476596 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

PR

X

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021/06/18
XML
中古のおもちゃが資産化するという。

わずか5年前に20万円で発売された純金製のポケモンカードが、販売価格で500万円になるという。

コロナによる世界的な金利高で、中古玩具の価値が高まるかもしれないというのだから、何でも捨ててしまうのは考えものだ。

これからは特に、玩具的なものの価値が上がっていくようだ。

それというのも21世紀は、活字からアートに価値が転換されるからだ。

このアートもまんが的なもの、人形的なものが現代人の郷愁を呼んでいく。

たとえば村上隆はその最高モデルだろう。

かつて価値を呼んだものは、50~100年ほど前のものだという。

実はそれ以上になると、価値がわからなくなり、庶民のものから美術愛好家の手に移っていく。

そういえば私の若い時代には、横山大観、東山魁夷、東郷青児といった画家が超人気だった。

当時はまだ彼らの作品をムリすれば買えたからだ。

しかし現在では美術商と美術館との間で取り引きされる画家となり、庶民の目から消えている。

また一時期人気だった画家たちの価格は、恐らく止まったままか、安値で買えるのではなかろうか?

面白い話がある。
日本では、洋画より日本画や書のほうが値が高い。

それは洋間には絵を飾らなくても構わないが、日本間には床の間があるので、どうしても日本画か書を飾らないと、形にならないのだ。

画家より書家のほうが少ないので、書家は意外に金持ちが多い。

それはともかく、まず家の中を総点検してみよう。

重っ苦しい絵画や書には目もくれず、古いカードやおもちゃ、硬貨、切手、マンガ、レコード盤などがあったら、捨てずにしまっておこう。

そして一度アンティークコインなどのネットオークションを覗くといいらしい。

なぜこれらが高価になるかといえば、みんなが捨ててしまうからなのだ。

つまり、みんなと逆の方向に向かったら、いい人生が送れるということなのだろう。

私はもう間に合わないが、みなさんは十分間に合う!


☆チャンネル登録者数9000人突破!☆
▼櫻井秀勲YouTubeチャンネルはこちら▼
You Tubeチャンネル「櫻井秀勲の書斎」

櫻井秀勲 著『70歳からの人生の整え方』

櫻井秀勲 著『三島由紀夫は何を遺したか』

櫻井秀勲 著『新しい時代は「逆転の発想」で生きる』

櫻井秀勲 著『80歳からの人生の楽しみ方』

櫻井秀勲 著『誰も見ていない 書斎の松本清張』

櫻井秀勲 著『昭和から平成、そして令和へ 皇后三代』

DMMオンラインサロン「櫻井秀勲のすべて」

穴口恵子×櫻井秀勲 オンラインサロン「魔法大学」

櫻井秀勲 著『70歳からの人生の楽しみ方』

櫻井秀勲 著『60歳からの後悔しない生き方』

櫻井秀勲 著『劇場化社会』

櫻井秀勲 著『老後の運命は54歳で決まる!』

櫻井秀勲 著『子どもの運命は14歳で決まる!』

櫻井秀勲Facebook






最終更新日  2021/06/18 04:52:50 PM


プロフィール


早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.