396907 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

佐野 智郎HP    日記しかとりえがないページですがよろしくね!!フリーページも見てあげてください

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Calendar

Comments

さちこ@ Re:顔本。。。(05/26) 初めまして。初コメントさせてもらいます…
エミ♪@ Re:偉大なる後輩?友人?達(07/11) ともやくんハッピーバースデー(*≧∀≦*) 元…
りか@ Re:偉大なる後輩?友人?達 毎日、暑い日が続いていますね。この時期…
えみ♪@ Re:偉大なる後輩?友人?達(07/11) お久しぶり過ぎて泣きそうです(T-T)(笑) …
679pmwkw@ Re:いってきます。。。(06/20) 571490rpvrgw专谞转椎综咨tド拙6卒5 大注…

Headline News

fortune

Favorite Blog

まだ登録されていません
baske1 basuke3 はずせ・・・
奨学舎HP開設


奨学舎のHPが開設いたしました!

是非お越し下さい。

↓ ↓ ↓


奨学舎HP



LIVE 情報更新!

ライブ映像配信! 

2009/2/1 『Re:BIRTH』
こちらから↓

ライブ映像


老猫会
July 11, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 
 ご無沙汰し過ぎで申し訳ありませんでした

 色々ご心配をおかけしたようですが、元気ではあります(笑)確かに色々ありすぎて、もはや心が現実についていけていない部分もありますが、全てをありのままに受け入れ、一つ一つ成長していこうと思っています

 さて、重い話は置いといて、久々の更新は最近の後輩たちの活躍や生き方に刺激を受けている話をしようと思います
  
 幸せなことに僕はたくさんの後輩たちに恵まれ、もはや後輩というよりただ年齢が若いだけで僕なんかより数段ステージが上のやつらばかりです

 その中でも今日はある2人について書いてみたいと思います

 まず一人目は富樫勇樹

 バスケをしている人なら知っている人も多いと思いますが、プロスポーツの中ではかなりマイナーな日本のバスケ界

 そんな中、彼は日本のバスケ界を変えるすかもしれないすごいスピードで成長を続けている

 高校から渡米し、決して恵まれているとは言えないサイズの中、スピード、テクニックを磨き上げて全米2位の成績をあげて日本に凱旋し、昨シーズンbjリーグアシスト王を獲得しチームも準優勝を果たした

 決勝戦は僕もスタンドで観させてもらいましたが、約2年前に知り合った少年ではなく、間違いなく大観衆を魅了するスターがそこにいました

 試合は惜しくも負けてしまいましたが、彼の活躍は他を寄せ付けず、素晴らしいものでした

 試合後、彼は悔しさの中、すぐに僕らに会いに来てくれましたがもうすでに次なるステップを見つめていました

 今、彼はアメリカにいて世界最高峰のNBAに挑んでいます

 そして、彼はとんでもないことをやってのけています

 NBAはこの時期オフシーズンではありますが、サマーリーグという短期のリーグ戦、トーナメント戦を行います

 ダラスマーベリックスというチームがあるのですが、サマーキャンプを経て彼はなんとそのチームのロスター入りを果たしました

 逐一、アメリカから報告をくれ、これを知ったときには思わず声をあげてしまいました(笑)

 田臥勇太君に次ぐ、日本人NBA選手になるのももはや夢ではありません

 バスケファンだけでなく、彼のことをなるべく多くの方々に知って頂きたい

 昨今、日本のバスケ界は様々な問題を抱えていますが、彼は今後間違いなく日本を引っ張っていく存在になります

 そして、もう1人は俳優のK.T
ま、いまさらイニシャルにする必要もない気がしますが、そういう商売なので念のため(笑)

 彼の俳優としての活躍はみなさんご存知の通りでしょうからここではとやかく言いませんが、先日胸を打たれることがありました

 富樫が20歳ならば、彼は先日30歳を迎えました

 30といえばやはり節目の年齢でもあります

 彼の周りから手厚い祝福をされていましたし、その中に僕も参加させてもらいました

 色々な催しがあったのですが、彼がプレゼントされた色々な方々からのメッセージと写真が載った、記念の額を目にした時、号泣しました

 そして、1人1人のメッセージに目を通すたびに号泣(笑)

 確かにこんなプレゼントをもらったら嬉しいですが、彼の人目もはばからずに号泣でき、また、僕と2人になってもずっと感謝を言い続け号泣できるピュアさに、なにか凄いものを感じました

 僕はここまで感謝できるのだろうか

 もちろん、感情の表現は人それぞれで号泣したかしないかで気持ちが大きいとか小さいとかは関係ありません

 ただ、なんかうらやましかった

 そこまでピュアに喜べることってなかなか出来ないだろうなって

 彼もまだまだ夢の途中だし、この先のことはわからないけど、やはりまっすぐ次なるステージを見据えている

 僕も彼らの頃はきっとそうだったんだと思います

 芸能界にいたころ、塾を設立したころ、自分ではあまり覚えていませんが、情熱だけ人一倍持っていた自負はあります

 ただ、この歳になると保守的になるのも事実で、くだらない驕りも出てきてもおかしくない

 僕は自分ではそうには絶対ならないと心がけていますが、生徒たちのピュアさ、またこういった後輩というか友人たちのピュアさに囲まれていることが、最大の強みで最強の武器だと感じています

 常に初心を持つことはとても大事なことだけど、なかなか難しい

 そんな中、このような環境にいられることに本当に感謝しています

 今日あげた二人の他にもたくさん僕に刺激を与えてくれる後輩?友人?たちがいます

 彼らに負けないよう、ともにさらなる高みを目指していこうとおもいます

 いつまでも自分にウソをつかず、自分に対してピュアでいたい

 僕の今の夢は一体なんだろう?

 今後ともよろしくお願いします

 






Last updated  July 17, 2014 12:14:17 PM
コメント(3) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.