298463 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Greeting Cards from.....

Greeting Cards from.....

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
March 1, 2023
XML
カテゴリ:札幌の記憶


1月半ばの月曜日に東京を出発した引越し荷物が、土曜日に札幌に着いた。
東京では15℃くらいだった昼間の気温が札幌では氷点下になっていた。
日本は意外と広い…。

おそらく荷物は早目に北海道入りしていたのだろう。引越し業者さんの手で手際よく運び込まれて来る荷物たちは、どれもカチカチに冷たくなっていて、なかでも洗濯機ときたら内部に残った水が凍っていて、その日の洗濯は諦めた。

窓の外を見ると、地面も空もひたすら真っ白。
時折吹雪いて視界も悪し。

札幌に暮らす僕の親戚たちは口々に…
「なんでよりによってこの時期に北海道に。。。寒いっしょ。札幌が嫌いになったんじゃないかい。」
と電話をかけてきてくれた。

だけど、なんだろう、千歳に着いてからずっと僕の気持ちはウキウキとしていて、親戚の皆さんにも、
「札幌が嫌いになるなんてとんでもございません」
と迷いもなく返していた。

そのあと、近くのスーパーに買い出しに行く途中で見かけたのがこの風景。
美しさに言葉を失った。

僕は、生まれてから数年間だけ札幌で育った。
そしてわが子は、このたびめでたく就職が決まり、最初の赴任地としてこれから札幌で暮らすことになった。

ご縁、と言うのでしょうか。札幌に呼んでもらえたような気がしてすごく嬉しい。
子どもも札幌勤務を希望していたらしく、寒さと雪をものともせず生き生きとしている。

これからは何度も札幌に来たい。距離的に疎遠になっていた親戚の皆さんともたくさん会いたい。
今、そう思っている。

札幌勤務が3年なのか4年なのか、それはわからないけど、わが子さん、邪魔にならないようにするので、たくさん泊めてくださいね。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  May 29, 2024 06:31:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
[札幌の記憶] カテゴリの最新記事


PR

Recent Posts

Archives

Headline News

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

Palacio1988

Palacio1988


© Rakuten Group, Inc.