2026407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

長門市の【SWEET AS… 足場スタッフさん

Comments

 くり坊 1号@ Re[3]:納期の長期化継続のお詫び(7月21日)(07/16) 西脇 由香さんへ ご連絡ありがとうござい…

Freepage List

Headline News

木製エクステリアと足場板古材のネットショップWOODPRO店長のブログです。
ご訪問ありがとうございます!
2020/10/23
XML
カテゴリ:ちょっとおでかけ

石見銀山は、大きく分けて、行政や経済拠点となった大森地区と、銀を掘り出した銀山エリアに分かれます。
大森エリアは、全長800mほどで、街並みもよく保存されていて、公開されている古い住宅を見学しながら、雑貨のお店なども覗いて、ゆるりと歩いて散策するのがおすすめ。
大森地区から山側には銀山エリアがありますが、銀山エリアの中心である「龍源寺間歩」まで、2.3キロ。
その間、ずっと緩やかな上り坂で、普通の山道なので、電動自転車がおすすめ。
2時間 700円なり。

そこから電動自転車で「龍源寺間歩」に向かいます。
ちなみに、「間歩」とかいて、「まぶ」と読みます。
今回初めて電動アシスト自転車に乗りましたが、とっても楽ですね~
登り坂もすいすいです。

途中、石見銀山の管理施設などもあります。

草に覆われていますが、川の脇にはきれいに石垣が積まれてあって、かつては、この上になにか施設があったのかもしれません。
銀山エリアは、今では完全に草木に覆われていますが、かつては多くの住居や施設があったようです。

そして、龍源寺間歩へ。
入場料がかかります。

手掘りの洞窟の中に入ります。
この穴を人が手堀りしたのですから、大変だったろうなあ、と素直に思いますね。

穴はうねりながら続きます。

ところどころ横方向に採掘の痕跡が残っています。

そして、出口。
ものすごい見どころがあるわけでもないので、かなり地味です。
お子様には、あまり記憶にも残らないかもしれません。

間歩の出口から、駐輪場に歩く途中に、石の階段が印象的な佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)があります。
上がろうかな、と思ったのですが、社殿などが工事中だったのでやめました。

銀山エリアから脇道に少し入ったところに、「清水谷製錬所跡」があります。
これは明治に入ってできた施設ですが、産出される銀が想像以上に粗悪でコストがかかりすぎることから、一年半で操業を中止しました。

この階段状の石積みの上に、このような建物が立っていたようです。

当時の石積みに草が生え、廃墟感満載。

かつては砕いた鉱石を流したのかな?と思われる穴と水路のようなもの。

ということで、下りは、電動アシスト自転車の電源を切って再び大森エリアに向かいます。






Last updated  2020/10/23 07:57:32 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.