000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医学の知識を得て世界の切手を楽しむ

PR

プロフィール

医学切手の鉄人

医学切手の鉄人

バックナンバー

カテゴリ

医学

(70)

新型コロナウイルス

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.05.23
XML
カテゴリ:医学



2015年にWHOは、ハム、ソーセージ、ベーコン、そして他の加工肉製品に関する報告書を発表しました。この報告書では、加工肉製品の消費が大腸がんのリスクを増加させるという結論が示されました。

ただし、この報告書では、加工肉製品を茹でることで発がんリスクを軽減できるという指摘もされています。

具体的には、加工肉製品を焼くよりも茹でることがより健康的な選択肢であるとされています。

この報告書で指摘された加工肉製品の影響に関する研究は、加工肉製品の消費が大腸がんのリスクを増加させることを示しています。

しかし、これらの加工肉製品を茹でることで発がんリスクを軽減できることが示唆されています。

ただし、加工肉製品を茹でることで完全に発がんリスクが除去されるわけではなく、健康に配慮した食生活を維持するためには、加工肉製品の過剰な消費を避け、健康的な食事を摂取し、運動をするなどの生活習慣改善が重要です。

ソーセージは、高温で加熱調理すると発がん性物質であるポリカルボニル化合物 (PAHs)が生成されることが知られています。

しかし、茹でることでPAHsは減少するとされています。

これは、茹でることでソーセージの表面に付着している脂肪分が溶け出し、水に溶け出した脂肪分にPAHsが吸着されるため、PAHsが減少するからです。

また、茹でることで温度が高温で加熱するよりも低いため、PAHsの生成量が減少する可能性があります。

ただし、ソーセージを茹でることでPAHsが完全に除去されるわけではないため、健康に配慮する場合は加熱調理方法を選択する必要があります。

健康に配慮する場合は、焼くよりも茹でることがより健康的な選択肢であることが示唆されています。

ソーセージを茹でる時間は、ソーセージのタイプや大きさによって異なります。

一般的には、ソーセージを茹でる場合、中心部まで十分に熱が通るようにするために、おおよそ10~15分間茹でることが推奨されています。

ただし、具体的な茹で時間は、ソーセージの種類や大きさ、調理器具などによって異なりますので、パッケージに記載されている調理方法や指示に従うことが重要です。

また、食中毒予防のため、十分に加熱することが重要です。ソーセージが茹で上がったら、内部温度を確認することもおすすめします。

内部温度は、75℃以上になるように調理することが望ましいとされています。

最終的に、ソーセージを健康に配慮して調理するためには、茹でるだけでなく、バランスのとれた食事や適度な運動、タバコを控えるなどの生活習慣改善を継続的に行うことが大切です。

ソーセージの種類や大きさによって、茹でる時間が異なり一般的に、茹で時間は、ソーセージの種類や大きさによって適切な時間が異なります。

たとえば、普通のウィンナーソーセージの場合、10~15分程度茹でるだけで十分ですが、大きなブラートヴルストやチョリソーなどの場合は、20分以上茹でる必要がある場合があります。

また、生のソーセージを茹でる場合は、40分以上茹でる必要がある場合があります。

さらに、パッケージに記載されている調理方法や指示に従うことが重要です。茹でる時間や温度などは、製造元が推奨する調理方法に従って行うことが望ましいです。

食中毒予防のため、茹でるときは、十分に加熱することが重要です。

切手は2020年オランダ発行の「オランダの伝統的な食べ物切手」の中の一枚で、スモークソーセージが描かれています。



切手は2020年アイルランド発行の「アイルランドブレックファースト切手」の中の一枚で、目玉焼き・ソーセージ・ベーコン・マッシュルーム・豚の血の黒いソーセージが描かれています。





切手は2004年ルクセンブルグ発行の「ルクセンブルグ製食材切手」の中の一枚で、ワインとともにソーセージなどの加工肉が描かれています。






いずれもとても美味しそうですねぇ!!








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.23 08:03:45
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.