2486035 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

2019年の仕事です。
1月 「JKでエロラノベ作家ですが何か?」 講談社ラノベ文庫より発売されました。

進行中の企画。
2019年春以降 某社ライトノベル書き下ろし(2稿納品しました)
2019年5月頃 某社書き下ろし(執筆中です)

わかつきひかるは奈良県在住の小説家です。1997年よりライターをはじめ、別ペンネームを含めて著書百三十冊以上。デビュー22年になります。
2001年ナポレオン大賞授賞。2007年幻冬舎アウトロー大賞特別賞授賞。2011年宝島社日本官能文庫大賞・岩井志麻子賞受賞。
『ニートな彼とキュートな彼女』が2014年に「世にも奇妙な物語」にて映像化されました。地方文学賞の選考委員の経験あり。
くわしい経歴はこちらのページからどうぞ。

仕事のご依頼歓迎します。お見積もりは無料です。ご連絡は、wakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。

ファンレターをくださる読者様は、それぞれの出版社あてに送ってください。編集部が転送してくれます。

取材お受けします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

啓林堂書店奈良店(近鉄奈良店徒歩一分)一階奥の、レンタルオフィスDUOにて、文章教室を行っています。第3日曜日の内容は講義方式です。
費用は一回2500円
月謝以外のお金、教材費、入会金、消費税、冷暖房費等は一切頂きません。とびとびに来ることもできます。添削を希望される方は、プリントアウトして持って来てください。お預かりして次回講評します(別料金は頂いておりませんが、原稿をお預かりする関係上、連続して来てください)。
2月17日(日)AM10:00~12:00 小説の基礎
3月17日(日)AM10:00~12:00
4月17日(日)AM10:00~12:00

第四火曜日のレッスンは、合評会中心で、事前に小説をメールや郵送で渡しておき、感想を言い合い、講義も行うというものです。そのため、連続して来て頂く必要があります。少しずつ書いて長編を完成させる方もいらっしゃいます。参加者募集中です。一回2500円、都度払いです。ジャンル不問ですが、私の小説教室では「自分の言葉で」文章を書こうとする方を歓迎します。
2月19日(火)AM10:00~12:00
3月26日(火)AM10:00~12:00
4月23日(火)AM10:00~12:00
5月28日(火)AM10:00~12:00
トラブルの相談お受けします。
原稿料の未払いでどうしていいかわからない、企画を通して三回も書き直しをしたのに本が出ないと言われたなど、トラブルで困ってる方がいらっしゃいましたら、私でよければアドバイスします。編集者とケンカする前に、あるいはネットで書いてしまう前に、私にメールをしてみませんか。契約書に気になる条項がある、と言った質問もお答えできます。相談料は一件1000円です(面識のある方は無料です)。
(トラブル相談という性格上、即レスを心がけています。返信が24時間以上遅れるときは相談料は頂いておりません)お問い合わせはwakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。

教室に来たいけど遠方でこれないという方に、通信添削をお引き受けします。(お休みを頂いています。2019年春頃再開します)
小説をプリントアウトして、送って頂いたら、一週間以内に添削と講評を書いてお返しします。返却の封筒の中に振り込み先を書いた紙を入れていますので、講評を確認してからお振り込みください(後払いです)。
講評は私の好みを押しつけることはしません。技術面の指摘と、出版業界の情勢によるアドバイスで、講評させて頂いています。
児童文学と純文学は専門外のためご期待に添うことができません。
原稿用紙50枚まで 1500円
51枚~100枚 3000円
101枚~150枚 4500円
151枚~200枚 6000円
201枚~250枚 7500円
251枚~300枚 9000円
301枚~350枚 10500円
351枚~400枚 12000円 それ以上の枚数は、50枚ごとに1500円増えていきます。
さらに講評シート2000円と、返信の送料(レターパック360円)を頂いています。講評で疑問点がありましたら、メールで質問を2回までお受けします。
(原稿用紙351枚の長編の場合の講評は14360円になります)
(何度もメールしてくださる方もいらっしゃるのですが、すみませんが2回までにしてください)
お問い合わせはwakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。原稿を啓林堂書店奈良店にいきなり送りつけないでください。レンタルオフィスには郵便物の転送サービスはありません。あなたの貴重な原稿が紛失するかもしれません。
プリンターをお持ちでない方は、メール添付(テキスト保存)で拝見します。金額は紙と同じですが、送料はかかりません。ですが、画面だと見落とすことがあるので、なるべく紙でお願いします。

プロットチェックお受けします。(お休みを頂いています)
A・プロットのアドバイス一件2000円(後払いです)
B・はじめに200字ほどのあらすじを4本ほど出してもらって、その中のひとつを選びプロットにして頂き、プロットの書き直しを3回まで見るコース5000円 商業でするときのやり方です。(Bのみ前払いです)
どちらかお選びください(小説教室の生徒さんは無料です)
2019.01.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
作家デビューしたけど向いてなかった
かーずSPさん経由で知りました。

>商業デビューすると、アマチュアのように自由に書くことはできない。

>こちらが面白いと思ったものを全否定されることもあるし、ときにはまるで違うものに魔改造されることもある。こちらが全く面白いと思えない編集者のアイデアを入れないと本にしないと言われることもあるし、そうやって無理やり書いたものが売れて金になればまだいいが、全く売れずに二週間で書店からなくなったりする。

わかる。すごくわかる。ものすごくわかる。
本になるならまだましで、原稿を握りつぶすために​企画詐欺をかけてくる業界ゴロもいてほんとうに苦しい。

>書きたいものを書いて売れてくれればいいのだがこれは天才戦略で、凡人がやると赤字を出して死ぬ。

これもわかる。すごくわかる。

たぶんこの人は、担当編集者と方向性が合ってなかったんだと思う。こうなるともう打つ手がないのが現状です。

コメントらんにはなろうで書けばいいのに、というのがあったけど、今のなろうは、なろう読者の好きなものにうまく合わせていかないとポイントがとれないそうです。

営業すればいいのに、と思うかもしれませんが、昔ならいざ知らず、今は営業しても、「なろうでポイント取ってから来て」と言われる。

プロなら投稿すれば賞を取れるだろう? と思うかもしれませんが、一度どこかでデビューしてうまくいかなった作家は、プロアマ問わずの新人賞に応募しても評価基準が厳しくなります。

山形小説家・ライター講座『その人の素顔』
(引用はじめ)
僕は予選委員なんですけど、予選委員はその辺も聞くんですよ。「この人はプロ?」とか。すでに賞を取ってデビューした人が、1冊か2冊は本を出しても売れないで、何年かしてまた別の賞に応募してくるという場合もありますから。そういう人はやっぱりダメですね。売れない理由はやはりあるんです。
(引用おわり)

私、池上冬樹先生のこの文章を読んだとき、ものすごくびっくりしたんです。

【新品】【本】とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話 佐倉色/著

編集者のパワハラセクハラや印税の未払いや踏み倒しや都度重なる間違い振り込み、個人情報ばらまき(献本の送り状に、私の住所と本名電話番号、メールアドレスまで全部書かれた)に苦しめられて、他のレーベルに変わりたいともがく作家も、ポルノを書くのは好きだし売れたけど、ポルノだけではいやだ。違うジャンルを書きたいと新人賞にチャレンジする作家も、「やっぱりダメですね。売れない理由はやはりあるんです」と切り捨てられてしまうんだ……。

でも、最近だとこういうのもある。
没ネームもOK 双葉社、プロ漫画家の原稿募集「セカンドオピニオン」 「くすぶった才能に火を付けたい」

小説だとリデビュー新人賞というのもあります。
こちらです。
(引用はじめ)
どうしても新人作家さんや、一部の大御所作家さんが、中心になってしまう
今の時代だからこそ、私たちは、すでにプロとしてデビューされた方で、
新しく活躍するフィールドを求める方に限定した賞を創設したいと思います。
(引用おわり)

今の出版業界は、新人か大御所でないと本が出ないんです。一度売れなかった実績を作ってしまった作家はもちろん、中堅の居場所がない。デビューして数冊出してそれっきりになる作家さんがほんとうに多い。

でも、私はあきらめずに続けていこうと思っています。幸いまだ仕事はある。営業も投稿もして生き残りを図ろう。出版を取り巻く状況はどんどん厳しくなっていますが、私は工夫と努力で乗り切りたいと思っています。
(誤字があったので、一部修正しました)






Last updated  2019.01.23 15:10:50

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.