000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

本日も野球三昧。

PR

Category

Calendar

Comments

black cherry@ 三昧。おっぱーあんにょんはせよ~ お久しぶりです!!こちらこそご無沙汰し…

Rakuten Card

Profile


野球三昧。

Free Space

設定されていません。
2005.09.04
XML

一昨日、ドラゴンズ戦がなかったため(ボロ負けゲームはあったが…)
奥さんに促されるまま、半額セール中のTSUTA屋へいきました。
そこで、1本おもしろそうな映画を発見。

ここで、ご紹介したいと思います。


『Mr.3000』(2004年/アメリカ)

★メジャーリーグ屈指の強打者スタン・ロスはファンの人気者。
  しかしマスコミ嫌いで自分の記録のことしか考えていないので、
  チームメイトからも嫌われていた。

          ↓

☆自分の名誉が全てのロスは通算3000本安打の偉業を達成。
  野球殿堂入りの切符を手にしたその日にシーズン途中でチームを捨て引退する。

          ↓

◆引退後『Mr.3000』をキャッチフレーズに、その名誉を売りにビジネスに乗り出す。
  それから9年、かつての傲慢さからいまだに殿堂入りできず(記者投票のため)にいたが、
  チームがロスの背番号21を永久欠番にすることを決め、ついに殿堂入りか…!? 

          ↓

◇ところが、公式記録にミスが発覚し、彼のヒット数は通算2997本と判明。
  残り3本のヒットを打つために47歳にして古巣のチームへカムバックする。

          ↓

◆ブランク10年の現実は甘くなく、たった3本に苦しむロスは、マスコミにこきおろされ、
  チームメイトからも冷たい視線を浴びる。

          ↓

■個人の名誉より、もっと大切なこと学んだロスのヒットをきっかけに
  チームはまとまり始め、リーグ5位から3位を目標に躍進し始める。
  (ロスは2999安打。)

          ↓

□そして迎えた最終戦(勝てば3位決定)。
  9回裏、両チームここまで無得点。
  自分の記録か、それともチームの勝利か、ロスの決断は、どっち!?


主演のスタン・ロス役のバーニー・マック、チーム唯一の主砲で昔のロスのような自分勝手なTレックス役のブライアン・J・ホワイト。二人ともメジャーリーガーの雰囲気をたっぷり出していて、日本の野球映画とはやっぱリアルな感じで違うなぁ。
日本人メジャーリーガー福田役の人はホントはどこの国の人なんだろう?

たいへん楽しく鑑賞してしまいました。
野球映画だったからなのか、期末テスト前の息子も最後まで飽きずに観切りました。

興味のある皆さん、よろしかったらいかが…。


Mr.3000 特別版 ◆20%OFF!

Mr.3000 特別版 ◆20%OFF!



☆人気blogランキングへ…ドラゴンズファンブログの皆さんも入ってる♪

☆にほんブログ村 野球ブログへ…ドラゴンズファンブログを見てみよう♪








Last updated  2005.10.02 07:23:56
コメント(4) | コメントを書く
[本日はメジャーリーグ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


σ(^^)も野球映画は好きですよ   モコ さん
モコです~。この映画は週刊ベースボールの野球映画を
紹介するコーナーでも以前採り上げられてましたんで、
気になってたんですよ!。

テッド・ウィリアムズとかスティーブ・カールトンとか、
実際にマスコミと折り合いが悪かった選手をオーバーラップ
させて見られそうですね(^^)。

オフにでもゆっくりと見ようかと思います。 (2005.09.04 14:43:17)

モコさんどうもです。   野球三昧。 さん
>モコです~。この映画は週刊ベースボールの野球映画を紹介するコーナーでも以前採り上げられてましたんで、気になってたんですよ!。
オフにでもゆっくりと見ようかと思います。
-----
是非ご覧ください。
結構楽しめましたよ。
日本では公開されてないようですね。 (2005.09.04 17:28:27)

おもしろそうですね   トリトン77 さん
内容を聞いて見たくなりました 笑 (2005.10.02 08:11:09)

トリトン77さん   野球三昧。 さん
>内容を聞いて見たくなりました 笑
-----
是非、TSUTAYAの半額セールの際にでも
見てみてください。
結構笑えましたよ! (2005.10.02 12:47:51)


© Rakuten Group, Inc.