1148749 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

遠くへ行きたい~

全7件 (7件中 1-7件目)

1

NEWS

March 18, 2011
XML
カテゴリ:NEWS
個人的には人的被害は無く幸運でしたが
テレビで流れる襲ってくる津波はまるで黒い悪魔で悪魔が襲った街は地獄でした
そんな現実とそれを認識する意識の間に生まれた強烈な違和感を調整できずにいます


現在でも安否が不明な家族が大勢いる方の気持ちを察すると
掛けるべき言葉が見つかりません
只々一人でも多くの無事を祈るのみです


今、日本は大戦後最大の災害の真っただ中にいます


国内では過剰な不安から買い溜めによる物資の不足が起こっています
必要以上の防衛反応、また逆に過剰な自粛は経済の停滞を招き
被災地の復興に十分な支援ができなくなります


また残念ながら世界には善い人ばかりではありません
空き巣のように日本の経済の弱体時を狙って莫大な利益を得ようとする動きがあります


現状で災害に合わずに直接援助のできない人々にできる事は
冷静に可能な限り普段通りの生活を意識し
少なくとも経済的には、求められた段階で応じられる様に
日本全体で備え、また世界に対して日本の底力を見せることではないでしょうか


万全のバックアップをすることが
間接的に被災者や救助にあたる多くの人々の助けになるのだと思います


最後になりますが
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします
また被災された皆様へはお見舞いを申し上げます
そして、未だ安否不明の方々の一人でも多い無事を祈ります






最終更新日  March 19, 2011 03:15:47 AM
コメント(0) | コメントを書く


March 22, 2008
テーマ:競馬予想(51316)
カテゴリ:NEWS
考えてください

ルーティンワークはマニュアル通りこなすが

マニュアルに書いていない事をすると論理的に破綻した評価をする人が

自分の上司や運命を握っている人だったら?



もっと具体的に

仮に飲酒運転の法律が無かったとして

飲酒運転で人身事故を起こしても、飲酒して心神喪失状態だから無罪っていう判決が出たら?

もう世の中の悪党は事故を起こすごとに泥酔ですね



ちょっと前になりますが、今週の月曜日の岐阜地裁の判決です

記事によると、64歳の女性が運転する車を奪い怪我をさせた被告が

さらに不法残留で覚醒剤を使用していたとして、強盗傷害と覚せい剤取締法と出入国管理法違反

の罪に問われていた裁判で判決が出ました

なんと、無罪!!

いや、覚せい剤取締法と出入国管理法違反で懲役2年、執行猶予4年でしたが

強盗傷害は「覚せい剤による中毒で心神喪失状態にあった」と無罪!!



もう、びっくりです

この論理だと、覚醒剤さえ常習すれば何をしでかしても覚せい剤取締法以外無罪です

いくら地裁とは言え、こんな論理的に考えられない人が裁判長をしていていいんでしょうか?








最終更新日  March 22, 2008 06:12:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
August 23, 2007
テーマ:ニュース(83462)
カテゴリ:NEWS
ふつうに名作の洋画を見ていると裸のシーンで唐突にモザイク

物語は断絶、なんかすごく猥褻なモノを見ている感じ

これ変だよと思っていましたが

事態は悪化・・・


「AV審査が不十分」ビデ倫を強制捜査

ビデ倫のホームページによると容疑の内容は
「男女の性交・性戯場面が確認可能な状態であり、頒布されることを知りながら協会の審査基準を満たしていると判定、審査作品と認定した。これら作品の頒布にあたり、これを容易にさせるなどの幇助をしたのもです」 だと

猥褻物頒布の疑いでビデオ製作会社を
幇助の疑いで日本ビデオ倫理協会を強制捜査したと



警察の利権などの闇の話は置いといて

要するにこの事件、モザイクを薄くしたビデオは猥褻物だという事でしょう


原則的な話、アダルトビデオ全般が猥褻物っていうんならまだ理解はできるんですが

モザイクが薄いから猥褻。モザイクが濃いとOKという発想が理解できません。

十数年前までは陰毛が出るのは×でしたよね

それが、いつの間にやら週刊誌でも陰毛は当たり前になっています

今でも性器は×でもダビデ像は芸術だから○?

つまり警察の解釈しだいでどうにでもできる曖昧な法律

こんな曖昧な法律が法治国家に存在していいんでしょうか?



性器は問答無用で猥褻物という解釈は法律本来の趣旨ではないんじゃないでしょうか

猥褻物の判断は機関に審査させて最終的に国民に判断させるべきで

刑法によって事実上警察が支配するのは検閲ではないのかと思います

国民自身の価値観を信用できないのか(まあ闇は置いといて建前ですが)


全てのモザイクを無くしたら無秩序になるでしょうか

モザイクを無くすと誰が被害を被るんでしょう?



因みにアメリカのポルノではモザイクが無い物は普通にありますが

女性を痛めつけたり傷つける内容は規制が厳しくなっています

日本は逆



非道な内容でもモザイクさえあればほぼ何でも御座れという倫理観

モザイクが本当に隠したのは性器じゃなくこの倫理観ではないか






最終更新日  August 31, 2007 08:05:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 23, 2007
テーマ:ニュース(83462)
カテゴリ:NEWS
○裁判所の?


大阪市内で公園に(もちろん無許可で)テントを張って生活をしているホームレスが

大阪市北区に公園の住所で提出した転居届が受理されなかったのは違法だとして訴えた裁判の

控訴審が23日に判決で

公園を住所地と認めた1審判決を取り消し、原告逆転敗訴の判決を言い渡した

判決自体は至極当然の判決だと思います

ただ、判決理由で田中壮太裁判長は

「テントは容易に撤去できる上、都市公園法上も設置が認められておらず、健全な社会通念を基礎とした住所とは言えない」

「原告は公園で継続的に日常生活を営んでいるが、生活の本拠としての実体があるとは認められない」

住所については

「生活の本拠としての実体の有無に加え、形態が社会通念に基礎付けられていることが必要だ」

と指摘。形態が社会通念に基礎付けられている・・・ん????

裁判の争点は公園内のテント所在地が住民基本台帳法の住所に当たるかどうか

この理由だと容易に撤去できない物に住むと住所として認められるのか?

っていうか、公園を不法に占拠していることはノータッチ?

1審の判決は社会通念からして問題外の非常識な判決でしたが

この判決理由は腰がひけていますね~

この判決理由だと、廃墟や空き地などに勝手に家を建てれば

住所として認められるんじゃないですか?

最近の裁判は、社会の常識や道理を無視した判決が出るので驚きます



○自治体の問題?

そして、この判決とは直接は関係ないですが

ホームレスの現状を見ると非常に厳しいのも事実

ふと思ったんですが、ホームレスの生活より受刑者の生活の方が生活水準が高いですよね

受刑者だと、きちんとした食事がついているし医療も受けられる

ホームレスでいるより犯罪を犯して刑務所に入った方が良い生活ができる現状はおかしい

いや、自治体が十分な支援(最低限の雇用や住居)をした上で

さらにホームレスになる人はそれでもいいと思うんですが

現状ではあまりに社会の経済的底辺の人に対して無策です



○ホームレス支援団体の?

よくホームレスの公園の住居を撤去する際に反対運動をしている支援団体は

公園に住むという不法行為のゴリ押し運動をする暇が有るなら

本当の支援を考えた方がホームレスのためになると思うんですが

公園に住むのを認めろ~って運動するんなら

それぞれ自分の家に住まわせてあげればいいんじゃないの?

別に彼らも公園が好きなわけじゃないんだし





言いたい事は、みんなもう少し客観的に考えようよっていう、ごく基本的なことです






最終更新日  January 26, 2007 01:59:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 15, 2006
テーマ:ニュース(83462)
カテゴリ:NEWS
我々消費者側からすれば騙し討ち的に廃止の方向に向かっていたばんえい競馬が、
ソフトバンクグループの支援を得て、来年度から帯広市単独で開催。つまり存続することに
とりあえずは良かった

ばんえい競馬の場合他の地方競馬の廃止とは違い競技自体の廃止であり
ばん馬という種の絶滅という重大な事案をたった数週間で決定してしまう事態だっただけに
ホッと一息というところでしょうか

ただ、ばんえい競馬はこれからスタートでしょう。頑張れ!
来年見に行こうと思っています
ほんの少しの貢献・・・

でもばんえい競馬やめて他の3市は見た目の債務は減るでしょうが
潜在的な損失は計り知れないものがあるでしょう
旭川はまだいいとして、北見、岩見沢はばんえい競馬を廃止したことで
独自性をアピールできる大きな文化・観光資源を失うことになると思うんですが

こういう見た目のマイナスを減らすという、短絡的な経営手法は
最近の日本の企業と同じです
人件費を抑える為に正社員を減らしてパートタイム・派遣社員にする
よく聞きませんか?
こういう企業も行政のジリ貧ですジリ貧

即物的な短期間の数字という結果だけを追い求める考えでは上手くいかないことなんて
改めて検討するまでもないでしょうに
子供の頃、童話とか日本の昔話とか見なかったのかねぇまったく






最終更新日  December 15, 2006 01:56:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 23, 2006
テーマ:ニュース(83462)
カテゴリ:NEWS
山本モナさんが「筑紫哲也NEWS23」のキャスターを正式降板

民主党議員との不倫問題で番組を降ろされました

不倫問題自体はどうでもいいんですが

散々他人の説明責任について言っていたのに

いざ自分に都合が悪くなると真実は闇にして逃げるという姑息さに驚きです

まぁ番組名にもあるように「“筑紫哲也の”NEWS23」ですから

あまりに偏向した報道でも勝手にすればと思いますが

仮にもNEWS番組を名乗っているんですから

さすがに最低限の説明責任は果たすべきでしょう

その程度の認識で報道と名乗ることができる日本の報道番組って・・・

相変わらずマスメディアのレベルは低いですね






最終更新日  October 24, 2006 11:44:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 7, 2006
テーマ:ニュース(83462)
カテゴリ:NEWS

僭越ながら母子共に無事のご出産でなにより。おめでたい限りです

今回は男児ということで当面の皇位継承の問題は解決したことも喜ばしい限りです



これで、間違った方向へ進んでいる皇室典範改定問題も一時棚上げのようです

日本は今回お生まれになったお子様に日本国は本当に助けられたと思います

女性天皇と女系天皇の違いも分からない国民の世論によって改定されるという

為政者は千年以上の歴史を己の無知によって踏みにじろうとしていたことに気づくチャンスです




ここで少し、愚かな女系天皇への皇室典範改定を考えてみたいと思います

皇室典範の改定の議論の大きな柱に女系天皇を認めるかということがあります

私の考えは根本的には男系でも女系でも良いと思いますが

しかし皇室典範を改定して女系天皇を認めるのは反対です



言うまでも無いことですが一応前提として書きます

今まで日本国に女性天皇はおられたが女系天皇は存在しない



あたりまえです

もし女系を認めるということは代々の天皇の血を事実上なくすということです

女系天皇を支持する人たちは意識的に天皇制を消滅させる目的ただの不勉強かのどちらかです

仮に男系で繋いできた血を女系に変えると、それまでの男系は直系として残らないのです

血統表を見れば分かりますが、血統的には男系か女系のどちも直系にするのは事実上不可能です

つまりもし現在女系を認めるとこれまで代々の天皇の血は傍系になってしまうということです



仮に今回女系天皇を認め愛子様から女系天皇になられた場合を分かりやすく書くと

愛子様のお相手の家系が新たに男系になり小和田家が女系になり天皇家は傍系ということです



もし女系を認めたらこれから続々と天皇家が誕生するということです

この意味を考えてください

女系を認めた場合、時の権力者達が天皇の地位を奪い合うというのは想像に難くないですね



日本がこれまで千数百年間も続いてきた同一の国家として存在できたのは紛れも無く

紛れも無く天皇制の存在が大きいです

もし天皇制が無ければ、我こそが国王だと権力者が次々名乗り出て

権力者が代わる度に歴史的断絶が起こる度に独裁者の国家となっていた可能性もあります



歴史上で日本ほど長い間途切れることなく続いてきた国家は稀有な存在です

だから欧米諸国は日本の歴史を、天皇制を羨むわけです
(羨むこと自体はどうでも良いんですが、それだけ国家を続けさせるというのは重要という事)




繰り返しになりますが、男系・女系どちらかが問題なんではなく

男系と女系を混在させることがいけないんです

現在の皇室典範改定は天皇制を維持するために女系を認めると言っています

つまりこの考えは自己矛盾していると言えます

千数百年続けた伝統を変え今から女系を認めることこそ天皇制の事実上の消滅を意味するのです



シンプルに考えれば良いんです

天皇制を維持するのが目的なら宮家を元に戻せば済む話です

有識者の方々は有識者会議なんて自己陶酔の会議なんかじゃなく自分の頭で考えなさい!




余談ですが天皇制に対する無知すぎる意見を見るにつけ、歴史教育の重要性と

戦後の世代がそれを軽視してきた大きすぎるツケを思い知らされます

しかし義務教育を日教組が牛耳っている現状では、改善は望むべくもありません





と、話が遠くまで行って長くなってしまいましたが本題に戻って


秋篠宮紀子妃殿下の男児ご出産に慶祝を申し上げます

万歳~!






最終更新日  September 7, 2006 07:34:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.