000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わかくさ日記

全8件 (8件中 1-8件目)

1

お出掛けしました♪(四国)

2016年06月24日
XML

こんばんはスマイル

6/13 高松自動車道⇒大鳴門橋⇒淡路島⇒明石海峡大橋⇒山陽自動車道⇒阪神高速道経由で帰阪、
6/12、13日の2日間790km(6/15の記事には720kmと書きましたが790kmの間違い)
のドライブになりました
車

松山を12:30頃 出発、20:00頃の帰宅になりました。
キャプチャ (7)


遠いですねぇびっくりしょんぼり


時間があれば、鳴門の板東俘虜収容所に立ち寄りたかったのですが、
とても、とても 叶わない事でした右矢印ウィキペディアこちら


大鳴門橋右矢印こちら
キャプチャ (2)


大阪へ向かうと雨が 上がって来ました。
雨上がり雫の大鳴門橋や明石海峡大橋を渡れたのは、きれいでしたきらきら 


淡路島南SAから
P1290161


30分程で淡路島通過して、明石海峡大橋右矢印こちら
観覧車が見えて来ました。
P1290162


淡路SAに入って休憩がてら 夕食
レストランから見える海と明石海峡大橋
P1290167


関西風の おうどんは 馴染んでいるので、食べ易いですぺろり
P1290173
有名な淡路島の玉ねぎの天ぷらもあります。


神戸の街も見えて 
P1290184
白い街並みが アンダルシア地方のようですね。


SAを後に明石海峡大橋を渡り
P1290185


同上 神戸の街に向かって
P1290201


山陽自動車道⇒阪神高速道に入るといつもの大渋滞


手書きハート四国旅行は短い2日間でしたが、内容が濃く楽しく過ごせましたハート音符







最終更新日  2017年09月16日 17時10分21秒
コメント(20) | コメントを書く


2016年06月22日

こんばんはスマイル

6/13 松山城を訪れました歩く人右矢印HPこちら
松山城は、松山市の中心部である標高132mの城山(勝山)山頂に本丸があり、
裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(堀之内)がある、広大な平山城です。
日本で最後の完全な城郭建築(桃山文化様式)として、層塔型天守の
完成した構造形式を示していると言われています。(HPから抜粋)

『日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に
現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、連立式で、日本三大連立式
平山城の1つにも数えられる。(ウィキペディアから抜粋)』

との事で、関係ないですが、しまなみ海道の『来島海峡大橋は、
世界初の三連吊橋』というのを思い出してしまいました(笑)

最後に言うべき感想ですが、“素晴らしい!!”の一言でした。


口コミで選ぶ行って良かった日本の城の第2位に選ばれているそうです
右矢印2014年の「日本の城」ランキング
そうとは知らずに訪れたのはラッキーな事で、しごく感動してしまった次第です。
ちなみに2015年は、4位でした。
熊本城が毎年1位なのに 震災で酷い事になっているようですので、早い復興を祈っています。


先ず ロープウェイに乗り(歩く事も出来ます)
P1280932
普段は、ロープウェイ(約2分半)とリフトの併用ですが、悪天候の為にリフトは休業。
ロープウェイでは、坊っちゃん風の服装のスタッフのマイク案内もあります。


ロープウェイから 景色は見えません。
P1280978


ロープウェイを降りてから 15分位歩いて
P1280976


立派な天守が見える場所
P1280971


門が重厚
P1280938
鉄が 乳房のようで笑ってしまいました大笑い

下のコメントで、ビッグジョン7777さん右矢印こちら
目的は釘の頭を隠す釘隠しです。
正式名称は《饅頭金物》別名称が《乳金物》

と教えて下さいました。ありがとうございます。
私の感じ方は、的外れではなかったようです(笑)


本丸の中は こんな凄い階段を上らなくてはならないのはしょんぼり
P1280968
いくつ上ったのか???


立派な展示物を見学
P1280941


松平定則書『竹』
P1280944
紙面いっぱいに 凄い気迫ですね。


石落とし
P1280946
あちこちに 石落としの小窓が 設置されていました。


小天守から大天守が見えています(多分です)
P1280952


大天守から見える風景(雨の為 絶景とはいきません)
P1280964


松山城に圧倒されて、ロープウェイを下りてきました。
姉は、お土産に今治じゃこ天を買いに松山三越に、
私はカラクリ時計を見に行き、その後 合流して
手書きハート鳴門海峡大橋⇒明石海峡大橋を経て帰阪しました。
それは、明日。。。。
ハート音符

松山城で 雨の中、傘を差して歩くのが厭で 
『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男みたいな格好でした(笑)
スキーに行った際、北海道ルスツで買った物でした。
キャプチャ (2) P1290294
左画像は、『ねずみ男ひろみ』、このポンチョを見られたら私です大笑い







最終更新日  2017年09月16日 17時10分55秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年06月21日

こんばんはスマイル

6/13 道後温泉駅前カラクリ時計を眺めました目時計

カラクリ時計は、道後温泉本館の振鷺閣と坊っちゃんのコラボで作られていました。
キャプチャ (6)


左 カラクリ時計       右 振鷺閣 を比べて下さい。
P1290009 P1280900


12時になると 屋根が せり上がり、翼が張り出します。
P1290036 P1290048
せり上がった方が振鷺閣らしいですね。 


これが最大限の 御披露です。
キャプチャ (3)


おーしーまーい大笑い
P1290111


もう一度 マドンナが出場して、“道後温泉にようこそ”
P1290127

3分間程の 舞台でしたウィンク


カラクリ時計のお隣に、
P1290139


P1290142


手書きハート明日は、松山城を見学したお話ですハート音符







最終更新日  2017年09月16日 17時11分20秒
コメント(20) | コメントを書く
2016年06月20日

こんばんはスマイル

6/13、ホテルを出て松山城へ行きましたが、地図上の便宜さから
道後温泉駅⇔松山城を掲載させて頂きます
車


道後温泉駅前のからくり時計を見たかったのですが、
12時まで10分以上ある為、付近をウロウロ歩く人
P1290003


道後温泉本館へ続く商店街
P1290008


道後温泉駅
P1280998


上の標識にある道後公園も車の中から写真だけ撮りましたので、ご紹介右矢印こちら
P1290146


人力車で 市内観光も羨ましいです。
P1280988


道後温泉駅舎内に入ってみると 路面電車
P1280994


同上
P1290004


ここから『坊っちゃん列車』が出ていますが、
時刻が予定に合わず、乗れませんでした号泣右矢印HPこちら
P1280991


道後温泉から松山城へ行く途中では、市民の足と
なっている路面電車にたくさん出会いました。
P1280925


同上
キャプチャ (5)


その中で『坊っちゃん列車』にも 1度だけ 
すれ違ったのですが、一瞬の事、撮れませんでした。
そこで、『いよ観ネット』から画像を拝借しました。
timthumb
いつか、又 道後温泉へ行く事があれば、乗ってみたいです。


手書きハート明日は、からくり時計の3分間程の様子を記事にさせて頂きますハート音符







最終更新日  2017年09月16日 17時12分34秒
コメント(24) | コメントを書く
2016年06月19日

こんばんはスマイル

6/12 夕食後 道後温泉本館入浴、見学、商店街の散策しました歩く人温泉右矢印道後温泉本館HP
歴史、泉質、施設などはここをご覧下さい。
道後温泉は、「日本書紀」にも登場するわが国最古の温泉です。


泊っている道後夢蔵-旅庵浪六の丁度反対側に道後温泉本館の入り口があります。
P1280877
『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルとも言われいます。

アルカリ性単純泉の湯質で、神の湯、霊の湯は、重文。
庶民でも、重文のお湯に入れるのです。
道後夢蔵-旅庵浪六から入浴券を渡されました。


公衆浴場で、こんなにたくさんの人??とビックリしました。
浴場に入る余地を探して入る位で、脱衣場はごった返していました。
img_guide02
(写真は上のHPから拝借)


入浴が終わってから 又新殿(ゆうしんでん)(入館料260円を払って)を見学。
ガイドさんが、説明してくれます。
「又新殿(ゆうしんでん)」画像をご覧ください。
明治32年(1889)に建てられた皇室専用の湯殿。
現在の価値で3億円をかけて造られた浴室で、10名の皇室の方がお越しに
なられただけですので、お一人三千万円かかっているというわけです。
1952年を最後に使用されていないので、お湯は止められています。


次は、『坊っちゃんの間』へ
こんな懐かしい廊下を通って
P1280858 P1280873 P1280870


P1280866
『則天去私』小さな私を去って 自然にゆだねて生きること
夏目漱石は、優しい筆跡なのですね。


窓の飾りと そこから見える温泉街
P1280871 P1280862 


こんな馬鹿にした大笑い、役に立たない、気持ちが悪くなる鏡がありました(笑)
P1280874


その後、商店街へ お土産を選びに。。。
P1280879
気に入った物が何もなく、戻りました。
ところが、ところが、です!!姉が右手前の伝統工芸の
お店『伊予一刀彫 花心』の ショーウインドーの木彫に魅せられて
忘れられないと 帰宅してから 電話注文して送ってもらう事になりました。
何故、買わなかったか?というと、入浴に大金を持っては行かなかったからです。
私は、そうとは知らず、偶然に そのお店を写していました。
姉は、お店の名前まで ちゃんと覚えていたんですよ、執念ですね大笑い
姉の家を訪れる機会があれば、姉が恋した一刀彫を写してきたいと思います。


帰ると 21時を過ぎて、道後温泉の象徴である白鷺が振鷺閣の上に輝いていました。
P1280885


手書きハートその夜は、疲れてすぐに(-_-)zzzでしたハート音符







最終更新日  2017年09月16日 17時13分16秒
コメント(24) | コメントを書く
2016年06月18日

こんばんはスマイル

6/12 16時半頃、道後温泉 道後夢蔵-旅庵浪六に到着しました車右矢印道後夢蔵-旅庵浪六HP
楽天トラベルで 3ヶ月前に予約しておきました。
P1280921
尋ねては いないのですが、小規模のお宿で、10部屋以内でしょうか?
駐車場へは、イケメンのお兄さんが 車を出し入れしてくれます。


3階 花蔵に通され、窓の向こうに見えるのは 松山城
P1280838
雨に曇っていました。明くる日には、煙って全然見えませんでした。


夢蔵3階お部屋から
道後温泉本館の東に位置するので 玄関の丁度反対側が見えます。
P1280840
ここは、歴代天皇陛下が来られた時の入り口に当たり、
又新殿(ゆうしんでん)が見えているのだと思います。
「日出づる処の天子」は、東ということです。


結婚式の記念写真を撮っておられました。
P1280841


道後温泉本館や夢蔵は低い場所にあるようです。右、夢蔵の前の道
P1280897 P1280922


下、4枚は明くる朝6:00の道後温泉本館刻太皷の様子です。
朝6:00から温泉の営業が始まる刻太皷で、赤いぎやまんが温泉的な情緒ですね。
閉まっていた扉が 打たれる時は、開けられます。
P1280905 P1280900


打たれているのを はっきり確認出来ませんでしたが、女性のような気がします。
P1280902 P1280903


夢蔵には、大浴場がありません。
下左の長い黒い管は、各旅館ホテルに 分配される為の お湯の管だそうです。
(夢蔵さんのお話。。。道後温泉は、湯量が少なく、お湯を全部一ヶ所に集めてそれが分配されます。)
あの黒い管は、何だろう?と 色々想像していましたが、謎が解けて スッキリした思いでしたウィンク
P1280899 P1280919
夢蔵さんのお話で、引かれた その管が玄関横にあると仰ったので確かめました。
それが 多分 この管なのでしょう。


夢蔵の砥部焼の浴槽からは、道後温泉本館をゆっくり眺める事が出来ます。
P1280908



場所を移して夕食
(以下のお料理は、思い出の日記としての画像ですので、お眼汚しをお許し下さい)
総じて 美しく美味しく薄味が嬉しい和食。丁寧な接客。
P1280844 P1280845 

P1280846 P1280847

P1280850 P1280851

P1280852 P1280857


キャプチャ (4) P1280855 

キャプチャ (3) 

夕食を済ませて お部屋に戻る時に渡された夜食のおにぎりと牛乳。
もうお腹いっぱいで 食べる事は出来ませんでした大笑い
P1280912
冷蔵庫の中には、ビールとジュースが入っていて、何を飲んでも無料。
こんなサービスの旅館は、初めてで、嬉しかったです。


朝食は 凄い充実 左のお豆腐も印象的
P1280914 P1280916

P1280917 P1280918
こんなにおしゃれな宿の朝食は初めてで、大満足でした。
お腹が空かず、昼食を食べる事が 出来ませんでした。


道後温泉でお泊りの場合は、道後夢蔵-旅庵浪六さんを オススメです。
手書きハート次は、夜の道後温泉本館へ入浴、見学、商店街の散策ですハート音符







最終更新日  2017年09月17日 18時29分54秒
コメント(24) | コメントを書く
2016年06月17日

こんばんはスマイル

6/12、しまなみ海道来島海峡急流観潮船乗船しました船右矢印来島海峡急流観潮船HP


出航する 道の駅 よしうみいきいき館に着くと 七輪のコーナーがあるではありませんか?
食べたかったのですが、お昼御飯を村上水軍博物館で済ませて来たので 泣く泣く諦めました。 
P1280772


乗船場所は、白い建物。来島海峡大橋が見えます。
P1280773


乗る船は 以外と小さいです。
P1280818


鳴門海峡の うずしおクルーズ船は大きいのですが、
来島海峡急流観潮船は小さくて、雨が ふき込んで嵐のような苦行。
私達は乗るのが最後だったので、舳先しか空いていなくて、それはそれは、
雨が酷いものでした。お姉さんが マイクで案内してくれます。
P1280800 P1280816


世界初の三連吊橋「来島海峡大橋」を海上から臨み(橋くぐり)
P1280781


晴れていれば、どんなにか気持ち良く きれいに撮れた事でしょう。
P1280796


村上水軍の遺構。舟が一艘係留出来る程度の大きさが切り開かれています。
P1280782
多分、これが来島だったのでしょう。
雨を避けるのと デジカメが濡れないようにと一生懸命で マイクを聞き逃していましたしょんぼり


来島海峡は、九州方面と関西方面を結ぶ瀬戸内海航路のちょうど真ん中に位置し、
交通の要衝となっています。さまざまな種類の船が行き来する国際航路ですので、
外国船舶も含め、コンテナ船、タンカー、貨物船、クルーズ客船、自衛艦、
潜水艦など運が良ければ見ることができます。

少し大きな船が傍を通れば 揺れて大変でしたが、運悪くきれいな客船も自衛艦も見れませんでした。
潜水艦は、狭い海峡なので、自衛官が見張る為に 潜水艦の頭を出して通るそうです。 


『瀬戸内の多島美や日本三大急潮流の一つとして有名な来島海峡の急流を間近に』
でも、12日は、潮流が緩い日で、残念ながら この程度の渦でした怒ってる
 P1280793


日本一の海事都市「今治」の象徴である造船所群を湾内からも見学。
P1280809 P1280811


同上
P1280810


同上
P1280813


何の神社だったか??観潮船から見えました。
P1280804


最後に HPから You Tubeを張り付けました。


You Tubeでは快晴の観潮船に乗った気分になれました、
それにしても残念なお天気でした号泣 


手書きハート雨が激しくなった中を 道後温泉ホテルに向かいました車ハート音符







最終更新日  2017年09月17日 18時30分20秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年06月16日

こんばんはスマイル

6/12 しまなみ海道の大島 村上水軍博物館を訪れました船右矢印村上水軍博物館HP

P1280755 P1280756
三階の展望台からは、こんな狭い海を縦横無尽に駆け巡った村上水軍の姿が偲ばれました。
村上水軍は、遠く遡れば 平安時代中期の村上天皇が
祖であることも示されていました右矢印村上天皇の系図
海賊であり、歴史に影響を及ぼした水軍の活躍を見終わり、


こんな懐かしい昔の教室の展示も見て。。。
P1280759 P1280760


丁度 お昼でしたので、館内のカフェテリアで昼食。
鯛カツ丼は、7~800円程度で、美味しくて お得で、量は すごく多くて。。。(笑)
30分近く待って出て来て 大阪では考えられない程に ゆったりと時が流れています大笑い
P1280763


車        車        車       車        車

村上水軍博物館へ行く途中で見た神社は、海の間際に在り。
興味深かったのですが、なんせ雨しょんぼり
車を降りる事が 出来ませんでした。美保神社と表記されていました。
P1280770


次に行く来島海峡急流観潮船の乗船場所 道の駅よしうみいきいき館にNAVIを設定
したところ、山越え 又は 海沿いの どちらも車が通れそうもない方向を示しました。
その道路を諦めて戻る途中で見た見事な 紫陽花 墨田の花火 と ランタナ
P1280764


これは、何の為の設備でしょうか?
船を陸に上げる時に使うのでしょうか?わかりません???
傍には 上げられた船
P1280767 P1280768
コバルト4105 さん右矢印こちらが下のコメントで教えて下さいました、ありがとうございます。
満潮時と干潮時の差が激しい瀬戸内海ではフェリー係船岸として多用されています。
台風や修理が必要なに時、浮き桟橋に繋がる橋を上げているようです。
此方、呉中央桟橋にも取り付けられています。



2008.11.13 けん家持さんのしまなみ海道右矢印(1)(2)(3)
は、晴れて これぞ 明らかな瀬戸内海の景色!!を見られます。
村上水軍博物館の記事は (2)に掲載されています。
私も 晴れて こんなに素晴らしい写真を撮りたかったです。


昨日、忘れましたが、生口橋が吊り橋である事が よくわかるこんな写真がありました。
橋の端は、サイクリングロードでしょう。
P1280728

本州と四国を繋ぐ 3ルート
尾道・今治ルートの瀬戸内しまなみ海道、児島・坂出ルートの瀬戸大橋、神戸・鳴門ルート
は、どの橋も日本の橋の技術の粋をこらし、私のようなシロート
でもわかる、それぞれのデザインも素晴らしくて、感嘆します。

海を渡る橋を架ける夢にかけた方々に乾杯 その橋を渡らせて頂いて感謝です!!

3ルートとも何度か渡っていますが、瀬戸内しまなみ海道は二度目で ある意味、
思い出を辿る旅でした。あの頃は若かったので、殆ど一人で運転しました(笑)


手書きハート次は 来島海峡急流観潮船の乗船を紹介させて頂きますハート音符







最終更新日  2017年09月17日 18時30分54秒
コメント(30) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.