121415 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

とんとん!GoGo~

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

サンタデラックス

サンタデラックス

Category

Comments

mkd5569@ Re:超久しぶりなのだが(01/29) こんばんは うちのサイトが5周年をむか…

Headline News

2006年01月10日
XML
カテゴリ:つれづれ日記

おいらいわゆる迷惑メルが来ると楽しくて仕方がない。

そんなに目くじら立てるほどの数が来ないからいいだろうけど、

今度はどんな手口でくるのかと思うとわくわくするのはおいらだけ?

今迄には出会い系の勧誘やら、

いかにもこちらから誘ったような文面だとか、

しかも放置してると次には「どうして返事くれないの?」といった

いきなり逆ギレするような文面。

それで、これらは個人レベルで対応するのかなと思ったら、

全然違ってさ、あやつら自動で無差別にやってるんだよな。

さて、そうしてるうち、またしても新手が現われた。

文面は次のとおり。思いっきり晒してやります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


竹田でございます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、たいへん申し上げにくいお願いがありこの度ご連絡させていた
だきました。実はこのところの妻の行動に不審な点があり平静を装い
つつ調べておりましたら、インターネット上のある紹介所で妻のもの
と思われる写真を見つけたのです。昨年の11月頃から妻の口座に入れ
ている預貯金の残金の減りが激しく、5千万程あったはずの残金が300
万に満たないものになっておりました。恐らく私の目を盗んでは、男
性と親密な関係になることを条件に多額の出金をしているのではない
かと思います。
こんな事になったのは私が仕事一筋に生き過ぎた事にも原因があるの
でしょうが、私より34歳も年下の妻に今の裕福な暮らしを与える事が
出来たのも、私が仕事に心血を注いできたからではないのかと…どう
しても納得が出来ず、妻と離婚すべきかそれともこのまま今の状態を
維持すべきか心底悩んでいる状態でございます。ですが、この妻に対
する疑いも私の疲れた頭が生み出した妄想なのでは…そう考えてしま
う時もあるのですが、あの写真は妻以外の何者でもなく現在の姓では
なく旧姓を名乗っている事からも何かしら私に対する不満を訴えかけ
られているようでとても切なく苦しいのです。
妻があの紹介所でどんな行動をしているのか…本当に私の留守中に男
と戯れているのか…。
そんな状態な上に、今週中は本社での勤務が長引きなかなか自宅に寄
る事も出来ないまま、業務で海外の過疎地等で中古自動車からエンジ
ンを利用した発電装置の設営の任がある為、中国の方に2週間ほど出
掛けなければならず、妻が行動するとすればその折ではないかと思っ
ているのです。
もし妻がその間に男と逢い肉欲に溺れた生活を私の貯蓄を削り行って
いるようであれば離縁を考えています。

そこで非常に心苦しい提案なのですが、その紹介所で妻が男性に声を
掛けられた際に、妻がどんな行動を取るのか貴殿に調査のご依頼させ
て頂けないでしょうか?
無論、調査の段階で貴殿と妻が関係を持たれましても調査の一貫とし
て受け止める覚悟も出来ておりますし、決してご迷惑をお掛けしない
事をここで宣言します。
もし妻が貴殿と淫行にまで至りましたら黙って離縁を妻に申し出よう
と思います。否、そう仕向けて頂きたいのです。
その談にまでまとめれるところまで誘いを掛けて、私が帰国するまで
あの女狐の望むがままの肉欲を与えていただいた後には調査の謝礼金
として少なくとも8~9桁の額は貴殿にご提供させていただく所存で
ございます。
本来ならわたくしの手で調査すべき問題なのでしょうが、なにぶん若
人のように器用にメールをする事が出来ない性分でございまして本当
に情けないお話なのでが…。
もし、依頼を引き受けて頂けるようでございましたらご返信いただけ
ますでしょうか?
お返事いただき次第、差し当たり必要と思われる費用をこちらで入金
させていただきます。

それでは良いお返事をお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いったい何なんだろうねー。

それでもっていつも思うんだけど、こういうのに引っ掛かる人がいるの?

不思議~~~~~~~~~~~~。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006年01月11日 10時23分48秒
コメント(2) | コメントを書く
[つれづれ日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.