000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

wouldnotのブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

wouldnot

wouldnot

カレンダー

バックナンバー

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.07.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


漢方では、1日のうちで最も健康管理に適した時間帯は朝・昼・晩だと考えています。 この3つの時間帯を押さえることで、体を健康な状態に保ち、病気になる陰道分泌物確率を下げることができるのです。


朝・昼・晩の健康管理を実現するには?


1、朝の健康管理


十分な睡眠を確保するために、朝はあまり早く、6時ごろに起きないようにしましょう。 早起きして暴飲暴食しないこと、朝食を食べるときに食べ過ぎや暴飲暴食をしないことです。 朝のリズムは早すぎると消化器系や循環器系を混乱させ、病気を誘発することもあります。 毎朝5分ほどベッドに横になって手足を動かしたり、ストレッチをしたりして、ゆっくり目を覚ますとよいでしょう。 栄養価の高い朝食を摂り、一口につき20回以上、ゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。


一晩寝ると基礎代謝で毒素や老廃物が大量に出るので、朝起きて息を吐いて排泄するのが間に合います。 朝食後、窓を開けて空気の入れ替えを行い、空気を浄化する。 起床後にコップ1杯のぬるま湯を飲むと、胃腸の蠕動運動が活発になり、便秘の予防や消化器系・胃腸系急性濕疹の病気、口腔系の病気の予防になります。 また、朝は山の公園や川など、空気のきれいな静かな環境を見つけて新鮮な空気を吸いながら、30分程度のランニングやウォーキングをするとよいでしょう。


2、昼に栄養補給をする


昼食後、どんなに仕事が忙しくても、昼寝をするのは良いことです。 漢方医学では、午後1時が睡眠のピークで、主に体内時計によって刺激され、正常な生理現象であり、心身の健康を維持し、疲労感を取り除き、修復するためのエネルギーになると考えています。 30分程度の昼寝をすることで、夜の睡眠不足を解消するだけでなく、身体と脳のシステムを休ませてリラックスさせ、心臓病の可能性を減らし、午後からの仕事や勉強の効率を高めることができます。 また、昼寝をすることで循環器系がストレッチされ、誰もが緊張を和らげることができます。


3.夜間の養生


夕食は、肉と野菜、粗と細のメリハリをつ肺癌咳嗽けるため、就寝から4時間以上あけた夕方6~7時の上下で予定します。 夕食は軽めにし、高コレステロールやその脂っこいものを食べないようにします。 寝る30分前にはすべての電子機器の電源を切り、夕食後30分は散歩やおしゃべりをする時間をとる。 夜11時前には深い眠りにつき、あまり夜更かしをしないようにしましょう。


温故知新


朝晩の体調管理が大切です。 夕食は遅すぎず、満腹になりすぎず、睡眠の質に影響を与えないよう7分程度で済ませることが大切です。 寝る前に、熱湯で足を浸しておくと、一日の疲れが軽減されます。



関連記事:


体のメンテナンスのために、漢方を学ぶ4つのポイントがあるので、マスターしてみませんか?


秋は健康管理に最適な季節。漢方医は長寿の体を作るために6つの「養生法」を推奨しています。


健康な生活のための中国医学






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2022.07.25 18:15:36
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.