2436035 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

2018年の仕事です。
4月「日曜ポルノ作家のすすめ」雷鳥社より発売されました。
5月「僕のちいさなエルフ義母」美少女文庫より発売されました。
11月「世界最強の魔法剣士師匠と竜殺し」美少女文庫より発売されました。

お知らせ
6月 ロフトプラスワンウエストでトークライブを行いました。
6月 下北沢の本屋B&Bで「ポルノ小説と一般文芸の深い谷」というテーマでトークイベントを行いました。

発売予定
2019年1月9日 「JKでエロラノベ作家ですが何か?」 講談社ラノベ文庫より発売予定。

進行中の企画。
2019年春以降 某社ライトノベル書き下ろし(2稿納品しました)

わかつきひかるは奈良県在住の小説家です。1997年よりライターをはじめ、別ペンネームを含めて著書百三十冊以上。デビュー21年になります。
2001年ナポレオン大賞授賞。2007年幻冬舎アウトロー大賞特別賞授賞。2011年宝島社日本官能文庫大賞・岩井志麻子賞受賞。
『ニートな彼とキュートな彼女』が2014年に「世にも奇妙な物語」にて映像化されました。地方文学賞の選考委員の経験あり。
くわしい経歴はこちらのページからどうぞ。

仕事のご依頼歓迎します。お見積もりは無料です。ご連絡は、wakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。

ファンレターをくださる読者様は、それぞれの出版社あてに送ってください。編集部が転送してくれます。

取材お受けします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

啓林堂書店奈良店(近鉄奈良店徒歩一分)一階奥の、レンタルオフィスDUOにて、文章教室を行っています。第3日曜日の内容は講義方式です。
費用は一回2500円
月謝以外のお金、教材費、入会金、消費税、冷暖房費等は一切頂きません。とびとびに来ることもできます。添削を希望される方は、プリントアウトして持って来てください。お預かりして次回講評します(別料金は頂いておりませんが、原稿をお預かりする関係上、連続して来てください)。
12月16日(日)AM10:00~12:00 短編恋愛小説の書き方
1月20日(日)AM10:00~12:00

第四火曜日のレッスンは、合評会中心で、事前に小説をメールや郵送で渡しておき、感想を言い合い、講義も行うというものです。そのため、連続して来て頂く必要があります。少しずつ書いて長編を完成させる方もいらっしゃいます。参加者募集中です。一回2500円、都度払いです。ジャンル不問ですが、私の小説教室では「自分の言葉で」文章を書こうとする方を歓迎します。
12月25日(火)AM10:00~12:00
1月15日(火)AM10:00~12:00
2月19日(火)AM10:00~12:00

トラブルの相談お受けします。
原稿料の未払いでどうしていいかわからない、企画を通して三回も書き直しをしたのに本が出ないと言われたなど、トラブルで困ってる方がいらっしゃいましたら、私でよければアドバイスします。編集者とケンカする前に、あるいはネットで書いてしまう前に、私にメールをしてみませんか。契約書に気になる条項がある、と言った質問もお答えできます。相談料は一件1000円です(面識のある方は無料です)。
(トラブル相談という性格上、即レスを心がけています。返信が24時間以上遅れるときは相談料は頂いておりません)お問い合わせはwakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。

教室に来たいけど遠方でこれないという方に、通信添削をお引き受けします。
小説をプリントアウトして、送って頂いたら、一週間以内に添削と講評を書いてお返しします。返却の封筒の中に振り込み先を書いた紙を入れていますので、講評を確認してからお振り込みください(後払いです)。
講評は私の好みを押しつけることはしません。技術面の指摘と、出版業界の情勢によるアドバイスで、講評させて頂いています。
児童文学と純文学は専門外のためご期待に添うことができません。
原稿用紙50枚まで 1500円
51枚~100枚 3000円
101枚~150枚 4500円
151枚~200枚 6000円
201枚~250枚 7500円
251枚~300枚 9000円
301枚~350枚 10500円
351枚~400枚 12000円 それ以上の枚数は、50枚ごとに1500円増えていきます。
さらに講評シート2000円と、返信の送料(レターパック360円)を頂いています。講評で疑問点がありましたら、メールで質問を2回までお受けします。
(原稿用紙351枚の長編の場合の講評は14360円になります)
(何度もメールしてくださる方もいらっしゃるのですが、すみませんが2回までにしてください)
お問い合わせはwakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。原稿を啓林堂書店奈良店にいきなり送りつけないでください。レンタルオフィスには郵便物の転送サービスはありません。あなたの貴重な原稿が紛失するかもしれません。
プリンターをお持ちでない方は、メール添付(テキスト保存)で拝見します。金額は紙と同じですが、送料はかかりません。ですが、画面だと見落とすことがあるので、なるべく紙でお願いします。

プロットチェックお受けします。
A・プロットのアドバイス一件2000円(後払いです)
B・はじめに200字ほどのあらすじを4本ほど出してもらって、その中のひとつを選びプロットにして頂き、プロットの書き直しを3回まで見るコース5000円 商業でするときのやり方です。(Bのみ前払いです)
どちらかお選びください(小説教室の生徒さんは無料です)
2018/12/10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は初心者の小説を読むことが多いのですが、一人称で書く人は、主人公の名前を書かない人がいる。だいぶページをめくってから、やっと名前が出てくる。

わざと名前を伏せる叙述トリックを狙うのでなければ、名前を早く出しましょう。名前もわからない登場人物に魅力を感じることはできません。

日本語は主語が省略できる言語ですが、意識して名前を出してほしいです。

スポーツ選手やタレントの名前を使う人もいますが、名前が同じだと有名人のイメージで読んでしまうので、なるべくやめましょう。でも、なんかこう、耳から聞いた名前って、記憶の隅に残っていて、つい書いてしまうんですよね。

私が使ってるのが、赤ちゃんの名付け辞典です。それも「イメージで選ぶ」名付け辞典を使っていて、登場人物のイメージで名前を引くことができて便利です(私の使ってるのは廃刊になっています)。

無くても書けるけど、あると便利なお役立ち本です。

すてきな赤ちゃんの名付け事典[本/雑誌] / 西村安珠/監修






Last updated  2018/12/10 09:44:16 AM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.