2216241 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

お知らせ
2018年6月30日(土)PM3:00より、下北沢の本屋B&Bで「ポルノ小説と一般文芸の深い谷」というテーマでトークイベントを行います。
2018年6月17日(日)ロフトプラスワンウエストでトークライブを行いました。

2018年の仕事です。
発売中
4月「日曜ポルノ作家のすすめ」雷鳥社より発売されました。
5月「僕のちいさなエルフ義母」美少女文庫より発売されました。

進行中の企画。
いつか 某社ライトノベル書き下ろし(執筆中です)
いつか 某社ライトノベル書き下ろし(初稿納品しました)
いつか 美少女文庫書き下ろし(2稿納品しました)
いつか 某社書き下ろし(企画会議待ちです)

わかつきひかるは奈良県在住の小説家です。1997年よりライターをはじめ、別ペンネームを含めて著書百三十冊以上。デビュー21年になります。
2001年ナポレオン大賞授賞。2007年幻冬舎アウトロー大賞特別賞授賞。2011年宝島社日本官能文庫大賞・岩井志麻子賞受賞。
『ニートな彼とキュートな彼女』が2014年に「世にも奇妙な物語」にて映像化されました。メディアミックス多数あり。「My妹」は美少女文庫歴代一位の売り上げを記録し、現在もなお破られていません。美少女文庫最古参&最多出版点数&最多増刷作家です。ジュブナイルポルノの女王。
くわしい経歴はこちらのページからどうぞ。

仕事のご依頼歓迎します。お見積もりは無料です。ご連絡は、wakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。なお、現在多忙なため、着手は7月になります。

ファンレターをくださる読者様は、それぞれの出版社あてに送ってください。編集部が転送してくれます。

取材お受けします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

啓林堂書店奈良店(近鉄奈良店徒歩一分)一階奥の、レンタルオフィスDUOにて、文章教室を行っています。第3日曜日の内容は講義方式です。
費用は一回2500円
月謝以外のお金、教材費、入会金、消費税、冷暖房費等は一切頂きません。とびとびに来ることもできます。
7月15日(日)AM10:00~12:00 キャラ立てについて

第四火曜日のレッスンは、合評会中心で、事前に小説をメールや郵送で渡しておき、感想を言い合い、講義も行うというものです。そのため、連続して来て頂く必要があります。少しずつ書いて長編を完成させる方もいらっしゃいます。参加者募集中です。一回2000円、都度払いです。
6月26日(火)AM10:00~12:00
7月24日(火)AM10:00~12:00
8月28日(火)AM10:00~12:00

トラブルの相談お受けします。
原稿料の未払いでどうしていいかわからない、企画を通して三回も書き直しをしたのに本が出ないと言われたなど、トラブルで困ってる方がいらっしゃいましたら、私でよければアドバイスします。編集者とケンカする前に、あるいはネットで書いてしまう前に、私にメールをしてみませんか。契約書に気になる条項がある、と言った質問もお答えできます。相談料は一件1000円です(面識のある方は無料です)。
(トラブル相談という性格上、即レスを心がけています。返信が24時間以上遅れるときは相談料は頂いておりません)

教室に来たいけど遠方でこれないという方に、通信添削をお引き受けします。
小説をプリントアウトして、送って頂いたら、一週間以内に添削と講評を書いてお返しします。返却の封筒の中に振り込み先を書いた紙を入れていますので、講評を確認してからお振り込みください(後払いです)。
原稿用紙50枚まで 2000円
51枚~100枚 3000円
101枚~150枚 4000円
151枚~200枚 5000円
201枚~250枚 6000円
251枚~300枚 7000円
301枚~350枚 8000円
351枚~400枚 9000円 それ以上の枚数は、50枚ごとに1000円増えていきます。
さらに講評シート1000円と、返信の送料(レターパック360円)を実費で頂いています。講評で疑問点がありましたら、メールで質問を2回までお受けします。
(何度もメールしてくださる方もいらっしゃるのですが、すみませんが2回までにしてください)

プロットチェックお受けします。
A・プロットのアドバイス一件2000円(後払いです)
B・はじめに200字ほどのあらすじを4本ほど出してもらって、その中のひとつを選びプロットにして頂き、プロットの書き直しを3回まで見るコース5000円 商業でするときのやり方です。(Bのみ前払いです)
どちらかお選びください(小説教室の生徒さんは無料です)
2018.06.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は私が好きな小説や映画の感想を読むのが好きです。エゴサーチじゃなくて、読んだ小説や漫画の感想を読んで楽しんでいます。

1.私の感性はどこまで一般的なのか? のチェック
2.私とは違う感想を持つ人の意見を知りたい。

1は、作家は一般的な感性を持っているほうが売れると思っているから。
2は、へー、こういう考え方があるのかーっという驚きが楽しいからです。

私は

アクタージュ act-age 1【電子書籍】[ マツキタツヤ ]​が好きで、ガラスの仮面みたいだ、夜凪ちゃんも千世子ちゃんもかわいいなー、と思っているのですが、

アマゾンレビューに、
>ひたすらに作中で鬼才とされる監督(何がどう凄いかは描かれません)が、天才とされる女優(役になりきらず、自分ならこうすると言う演技で無茶ばかりする芸人)を持ち上げる話です。
>演劇を舐めてる
>主人公 非常識
と書いてあり、ああなるほどそういう意見もあるだろうな、と笑ってしまいました。

形にはまらない天才が活躍し、周囲も夜凪ちゃんの熱意に巻き込まれていく話なので、演劇を知らない私には爽快感があるのですが、演劇を知っている人には不愉快な部分があるのかもしれません。

私は

【新品】【本】響〜小説家になる方法〜 9 柳本光晴/著​が苦手です。太宰の再来と言われる社会性ゼロの天才的な少女が活躍する話ですが、周りの人間や編集者がすごいすごいと持ち上げて、下にもおかぬところがありえさなすぎて、読んでいて苦しくなってしまいました。

パワハラセクハライオク様号泣編集者と戦いながら、隙を作るまいと必死に契約書を読み、顧問弁護士と契約するためにはいくら儲けたらいいんだろうと電卓を叩いている私が悲しくなってくる。

でもこれは、私が平凡な作家だからありえないと思うだけであって、圧倒的な天才が活躍する爽快感のあるおもしろいお話だから売れてるわけです。演劇を知らない私が、アクタージュをおもしろく読めるのと同じです。

業界ものって難しいですね。
ありえないと業界あるあるのさじ加減って、ほんと難しいなー。






Last updated  2018.06.20 09:39:39

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.