069789 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日ひとつ明日のために

PR

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

エンターテイメント

Feb 6, 2015
XML
ドラマの一つの手法。

「スライスオブライフ」
人生の一部分を切り取って、人生全体を表現する。

例えば、
「娘の結婚」を表現する際に、
「結婚式」の様子を使わずに、
「結婚前の娘と父親の会話」のシーンと、「結婚後の娘と父親」のシーンを使う。


視聴者の想像力をかきたてるのが、面白い映像作品。

~岩井俊二のMOVIEラボ






Last updated  Feb 6, 2015 03:36:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 29, 2014
日本と海外のテレビ番組の違い

日本では、「出演者=特別な人(タレント)」
海外では、「出演者=視聴者」
海外のゴールデンは、大人が楽しむ時間帯→シックなスタジオセット、SPはあまり入れない

~日テレアップDate!






Last updated  Jun 30, 2014 03:17:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 17, 2013
●7つの心得
1.公共性…公共の電波を使っている。
2.時間が商品…時間厳守。朝昼夜それぞれの時間の雰囲気に合わせた番組を!
3.公正中立客観…社会妥当性・独立均衡性・事実立脚性→誠実であれ!
4.最終判断の留保…テレビ局は営利目的の私的企業。一企業が視聴者に特定の価値観を押し付けてはいけない。視聴者が判断するための選択肢を参考情報として与える。両論併記する。出演者の発言は出演者自身のものであり、自己責任。テレビ局は責任を免れる場合が多い。(新聞・雑誌は新聞社・出版社に編集責任が生じる。)
5.視聴率主義…視聴率が取れない番組は公共性がない。
6.華をつける…華のあるタレントや職場に、人気が集まり活気が生まれ魅力となる。
7.チームワークとパワーバランス…プロデューサー主導、ホストパーソナリティー主導、放送作家主導の場合がある。しかし全面的に一人勝ちになるとマンネリ化してしまう。うまいことプロデューサーがパワーバランスを取って不安定な状態に持っていく→緊張感を出て競争が生まれチームワークが発揮される。ホスト、放送作家、製作会社などを複数使って、拮抗させて緊張感を持たせる。また新人を抜擢し、組織が硬直しないようにする。

●御法度
1.VSLDY(レイティング)…暴力、セックス、乱雑な口調、隠喩の猥談、児童無配慮
2.スキャンダル…テレビに出ているタレントはお茶の間に入り込んでいる存在→善人でなくてはならない
3.ヤラセ…映像が真実だから面白い。ヤラセなしではうまくいかないようなら、テレビ業界で生き抜く才能がない。
4.パクリ…番組企画のパクリはすぐに視聴者に見放される。原作からの引用も商業利用なのだから相応の謝礼を出すべき。
5.キックバック
6.騒音・見切れ・写り込み…スタジオ内では紙コップが落ちる音も響き渡る。他商品の写りこみはスポンサー関係で後々大変。

●番組企画
「中学生にも分かるように作れ!」
視聴者ターゲットを知識上位層に絞ると、下位層はついてこれなくて見てくれない。できるだけ誰でもわかる内容にする。ただし、レベルが低すぎても内容が薄くなる。→中学生レベルにする。
中学生レベルとは…物事や情報や人を、典型的象徴に分類する。典型的象徴はみんなが知っている有名なもの。与えられた情報が、どの典型的象徴にどれだけ近いかを考える。

ナレ原は、聞き言葉で書く。同音異義語はNG。

~「人気テレビ番組の文法」






Last updated  Jan 17, 2013 01:41:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 23, 2011
プロ野球選手がヒーローインタビューで
「今日は自分の仕事ができました」
と言う。

日常とは違う世界を求めて球場に言ったファンに対して
「仕事」という発言。
「野球選手も仕事として野球をやっているだけで
心底野球を楽しんでプレーしているわけではないのか…」
とファンはがっかりする。

チームを勝利に導くつまらない投球をするのが「仕事」。
直球勝負にこだわったり、はちゃめちゃな投球をするのが、
ファンを楽しませるプロ野球。

~日経






Last updated  Dec 24, 2011 04:46:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 9, 2011
アイドルとは
「魅力が実力を凌駕している存在」
~宇多丸

アイドルだった松田聖子が、サントリーのCMで実力を証明→アイドルの域を飛び出した。
中森明菜は歌と自己プロデュースでアイドルの域を飛び越えた。

実力が魅力を上回った時、
AKBのメンバーはAKBを卒業するのであろう。






Last updated  Nov 9, 2011 08:06:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 23, 2010
●アンカー
アメリカのニュース番組では
番組全体の編集権をアンカーが持っている。
項目順を決めるのも番組内容の責任を持つのもアンカー。
番組全体が全体としてアンカーが言いたいこと。
だから放送中にニュースに対してのコメントはしない。
報道記者としての実績を積んでから最終的に番組責任者としてアンカーになる。
取材経験の乏しい若い女子アナがニュースを読むなんて有り得ない。
このスタイルを日本でやったのが 「ニュースセンター9時」の磯村尚徳。

●GRP
GRP(グロース レーティング ポイント のべ総視聴率=視聴率×視聴回数)
例えば、視聴率10%の番組でCMを5回流したら、50GRP

CM料金はGRPで計算され、放送局と企業との間で売買される。

放送局のCM回数(CMの時間)はほぼ一定。
例えば、50GRPに対して50万円で、ある番組のCM回数が5回とする。
ある番組の視聴率が10%ならCM回数5をかけて= 50GRP= 50万円 の収益
ある番組の視聴率が20%ならCM回数5をかけて=100GRP=100万円 の収益
ある番組の視聴率が 5%ならCM回数5をかけて= 25GRP= 25万円 の収益

このように、視聴率は放送局の収益に直結する。

●54分始まり
 0-5分番組=CM1分
5-10分番組=CM2分
10-20分番組=CM2分30秒
20-30分番組=CM3分
30-40分番組=CM4分
40-50分番組=CM5分
50-60分番組=CM6分

60分番組だとCMは6分。
60分番組を6分と54分に分けると、CMは8分(=2+6)入れることができる。


~池上彰のメディアリテラシー入門






Last updated  Oct 24, 2010 02:56:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 12, 2009
テレビがついていると安心する
疲れて家に帰ってきて“静か”よりも、
テレビがついていて“賑やか”な方が、
安心する・心が励まされる。

つながっていたいという感情か?
携帯メールが余暇の過ごし方のトップ。
携帯メール=つながっていたい。

ニュースを知る機会。
視聴者にとってテレビニュースの信頼度は高い。

影響力がある。
情報発信者として、マスで伝えるメディアという意味でデカイ。
ネットは影響力を発揮する場合もあるが、
人が集まってくる必要があるため影響力が発揮する機会が少ない。







Last updated  Nov 15, 2009 07:00:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 11, 2009
話の「枕」の役割
・つかみ
・落ちへの伏線
・話の前提となる知識の説明

通常は、説明文と会話文で構成されているが、
クライマックスでは、会話文のみでテンポよく話を進める(説明文=少)。






Last updated  Oct 12, 2009 04:14:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 9, 2009
映画は、芸術性
テレビは、視聴率 
を追求する。

テレビ業界が映画を作ることが増えている。
「アマルフィ」「ごくせん」「ルーキーズ」・・・
脚本の論理性が多少破綻しても“観客が見たいものを作る
のが、テレビ業界が作る映画の特徴。
根底には、
「構成や設定に無理があっても、視聴者の満足度(視聴率)が高いものを作る」
というテレビ業界の土壌がある。

派手な映像や、キャスティングを重視。
わかりやすさを求め、登場人物の感情を必要以上に説明する(顔のアップを多用)。

ただ、
空疎な内容の映画ばかりを作っていたら、観客に飽きられ、映画離れが起きる。






Last updated  Sep 9, 2009 04:10:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 24, 2009
個別事象を創造する際に、バックグラウンドとなる全体像を創造する。

野沢尚は、脚本を書く際に、登場人物のプロフィール(生い立ちや性格)を考えた。
そのプロフィールはドラマ上には出てこないが、その登場人物の行動原理になる。

種田陽平(映画美術監督)は、セットを考えるときに、街全体の模型を作った。
街全体風景は映画には出てこないが、街の雰囲気は個別セットやディティールに現れる。






Last updated  Jun 25, 2009 02:17:21 AM
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.