3794456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

納豆の館

2007年03月26日
XML
カテゴリ:納豆の館

良かった、母が受け取り間に合ったようですスマイル

 宅配                                           ↑クール宅配便ぺんぎん

待っていました目がハート 

さてさて、開けてみると・・

納豆1

じゃーん!! 藁入り納豆!!!!

先日お客様からケータイで、「サニーちゃん、納豆好きね?」                                         「あ、大好きです!」(←かなり期待してる泣き笑い) 「じゃぁ、藁入りの納豆送るから」

それがこれです。今日届くということと、藁入りというのも知っていましたが、                             箱開けたらやっぱり、きゃー大笑いと叫んでしまいます。母も大喜びダブルハート

それでは・・

納豆2 納豆3                           ↑大粒納豆 左は「黒豆」              ↑中粒納豆

納豆4 大粒納豆                  ↑開けていくと・・                   ↑大粒納豆

大粒黒豆 中粒納豆                 ↑大粒黒豆納豆                   ↑中粒納豆 

納豆のたれ ←納豆のタレ

タレに関して、案内文より引用↓

『原料は厳選した国産大豆100%!昔ながらの手づくり納豆が出来上がりました!                         大豆本来の風味や甘みをぜひ味わって下さいネ! 

1、タレをかけずにまずはそのまま食べて下さい。市販の納豆とは一味違います!

2、木挽工房は、九州味のタレ(甘味)と関東味のタレ(少し辛口)の2種類のタレをお付けしました。

お好みのタレをかけて召し上がり下さい。』

いいですね~グッド

納豆6

まずはそのまま味見し、塩と、関東ダレでいただきました。                                       ロンも興奮しましたぽっ  幸せです ハート







最終更新日  2007年03月27日 07時59分12秒
コメント(23) | コメントを書く


2007年03月16日
カテゴリ:納豆の館

昨日ご紹介した手作り納豆は、タイトルのデコポンよりも反響が大きかったですね。                         昨夜食べましたら、本当に自然の甘さがして、とても美味しかったです。わさびや辛子、醤油なんて                      もったいない!! 塩だけで充分です。あまり糸は引きません。普通の大豆そのままの大きさです。                       母も大絶賛。ロンもご満悦スマイル                                                              もっとたくさん買っておくべきだったと大変な後悔を覚えましたブーイング 

あの広場のイベントは2日連続でやることが多いので、今日も覗いてみると・・

納豆おばちゃん1                                                                        ↑サニーです赤ハート

じゃなくて!!

居ました、納豆おばちゃんスマイル 首もとのスカーフがおっしゃれ~きらきら

しかし・・ 納豆はすでに売り切れてしまったとのこと号泣

そこでお話だけでも聴かせてもらうと・・                                                  もともと大豆を作っていらっしゃって、県の食品加工研究所の指導を受けて初めて半信半疑で                  納豆を作ってみて、昨日初めて販売したそうなのです。なにぶん手作りで、おばちゃん2人で                    やっていらっしゃるので大量生産はできない、とのことでした。

とても美味しかったと伝えると、満面の笑みで「指導して下さった県の方にもそう伝えます」と                  謙虚なお言葉。すっかり笑顔のステキな“納豆おばちゃん”のファンになってしまいましたハート

納豆おばちゃん2                                                 ↑このお2人で作られているそう。名刺をお渡しし、掲載許可をいただいています。

明日から日本農村力デザイン大学の修学旅行です。                                           この納豆をぜひ皆さんにご試食いただきたかったのですが、残念でしたしょんぼり







最終更新日  2007年03月16日 13時22分27秒
コメント(118) | コメントを書く
2007年03月15日
カテゴリ:納豆の館

いま外出しましたら、繁華街の一角のびぷれす広場にて「熊本市農産物フェア」なるものを                  行っていました。この広場ではよくこのような小規模の物産展やイベント事をやっています。                   地元の採れたての農産物や手作り食品が並んでいました。

お嫌いな方にはお昼どきに済みませんが・・

納豆1   納豆2

農家の方の手造り納豆。1つ80gで120円さいふ                                                            販売されていたおばちゃんが、「私が作ったとですたい」ぱー                                         いいですね。こういうのが食べたいスマイル タレも何も付いていません。 

表の包み紙は、コピー用紙にコピーして切って張っただけのシンプルなもの。                                         その裏面の説明には・・                                                             【大豆の生産から納豆づくりまで                                                      心をこめて作りました。                                                             大豆本来の旨味を味わって                                                         いただきたいので、                                                             たれは付けておりません。塩や、醤油等、お好みで                                             お召し上がり下さい。】

ひと粒味見しましたら、何とも自然の素朴な味がしました。大豆の甘味が生きています。                                                              半分は塩で、残りの半分はいっぱいのネギとわさびで食べることにします。

 

その一角で、「デコポン重さ当てコンテスト」なるものをやっていたのでチャレンジしました。

「デコポン」とは熊本県の特産品で、オレンジの頭部分がぽっこりと盛り上がったおもしろい形の                 柑橘類の1種です。今では全国に名が知られるようになりました。                              ポンカンと清美オレンジをかけて作ったものです。

たくさんあるデコポンの中から200gピッタリのものを選んで量りに乗せて下さい、というもの。                  サニーの結果は。。。202g!! 惜しいです失敗 証拠画像はありませんが雫                                 参加賞として1人1個デコポンをもらえるところ、ニアピンだったので2個いただきました。                         ちなみにピッタリ賞はダンボール一杯のデコポンでしたプレゼント

デコポン                                                             このデコポンはあまり頭が出っ張っていません。                                                 売りに出せないから、プレゼントなのですね泣き笑い                                                                                  でも味は同じでしょうハート(手書き)







最終更新日  2007年03月15日 17時54分35秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年01月19日
カテゴリ:納豆の館

先日ある人気情報番組で、「朝夕食べ続けると痩せる」と紹介された納豆。                                 私は放送を見ていませんが、母の予言どおり爆発的需要で店頭から姿を消しました。                                   大豆製品が大好きで、もともと毎日のように食べていた私(ってことは痩せないってこと!?)。              最近は昼休みのうちに近くの大手スーパーで買っておくという裏技でしのいでいますショック

*** 以下、個人的嗜好です ご了承下さい ***

5年前、熊本にU-ターンした際カルチャーショックを受けたもののひとつが納豆です。                         付属のタレがやたらと甘い。辛子はほとんど付いておらず、代わりにしばしば昆布や青海苔の                 風味付けのタレが付いています。これもまた甘いのです。

熊本で過ごした18歳まではこの甘い味付けが当たり前で、気にも留めたことがありませんでしたが、大阪、東京他に住み、大人になってお酒もたしなむようになって、いつの間にか味の嗜好も変わったようです。地元メーカーのお醤油は甘いので、我が家では母と私は別々のメーカーの醤油を使っています。

~納豆の食べ方、お気に入りぺろり

★ 辛子と花かつおで。レタスに包んで食べても美味。

★ 山葵とねぎの小口切りたっぷりで。山葵も合うんです!

★ 納豆オムレツ。納豆、とろけるチーズを溶き卵に入れ、鶏がらスープの素(顆粒)で味付け。                   ちょっぴり岩塩がポイント。チーズとの絡みが美味です。

★ 納豆餃子。これもとろけるチーズを入れてごま油で焼く。岩塩かポン酢で。ビールに最高ビールきらきら

★ 薄揚げに納豆と白髪ねぎを挟んでトースターか炭火で焼く。お醤油かポン酢でどうぞ。

★ お餅に挟む。焼き海苔があるとなお良い。

普段はこんなところで落ち着いています。                                                         山葵とねぎは、ぜひお試しを!







最終更新日  2007年01月19日 06時48分58秒
コメント(20) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.