232908 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

WOODPROスタッフblog(仮)

2014.09.19
XML
カテゴリ:足場板
こんにちは。WOODPROの加島(旧:島田)です。
2014年の2月に結婚しまして、名字が変わりました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。



さて、まだかまだかと2年以上お問い合わせをいただいていた
「OLD ASHIBAラック」 「OLD ASHIBA格子ラック」用の扉ですが、
正方形タイプのみですが、やっと商品化のめどが立ちました。
大変お待たせいたしました。
現在商品ページを絶賛製作中です。



で、HOWTOを作るために、我が家のラックに扉をつけてみました。
商品化される前(2008年5月)に購入したものなので6年使ってますが、
頑丈で使い勝手がよくて未だ愛用中です。

この正方形のラックは、台所で踏み台として使ってます。>>我が家の使用状況2012

高いところにあるお皿をとるのにとっても便利。


さて、ラックに扉をつけるには
「扉の板材」「蝶番」「キャッチ」が必要です。

「キャッチ」は、今回は「プッシュキャッチ」を利用します。
取っ手がなくてもプッシュで開閉できるタイプなので、
シンプルに仕上げたい場合にオススメです。


こんな感じ。ラック本体は屋内用灰白、扉は無塗装です。

エンドレスプッシュ


さて、どうやって作ったかご説明を。

(1)ラックに扉板材を仮置きして、プッシュキャッチをつける場所を決めます。
扉の厚さ約35ミリ&ストライクの厚さ1.6ミリを加味する必要があります。


ストライクを付けた状態で


扉にくっつくように置く。
できれば端っこに置きたいですが、ドライバーでビスを止めないといけないため
ドライバー+α分、端からずらしています。


(2)位置が決まったらプッシュキャッチをビスどめ。




長穴は、ビスどめ後、微調整ができるメリットがあるので
長穴→丸穴の順でビスどめを行いましょう。


(3)ストライクを扉にビス止め


扉を仮置きして、ストライクの位置を決めたら、


ビスどめ。


(4)扉に蝶番をつける。

扉に蝶番を付けた後、ラック本体とつなげた方が楽です。
蝶番を扉の角に折り曲げて、2面にぴたっとくっつく位置でビスどめをしましょう。






(5)ラック本体に蝶番をつける

扉をラックに仮置きして、蝶番のビスどめ。
ポイントは「扉の下部にスペーサーを入れる」ことです。
これを入れないと、扉を開け閉めするたびにラックと干渉してよくないです。
1ミリ程度の厚紙や、紙パンフレット、広告を何度か折り曲げたものなど
スペーサーになれば何でもいいです。
必ずスペーサーをはさんでからビス止めしましょう。



(6)完成!

※中のぶたさんは撮影用備品です。



ちなみに、電動ドライバーがなくても大丈夫ですが、
ビス止め位置にちょうど木目があると硬いので、ビス止めがちょっと大変です。
そのため、蝶番、キャッチ、ストライクをつける位置を決める際
できれば木目にかからないように配慮すれば
スムーズにいけば15分もあれば完成します。


現在絶賛作成中です。
こうご期待!






Last updated  2014.09.19 14:43:18

PR

Calendar

Profile


WOODPRO加島

Category

Archives

2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01

Recent Posts

Favorite Blog

熊野町 土砂崩れ中… New! くり坊 1号さん

【個人様宛の特大商… 蕎麦アレルギーさん

イカタロウのぐーた… イカタロウさん

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.