3078893 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳アドバイザー&山岳スナップ写真家&山ブロガー

2020/03/26
XML
カテゴリ:登山
富山の百山は一回改訂している​が、
また改訂するがやと。

で、出版社から問い合わせがあった。
登山道のコースタイムは、登る人に
よって変わるので正解はないので
あるが、同じ距離で1:30と記載して
あるものが、別の文献で2:30と
あっては、確認せんならんな。

今日、S竹前会長から入電あり、
少し話をした。担当した山は、
我々は取材していて、コースタイム
は余裕を見て記載していたと思う。

それとコースタイムが乖離している
別の文献は、取材しているのか?
取材者の足の強さでコースタイムは
変わるから正解はないけれど、乖離が
激しいのは何故。


担当した山の写真(山容の分かるもの)
の提供も依頼される。

何度も登っている山なのに、山容バッチリ
という写真を探してみると、意外とない。


そして、登っているのに、その山
なのか確証が持てない。写真を何枚
も見て、地形図の等高線と照合して
やっぱり目的の山だねと、何となく
確定する。

この二枚の写真にする。これ以上
探してもベターなものは探し出せ
ない。

本を出版する時点で、内容は過去の
もの。締め切りがあるのでそれは
必然。だから改訂が必要になる。

取材-校正-出版の手間が入るから
最低でも1シーズン前の情報だ。

このご時世、山のガイド本を見て山に
向かう人はいるのかね。みんな
ヤマップで最新の山行情報を見ている
と思うよ(自分もそうだ)。

おらー改訂版が売れても売れなくても
関係がない。印税は一銭も入らないから。
頭を悩ます依頼がロハでやってくるだけ
で、何のメリットもない。

早く片付けよう。






Last updated  2020/03/26 11:18:58 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳アドバイザー、山岳スナップ写真家、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を継続して実践中。

・2005年より山行記録と山岳写真を主なテーマにした「やまぶろぐ」を開設、14年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな山行記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山(ともに共著)。こっそり山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会のガチな山行を両立中。

・BUMP OF CHICKEN、日本酒、ミニカー、せんべろ巡りが好き。

・RICOHのGRII、THETA SC使い。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.