000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2024年05月
2024年04月
2024年03月
2024年02月
2024年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年09月18日
XML
カテゴリ:不動産コラム
賃貸物件を借りるときに結ぶ契約は大きく分けて2つあります。
「一般借家契約」「定期借家契約」です。

一般的なのは名前の通り「一般借家契約」
最も特徴時なのは「契約更新が可能」ということ

対する「定期借家契約」
契約をする段階でいつまでの契約かが明示され、それを過ぎると契約が終了します。
しかし、再契約は双方の同意があれば可能です。

一般借家契約は、高度成長期において住宅の供給バランスが崩れ、大家側が有利になりすぎることに配慮がなされ作られたもので、住人側に有利な内容となっております。
大家側からは、基本的に契約の解除はできず、賃料についても住人から言われた場合は交渉しなければなりません。

定期借家契約の場合は、契約の期間が決まっていますので、大家側が見て不良な住人を期間終了と共に退去していただくことが可能となります。
ここが最大のポイントで、そしてこの契約形態が普及しない最大の原因です。

定期借家契約は捕らえ方によっては、期間終了と共にたたき出されてしまうイメージがあり、世間では「賃料を安くしなければならない」とか、「入居が決まりずらい」と言われます。
この間見たコラムで面白い記述があり「なるほど」と思ったのが、「それは誤解」という記事でした。
定期借家契約をうまく使うことで、大家・住人双方に利益のある内容にすることができるというものでした。

詳しくはまた明日書きたいと思います。

お気に召しましたら1日1クリックお願いします。
     ↓
不動産ブログリンク





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006年09月19日 20時55分56秒
[不動産コラム] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.