339365 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

PR

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019/05/17
XML
カテゴリ:櫻井秀勲の目

高齢者の運転事故がなくならない。おじいちゃんがハンドルを離さず困っている家庭は、孫からのお願いが一番利くという。たしかに妻や息子に「止めてください」といわれても「まだ大丈夫。そんなに年寄り扱いするな!」と怒り出す高齢者が多いが、可愛い孫にいわれたら、それに反論できないだろう。

私は75歳で免許を返納したが、まだ運転には何の支障もなかった。ところが「何の支障もない」という考え方が、危ないという。へんな自信がついていて、年寄りになったことを認めたくないのだ。しかしそんな高齢者でも、車庫入れとペダル操作に、やや不安が出てきているものだという。人にはいわなくても、自分の心の中で「あれ? うまくできない!」と思うことが、少しずつ起こってくる。

中でもカーナビを見るとき、見にくくなっている人がふえているという。それだけ目が悪くなっているのだ。本来ならば視野を窓の外に向けて運転しなければならないのに、何度もナビに目を向けてしまい、事故を起こしてしまうのだ。

「週刊文春」によると①鍵や免許証の保管場所を忘れる ②車が洗車されず、傷がふえている ③ブレーキのタイミングが遅い ④一時停止線ぴったりに止められない ⑤同乗者との会話が減っていく ⑥バックの車庫入れに切返しが多くなる――

こういった兆候が見えたらもう本当に危ないという。こうなったら、妻や子は、家族会議でも開いたほうがいいだろう。

 
オンラインサロン「櫻井秀勲のすべて」
穴口恵子×櫻井秀勲 オンラインサロン「魔法大学」
櫻井文章塾 第2期
櫻井文章塾
櫻井秀勲 著『劇場化社会』
櫻井秀勲 著『老後の運命は54歳で決まる!』
櫻井秀勲 著『子どもの運命は14歳で決まる!』
櫻井秀勲Facebook







最終更新日  2019/05/17 06:34:16 PM

プロフィール


早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.