな~。

一番大切にするもの.JPG

ふと・・・四代目の優しい口調は、カカシ先生に影響を与えてたんじゃないかなぁ。

なんとなく語尾が、それっぽいので。

まあ、カカシ先生の場合、更に拍車かけた感じで、オネエ言葉に近いですがw




今のナルトとサクラの後姿を見て、あの頃の3人の後姿を思い出すカカシ先生。

サスケの師になりきれなかった、という思いと後悔と責任のようなものは

ずっと抱いているんだろうなぁ・・・。


ナルトには、イルカ先生やカカシ先生、そしてじらちゃんが居た。

サスケにも、ナルトと同じように、信頼できる「先生」は居たけれど

それを受け入れるか、拒否するか、目を向けるか、そむけるか



それによって、今のナルトとサスケの歩む道、考え方が真逆になってしまった

あの頃に何かもっと出来たんじゃないか・・・と思ってしまいますよね。


仲間を一番大切に思う気持ち



それを伝え切れなかったことが、カカシ先生の一番の心残りなんだろうなあ・・・。


あの頃、そして今・・・.JPG






台風しかし・・・なんとも情けない・・・火の国の面々。

木ノ葉の相談役だか知らんが、こいつらもね・・・。

大名・・・.JPG

どこのオノボリ貴族かえ~?能天気にも程があるな・・・。

こんなヤツラが、火影がなんたらとか決めてるのかと思うと

平和ボケだの何だの言われても仕方ないと思わないかえ~?(´ー`)┌フッ

シカクさん、やっぱりカッコイイ親父さんですね~。

ダンゾウが着々と野望の計画を進めていますね・・・・。





台風次回は、波の国・・・ですね。

さすがに、ザブザと白は出てこないでしょうけど・・・

というか~・・・出てきたら、泣きますからね? やーめーてー(T□T)



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達のストーリー

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.10.02 01:03:23
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.18
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

まぁ・・・良かったと思うよ!( `・ω・´)
 ←やっぱり上目線w



もうちょっといいお話に出来たのにな~と残念な所は

やっぱり敵キャラの扱い方かなぁ・・・。



あんなヘボな感じにしないほうが良かったと思うのですが



木ノ葉の警備情報、という重大なモノを回収に来るのにこんなんでいいのか?と。 

油断しようが、下忍でもない子供に翻弄されたり、クダラナイ罠に引っかかったり。



なので、このエピソード、自分的には

冷酷で子供なんて相手にもしないような敵
キャラが良かったな。


顔とか性別はどうでもいいのですよ。

できれば、顔はマスクや面で隠してて、解らないほうが恐怖が増すし、

女キャラだからお色気の術が通用しないのではなく、男だとしても

お色気の術なんて低級なモノは眼中に無く襲ってくる、

 あくまで任務遂行してくる、忍びの怖さ
を持っている

そのくらいの「怖さを持つ」キャラが良かったなぁ・・・。




命を落とすかもしれないという恐怖を感じさせる


それでも仲間にして貰えるのなら、と懸命になっているナルト、のほうが

ナルトが一人で抱えていた寂しさの深さというのが、見えて来たんじゃないかな?




そこまでして、なぜ・・・という気持ちがイルカ先生の中に起こって、

それで、自分が幼かった頃の辛くて寂しかった事や、

その時に三代目の「包み込み優しさ」で心が救われた事や、

そして教師を目指そうと思った自分を思い出す、という事が

いい具合に表せた気がするので、そこがちょっと残念。



しかも、あんなヘボ敵キャラに、カカシ先生の雷切!は、勿体無いと思った(笑)

カカシ先生が雷切を使うほどの敵キャラだった、納得させて欲しかったな~。



ちょっと残念と思う部分は、そのくらいで・・・

いや、言えといえば他にもありますけどね(笑)

どうしてもな~、勿体無いつくりだな~、と思ったのがそこだけだったので。



このシーンで満足ですw.JPG


カカシ先生が、仔チョージと仔シカマルと話す場面とか、何気に美味しかったしw

(知らない人と話しちゃダメ、って、絶対そんなこと本気でシカマルは思ってないよねwww)




仔イルカ先生が、父母の墓の前で三代目に抱きしめられるシーンも凄く良かったし

(辛くない寂しくない両親は英雄だから!と叫ぶ仔イルカを見てるとウルっとしてしまったヨ)




イルカ先生がナルトの心に気付いて受け入れようと思ってくれたところでの

あの、いつも一人だったブランコの前で話すシーンも良かったと思うし。

(すねてるナルトがカワイイ!! 「怒る」と「叱る」の違いを感じているよね。
 きっと「叱られて」嬉しかったんだろうな、照れくさかったんだろうなぁ)




ちょこちょこと良いシーンもあったし、不足部分は自分の脳内で補完すればいい!!

・・・と思えば、まあ・・・良かった・・・と思うよ。

うん、このくらいの完成度でいいよいいよ

(どこまで上目線やねんwww)





台風ちょこっと挟んだ、サスケたちのシーン

これは・・・サービスと思ってもいい?(笑)

これでまたすっかりとね、騙されたしwww

水月ーーーー赤ハート!!!

相変わらず、やんちゃな感じがカワイイゾ!!O(≧ω≦)O

このままこうして仲間といなよ、サスケ・・・.JPG
 こう見ていると、サスケは木ノ葉の仲間といるよりも

 こっちの仲間と居たほうが、なんかしっくりとするというか、

 サスケ自身も落ち着いているような、そんな感じがしますね。







台風さて、やっと駆けつけたヤマトさんは、シカクさんと話しておりますが、


里の有り様を見て・・・ナルト(九尾)では無い事に安心し

しかもナルトがペインを倒した事も聞き安心

九尾の力もナルト自身が抑えたと聞いて安心・・・

したけど、九尾を自分で抑えた!?と、ビックリほえーしてるのが笑える( ̄m ̄〃)

(なんだかやっぱり、最初の頃の厳しさが消えて面白キャラになってませんか?w)



そして、壊された里の復興にヤマトさんの力が必要といわれ「はい!」と答えたはいいけど

それって、木遁の術を使いまくって・・・という意味?(笑)

お疲れ様です・・・ヤマトさん。 ああ、やっぱり苦労人w




台風イルカ先生との絆が出来たナルト、次はカカシ先生ですね~。

これも補完的エピソードと、カカシ先生の気持ちの動きを少し見せてもらえれば

あとは、色々と脳内で繋ぎ合わせて補完できればいいやぁ~。


懐かしのカカシ班が見れるのも、ちょっと嬉しいし♪




 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達と
その頃のナルトのお話になるようですね。
まずは・・・一番最初にナルトの理解者になってくれた
イルカ先生のお話です。
イルカ先生にとって、九尾は親の仇・・・
その九尾を体内に持つナルトとの接し方に悩み葛藤するイルカ先生
そんなイルカ先生が、どうやってナルトを理解し信頼して行ったのか。

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.09.19 22:42:53
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.10
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

イルカ先生だって、人の子ですもん・・・




イルカ先生も、ナルトを受け入れるようになるまでは

やっぱり色々な葛藤があったんですね・・・、当たり前だけど・・・。






イルカ先生はナルトの一番最初の理解者で、ナルトもイルカ先生が居たから心が凄く助けられた。

でも、九尾に両親を殺されたイルカ先生なのに、ナルトとの信頼関係が最初からあったのか?

という疑問はあったので、今回ちょっと辛いし、切ないエピソードですが、なるほどね・・・

と思いながら・・・でも、早く理解して受け入れてあげて!!!と願いつつ見ています。


ナルトの気持ちもわかるし、イルカ先生の辛い苦しい気持ちもわかるので

なんとも切ないですねぇ・・・。

イルカ先生の葛藤・・・.JPG


九尾に両親を殺されたという過去

ナルトに罪はないけど、やっぱり見てると思い出すし、憎む心も出てしまうはず。

それを乗り越えたからこそ、今のイルカ先生がいるんだけど

うー・・・

やっぱりまだ受け入れられないでいる状態を見るのが切ないーーー!!




台風私自身、今までは自分勝手に、「きっとイルカ先生は、そういう過去もあったけど

ナルトという子供には罪は無い、と最初から思っててくれて接していた」

と想像していた部分があったので、こういうイルカ先生を見ることになるとは、

思ってなかったので、ちょっとショックな部分もありました^^;


でも、このエピソードがあることによって・・・・あのシーンが

もっと泣けるものになるだろうなぁ。

あのシーンあるよね? あれがメインだよね?ナルトをかばうシーン!

普通に、あのシーンを見たときにもジーンと来たけれど、こういう経緯があって

最初は九尾の子、という目で見て避けていたイルカ先生も、だんだんと

「そういう目で見ている自分自身が許せない」という気持ちに変わって行って

そして、その心を乗り越えて、あのシーンに繋がっていくと・・・と考えるだけで

ちょっとウルっとしてしまうんですけどっ!!


そん時は、ちょっと涙をふくグッズを準備しておきたいと思います。








台風カカシ先生のさりげない登場!!

このエピソードには関係ないんだろうし、出てこないだろうと思ってたので

思わぬところで、またいい所で出てくれるのが嬉しかった!!O(≧ω≦)O


相変わらず、イチャパラ読んでるけどね!

イルカ先生に死んだ目、と言ったけど、カカシ先生の目も死んでね?とか思ったけど!(笑)

カカシ先生も色々背負ってますからねぇ・・・

親の死と、それにまつわる無神経な噂、仲間の死・・・そういう経験があるからこその

カカシ先生らしい、イタイ部分を何気に突く、ナイス発言ですね。

去り方も、相変わらずだったしwww 「じゃね~♪」ってwwww






台風シカマルも、凄く良かったですね!

チビでも、やっぱりシカマルはシカマルだった!!(笑)


ほかの子や、大人たちが、なぜナルトに対して冷たい・・・というが憎悪の目で見ているのか

自分と同じ子供なのに、そんな仕打ちを受けるほどの酷い事をしたとは

普通は考えられないだろうから、ずっとナルトを見ていたシカマルが

食卓で、父親・シカクさんにその事を聞くシーンが、また良かったです!


理由を言わない父親に、「その理由は自分には関係ない」ことだという事を

頭のいいシカマルですから、感じたんでしょうね。

そして、ナルトに対して、どう思っているのかを聞いて、

お前の思うようにしたらいい、という答えで、きっと全て悟ったんだろうなぁ。

この親にして、この子あり!という、この会話が、凄く良かった!!!







台風そしてサスケも・・・

サスケも、うちは一族の件がありますからね。

色々と噂はされているし、好奇の目で見られているという事で

状況は違えど、なんとなく似ている境遇と言えば、そんな感じで。

色々と、無視されたり冷たくあしらわれたりするよりは、

お互いぶつかり合う、というのは、ある意味、ちゃんとお互いを意識しているからで

これも、ひとつの繋がりの関係性なんだろなーなんて、川原のシーンでちょっと思ったり。

これも、ある意味の、繋がり・・・.JPG

一方通行じゃなく、「いがみ合える」という事は、「意識をしている」という事なので。





台風アカデミーを休み続けるナルト・・・

気になって、ナルトの家を訪ねていくイルカ先生だけど

すっかりと逃げられてしまいましたね。


先回りして 「ナールトー!!!」 と叫ぶイルカ先生を想像しましたが

さすがに、それは・・・やっぱりやっぱり無いですね。


ナルトの心がわかっている現在ならば、そうなるだろうけど

この時は、まだ、心の壁があるから、見えてないんですよね・・・。

こんな小さな事でも、なんだかそういう事を感じてしまいます。



そうか・・・・

そうやってナルトの行動を先読みして叱ってくれる、というのは

いかに自分を見ていてくれるのか」という判断材料になっているんですね。

何をしても、お見通し・・・って事は、それだけ自分を気にかけていつも見てくれている

だから見つかっちゃうし、叱られるし・・・この信頼関係・・・

ああ、考えると今の状態が、本当に悲しくなってくる(;;






台風次回、いよいよイルカ先生の気持ちが開く・・・のかなー。

イルカ先生は、ナルトにとって、一番最初に信頼できる大人で

とても大切な人だと思うので、早くナルトの心の支えになってあげて欲しい!


と同時に、やっぱり、イルカ先生も、人の子

九尾の件で両親が殺されたのに、何も無にナルトを受け入れられたんだろうか?

という疑問もあったので、こういうエピソードを見ると、イルカ先生の凄さが

よりいっそう強く感じられそうです♪



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達と
その頃のナルトのお話になるようですね。
まずは・・・一番最初にナルトの理解者になってくれた
イルカ先生のお話です。
イルカ先生にとって、九尾は親の仇・・・
その九尾を体内に持つナルトとの接し方に悩み葛藤するイルカ先生
そんなイルカ先生が、どうやってナルトを理解し信頼して行ったのか。

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.09.11 01:12:40
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.05
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

三代目のじーちゃん?

 それってイルカ先生を脅してないかい?(笑)




アカデミー時代の、オリジナルストーリーの開始ですネ☆



ノートイルカ先生のエピソードから



イルカ先生も、やっぱり最初はナルトに対して

里の大人たちと同じ思いを抱いていたんですね。



なんとなく、イルカ先生は最初から理解者だったように思っていたので、

今回、ナルトに対しての、あの態度にちょっとビックリしたと同時に

んー・・・・そうか・・・そうだよね・・・そりゃそうだよね、と

改めて思ってしまいました。



考えれば当然のことですよね、あの事件で両親を亡くしているわけだし

いくら、それに関してはナルト本人に関係ないことなのだけど

その元凶が、この子の中に入っていると思えば

その子=ナルト=を見ることによって、思い出が蘇るわけですからね。

親の仇なわけですからね・・・。




ナルトが悪いわけじゃないのに、こうなってしまっている事は

今でも、見ていてちょっと・・・かなり、辛いです。




ブランコとナルト.jpg
 みんなに相手にされず、

 一人であのブランコにまたがって

 寂しそうにしているナルトの、この様子は、

 何度見ても悲しくなります・・・。





イルカ先生は、ナルトにとって一番最初の理解者であり

イルカ先生が、ナルトの最初の心の支えであったので、

これから、イルカ先生の心の移り変わり、どこでどうやって彼は

あの九尾の事件を乗り越え、ナルトを信じ、支えてくれる存在になったのか。


その関係性が描かれていくのかな、と思うと、そこが楽しみです。


自分の心の、そういう部分を乗り越えたイルカ先生だからこそ、

ナルトに対して揺ぎ無い信じる心が芽生えていると思うし

その思いがウソじゃないからこそ、ナルトにもイルカ先生の心が伝わって

堅い信頼関係が築かれているんだろうな
、と思うし。




もうね、早くイルカ先生が良き理解者になってくれないかなー!!

と、ウズウズしながら見てしまいましたよ^^;





ラーメンそんな里の大人たちの中で、一楽のおっちゃんの優しさが心に沁みる(;;

人前では、明るく振舞っているナルトが、一人になったときに見せる寂しい描写が

また、見てて切なすぎる・・・

一楽のおっちゃん、いい人だなぁ・・・.jpg



台風オリジナル話という事で、過剰な期待はしていませんが(苦笑

木ノ葉のチビッコたちに、また会えるというのは、嬉しいな、と単純に思いました。

キバとチッコイ赤丸、イノ、シカマル、チョージ、シノ、サクラ・・・

キバは相変わらずだなぁw

シノ! イルカ先生に意見するとは・・・この頃は十分存在感があったじゃん!(笑)

チョージは、まだポッチャリ系・・・で通るかもしれないw

な~んて事を思いつつ、見ていました。


うおお!と思ったのが、サスケの「ウスラトンカチ」発言wwww

めっちゃ、なつかすぃ~~~~!!!



そういう視点で、楽しく気楽に見ていこう♪

命をかけた戦いや、そういう緊張感が無いエピソードなので

気楽に見れるのが、またいいんじゃないか?と思えたりもします。

緊張感続きでしたからね^^;


チビッコたちを見て、こっちも和みましょ☆


 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif         ツイッターはコチラからデス☆ヨロシク.JPG
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story
ペイン編が終了しまして、オリジナルストーリーになります。
過去編となっていますので、ナルトを取り巻く人達と
その頃のナルトのお話になるようですね。
まずは・・・一番最初にナルトの理解者になってくれた
イルカ先生のお話です。
イルカ先生にとって、九尾は親の仇・・・
その九尾を体内に持つナルトとの接し方に悩み葛藤するイルカ先生
そんなイルカ先生が、どうやってナルトを理解し信頼して行ったのか。

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.09.06 00:03:05
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.29
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

これが せめてもの 償いだ・・・



。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。 ウワァーン!!

みんな生き返ったよぉ~~~~!!!


ナルトの答え 「師が信じたものを信じる」

動かされた、頑なだった長門の心

最後の力で・・・自分が殺めたものを生き返らせる術を発動して

次々に生き返る、木の葉の忍びたち・・・。




台風カカシ先生と、お父さんのシーン、もうちょっと見たかった!!(笑)

カカシ先生がずっと父に伝えたかった自分の思い


今なら理解できる、誇りに思う


カカシさんとサクモさん.JPG


そんな言葉を、今こうして、この死の世界で聞くことが出来た親

それを伝える事が出来た子供

お互い・・・「死」という世界だったけれども、凄くいい時間を過ごせたんだろうな。


サクモさんも、カカシさんも、二人とも救われた気持ちになったんじゃないかなぁ。

サクモさんが居た所は、死の世界の入り口付近なのかなと思うのですが

完全に死の世界に行けなかった理由は、カカシさんの事が気になってたからだと思うので

これで安心できた、と笑顔で話せた事は、

長門が与えた「痛み」の中の産物なのでは。






台風これを思うと、長門が与えた「死」は、100%絶望だけではなかったと思える。

残されたものは、死んでしまったものに対して悲しみしか残らないかもしれない


だけど、実際に死んでしまったものにとって、もしかしたら、今回のカカシ先生のように

死んだからこそ」という事もありえるんじゃないかと。


死んだ後、その人がどういう世界を彷徨うのか、その前に死後の世界があるのか、は

それを経験してみないとわからない事ですが^^;


長門が与えた「死」というものについて、そんな事も考えてしまいました。






台風それと同時に、やはり長門のその力

圧倒的な強さ、そしてこの生死をつかさどる力

これが・・・正しい方向に使われていたら・・・と思うと、本当にやるせないです。

じらちゃんの教えを信じていたら・・・

もっと早く、ナルトと会っていたら・・・・ん?


今のナルトは、恩師であるじらちゃんの死を乗り越えてこそのナルトだから

それが無い状態のナルトだったら、こうは行ってなかったかな(苦笑




絶望、恨み、苦しみ、悲しみ、そして寂しさ・・・



そんなものだけに支配されていた長門の心は、きっと

締め付けられ、苦しくてたまらなかったのでしょうね。

平和、と口にしながらも、今の苦しいこの自分をどうにかして欲しい

誰かに助けて欲しい、救って欲しい、答えを示して欲しい


そんな心の叫びが聞こえてきそうで・・・



弥彦が、生きて居てくれたら

じらちゃんが、もうちょっと居てくれたら

不幸すぎる長門の人生に悲しさを感じずには居られませんでした。





台風長門と弥彦の亡骸を包んで、去ろうとする小南

二人の夢、長門が信じたナルトを信じていくと話す小南


ナルトの新たなる強い思い.JPG ナルトって名前と、諦めないド根性

 そして「痛み」

 それは師匠と兄弟子から

 譲り受けたモンだ!



ナルトの心に新たに刻まれた、長門の心

許せない事をした長門だけれど、その意味を理解し、受け止めたナルトに

心の成長を見た気がします!!





台風ヘロヘロになって里へ帰るナルト、倒れそうー!!!


な所にタイミングよく現れるカカシ先生さすが♪

「そのまま、背に居ろ」 「重くなったな・・・」


(*ノ▽ノ)イヤン♪ いい言葉ッ!!!

ナルトもカカシ先生の背中で凄く安心している表情がいいですねー☆

カカシさんのオンブとナルトの表情がいいですね~.JPG


背負われて里に帰ってきたナルトを迎えたのは・・・里のみんな!!

駆け寄る里の人達、囲まれるナルト

そしてサクラのパンチ一撃wwww


無茶ばっかりして、このバカ!!!



そして抱きついたままのヒトコト


ありがとう・・・




ちょwwww イノ!!!

惚れちゃうって、ぉぃぉぃwwww




台風イルカ先生・・・嬉しいだろうなぁ・・

アカデミー時代からナルトの面倒を見ていた人ですもんね。

ナルトの心、そして成長を一番知っている人だと思う~。


親のように叱ってくれたり、兄弟のように話相手になってくれたし

一番ラーメンラーメンをおごらされているだろうし(笑)


九尾に自分の両親が殺されたのだけども、それとナルトは別

ナルトはナルトだと、ちゃんと「一人の子」として、いつでも見守っていてくれた

最初の理解者だったと思うし、イルカ先生の人柄っていうのもあったと思うけど

ナルトにとって、イルカ先生の存在は大きいよ!!



子供時代にイルカ先生が居なかったら今のナルトはない!と言っても過言では無いと思う!

だからこそ、最後のイルカ先生の涙・・・涙ぽろり泣けました!!




台風ペインとの戦いは、これにてお終いですね。

じらちゃんの死、ナルトの仙人修行、そして最終決戦
、と

重たい話がいっぱいあったし、トラウマもしっかり植えつけられました(笑)

ダブルソーダ.JPG ← トラウマ

アイス売り場で、ポッキンアイスを見るとウルウルしてしまいますもんw

もうあの手のアイスは買えなくなっちゃったじゃないかぁぁぁぁぁ!!!wwww




と、このままマンガ通りに話を進めて頂きたい所ですが

それではマズイ!!

原作に追いつき追い越してしまう! そうなると無駄な引き伸ばしg(ry


てなわけで、次回からは、またしてもオリジナルが入るようで。

・・・オリジナル、さてさて、どっちに転ぶか(笑)

ひとつ心得ておくのは「オリジナルは、まったりとした気持ちで見ろ!」という事ですねw



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(各サイトより一部抜粋)
"暁"の動向を探るべく、雨隠れの里に潜入した自来也の悲報
強い怒りと悲しみを抱くナルトは仙人ガマのフカサクと妙木山で仙術修業を。
木ノ葉隠れの里では『ペイン』と呼ばれる者の正体を探る調査、究明が行われていた。
ペインに関する重大な情報にたどり着こうとしたとき、里の結界を破り、六人のペイン、
『ペイン六道(りくどう)』が侵入。
その奇妙で強力な術の前に苦戦している中、かねてより火影に不満を募らすダンゾウが
密かに行動を開始する。
そしてぺインは、対峙した五代目火影・綱手に『九尾』の引き渡しを迫るが……。
かつて妙木山で告げられた『予言の子』とは!?
ナルトとペイン――自来也の愛弟子たちが今、宿命の出会いを果たす!

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.08.30 01:16:03
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.21
カテゴリ:NARUTO/アニメ感想

託された思い、信じる心は、この一冊の本の中に…




長門の出した答え

ナルトの出した答え


同じ師を持つ、この二人の見てきたもの、感じてきたもの

痛み、憎しみ、苦しみ、哀しみ、絶望・・・


人が人であるうちは、それらから逃れる事は出来ない

物事は、何らかの犠牲の上に成り立っていくものだから



台風真の、誰しもが平和を得られる世界

無いのかもしれない、あるのかもしれない

果たして、自分が平和だと思える世界を作れても

それが一人残らず平和だと感じられる世界だとも限らない



それならば・・・どうする?

己の中の憎しみや痛み、それを無くすためだけに動くのか

己の痛みを仕舞い込んで、自分を犠牲にして動くのか

それとも・・・



そういう世界がある、そういう世界にしたい、そう信じて、それを探し求めていた師匠

ナルトの出した答え.JPG
 師匠が信じたものを、信じて進んでいく

 何が起きても師匠に託された思いを

 信じて貫いていく

 自分を信じてくれた人だから

 自分自身を信じ貫いていく




それが 「ナルト」 だから







台風じらちゃんの書いた、ド根性忍伝

それを書くきっかけになったのが、長門の言った言葉


あの頃の長門の答え.JPG 「いつかこの呪いを解いてみせます

  平和ってのがあるなら

   俺が掴み取ってみせます

 方法より大切な事、それは信じる力」



じらちゃんの思いを、この頃はしっかりと受け止め信じていた3人

別れてしまうシーンで、泣き虫な弥彦がカワイイ!!

小南に「大きくなったら美人になるだろう」と言うセリフ・・・


ペインと戦った時に、じらちゃんが小南を見て言いましたよね・・・

長門の言葉をヒントに書かれた小説、どんな思いを載せて書いたんだろう

そして、ペインに会ったときに、じらちゃんはどんな思いだったんだろう



じらちゃんとの別れ・・・弥彦が可愛すぎる!!.JPG

この流れを知ったあとに、あの戦いを思い返すと、物凄く切なくなります(涙



あの頃、師を思い信じていた自分

そんな自分を信じていてくれた師



だけども・・・その師の事を信じる事が出来なくなってしまった


お互いを信じる笑顔が・・・.JPG


そう思うと、この二人の笑顔が、また切ない・・・。





台風長門が変わってしまった、その「痛み」

それは誰しもが持っているものなはず

もちろんナルトにも、たくさんの痛みを心に抱えている



あああ・・・回想シーンには泣けます!!(´;ェ;`)

幼い頃からナルトに向けられていた偏見や憎悪に満ちた大人たちの視線

サスケとの心のすれ違い、わかりあえなかった心

九尾の憎しみの飲まれ仲間を傷つけてしまった事

そして・・・じらちゃんの死・・・



アイスのシーンはやめてぇぇぇぇ(号泣






これから先にも、たくさんの痛みは待ち構えている

それでも自分は変わらない、それが師匠の残してくれたものだから




ナルトの強い思いに、長門の心が動きましたね・・・。
長門が託した最期の術.JPG

長門の最期の力、チャクラで・・・

とうとうあの術が発動しました。。。



台風戦いも動きもない、ひとつ所で語り合うだけのシーンの30分

動きもなく、2人が語り合い、そして回想シーンを挟むだけの

長門とナルトの、この回のお話。

動きがないのに、見入ってしまった30分。

見せ方と、そして声の力、演技力を凄く感じました。

竹内さん、熱演を有難う御座いました!!と言いたいッ!!!



今回は、長門の心の動き、ナルトの心に秘めた強い思い・・・

色々と思い考え巡らせるだけで、切なさや辛さで、ウルウルとしてしまいます(T-T)



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも




“o(><)o”うう~、早く映画を見に行きたい!
北海道は夏休みが短いので、だいたい来週から学校が始まるはず。
来週以降、仕事帰りに寄れる日を作って見に行くぞぉぉぉぉ・・・・






story(各サイトより一部抜粋)
"暁"の動向を探るべく、雨隠れの里に潜入した自来也の悲報
強い怒りと悲しみを抱くナルトは仙人ガマのフカサクと妙木山で仙術修業を。
木ノ葉隠れの里では『ペイン』と呼ばれる者の正体を探る調査、究明が行われていた。
ペインに関する重大な情報にたどり着こうとしたとき、里の結界を破り、六人のペイン、
『ペイン六道(りくどう)』が侵入。
その奇妙で強力な術の前に苦戦している中、かねてより火影に不満を募らすダンゾウが
密かに行動を開始する。
そしてぺインは、対峙した五代目火影・綱手に『九尾』の引き渡しを迫るが……。
かつて妙木山で告げられた『予言の子』とは!?
ナルトとペイン――自来也の愛弟子たちが今、宿命の出会いを果たす!

NARUTO疾風伝のサイト
あにてれテレビ東京
ナルトどっとこむ  
ぴえろ






※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.08.22 03:18:06
コメント(2) | コメントを書く

全130件 (130件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.