431133 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

真空管アンプの店 JKLab

PR

フリーページ

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

満開初めて New! 釈円融さん

変わらない一日。。… GZAKさん

Crockett&Jonesの革… Bacchus Antiquesさん

コメント新着



■■■ お知らせ・2017年3-4月 ■■■



まだまだ涼しい日が続いて、真空管アンプを鳴らすのにはちょうど良い季節ですね。真空管アンプ(管球式アンプ)の完成品やキットなどを紹介・販売するお店です。真空管アンプ情報ともどもよろしくお願いします。
■■■ 真空管アンプののおすすめ商品・話題の商品 ■■■



テクソル TEC-AMP10
ECL805シングルアンプ完成品, ¥31,000(税込・送料別)



オルトフォン Ta-Q7
ハイブリッドアンプ完成品, ¥36,979(税込・送料込)



トライオード ルビー
トライオードの6BQ5シングルアンプ, ¥65,610(税込・送料込)



EKジャパン PCL86シングルパワーアンプキット TU-8100
エレキットのPCL86シングルアンプキット, ¥24,400(税込・送料別)

2017.04.02
XML
カテゴリ:室内音響

 ここのところ、確定申告や出張などで更新が滞っていた。 
 まだ、設計のコンセプトについて述べていなかった。リスニングルームの設計で大切なのは、1に遮音、2に残響、そして快適さ、使いやすさであろう。
 まず、遮音について考えてみよう。ダイナミックレンジとして、最大音圧レベル110dB、最小30dBを想定している。これを達成するために、暗騒音を30dB以下に抑えたい。また、110dBの音量を出しても他の部屋への音漏れは40dB以下に抑えたい。
 暗騒音30dBの条件は環境に依存するが、幸い静かな住宅地なのでたぶん問題はなかろう。エアコンや換気扇は少し心配があるが切ってしまえばよい。暖房としては騒音のでない床暖房を設置することにした。しかし、最大音量110dBの条件はなかなか難しいところであり、70dB(110dB-40dB)の減衰量を単独の壁で達成することは難しい。今回は、リスニングルームを1階の角に設置した。隣室は居住スペースではないため、問題は2階との遮音と言うことになる。



 ヘーベルハウスの標準防音仕様では、天井は図のように遮音ジョイントで吊り天井になっていて、その内側に壁と同じ遮音壁構造がある。さらに、上階との間にはヘーベル板(軽量コンクリート板)があるため、施工が適切であれば相当の遮音が期待できる。いずれにしても、遮音は費用のかかるところなので、標準防音仕様で良しとして、施工を細かくチェックしていくことにする。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017.04.02 22:58:51
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.