2275656 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

想い出は心の宝石箱に。。。

2019.09.16
XML
カテゴリ:創作
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村





    ==   第八章   ==

 

 

   明美は混乱のきわめにあった。

 国頼は京野の部下であり、その橋渡しをしたのが神戸?????
 

  国頼、京野、神戸・・・    

  でもよく考えてみると、この三人が同一線上で繋がる。



  京野組の意向を受けて、マンション用土地買収にあたった、第一不動産
の神戸。

   明美を巻き込んだ色仕掛けと神戸の恐喝で、最終的に自殺に追い込まれた国頼の

 父。
その真実を知った国頼が、神戸に対して金銭と、京野組への就職斡旋を

 
強要したのだろう。


  海千山千の神戸が相手の交渉であるから、すんなりといくはずがない。そこで
国頼

 の
恫喝は、暴力的行為を伴った事は間違いない。国頼に抱かれた時、彼の背中に

 龍の
彫り物が、あった事を想い出した。

   冷徹な言葉、そしてあの鋭い眼光は、裏街道人生を歩んできた、男のもので

 あった。

    

        龍,ブラック&グレー,抜きタトゥー/刺青デザイン画像              

 

 

 
  しかし、神戸が国頼に殺されている可能性が大きいと、京野が嘘を言ったのは

  どうして???
   
 そして、国頼の報復として次は明美も、殺害されるかも
しれないと。

 

     ?????・・・・・・



 あっ!!国頼に対しての明美の恐怖感を、京野はさらに増幅させるため、

 意識的に
脅かしの情報を流したのだった。

    

  国頼はジョルジュの客として、京野の指示に従い明美に接触した。そして、第一不

 動産
時代の明美のヒミツをひもときながら、真綿で首を絞めるようにこれでもか

 これでもかと、
精神的に追いつめていったのだった。



   でも、どうしてもわからない。なんのためにそんな事を・・・・・

 


  
 




 ( ねえ~、ママ・・・大阪弁って、人を小馬鹿にしたようで、感じが悪いと

       思わない?
 

     漫才であれば、それなりに面白いけど。日常会話で、アホ!木瓜なす!なんて、

       言われるとね。  )

  
  
 
   めぐみとの会話が、急に思いだされた。ジョルジュの客の中に、関西人は
いない

   のに、
何故めぐみが・・・・

                 

 


   

     え~~~~~~、まさか・・・嘘でしょう?!・・・

     
   めぐみは、秘かに京野と通じていたのだ。愛人になる
交換条件として、

    ジ
ョルジュの
ママの座を、京野に要求したのに違いない。


 

    同じ店のちいままにやらせるから、お前は首だと明美に直接はいえない。
    

    明美は京野の情婦として、政界工作などにも手を染め、京野組の闇の部分を

    知って
いる。


    困った京野は神戸に相談し、神戸は明美のヒミツを暴露した。そして、京野は

    国頼を
使って明美に、恐怖感を日々醸成していくことで、自分からジョルジュを

    手放させる
という、シナリオを描いたのだった。

     


   





 6歳年上のめぐみにとって、国分町でママをはることは時間との戦いであり、

  その
あせりがこのような卑劣な手段をとったのだ。すべてのシナリオを描いたのは

  京野
だろう。


 彼に対する憎しみよりこの事件の発端となった、めぐみの裏切りのほうが
許す事

 が出来なかった。

  明美はめぐみを信頼し、姉のようにこれまで慕ってきた。そして、店の差配を

 任して
きただけに・・・・・

 

 

                      

    怒る女性 40214358


  
       




 明美の顔は、夜叉のごとく激しい怒りに、染まったのだった。

  絶対にこのままでは、引き下がらないと・・・・

 


  
       走る犬のgifアニメ     == 続く ==   走る犬のgifアニメ走る犬のgifアニメ    

 

                         ブログ村ランキング、参加しています。

                               下の画像を応援クリックしてね。

                                             ↓

           にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
              ​ にほんブログ村​






Last updated  2019.09.16 12:08:29
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.