115035 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2024年05月
2024年04月
2024年03月
2024年02月
2024年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年09月19日
XML
カテゴリ:不動産コラム
昨日に引き続き

定期借家契約というと、良いイメージを持たない人もいると思いますが、「満室経営ドットコム」さんの記事を見て考えが変わりました。
メリットもあり、使い方によってはいい契約方法です。

定期借家契約というと、住人が「将来の住みかがどうなるかわからない」という契約に見えますが、実際にそうでしょうか?
もちろん、契約期間満了時に再契約してもらえないという可能性はあります。
でも、大家さんだって商売で物件を貸しているのです。そんな誰でも彼でも1回の契約で追い出すはずがありません。
つまり、追い出されるのは「不良入居者」です。

不良入居者がいなくなるというのは、大家さんの幸せでもありますが、他の入居者の幸せでもあります。
まじめに住んでいる人だけが残る。こんな賃貸物件っていいですね。

再契約への不安感も、最初にしっかり説明をしておけば問題ないと思います。ほとんどの入居者は善人だと思いますし、その説明で嫌がる人は不良入居者である可能性が高くなります。

もっと、いろいろなメリットの説明がありますが、一番大きなところはここですね。もっと深く知りたい人は「満室経営ドットコム」さんで調べてみてください。

お気に召しましたら1日1クリックお願いします。
     ↓
不動産ブログリンク






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006年09月19日 20時55分26秒
[不動産コラム] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.